2006年01月29日

BLOOD+



<シベリアン・エクスプレス>

ロシアに着いた小夜達を、赤い盾の一員のエリザベータがお出迎え。
挨拶のキスに驚くカイですが、リクはちゃんと理解してました。大人だ、リク(笑)
カイ・リク・小夜とは挨拶しましたけど、ハジはやっぱりスルー?
いつの間にか、ルイスも合流してました。

鉄道の話をする小夜とリク。
小夜はハジに話を振りますが、完全無視。かと思いきや、おばあさんが鉄道に乗るのに苦労しているのを教えようとしていたんでしょうか。
心優しいリクが、おばあさんのお手伝いをしようとして転びそうになったのを、ハジ助ける。
ハジが小夜以外の人に優しいくする所を見ると、何だか和みますw

小夜とハジが同室になる事に、異議を申し立てるカイw
結局、小夜とリク、ハジとカイになった模様(T▽T)カイの方が気まずそう。

小夜、ルイスに負けない位食べてるようですね…。
カイは、遠慮せずにチェロを弾きまくるハジに、悩まされる(笑)
ハジに文句言いそうで言わないですな、カイ。

ルイス、チョコバー1ダースでジュリアとエリザベータを紹介しようとする(^_^;)
あっさり断るエリザベータですが、チョコバー1ダースは貰ったままなんだろうなぁ。
そこに、リクが列車に乗るのを手伝ったおばあさん登場。
席を譲るハジがいい感じですな。そして、ハジとリクもいい感じです(笑)

1人で居たエリザベータ、あっという間に…(´Д`;)

輸血を受けている小夜、過去の事をジュリアに尋ねますが、答えは得られず。
小夜が落ち込み気味の時、聞こえてくるハジのチェロ。小夜の感情の動きが、分かったりするんでしょうか。

リクにチェロの弾き方を教えるハジ微笑ましい〜。
ハジとリクは、どんどん仲良くなりますな。

翼手の声をやっぱり聞き分けるリク。
駆けつけた小夜達は、翼手と戦闘になります。
というか、翼手は、エリザベータ達をナンパしようとしていた人達だった模様(´Д`;)
2人とも何とか倒したかと思ったら、生きていた翼手にリクが縋りつき。
助けようとした、小夜とハジもろとも列車から落ちてしまいました。
更に小夜達を助けようと飛び降りようとするカイですが、デヴィッドに止められる。さすがに危ないし…。

次回予告はハジ!小夜達は無事、カイ達と合流できるのか。
posted by 秋月 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(10) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。