2006年05月29日

涼宮ハルヒの憂鬱



<孤島症候群・前編>

最初はハルヒに振り回される周囲の図、的なお話しかと思っていたんですが、
かなりすごい展開になってきましたな(^_^;)本当、朝比奈さんまで普通の人じゃなかったとは…。

それは置いといて、探偵なんかが事件に遭遇するのは、お約束中のお約束。
ハルヒが望めば、事件なんか幾らでも起きそうな気がしますけど。

キョンの妹、ボストンバックに入って来るとは、なかなかのツワモノ。
幾ら身体が小さくても、かなり苦しそうですよ。

「僕のかけがえの無い友人たちです」とか、古泉君は何だか口調がいちいち素敵w

朝比奈さんとハルヒの水着姿に、キョンデレデレ?

孤島で天候不良で脱出不可能…みたいなアニメ、どこかで観た事があるようなないような。
王様ゲームやら枕投げやらをやっている間に、事件が起こりそうな気配。
というか、本当に事件起こった━━(゚д゚;)━━!?
「解決編しないの?」って、これで終わりですか!?投げっぱなしじゃないですか(T▽T)
(いや、でも一応前編だし………)

というか、1話とばして後編やるみたいですねw
そりゃそうかとも思いますが、もしかして、投げっぱなしもあり得るかと思ってしまいました(^_^;)

<孤島症候群・後編>

本当に事件が起こって、ハルヒも神妙?
キョンの妹は、何も知らずに無邪気なものです。朝比奈さんは、ショックで卒倒。
ハルヒ、実はかなりショックを受けたようです。何だかんだ言っても、本気で望んでいた訳じゃなかったようです。

雨の中、手をしっかり繋ぐキョンとハルヒが何だかいい感じ。
って、あんな細い道(?)を行くなんて無謀な…と思っていたら、やっぱり落ちてしまいました。

ハルヒの推理、何だか本当にありそうな感じがすると思いましたが、キョンに一蹴されてしまいましたな。

長門さんの行動、実はギャグに一票w1人思い悩むキョンがまたいい感じ。

今度は古泉〜?キョンがそんな事する訳なさそう、と思っていたら、全てお芝居だったのですか(´Д`;)
意気揚々と謎解きをしているハルヒの方が、本当に事件が起きたと思ってしょんぼりしてるハルヒよりいいなぁ。

古泉、何を見てるのかと思ったら…(T▽T)そんなに凝視するようなものかいな。
posted by 秋月 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<闘え、ハンター!闘え、イーター!闘え、アルバイター!>

愛理と天満のおにぎりは、どんな味がするんでしょうか…。
皆で楽しくピクニック。しかし本当に、播磨と花井のリュックの中には、一体何が入ってるんだ。

男の料理対決、播磨は川で魚釣り。そう言えば、漁師してましたっけね。
というか、巨大ガニやら山の主やら、どれだけ危険な山なんだ。天満達は大丈夫なんだろうか。

今鳥、棄権したのかと思い気や、いつの間にかカレー作成。って、レトルトだったのか。
播磨の料理を食べて、料理アニメ的なリアクションキタ━━(゚∀゚) ━━!
花井の料理は更に凄かったですな。皆、脱いでるし…。

スクランキャラは、バイトしている人が多いとな。
コスプレ好きの店長の所で、八雲がバイトするのは危険なような気が…。
八雲の着ぐるみ可愛い。花井もメロメロになる訳ですな。

今鳥の言い様は、幾ら何でも一条さんが可哀相だ。ララが居てくれて良かったですよ。
晶様の秘密のバイト、えらくまたワイルドな…。
愛理は、バイトはしてないんだろうなぁ。ウェイトレスとかしてみて欲しいかも。
posted by 秋月 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+



<信じるチカラ>

デヴィッドがダメな大人になっていて( ;゚д゚)ビックリ
どちらかと言うと、カイの方が自暴自棄になりそうな感じだったんですけど。いろいろあったし…。

カイの方は、大人になってましたな。かっこよくなっちゃっていたので、真央と再会した時が何となく楽しみ。
というか、まさか真央と岡村はずっと日本に帰っていないのでしょうか。
岡村はともかく、それは真央の方はまずそう。岡村の方は、かなり怪しまれそうだし…(^_^;)
そう言えば、真央のライバルになりそうな女の子も居ましたね。カイに、ちょっと気がありそうな子が。

最後の最後に、結構あっさりと小夜とハジ登場。
小夜、何だか雰囲気が変わっちゃっていたような。
posted by 秋月 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

BLOOD+



<ボーイ・ミーツ・ガール>

忙しい中でも、叫ばずには居られない展開でした(-_-;)
雑誌なんかの情報は全く仕入れてないので、まさかリクがこんな事になるとは思っていませんでしたよ。

ディーヴァの狙いがリクなのは分かっていましたが、リクを誘拐でもするのかと思っていたら、いきなり服を脱ぎだすし。しかも、リク石化してるし…_| ̄|○ 
ディーヴァは、リクの子供ができたという事なんでしょうね。
その上、次回は1年後!子供も、無事なら生まれてるんだろうなぁ。いや、ほぼ100%無事なんでしょうけど。
posted by 秋月 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

かりん



<サヨナラは 恥ずかしい>

かりんを思っての健太の言葉も、かりんを傷つけてしまいましたな。
そんな時でも、カレンの説教クル?かと思ったら、泣いちゃってます、カレン。仲良し家族は見ていて和みます。
でも、杏樹は、かりんには昼の世界で生きていて欲しかったようです。

かりんを気づかう家族ですが、かりんは元気…でも、かりんも皆を気遣っている模様。
吸血鬼の仲間入りをする為に、かりんは生まれて初めて人を噛んだ場所へ行く事に。
というか、エルダが棺桶で眠っている間に、カレンがまたまた封印していたようですが(笑)、エルダは無事抜け出せたようですね。

ヴィクター、ついにマーカー一家の屋敷にまで来ちゃいました。
そしてまた始まる、エルダVSヴィクター。その間に、かりん達は湖へ行く事に。

ヴィクターやウィナー達は、やっぱりアルフレッドの子孫だったんですね。
というかヴィクター、なんて事してくれるんだ(T_T)エルダ、ヴィクターにとうとう倒されてしまいました。
いや、きっと生きてると思うんですけど、やっぱりヴィクターがちょっと憎い…(-_-;)
でも、過去の回想によると、アルフレッドはエルダに噛まれた後、結構すぐ正気に戻ったようですね。

麻希は、ウィナーに思いを伝えに行こうとして、バッタリ遭遇。
かりんが吸血鬼だと知らされても、麻希は全く動じず!
ウィナーはどこまでもかりんが好きなのか〜と思ったら、麻希の告白きたー!
なのにやっぱり、ウィナーはかりんなのか〜と思ったら、今度は麻希のキスきたー!
やっとウィナーが、「麻希さん」呼んでくれましたな(´Д⊂

健太は文緒に後押しされて、マーカー家へ行きますが、そこは既に焼け野原。
その場に居たウィナーと一緒に、何故か馬に乗ってかりんの元へ。
それにしても、エルダはその場に倒れたりしてなかったんでしょうか。
posted by 秋月 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かりん



<迷い子みたいに 恥ずかしい>

かりんを逃がして、エルダは1人、ヴィクターと戦闘。
健太はかりんの家へ向かうも、結界があって入れず。

少しカレンとヘンリーの若い頃が出て来ましたが、2人とも可愛いですな。

エルダ、ボロボロになって帰宅。無事に戻れたようで良かった(と思っていたのですが、後々…(-_-;))
でも、煉が、日が暮れているのに、かりんを迎えに行くと言い出します。

かりん、結局、家には戻っていませんが、1人でウロウロしてたら、かなり危険そうですよ。

かりんを危険な目に遭わせそうな当のヴィクターは、マーカー家を滅ぼす気満々ですが、ウィナーは色々と迷っている模様。
というか、ヴィクターを止めて欲しい…(^_^;)
と思っていたら、ヴィクター、「ハンターでも孫でもない」みたいな事を言って(うろ覚え)、ウィナーを突き飛ばし。酷い(´Д`;)

健太が麻希に電話をしているところに、煉がブスブスと煙を上げながら登場。
健太が電話を切った途端に、お約束的に麻希の元にかりん登場。

煉は健太に、かりんと健太は生きる時間が違う事と、かりんを完全な吸血鬼にする方法が見つかった事を告げます。
そして、健太に頭を下げて、かりんを家族の元に返すように頼む煉、やっぱり妹が可愛いんですな…(´Д⊂
一方、麻希はかりんを外に連れ出してデート。かりんを励ます麻希ですが、前回のドロドロは、杏樹に血を吸われて無くなっちゃったんでしょうか?

やっと会えたかりんと健太、突然抱きついたりして、かりん大胆だ。一応、確かまだ告白とかしてないのに。
これで2人は仲良しに…とアッサリ行く訳もなく、健太は煉の話を聞いた後なので、ちょっと微妙な態度。
家族を大切に思う健太は、かりんを思って家族の元に帰るように言いますが、かりんにはキツイですな…。
posted by 秋月 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

箱マ………



リサとガスパールの壁紙に和んでいたり、「新 Pet Shop of horrors」(やっと…)の太子に萌えていたりする今日この頃。
「箱はマのつく水の底」も「新 Pet Shop of horrors」と一緒に入手しました。
でも、読んでない。何も読んでない(自己暗示)

というのは嘘ですが、予備知識があったにも関わらず、止めればいいのに、真っ先にムラケンとヴォルフが出ている場面を邪道にもパラ見。
そして気力喪失により、全体を読むのを、次の新刊が出るまで延期する事にしました。

以下、「箱マ」をほんの少しだけ読んで、感じた事を少々。
続きを読む
posted by 秋月 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。