2006年09月30日

BLOOD+



<ナンクルナイサ>

取り残されたアルジャーノ、銃だけ渡されても、やっぱりどうしようもなかったようです(^_^;)
デヴィッドに助けられちゃってる(笑)

双子を殺して自分も死のうとする小夜を止めるカイ。
ハジに同意を求めて、「私は小夜に従う者」という返事に、カイ切れる。
カイにパンチをされて(?)、ハジは素直に本音を吐露。
ハジと小夜のキスは、本当良かったなーと。ちょっとカイが可哀相でしたけど。
泣いてる小夜の傍で、無邪気に笑ってる双子が可愛いですよ。

これで、皆丸くおさまるかと思いきや、そうは行かないようです。
またオプションDとやらが発動して、都合の悪い事を全抹消。

しかも、生きていたアンシェルまで登場。
アンシェルは、まだディーヴぁの双子を利用しようと思っているようです。もう、余計なことしなくていいのに…。
でも、生きる事を決めたおかげか、やたらと強くなっているハジと小夜に、アンシェルはあっさり倒される。
かと思いきや、アンシェルはハジを道ずれに。
ハジの「ナンクルナイサ」と言ったのに驚いていたら、「愛しています」とも言ってビックリ。

何事も無かったように、学校生活に戻ってますね〜。
何の前触れも無く、いきなり頭突きする香里に笑いました(^_^;)

アルジャーノは、もしかして逮捕されてるんでしょうか?
最初の頃は、アルジャーノが、かなりの悪役になるのかと思っていたんですけど。
というか、ネイサンが何事も無かったかのように、取材してるんですけどw
小夜の血では、倒されなかったと言う事ですか?
ネイサンは今後、ディーヴァの子供達を見守ったりするのかな。

というか、いつの間にかジュリアさんがご懐妊!父親は当然、デヴィッドなんでしょうけど、一体いつの間に…。
なかなか恋人同士にならないなぁと思っていたのに、とっくに恋人同士になっていたんですか。
アロハシャツ着てる場合じゃないよ、デヴィッド(笑)
双子も、沖縄ですくすく育ってるようです。

あんなにカイ一筋だった真央が、何だか岡村とひっつきそうな気配にビックリ。
岡村は真央にカメラを預けたりしていましたが、真央の方は何にも無かったのになぁ。

OMOROで皆で夕食。
真央とジョエル、何だか仲よさそうなんですけどw
香里とデヴィッド達が、普通に話しているのが、少し不思議な感じ…。
皆が楽しく食事をしている最中に、小夜は今度こそ本当に眠りにつきそうな気配。
カイに、始まりの場所へ連れて行ってもらっている途中で、遂に小夜は眠ってしまいました。

置いてあった薔薇は、ハジですよね?カイがハジだと分かったのは、薔薇についていたリボンは、ハジがいつもしていたリボンなのかな。
でも、ハジが無事だった事を知らずに、小夜は眠りについちゃったのが(多分)、かなり切ないですな。
小夜が目覚めた時には、ハジとカイ、二人とも傍に居てくれるといいんですけど。

エンディングは、語り継ぐこと。物語の最後にも合っていて、何だかんだ言って感動してしまいました。

カイと一緒に、小夜の様子を見に行っているらしい双子のお顔を見せて欲しかったです。
小夜とディーヴァにそっくりなんだろうなぁ、とは思っていますが(笑)
カイが双子のお父さんになってるのが、何とも微笑ましいですよ。
小夜にとっての、ジョージ的存在になるんだろうなぁ。
カイに育てられた双子は、仲良しこよしで、喧嘩はしても決闘はしないに違いない。

それにしても、ハジがアンシェルと一緒に瓦礫に埋もれた後は、ハジの生死が気になって、仕方ありませんでした。
自分で思っていたよりもずっと、ハジが好きだったようです(^_^;)
タグ:BLOOD+
posted by 秋月 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

BLOOD+



<摩天楼オペラ>

ディーヴァを倒す為に、公演に来たものの、小夜の体調はかなり悪そう。
ちなみに、今回、男性陣は、皆タキシードなんだろうなぁ(´∇`)

ネイサンは、小夜とディーヴァの母親のシュヴァリエだったんですか〜。
アンシェルに対しても、全然引かない訳ですね。多分、ネイサンは、アンシェルよりずっと年上なんでしょうし。
というか、最後の最後に、ネイサンはどうするつもりなんだろう(。。;)
ネイサンは、何があっても、ディーヴァを裏切る事は、絶対に無さそうですけど。

そして、ディーヴァがご登場。
ディーヴァと闘う小夜ですが、やっぱり眠気のせいで、余り闘えず。
ハジが参戦しても、全く敵わないし、何でディーヴァはあんなに強いんでしょうかね。
というか、いつの間にか、ディーヴァは着替えて舞台に出てるよ!
着替えるのが早すぎだ…と思っていたら、小夜・ハジと闘っていたのは、ディーヴァではなくアンシェルだったようです。

小夜とハジがアンシェルに苦戦している間に、ディーヴァのコンサートが始まっちゃいました。
長話しをしているアンシェルは無視して、ディーヴァに襲いかかればいいと思うのは私だけですか?
ディーヴァの歌が始まり、あちこちで翼手が発生して、会場は物すごい混沌状態。

アルジャーノが、媚をうっていたお偉いさんの1人も翼手化。
今回は、アルジャーノがやばいかと思いましたが、運がいいのか何なのか、大丈夫でした。
アルジャーノも、もうちょっと頑張って〜。アワアワしているだけなのが、何とも…(^_^;)

ネイサンは、1人余裕ぶっこいてます。襲いかかってくる翼手を、片手で軽くふっ飛ばしましたよ。

デヴィッドが翼手に引っ掻かれてしまいましたが、今回もきっと大丈夫。のはず。

混沌状態の中でも、まだアンシェルの語りは終わらない〜。
ハジがアンシェルを引き付けている間に、ようやく小夜はディーヴァと対戦。
でも一番気になるのは、ネイサンの動向だったりします。

<二人の女王>

危険な場所に、1人置いていかれるアルジャーノが可哀相。
でも、震える手で飴を持ってる姿に、ちょっと笑いが…(^_^;)
アルジャーノは、何だかんだ言って、最後まで生き残りそうですね。
それにしても、アルジャーノは、最初に出てきた頃とは、かなり印象が変わりましたw

小夜とディーヴァの対峙。ディーヴァは結局、一番好きなのは小夜のような感じがしますよ。

シュヴァリエ同士、ハジとアンシェルも闘っています。
ハジは、全身翼手になれないんでしょうか。その方が、力が出そうなんですけど。
そして、予想通り、やられまくってます…。ハジがんばれハジ!

と思っていましたが、予想外に(失礼)ハジは強かった。
尖った柱(?)に突き刺されても、自分で這い上がって行こうとするアンシェル怖っ(´Д`;)
最後は、落下した雷に打たれて、倒されたようですね。

小夜とディーヴァの闘いは相打ちで終わるのかと思いきや、ディーヴァは石化したのに小夜だけは無事。
どうやら、ディーヴァは子供が出来て、力が無くなっていたようです。
ネイサン、その事をディーヴァに教えてあげていれば良かったのに…。
そのネイサンも、ディーヴァが居なくなった事で、自ら小夜に倒されました。
丁度いいタイミングで、ディーヴァの赤ちゃんが生まれてきましたが、小夜には殺せないと思うんですけどね…。
タグ:BLOOD+
posted by 秋月 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+



<あした天気になあれ>

小夜の事で苦悩するソロモンの元にネイサンが訪れますが、ネイサンが何を考えているのかが、一番よく分からないです(^_^;)

手を握りながら話している小夜とハジを、ばっちり見てしまう真央。
カイと小夜を一緒に行動させる為に、カイに買い物を頼む辺り、真央は親切。
しかも、ハジをしっかりと足止め。ハジも、真央にはタジタジなのが可愛いw
で、真央のお買い物メモの内容は、一体何なんですか?

電球の入れ替えをさせられたり、ルルゥにからかわれるハジ萌え(笑)
女性陣には弱いですな、ハジ。

一方、ディーヴァの子供は、いつの間にか生まれちゃってました。しかも、お腹を切って、取り出したとな。

そして、ハジの労働は、まだまだ続く(笑)
ハジのお風呂掃除というのは、何だか想像出来ないんですけど。
ルルゥは、ハジのお手伝いをするのか!(*´д`*)

ディーヴァに襲いかかったソロモンは、メッタメタに返り討ち。
ソロモンの頭を、ぐりぐり踏みつけるディーヴァ様が、恐ろしかったり素敵だったり。
返り討ちにしたのは、ネイサンじゃなくて、ディーヴァですよね?

やっぱり、ハジと小夜の約束は、全部終わったら、小夜を倒す事でした。
でも、カイと出会って、小夜の気持ちも変わったかも。

<全ての血を超えて>

香里と岡村のお母さん、久々に登場。(真央の関係者の人達は?)

ディーヴァのオペラ中継を阻止する為に、皆で作戦会議。
にも関わらず、未だに続いている、岡村と真央のタバコを巡る攻防。何だかんだ言って、いいコンビのような気がしますよ。
ルルゥは参加させてもらえないんですね。ルルゥはアピールするも、デヴィッドはスルーw
ルイスの手を頭に乗せられて、文句言ってるルルゥが可愛い(*゚∀゚)=3

真央達女性陣(ハジ除く)は、皆でお留守番。
岡村は、真央にカメラを預けたりする辺り、多少は気があったりするんでしょうか。
ジュリアは、勿論デヴィッドの心配をしています。この2人、真っ先に引っ付きそうな気がしていたんですが、なかなかそうはなりませんな…。

前回は、ディーヴァに足蹴にされていたソロモン、今回は吊るされちゃってるよ〜。
わざわざ様子を見にきたらしいジェームズ、平手打ちしたり、「小夜を殺しに行く」と言ったり、ソロモンをいびりまくり。

ネイサンは、意外とディーヴァ崇拝者。
ディーヴァを実験体としか見ていないアンシェルに、敵意むき出しになっているような。
でも、ディーヴァに傾倒しているらしい割には、ソロモンを逃がしたりもしているので、ネイサンが何をしたいのかよく分からなかったりします(^_^;)

眠る小夜を見守るハジとルルゥの前に、襲いかかってくるジェームズ。
お約束どおりに、ハジはお腹を刺されるのかと思いましたが、今回は翼でした。
メッタメタにやられる小夜・ハジ・ルルゥでしたが、ソロモンも加わって、何とかジェームズは倒しました。

1人になったソロモンは、どこからか現れたアンシェルを倒そうとしますが、どうやら限界だったようです。
まさか、ソロモンがこんな所で、お亡くなりになるとは…。しかも、結構あっけなく…(。。;)
アンシェルは、ソロモンの事を結構悲しんでいるようでしたな。

ディーヴァは、子供が出来たので、もうシュヴァリエの事はどうでも良さそうです(^_^;)
タグ:BLOOD+
posted by 秋月 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

スクールランブル二学期



<南の虹の2-C! ふしぎな島のヤークモ! 七つの海の…!>

花井は、まだ空を漂っていたんですか(^_^;)

クラスメイト全員を豪華客船にお誘いするとは、さすが愛理は太っ腹。
愛理と美琴の水着姿が眩しいわ〜。天満は可愛いですな。
播磨は1人、何故か物置(?)でマンガを描いてますよ。
マグロをさばこうとしてさばけない播磨に、プロレス技をかける愛理可愛い。
ところで、まさるに船の操縦を任せていいんですか?かなりやばそうな気配。
そして、お約束どおり、中村の言い付けを守って、まっすぐ進んで岩礁に激突。中村が変わればいいのに…。

ラストにオチとして出てくるのかと思った花井は、八雲そっくりの女の子と出会ってますよ。
皆にそっくりな人達が居る、パラレルワールド?
八雲そっくりな女の子が生贄にされるとなると、花井が黙って居られるわけがありませんな。
というか、猫可愛い(´∇`)
何だかんだで花井はヤークモを守る事が出来て、結婚クル━━(゚∀゚) ━━!?
こともなく、花井はまた、凧に乗って行くのでしたとさ。
夢オチじゃないですよね?

と思ったら、やっぱり皆の夢オチ?
でも、花井は、あのマントのような物を着てますね〜。
花井の寒いギャグは、極限状態の皆には通用しなかった。
そしてやっぱり、いざという時は、天満は八雲を守るお姉ちゃん。
八雲は、天満と一緒なら、何があってもいいんですね。本当にお姉ちゃんっ子なんだなぁ。
巨大クジラ、八雲を見初めるwそして、船を引っぱっていってくれました。
でも、どうやら日本に、向かっていなかったようですな(^_^;)

中村とまさるは、愛理のソックリさんの方を見つけたようです。
posted by 秋月 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<初夢 獅子舞 お正月>

物すごい勢いで、某アニメですねw

天満の和服姿は可愛いけど、八雲もはまるでしょうね〜。
妄想の中とは言え、烏丸君と天満のキスシーン(未遂)は、何だか照れました。
このままだと、現実では、八雲としちゃいそうですけど。

初詣に行った先で、天満は烏丸とバッタリ。
たまには、最初から最後まで、烏丸と天満が一緒に居て欲しいものです。

美琴の策略で、播磨と愛理が獅子舞をやる事に。
獅子舞の中に居る愛理も、素敵だ…。
子供に優しい笑顔を見せる愛理に、播磨は思う存分ときめいた方がいいと思います。

獅子舞に戦いを挑むララ。って、弓を射るのは、本当に危ないし。
天満を噛もうとして、今鳥を噛んでしまう播磨、いと哀れ。
天満を追って、町中まで獅子舞で行く播磨と愛理は、物すごい勇気の持ち主ですね。
天満といい感じになった烏丸に襲いかかってきた獅子舞を、放り投げるのはいいんですけど、中には愛理も…(((( ;゚Д゚)))
でも、播磨が愛理を背負って、崖をよじ登る萌え(?)シーンがいい!

播磨と花井、何て危険な事を(T▽T)
羽根つきで、天満VS愛理。天満、素晴らしい負けっぷり。
天満を馬鹿にされて、八雲は愛理に勝負を挑む。
愛理の顔に墨が〜と思いきや、播磨が生贄にwヒゲだと違和感ありません。

花井オチ、結構あるような。そして、いつも酷い目に遭っているような…。


<ドリームジャンボ ドリームジャンプ ドリームエクスプレス>

そうだろうとは思いましたが、やっぱり体重計オチ。
でも、烏丸君は、あんまりスタイルは気にしないようなイメージを、勝手に持っていますが。

美琴に誘われ、天満はスキーへ。1人残された八雲、風邪を引いてしまっているようです。
播磨は天満達のスキーに着いて行く展開かと思いきや、八雲の看病をする展開になるのかな。
それにしても、紘子さんは、何故播磨が帰ってくるまで待つか、合鍵を許可するかしてくれないのか…。ちょっと播磨が可哀相かもw

晶様は、スキーは苦手なんですね。
天満は意外と上手どころか、ジャンプまでしてるし。播磨の妄想、当たらず。むしろ、八雲が近いかも。
烏丸がいないかと思って油断していたら、雪ダルマでご登場ですよ。晶様、ライバル意識むき出し?w
人文字は、美琴の「キ」をどうするのかと思ったら、頑張ってますね〜。でも、誰も烏丸君には勝てない…(T▽T)

一条さん達は、ララの思いつきと思われますが、スケート。
ララが滑れないのは意外!
というか、景品目的で出た大会で、一条さん、イナバウアー!?でも、東郷の方が目立ってるしw
今鳥の陰謀(大げさ)で、ピッタリスーツ(?)を着せられたララは、根性で今鳥を成敗。

播磨は結局、家の中に入る事を選んだようですな。
でも、どうやって、ピョートルがコタツの中に(T▽T)どう考えても、無理ですから!

ピョートルの言う「お友達」は、勿論八雲の事でした。
ちっちゃい八雲と天満が、非常に可愛らしい件(*´д`*)
天満は、何だかんだで、八雲のいいお姉ちゃんなんですね〜。
播磨は八雲の看病をしたところで、力尽きて爆睡。
イオリが八雲の額に、ニクキュウ当てるのがまた可愛い!
ピョートルが、播磨の額にでっかい手を乗せるのは、嫌がらせ…?ではないんでしょうけど(^_^;)
posted by 秋月 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

恋する天使アンジェリーク



<命の泉>

サクリア供給は上手くいって、聖獣の宇宙は落ち着いてきた模様。
ジュリアス様は、何だかんだ言って、エンジュをお褒めになっているような。

聖獣の宇宙の女王陛下を癒す為に、リュミエールに水のサクリアをお願いするエンジュ。

サクリアを供給して、戻ろうとしたエンジュに、誰かが呼びかけてきます。
倒れてしまったエンジュですが、夢の中(?)で何処かへ連れて行かれます。

ルヴァ様が、エンジュを心配する余り、手を震わせてる姿がいいですな。
でもやっぱり、一番前面に出ているのは、ゼフェルなんですよね(^_^;)
いや、ゼフェルとエンジュの組み合わせも、好きなんですけど。
ルヴァがあんまりにもいい人なので、どうにも応援したくなってしまいます。

エンジュに助けを求めていたのは、女王かと思っていたら、これから宇宙に生まれるはずの命とか何とか?
エンジュは皆を助けたくて、リュミエールを呼び出し。
リュミエールに、普通に抱きついちゃうエンジュ。
これまで余り出てこなかったんですけど、リュミエール様も好きかも…(´∇`)

リュミエールが水のサクリアを放出した事で、聖獣の女王陛下出現。
何処の世界の女王陛下も、皆麗しいんでしょうね〜。

星蛍が消えてしまうと言う事で、エンジュは自分の命を差し出す事に。
命を落としかけたエンジュを、リュミエールが抱き締めたりして、何だかかなりいい感じになってます。

皆、エンジュの事を心配してるんですけど、マルセル様がストレートに感情表現するので、何だか他の人がクールに見えてしまうような気が(^_^;)

<大いなる奇跡>

聖獣の宇宙の進化、早すぎる(^_^;)
そして、皆(特にマルセル様)エンジュにメロメロ(笑)かと思ったら、オスカー様は、そうでもない?
でも、話しが終わるまでには、エンジュにメロメロになっていそうです。

オスカー様とエンジュ、任務で今回は2人きりで行動。

このままだと、水の底に沈んでしまうという世界ですが、そこには、沢山の人達が。
泣くエンジュを慰めるオスカー様、そろそろメロメロになりそうな気配。
エンジュは皆を助ける為に、女王陛下にお願い。
何だか天使のようになったエンジュの言葉を信じて、皆は木の船を作る事に。

病気のおばあさんを治したりする所を見ると、エンジュは本当に強い力を持っているんですね。
と思ったら、やっぱり力を使いすぎていたようで、エンジュは少しつらそう。
それでも力を使ってピンチのエンジュを、オスカー様が華麗に救出。
それにしても、オスカーとエンジュは、早く逃げなくて大丈夫なんでしょうか。

恋人が死んでしまったらしい人は、1人この世界に残るとちょっとわがまま。
助けようとするエンジュに、
「この俺が、止めてもか」
と、かなり大人な雰囲気が漂うオスカー様。
しかも、男の人が、恋人と間違えてエンジュを抱き締めるのを見て、
「このオスカーが、嫉妬?」
オスカー様オチた━━(゚∀゚) ━━!

そして、倒れたエンジュをお姫様抱っこして、連れ帰り。
今にも、オスカーがエンジュにキスしそうだ…と思いましたが、思いとどまりましたな。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。