2006年10月08日

恋する天使アンジェリーク



<対決の時>

サクリアの精霊は、人類を滅ぼすと大暴れ。

戻ってきたエンジュを抱きしめるロザリアにビックリ。
この2人、こんなに親しかったですか?(^_^;)

女王陛下もやって来て、全員集合。
というか、エンジュ一人で、サクリアの精霊に立ち向かえとな。
それは可哀想な気がしますよ。
聖霊達が全員でサクリアを出すと、エンジュのブレスレッドがステッキのような物に変化。
魔法のステッキっぽいですな〜。

一人聖獣の宇宙へ向かったエンジュ。
一方、サクリアの精霊は、聖地へと向かおうとしているようです。
女王陛下は、皆の思いがエンジュを守る的な事を言っていますが、でもやっぱり、あんな大きな怪物と一人で戦うのは怖い。
エンジュは、サクリアの精霊と話し合いをしようと思っているようですね(^_^;)

聖獣の宇宙へたどり着いたエンジュ、アリオスと再会。
あっという間で良く分からなかったのですが、アリオス、もしかしてサクリアの精霊に吸収されちゃったんですか?(´Д`;)
サクリアの精霊、エンジュに「人間は生きる価値があるかどうか」と質問。
意外と、話が分かるような気が。エンジュに説得されちゃうような気もしてきましたよ。
でも、エンジュに質問していた割には、サクリアの精霊は聞く耳持たず。
エンジュはピンチになりますが、ステッキを回して反撃。バトンみたいでしたな。しかも、手の動きが微妙過ぎたような(´∇`)

サクリアの精霊は、エンジュと聖霊達を引き離ーす!という事で、神鳥の宇宙と聖獣の宇宙の次元を切断されてしまった模様。
消えてしまった、聖獣の宇宙の女王陛下は、一体どうしちゃったんでしょうか。

全てはこれから始まる…的な終わり方に、一瞬ポカーンとしてしまいましたが、公式を見てみると、どうやら第2期があるようですね。

恋する天使アンジェリーク



<ふたつの愛>

聖獣の宇宙の異変がアリオスではなく、精霊によるものだと気づいたエンジュ。
取り合えず、アリオスが敵では無い事に、安心したようです。

エンジュのピンチに、
「俺が行かないで、誰があいつを救うんだ!」
という事で、ゼフェルが飛び出て行きました。オスカー様もご同行。

一方、エンジュとアリオスは、話している内に、ちょっといい感じになってきましたよ。
というか、メルの占いに出た、エンジュの恋のお相手は、アリオスで決定?
そうと思わせて置いて、という展開だとは思いますけど(^_^;)

突如現れた女王陛下に、アリオスの過去を教えられるエンジュ。
アリオスの恋人だったエリスは、実は女王陛下なのかと一瞬思ってしまいましたが、違うようですね。
しかも、もうお亡くなりになっているようです。

エンジュ、唐突にアリオスに告白。そして、即座に振られてしまいました(´Д`;)

エンジュのピンチに、駆けつけるゼフェル。
アリオスはどうしたアリオスは、と思っていたら、ちゃんと傍に居たようです。
しっかりエンジュを守っているアリオスを、傍から見ているゼフェル様が切ないですよ。

オスカー様が精霊と闘っている間に、アリオスはエンジュを連れて城内に避難。
エンジュは、1人でさっさか元の世界に戻ってしまったのでしょうか?

サクリアの状態が悪いらしい事が知られて、ジュリアスに問い詰められるゼフェル。
しかも、エンジュの事を好きらしいという話を、エンジュにも聞かれちゃってます。
ゼフェルは、鋼のサクリアを出そうとしますが、やっぱり出せず。

ゼフェル、とうとうエンジュに告白した━━(゚∀゚) ━━!
でも、タイミングが悪かったような…。

守護聖達の会議に、ゼフェルが居ないのが寂しいです。
しかも、皆が希望を寄せていたエンジュが、突然家出してしまいましたよ。

<さすらいのなかで>

エンジュは一人放浪。アリオスに振られたり、ゼフェルに告白されたりして、ショック状態。

一方、ゼフェルも落ち込み中。
ルヴァ様は、何だかいつも、ゼフェル様のフォローをやっているような。
とか思っていたら、ルヴァ様、自分もエンジュを好きだという事をゼフェルに言っちゃったよ!ちょっとビックリ。
しかも、オスカー様もエンジュを好きだしね…。
そのオスカー様は、荒療治でゼフェルを説得。

エンジュの居場所が分かったものの、サクリアの精霊は大暴れ。
ゼフェル達は、エンジュを探しに行く事に。
エンジュの行動は、皆に読まれてますね(^_^;)直ぐに、居場所の検討をつけられちゃってます。

故郷に戻ろうとするエンジュでしたが、その前に女王陛下登場。
皆がエンジュの名前を呼ぶシーンは、何と言うか、のた打ち回ってしまいました(´∇`)

エンジュの元に来たゼフェル、またまた告白。
ちょっといい感じになりましたね、エンジュとゼフェル。
ゼフェルのサクリアも戻って、皆で聖地に帰還。
良かった良かった…と思ったのも束の間、聖獣の宇宙は何だかすごい事になってます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。