2006年10月27日

BLACK LAGOON The Second Barrage



<Swan Song at Dawn>

双子もお金も手に入れようとするレヴィとエダと、双子が戦闘状態になるかと思いきや、ホテルモスクワも来たので、双子は分かれて行動する事に。

レヴィとエダは喧嘩を始めるかと思ったら、脱力してしまったようですw
というか、2人が別れた途端に、エダの方に、お姉さんが来ちゃいましたよ。

お兄さん、バラライカの前に登場。しかも、バラライカ様の事をおばさん呼ばわり((((;゚Д゚)))
でも、お兄さんも、バラライカ達には敵いませんでした。
観ていて、非常につらかったです。

お姉さんの方は、ロックに美しい歌声を披露。
どうやら、エダから、ラグーン商会を聞き出したようですね。
お姉さんは、ロックに懐いてますね〜。ロックの膝に座ったりして、可愛いですよ。
ロックに身の上話をしながら、かつらを外したり声を変えたり。

お姉さんの話を聞いて、ロックは泣いて、お姉さんを抱きしめますよ。
それにしても、お姉さんはスカートをまくって、ロックに一体何を見せたのか…。

港について、ロックと別れの挨拶をしている最中に、お姉さんは撃たれてしまいましたorz
トラウマになるでしょう、ロック…。
posted by 秋月 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

BLACK LAGOON The Second Barrage



<Bloodsport Fairytale>

前回見逃してしまいました(´Д⊂

見逃している間に、可愛い双子が登場していたようですね。
見目麗しいけど、この子達もかなり危険そうな気配がかなりしますな。

と思っていたら、これはまた、かなり凄惨な話になって来たんですけど。
双子の名前は、ヘンゼルとグレーテルですか。

双子は、怖そうなおじさん達が大勢居る部屋に堂々乗り込み。銃を向けられても全く動じず。
って、斧持ってるよ、斧〜。(多分、斧かと)何となく、銃を隠し持っているより、怖いんですけど…(´Д`;)

張も参戦しますが、双子には当たらない。でも、張かっこいいですよ。

双子が乗っていると思われる車に、男達が銃を撃ちまくる撃ちまくる。
これでも死なないんだろうなぁと思っていたら、替え玉が乗っていたようです。
それにしても、この双子の会話は無邪気に残酷ですな。

エダは双子が提示したお金に流されかけますが(笑)、レヴィは全部貰うつもりのようですw
posted by 秋月 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

金色のコルダ




<ありえないプレリュード>

オープニングから、きらきらーな人達で、満ち溢れてますな。

妖精のリリが、「どうして気づかないのだ(確かこんな感じかと…)」、と愚痴っていた所に、丁度見える女の子が登場。

その香穂子、人にぶつかって落ちかけた所を、救出してもらったり、荷物持ちをしてもらったりします。
土浦君は、さわやかな感じですな。

同じ学校なのに、音楽科は、普通科を見下し気味。こんな事あるのかな。
そこで会った、冷たい感じの月森もいいですな〜。

幻だと思いたかった妖精は、しっかり実在して、また香穂子の目の前に。

今度は、長髪で優雅な感じの柚木登場。親衛隊なども、しっかり存在するようです(^_^;)
柚木と仲良さげな火原もいいですよ。

学内で行われるコンクールに、何故か普通科の香穂子が選ばれる。
学校側は、香穂子が妖精を見た事を知ってるんでしょうか?
香穂子は、これから学校中の生徒から、いびられそうな気がするんですけど…。

先生達はやっぱり、妖精の事を知ってるみたいですね。
楽器はまるで出来ない(と思われる)香穂子は、当然困ってますよ。

香穂子は、妖精にバイオリンを授けられちゃいました。
魔法のバイオリンとな。これで、香穂子はバイオリンの天才になれるんでしょうか。

1年の冬海さん(美少女)がいびられている所を見て、香穂子は黙っていられず。
間に割って入りますが、意地悪3人組の反撃に、香穂子はバイオリンを弾いてみる事に。
って、本当にいい所で、2話目に引っ張りますね(笑)

第1話という事もあるんでしょうけど、絵が物すごくキレイでしたね〜。
次回、香穂子は無事に切り抜ける事が出来るのか心配。
とか思っていたら、次回予告が、既に不吉な感じです(^_^;)

大勢の美少年・美少女が登場してきましたが、月森・志水・冬海さんが気になりますw

ラベル:金色のコルダ
posted by 秋月 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

ゴーストハント



<悪霊がいっぱい!? #2>

麻衣による回想を観ていて、怖い話をしていると霊が寄って来る、とはよく聞きますけど、実際はどうなんでしょうね。
とか思っていたら、前回は余り何とも思わなかったオープニングが、結構怖く感じてしまった小心者です(^_^;)

綾子さん、巫女さん姿で除霊してます。
凛々しくてかっこいいじゃないですか。
儀式が終わって、ほっとしたのも束の間、突然窓ガラスが割れちゃいました。
黒田さんの嫌味が飛ぶ〜。
真砂子は、霊は居ないと言っていますが。
麻衣は、自分が霊を呼んでしまったと、責任を感じているようです。

皆さん、さすがに霊障なんかに詳しいですな。
真砂子を信用しているナルに、黒田さんと綾子さんが噛み付く(^_^;)
綾子さんに対して、ナルは普段より冷たいようなw
真砂子は、一人で様子を見に行って、教室から落ちてしまいました。

今度は、エクソシスト・ジョンの出番。牧師さん(?)の格好が、似合ってますな(*゚∀゚)=3
麻衣は、天井がゆがんでいる事に気づいて、慌ててジョンの元へ。
危機一髪でしたが、ジョンは何とか無事でした。

車の中で熟睡するナル、結構、図太いですな。
麻衣は、ナルの顔を見て赤面。ナルの顔だけは、好みなんですねw
ナルの調査結果は、これまでの現象は、霊現象ではなくて、地盤沈下の為との事。
それでも、黒田さんは、なおもナルに噛み付き。

そんな時、突然窓が割れたり、誰かが壁を叩いている音が響いたり。
綾子さんや滝川にチクチクと嫌味を言われたりして、ナルのプライドに傷がついたかも。

今度は、滝川の除霊。
それが終わっても、黒田さんはやっぱり、まだ幽霊は居ると言い張りまくり。
段々、黒田さんが怖くなってきましたよ(´Д`;)
そして、またまた怪現象。
「私は、意識を失った」
の直後にエンディングが来たので、一瞬、麻衣があの世にいってしまったのかと、勘違いしてしまいました…(。。;)

もっと分かりやすく、出てきた幽霊を巫女さんやらお坊さんやらが退治するのかと思っていたのですが、そうは行かないようですね。
それにしても、ナルが出てこないと寂しいですな〜。

posted by 秋月 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーストハント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ギャラクシーエンジェる〜ん



<出撃!天使のスクランブる〜ん>

以前やってたシリーズも観てました。ミルフィーユが好きだったんですよね。

頭だけで飛んでいるネコ(なのか?)が気になって仕方ない件。ロボットなんでしょうか?

宇宙犯罪者を称するガレットが、アプリコット達の元に、自首をしに訪れます。
執事さんが居るようですが、放送コードNGとやらで姿は不明w
一体どんな外見なんだか…。
ガレットは苛めて欲しくて、自首しにきたようです(´∇`)
はずかしい写真、どれもそこはかとなく嬉しそうですね。

管理人のクーヘンさんは、男か女か迷いましたが、男のようですね。声優さんが男性だし。
クーヘンにネギを投げつけられて、顔を掴まれた時のガレット、やっぱり嬉しそうですね(^_^;)

アプリコットのサービスシーン(?)の色っぽい声は、一体何なんだかw

ガレットに触られたアプリコット、ガレットを叩きのめし。
当のガレットは、嬉しそうどころか、もだえてるらしいですw
アプリコットは、男嫌い?男に触られたら、怪力になってしまうようです。

リリィさん、かっこいい。ケーキを選択するにも、厳しいですよ。
バラが舞い飛ぶのは、一体何故?(^_^;)

ケーキを顔にぶつけられたカルーア、突然光りだしてテキーラに変身。2重人格なのかな。
そのテキーラ、アプリコットに迫ってますよ!(゚□゚;)
ハートまで飛び交って、本格的にあやしいですな。

警察で取調べを受けていたガレット、苛められ過ぎて、巨大化。
リリィ発案でガレットを倒すも、皆に忘れられて、結局宇宙に放置されたまま。可哀想にw

アプリコットはミルフィーユの子孫だと、何故か思っていたのですが、妹だったんですね(^_^;)
posted by 秋月 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ゴーストハント



<悪霊がいっぱい!?>

女の子3人で怪談をしていて、絶妙なタイミングで、唐突に加わってきた男子生徒・渋谷。
怪しい(^_^;)いかにも、何かありそうなお方です。そして美形w

オープニングを観てビックリ。小野不由美さん原作ですか!この作品は知りませんでした。

古い校舎に入ってカメラを見ていた麻衣が、倒れて来た棚に押しつぶされそうになったのを助けた相手は流血。
助けてくれた割には、麻衣の手を払ったりして、ちょっと冷たい。

メガネの真面目そうな女の子・黒田さんは霊感少女?

怪我をした渋谷の助手の代わりに、麻衣に助手になるようご指名。
渋谷は、幽霊退治が生業のようですね。
普通の女の子なら、いきなりこんな事をお願いされたら、ひいちゃいそうです。

学校の旧校舎が怪しいとの事で、麻衣をこき使いつつ渋谷はお仕事。
やたらと自信満々の渋谷が素敵。ここまで自信満々だと、かえって好感度アップだわ〜。

黒田さんは、霊感に興味深々なのか、麻衣にナルちゃんを紹介してと言い出しますよ。

他にもやって来た、霊感関係の方々登場。
黒田さんもやって来ましたが、巫女さんがキツイ迎撃。
関西弁の金髪美少年・ジョンも、気になりますよw
和服の美少女も登場しましたが、渋谷の関係者でしょうか?
ちなみに、ナルシストのナルちゃんは、麻衣だけのあだ名じゃなかったんですね…w

またまた登場の黒田さん。言っているのは、本当なのか虚言なのか…。

公式に行ってみて、松崎さんの巫女姿にビックリ。本当に巫女さんだったんですね(笑)
posted by 秋月 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーストハント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

恋する天使アンジェリーク



<対決の時>

サクリアの精霊は、人類を滅ぼすと大暴れ。

戻ってきたエンジュを抱きしめるロザリアにビックリ。
この2人、こんなに親しかったですか?(^_^;)

女王陛下もやって来て、全員集合。
というか、エンジュ一人で、サクリアの精霊に立ち向かえとな。
それは可哀想な気がしますよ。
聖霊達が全員でサクリアを出すと、エンジュのブレスレッドがステッキのような物に変化。
魔法のステッキっぽいですな〜。

一人聖獣の宇宙へ向かったエンジュ。
一方、サクリアの精霊は、聖地へと向かおうとしているようです。
女王陛下は、皆の思いがエンジュを守る的な事を言っていますが、でもやっぱり、あんな大きな怪物と一人で戦うのは怖い。
エンジュは、サクリアの精霊と話し合いをしようと思っているようですね(^_^;)

聖獣の宇宙へたどり着いたエンジュ、アリオスと再会。
あっという間で良く分からなかったのですが、アリオス、もしかしてサクリアの精霊に吸収されちゃったんですか?(´Д`;)
サクリアの精霊、エンジュに「人間は生きる価値があるかどうか」と質問。
意外と、話が分かるような気が。エンジュに説得されちゃうような気もしてきましたよ。
でも、エンジュに質問していた割には、サクリアの精霊は聞く耳持たず。
エンジュはピンチになりますが、ステッキを回して反撃。バトンみたいでしたな。しかも、手の動きが微妙過ぎたような(´∇`)

サクリアの精霊は、エンジュと聖霊達を引き離ーす!という事で、神鳥の宇宙と聖獣の宇宙の次元を切断されてしまった模様。
消えてしまった、聖獣の宇宙の女王陛下は、一体どうしちゃったんでしょうか。

全てはこれから始まる…的な終わり方に、一瞬ポカーンとしてしまいましたが、公式を見てみると、どうやら第2期があるようですね。

恋する天使アンジェリーク



<ふたつの愛>

聖獣の宇宙の異変がアリオスではなく、精霊によるものだと気づいたエンジュ。
取り合えず、アリオスが敵では無い事に、安心したようです。

エンジュのピンチに、
「俺が行かないで、誰があいつを救うんだ!」
という事で、ゼフェルが飛び出て行きました。オスカー様もご同行。

一方、エンジュとアリオスは、話している内に、ちょっといい感じになってきましたよ。
というか、メルの占いに出た、エンジュの恋のお相手は、アリオスで決定?
そうと思わせて置いて、という展開だとは思いますけど(^_^;)

突如現れた女王陛下に、アリオスの過去を教えられるエンジュ。
アリオスの恋人だったエリスは、実は女王陛下なのかと一瞬思ってしまいましたが、違うようですね。
しかも、もうお亡くなりになっているようです。

エンジュ、唐突にアリオスに告白。そして、即座に振られてしまいました(´Д`;)

エンジュのピンチに、駆けつけるゼフェル。
アリオスはどうしたアリオスは、と思っていたら、ちゃんと傍に居たようです。
しっかりエンジュを守っているアリオスを、傍から見ているゼフェル様が切ないですよ。

オスカー様が精霊と闘っている間に、アリオスはエンジュを連れて城内に避難。
エンジュは、1人でさっさか元の世界に戻ってしまったのでしょうか?

サクリアの状態が悪いらしい事が知られて、ジュリアスに問い詰められるゼフェル。
しかも、エンジュの事を好きらしいという話を、エンジュにも聞かれちゃってます。
ゼフェルは、鋼のサクリアを出そうとしますが、やっぱり出せず。

ゼフェル、とうとうエンジュに告白した━━(゚∀゚) ━━!
でも、タイミングが悪かったような…。

守護聖達の会議に、ゼフェルが居ないのが寂しいです。
しかも、皆が希望を寄せていたエンジュが、突然家出してしまいましたよ。

<さすらいのなかで>

エンジュは一人放浪。アリオスに振られたり、ゼフェルに告白されたりして、ショック状態。

一方、ゼフェルも落ち込み中。
ルヴァ様は、何だかいつも、ゼフェル様のフォローをやっているような。
とか思っていたら、ルヴァ様、自分もエンジュを好きだという事をゼフェルに言っちゃったよ!ちょっとビックリ。
しかも、オスカー様もエンジュを好きだしね…。
そのオスカー様は、荒療治でゼフェルを説得。

エンジュの居場所が分かったものの、サクリアの精霊は大暴れ。
ゼフェル達は、エンジュを探しに行く事に。
エンジュの行動は、皆に読まれてますね(^_^;)直ぐに、居場所の検討をつけられちゃってます。

故郷に戻ろうとするエンジュでしたが、その前に女王陛下登場。
皆がエンジュの名前を呼ぶシーンは、何と言うか、のた打ち回ってしまいました(´∇`)

エンジュの元に来たゼフェル、またまた告白。
ちょっといい感じになりましたね、エンジュとゼフェル。
ゼフェルのサクリアも戻って、皆で聖地に帰還。
良かった良かった…と思ったのも束の間、聖獣の宇宙は何だかすごい事になってます。

2006年10月06日

恋する天使アンジェリーク



<氷の扉>

聖獣の宇宙は順調で何より。そして、久しぶりに、麗しい女王陛下がご降臨。
女王陛下を始め、聖霊達に褒められるエンジュ。
聖獣の宇宙の女王陛下達が目覚める事ができないのは、何か原因がありそうな感じです。

そして、皆に褒められているエンジュが、ちょっと気に入らない守護聖が1人(^_^;)
オリヴィエ様にからかわれて、赤くなるゼフェル様が可愛いわ〜。
ゼフェルが微妙に素直じゃないのは、エンジュがいずれ居なくなってしまうからなんですね。

何だかんだ言いながら、どうやらゼフェルはエンジュを訪ねに来た模様。
結局、エンジュをデートに誘いにきてます(笑)
でもエンジュは、聖獣の宇宙に行っているから、留守だった(T▽T)

エンジュが片思いしていた相手(そっくりさん?)が、何故か聖獣の宇宙のお城に居たようです。
一方、ゼフェルは、夕方になっても、エンジュの部屋でお待ちになってます。

戻ってきて泣いているエンジュを、ゼフェルが抱き締めた━━(゚∀゚) ━━!
「ゼフェル様は、誰かを好きになった事はありますか?」
当の本人に聞かれると、ちょっとつらいかも。
ここで絶対、ゼフェルの告白クル━━(゚∀゚) ━━!
と思ったのですが、ここでは来ませんでした。

そして、ゼフェルはルヴァに、
「誰かを好きになったことあるか?」
と聞いてみる訳ですが、これもまた、ちょっとつらい物がありますな。
ルヴァの好きな人も、やっぱりエンジュだし。
ルヴァ様は、ゼフェルの事を応援するんだろうなぁ。

ゼフェルとエンジュは、2人で聖獣の宇宙へ行く事に。
「ゼフェル様は、何をする為にここに?」
と言われて、言葉に詰まるゼフェル萌えw

凍りついた謁見の間の扉を、ゼフェルとエンジュが力技で開こうとしますが、起こらないはずの地震発生。
ゼフェルと別れ別れになったエンジュの前に、初恋の相手とそっくりの人が。

<揺れる想い>

元の世界に戻るなり、聖獣の世界の女王陛下の目ざめを妨げる存在を教えられるエンジュ。
変わった事と言えば、アリオスの事しかありません。

アリオスが、気になって気になって仕方ないエンジュ(^_^;)

ゼフェルも、泣いていたエンジュが、気になって気になって仕方ない模様。
コートの男の事を、自分から言い出して置いて、知らないと言い張るゼフェル様が可愛いわ〜。
ゼフェルは、悩み事があるせいか、サクリアに乱れがあるとの事。

今回は、ランディと一緒に、エンジュは聖獣の宇宙へ行く事に。
アリオスに会いたくて、エンジュは城を探し回りますが、背後から近づいてきた人物は、置いてけぼりをくらっていたランディでしたとさ。

落ち込み気味のゼフェルは、エンジュが聖獣の宇宙へ行く事が面白くないご様子。
遂には、いろいろと気になっているせいか、サクリアが出せなくなってしまいました。
守護聖の力が無くなり始めたのかと、思い悩むゼフェル。

でも、エンジュの方も、何だか大変な事になっています。
火山ドカーンで驚いているエンジュの前に、アリオス登場。
それはともかく、やっぱりアリオスが、女王陛下の目ざめを邪魔しているのかと思ったら、実際はサクリアの精霊のようです。
サクリアの精霊、何だかえらくユニークなお姿ですね(^_^;)

スクールランブル二学期



<ロマンチックだね、播磨くん! ジンガマに載った、播磨くん! キャモ〜ン、播磨くん!>

原稿真っ只中の播磨、現実離れした話を考えていても、天満そっくりの女の子はちゃんと登場。
八雲の代わりに、天満が原稿の手伝いに来ますが、かなり不吉な予感がしますなw
そう言えば、天満は、播磨と絃子の事知らないんでしたね。
というか、自宅にいるのに、隠し通す事は出来るのかいな。
と思っていたら、絃子さんは、気を使わせて外出。
天満と二人っきりで、播磨はドッキドキ。
原稿を手伝ってもらうにも、天満ソックリの女の子が出てくる為に手伝ってもらえず。
そして、また勘違い炸裂の播磨。天満が烏丸君を好きな事は、知っているでしょうに…。
原稿を見ても、天満は自分ソックリの女の子の事に気づかず。
絃子さんは、タイミングを見計らって、茶々を入れてきたのかな?
八雲は、播磨を応援する為に、天満に行かせたんですね。…いい子だ(´Д⊂

1人家に居る八雲がまた、切ないですな。
八雲は、播磨に気を使ったんでしょうけど、播磨はアシスタントが居ないと困ると思わないでもないです。
話しが盛り上がる播磨と天満ですが、播磨は原稿がヤバい。
それにしても、
「とことん播磨くんに付き合うから!」(天満)
という言葉だけで、どこまで妄想できるんだ、播磨…(´∇`)

ベタ塗りを、ベタベタに塗りつぶす天満。八雲が来ないと、ヤバそうですよ。
そして、播磨と天満のすれ違いは続く…。
絃子さんは、実は、家の中に居たりしませんよね?
盗聴器を仕掛けているなら、それはそれで怖いよ(^_^;)
天満はすっかり眠ってしまい、播磨の作業ははかどるとな。
寝ぼけた天満、播磨の首にしがみつき。
出会った時と、同じシチュエーションになってしまいましたよ。
これは、もしかして、変態サンは、播磨だったと分かったりするんでしょうか。

<・(ピリオド)>

小さい天満と八雲萌え。
少しやんちゃっぽい八雲がまた、可愛いですね。
その八雲、天満の度重なるドジっ子ぶりにキレる。
お父さんに貰った大切な絵本を、洗濯機で回されちゃいました…。
天満と八雲のお父さん登場!この姉妹のお父さんだから、美形に違いない。
絵本を探して買ってきてくれた天満に、涙する八雲がまた、泣けます。

眠っている天満、「好き」の次に「烏丸君」と続けた事で、播磨の勘違いは終了。
そして天満は、遂に播磨が変態さん(笑)である事に気づきました。
天満に誤解を解くのに必死な中、編集部から横槍が〜。
なんと、烏丸君が事故。天満をバイクに乗せて、雨の中、播磨は病院へ。
播磨、いい人なんですよね…。
って、播磨と天満も事故に遭ったとな。
2人は軽症で、烏丸は何だか全然無事のようですね。
事故の中、それでも必死に天満を守る播磨は偉い。
烏丸君は、ジーコに会った━━━(゚∀゚)━━━!
…そんなぁw

ところで、烏丸君の背中のジーコのサイン、かなりバッタもんの気配がするようなしないような。
事故のショックからなのか、天満は播磨が変態さんである事をすっかり忘却。
修学旅行はイギリスですか〜。うらやましいですな。
それにしても、花井は、まだ凧に乗っていたんですか…。

天満は、あの本を図書館から失敬していたようです。
図書館の人は、もう忘れてると思う…(^_^;)

天満と八雲の姉妹愛にジーンとしつつ、最終回なのに愛理の出番が少なかった事にちょっとショボーン。
posted by 秋月 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。