2006年01月03日

おねがいマイメロディ



<大吉だったらイイナ!>

皆着物で、お正月らしいですね。

いきなり始まる大喜利。しかも、柊様が司会!やる気が全く無さそうな所が素敵w
「おねがいマイメロディの、お・ね・が・いの4文字を使って、あいうえお作文を作ってもらいます」(柊)
「お・ね・が・い」がツボ(´∇`)
クロミちゃん・雅彦・ハルノスケと次々と落としておいて、歌の時は落としにくそうでしたね、柊様。でも結局、歌も落としましたな(笑)
マイメロにそそのかされて、柊様がおねがいをやると本気で思いました。

そして、何事も無かったかのように話が始まりましたw
初詣に来た歌達、おみくじでは、マイメロは大吉、歌は大凶。歌、号泣(^_^;)
「大凶は大吉数が少ないから、ある意味ラッキーだっていうけど」(マイメロママ)
との事ですが、巫女さんが訝しげにマイメロを見ているのが何だか笑えました。
ちなみに、凶引いた事があります。その時は、年始からへこみましたよw

皆で写真を撮ろうとしているところに、空から堂々と王様達登場。
商店街の福引で熱海温泉を当てた王様、まったり過ごす為に来たようです。

ピンク音符94個、黒音符97個で、意外にも黒音符が優勢。
黒音符が100個に近づくと、マリーランドの花が枯れたり、ゴルフ場がバンカーばかりになったりと、色々と難がある模様。
ダークパワーに対抗できるのは、ピンク音符が100個になった時に発動できるドリームパワーだけ。
そして、それを知らない当のマイメロ。その事に驚き、真っ青の大臣と、酔っ払っていい感じの王様。
頼りにならない上司を持つと、部下は気苦労が耐えないものですよ。

ピンク音符を100個集めると曲が出来る。その曲に詩をつけて、マイメロがタクトで指揮をとり、皆で合唱すると凄いドリームパワーが出るとの事。
王様は、マイメロに話し忘れていたのではなくて、そもそもその事を知らなかったようなんですがw

マイメロ、ピンク音符で出来た楽譜を弾いてみる事に。
この為のクリスマスプレゼントだったのか、と思いきや、マイメロ弾けないしw結局、王妃様が弾いてくれました。
でも、音符が足りない為に、最後までは弾けない。取り合えず、歌詞はどうするか…という時に、
「歌詞なら、美紀ちゃんに作ってもらえばいいんじゃない?」(フラット)
フラット、わざとなのか〜。暴れる真菜をよそに、結局美紀が作る事になりましたとさ。

正月は無礼講、マイメロもマリーランドに帰っていいという事に。
クロミちゃんも、マリーランドに帰ろうとしていましたが、カリブ海に負けた模様w

マリーランドに来たのは、マイメロと歌、フラットと小暮。
遠慮なく入ってくれと言われても、歌と小暮は家に入れない。
外で食事をする事になりましたが、正月早々、マイメロパパはこき使われる羽目に(´Д⊂マイメロママのプレッシャー怖いよ!

昔懐かしい遊びをして楽しんでいるマイメロ達。
カリブ海へ行ったかと思われていたクロミちゃんとバクも、マリーランドに到着。
クロミちゃんの仲間達、面白愉快ですなwでも、猫とか犬とか狐とかネズミとか、可愛すぎますよ。

マリーランドの流れ星、ゆっくりで羨ましいですな。
皆がお願いをしようとしている所に、クロミちゃん達が乱入。
バクに注意されて大人しく引き下がろうとしたクロミに、仲間が「温くなったね」とツッコミ(T▽T)カチンと来ているクロミちゃんが、何故か面白かったw
それはともかく、クロミちゃんが突然歌に魔法!突然来てビックリ。
マイメロは拘束されて動けない、という事で、今回は流れ星におねがい。
メロディ・マークが出来なくておかんむりのマイメロでしたが、歌からピンク音符が出て来ました。
って、結局メロディ・マークやってるしw
posted by 秋月 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(6) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT



ファフナーは観てはいましたが、さすがに記憶が曖昧になってました。
それでも、最後まで釘付けでした(´Д⊂

前作のキャラも、結構出てきてくれたのも良かったです。
というか翔子!本当に、一騎の事が好きなんだなぁ。(今更ですね(^_^;))
目が合っただけで赤くなって視線をそらす仕草が可愛すぎ。
前作を観た時、翔子が一番好きになりそうだなぁと思っていたら、早々にあの結末になった訳ですが_| ̄|○

僚と祐未は2人で海に来てるのか〜。いい雰囲気です。
でも、祐未が帰ると、お父さんは庭で倒れていたのでした。
祐未のお父さんは亡くなり、祐未は島の秘密に辿りつき卒業。

いい雰囲気だった僚と祐未の間に、少し亀裂が。
祐未は自分で、長い髪をバッサリと切り落とし。
声をかける僚にも、祐未は答えず。

作戦の準備が進む一方、僚の飼い犬のプクは、置いていかれるのを察して、僚以外の人からエサを貰おうとせず(´Д⊂
「犬を連れて行く事など出来ない、飼い主として責任をとれ」
犬と生活している身としては、涙無しには観れない場面でしたよ。
プクは僚が何かを混ぜて与えたエサを食べようとしますが、僚は寸前でエサをすっ飛ばし。
「お前、分かってて食べようとしただろ!」(僚)
後に、果林が上げたパンをあっさり食べるプク。
僚を好きなもの同士(多分)、波長があったのかと勝手に想像します。

ちょっと出てきた乙姫も嬉しいですな。

ファフナーのパイロットが一人一人結晶化して消えて行くところは、正直ウツな気持ちに。
友達があんな事になったらなぁ…。精神的に壊れてしまっても、仕方ないような。

最後辺りの、僚と祐未の告白は悲しいやら切ないやら。
祐未が結晶化して消えていく場面は、もうどうしようかと。

今年の最後に、いい物見せてもらいました…。と書いていたら、年を越してしまいました_| ̄|○
posted by 秋月 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。