2006年03月16日

吟遊黙示録マイネリーベ ヴィーダー



<起点>
居なくなったカミユを心配するレオハルト。
当のカミユは、誰にも言付けせずに、エルムントと一緒に馬車に乗ってました。

エルムントは、カミユを実家に連れていきます。エルムントの弟妹可愛いですな。
エルムントの家でも、植物の世話をするカミユ。
会話の中で、エルムントがカミユに憧れていた事が発覚。

エルムントに送られて帰宅したカミユですが、家ではお兄さん達が大騒ぎ。
帰ってきたカミユを抱き締め、レオハルトはカミユの無事に一安心。
カミユ、完全に子供扱いですな(^_^;)いや、まだ子供なんでしょうけど…。

小悪党アイリス先生は、カミユの退学届けに署名するようヴェルナー校長に催促。
ヴェルナーは取り合えず保留。
ヴェルナー的には、オルフェ達に悪意がある訳ではなく、ベルーゼ先生の為にやっているっぽいですね。

ルーイは、ナオジにも内密に外出。実家でゴタゴタがあるようです。
ルーイはお母さんに会いに戻った模様。ルーイのお母さんなんで、美人に違いない!

レオハルト、気分転換の為かカミユを旅行にお誘い。仕事より弟。ブラコンの鏡です(笑)

ルーイ、何だかんだ言ってやっぱり心配なのか、カミユの前に現れます。無断でカミユの屋敷に入り込んだのか〜。
言いたいだけ言って、ルーイはさっさと退散。
カミユの回想で、ちっちゃいルーイとカミユキタ━━(゚∀゚) ━━!2人とも普通に可愛いですよ。

何故かエルムントの家に来ていたカミユを、レオハルトは素晴らしい探査能力で発見。
レオハルトはカミユを連れて帰ろうとしますが、カミユはエルムントの弟が木から落ちる事を不思議能力で察知してダッシュ。
何とか弟をキャッチしたカミユを、エルムントが更にキャッチw
弟を助けられた事で、カミユは前向きな気持ちになれたようで、学園に戻る事に。

戻ってきたカミユをオルフェとエドとナオジがお出迎え。かと思いきや、ルーイもちゃんと居ましたよ。

<陽光>
ちっちゃいナオジ登場(*゚∀゚)=3これまた非常に可愛いですな。

突っかかり3人組、他の生徒に絡まれる。
止めようとするオルフェとエドですが、ジェラルド先生に先を越されてしまいました。
そんな中、カミユとエルムントは2人だけ、何だか通じ合ってる感じが。
ジェラルド先生の語りに出てきた、シュトラールになった家柄の無い生徒は誰の事なのか気になりますな。

弓をやっているナオジの元に、横から入ってきて勝負を挑むダニエル。
断るナオジを、ダニエルは挑発しまくり。3人組の中で、ダニエルが一番好戦的ですな。

ルーイはと言うと、また実家に戻っていた模様。そして、帰ってくるなり、オルフェ達を茶会にご招待。
ルーイのお母さん、何だか可愛らしい感じのお人ですな。
オルフェ達の事を、「友達」というのに何だか笑えましたwいや、そうなんでしょうどけど(^_^;)
ルーイがオルフェ達をご招待したのは、お母さんの気分転換の為だったようです。
「信頼に足る」とルーイに言われて、オルフェもビックリですよ。

突然泣き出して部屋から出て行ったお母さんを、ルーイは何故かナオジに追わせます。
「泣きたい時は、思い切り泣いた方がいいのよ」
ナオジのお母さんと同じような事を言われて、ナオジはルーイのお母さんの手を取ってなぐさめますよ。
ルーイとナオジのお母さんは、似たような感じの人なんでしょうか。

今度は、ルーイによるナオジ攻略開始。
ルーイはナオジの傍に居ると、落ち着くようです。

かと思ったら、次は散策中にオルフェとナオジがバッタリ遭遇。
通り雨に降られて、雨宿りする事に。ルーイが嫉妬しそうです。
とか思っていたら、ナオジ、「日本に帰るつもりです」発言!
直ぐに帰国するつもりかとビビっていましたが、そんな訳はなくて、「いずれ」との事。
でも、どっちにしろルーイ可哀相(え)
って、もしかして、ナオジがメインの話は一話で終わりなのか!?(´Д`;)
posted by 秋月 at 23:42| Comment(6) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かりん



<エルダの恋バナは 恥ずかしい>

エルダに狙われた健太の元に、最初に駆けつけたのは杏樹。
かりんを心配しての事か、杏樹怒り気味(^_^;)

エルダのかまかけに、ヘンリーもカレラもかりんも見事に引っかかり。
健太の名前をポロッと言ってしまったブギー君、杏樹に締め付けられるw

そして始まる、エルダの恋バナ。
お相手は普通の人間のアルフレッド。美形ですな〜。
エルダも何だか、今より可愛らしい感じだったようでw
でも、アルフレッドのお父さんは吸血鬼嫌いの模様。というか、吸血鬼の処刑を執行した人っぽい感じですな。
吸血鬼の処刑シーン、結構怖かったですよ(´Д`;)

エルダの血の嗜好は「恋心」
なので、エルダはアルフレッドの血を吸う事を、必死に我慢。

エルダが吸血鬼だと言う事は秘密にしているのかと思っていたら、アルフレッドのお父さんにもバレているようです。
お父さんは、アルフレッドを部屋に閉じ込めておいて、エルダに2度とアルフレッドに近づかないように言い渡します。
持っていた銃で、エルダを撃つかとハラハラしていましたが、それはなかったですな。

アルフレッドが会いに来てくれなくなった事で、自暴自棄になったエルダは街の人達の血を吸いまくり。
勿論、街の人達が放っておく訳もなく、エルダを捕獲する事に。
その間、アルフレッドはずっと大人しく閉じ込められていたのかいな(^_^;)
さっさと窓を壊して、外に出ていれば良かったのに…と思ったり思わなかったり。

アルフレッドは、街の人達に追われるエルダを助けに登場。
逃げる力が残っていないエルダに、アルフレッドはエルダに自分の血を吸わせる事に。
そしてアルフレッド、エルダへの恋心をあっさり忘れた上に、エルダの胸を杭で貫いてしまいます。
アルフレッド酷いよアルフレッド(´Д`;)幾ら何でもエルダが可哀相。
お風呂でかりんが見たエルダの胸の傷は、この時の傷みたいですな。

人間との恋がつらい事を知っているエルダは、かりんの為に健太の血をすう決意をした模様。

posted by 秋月 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

かりん



<ふたりで朝まで 恥ずかしい>
かりんと健太が朝まで一緒的な話かと思っていたら、かりんと麻希でしたw
かりんの夏休みの宿題に付き合って、麻希はかりんの家に泊まる事に。
その夜、麻希は例え話で、かりんに本心を語りますが、普通ならバレバレなんでしょうけど、かりんは全然分かって無いみたいでしたな(^_^;)
結局、麻希は殆どばらしちゃいましたが、かりんはKさんとW君が誰かは分からず。
W君はともかく、Kさんは自分の事ではないかと、分かりそうなものですが(笑)

<エルダ登場! で 恥ずかしい>
かりん達の学校は文化祭。健太は余り興味が無いようで、少々戸惑い気味。
一方、ヘンリーはこそこそと何をしているのかと思ったら、棺桶の中から女の子登場。

健太が1人歩いていると、吸血鬼に血を吸われて倒れている人達を発見。
しかも、かりんそっくりな女の子を目撃。
そんな事を知る由もないかりんは、健太と仲良しシーンを妄想中。

そのかりん、帰宅した途端に、カレラから襲われるw
こそこそしていたヘンリーが封印を解いてしまったのは、かりんそっくりのヘンリーのママでした。
どうやら、カレラとエルダは仲が悪いようです。嫁姑問題は種族に関係無し。
でも、性格的には、カレラとエルダは、似通っているようないないような…。
エルダは、自分そっくりのかりんは可愛いけど、胸の大きさが気に入らないようです(笑)
そして杏樹は、かりんにちょっかいを出すエルダが気に入らないのかな?

エルダとかりんを勘違いした健太に疑われる展開になるかと思い気や、あっさり誤解は解けたようです。

ヘンリーは、エルダに膝枕をしてもらって耳掃除。
変わった吸血鬼の事を聞き出そうとしますが、あえ無く失敗。

かりんと健太は、一緒に看板のペンキ塗りをしたりして、いい感じ〜。
健太に寄りかかって居眠りするかりん、鼻血だしてるしw

学校にやって来たエルダ、ウィナーと遭遇。
ウィナーはあっさり騙されるかと思いましたが、胸の大きさの違いでw別人と察知!
「まな板」って、酷い(^_^;)

麻希にも噛みつこうとするエルダですが、ぎりぎりの所でかりんが到着して制止。
でもエルダ、今度は健太まで狙うつもりの模様。

posted by 秋月 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。