2006年12月31日

2006年も、もう終わり

来年の目標は、取りあえず今溜め込んでいる感想を、全部書いてしまう事です。
金色のコルダは一応ザッと書いてるんですけど、余りにも大雑把過ぎて清書する気になれず、ズルズルと年越し…(。。;)

それにしても、2度目の新年を迎えるまで、このブログが続くとは思いませんでした。
これからもアニメを観ている限りは、細々とブログを続けていこうと思います。
って、アニメを観なくなるなんて事は、かなり高い確立であり得ないんですけどねw

話しは全く変わりまして、テレビで「博士の愛した数式」を観て、かなり感動しました。
博士とルートの交流は、観ていてほのぼのします。ほのぼのしつつ、とても悲しいというか切ないというか…。
博士がお母さんとルートからプレゼントを貰う場面と、博士が義理のお姉さんにルートの誕生日プレゼントにグローブを頼んでおいた場面は、本気で泣けました。

この映画を観ると、数学も面白そうだな〜と思います。というか、ちゃんと勉強していれば良かったな〜、と。
数字を見ると頭痛がするような人間だったんで、それはもう成績は悪かったんですけどね(^_^;)

原作小説もかなり気になります。映画と同じ感じなんでしょうか。その内読みたいと思います。

という訳で、今年最後の更新でした。来年もよろしくお願いします。

posted by 秋月 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

マ王webラジオ感想



内容的に、24日辺りに聴いておけば良かったです。
折角クリスマスネタだったのに、ちょっと残念でした。

・猊下までこき使おうとする閣下萌え。
・ユーリのロマンは、ミニスカのサンタ(*゚∀゚)=3だったんですかw
・ヴォルフラムをミニスカのサンタにしようとするのは、当然の成り行きですな(え)
・でも、今回は何故かムラケンに矛先が…。ヴォルフ嬉しそうだよヴォルフ。
・3人がかりでムラケンのお着替え、とっても楽しそうだワァ:.。..。.:*・゜(n’∀’)η.*・゜゚・:!

で、勿論この後、ムラケンの逆襲によって、ヴォルフもミニスカのサンタ姿にされたんですよね?(妄想)
ラベル:今日からマ王
posted by 秋月 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

のだめとライオン丸G、最終回感想



(のだめカンタービレ)
毎回、千秋とのだめに萌えていたのですが、千秋がのだめを抱きしめた時は、もだえてしまいました(´∇`)
この2人、物すごくお似合いですよね。

のだめの家族もいい!千秋は、もうのだめと結婚するしかないような状況に、追い込まれてるんですけど(笑)

これで最終回なんて寂しすぎる。第2弾は無いんでしょうか。



(ライオン丸G)
まさかまさかの最終回。獅子丸が可哀想過ぎる。
ホストクラブのオーナーも、かなり好きだったのに…。

しかも、錠之介さんまでもが、あんな事になろうとは。
でも、最後の最後に、サオリに子供が出来ていたのにはビックリ。
そして、どんな事があっても、サオリはサオリのままだったので、ちょっと笑いも(^_^;)

獅子丸とコスKがいい感じになるのかと思って、ちょっと期待してたんですけどね〜。

最終回は、獅子丸と錠之介さんがアクエリオンみたいに合体変身して、敵を倒してハッピーエンドでしょう!
と、思い込んでいたので、本当にショックでした…。

これも、第2弾やって欲しいものです。無理かな(^_^;)
posted by 秋月 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ゴーストハント



<放課後の呪者 #1>

こっくりさん、きたー。こっくりさんはやった事はありませんけど、似たようなのが学校で流行っていましたなぁ…。
こっくりさんをやった後、様子が可笑しくなった友人の事を相談に来た依頼主ですが、
ナルは「病院に行かせた方がいい」と、冷たい対応。

バンドの人は、誰かと思ったら滝川でした(^_^;)
ほんの一瞬、もしかしてリン!?と思ってしまいました。そんな訳ないですよね…。
それにしても、お坊さんがアルバイトってw

それはともかく、滝川はライブに来ていた女の子に除霊を依頼されて、ナルを頼ってきたようです。
そして、そんな話しをしている所に相談にやって来たおじさんも、女の子と同じ湯浅高校の関係者でしたとさ。

問題の高校には、ナル達3人組と滝川で行く事に。
色々奇妙な現象がありまくる学校のようです(^_^;)どんどん、事件の話が出てきますよ。

そして、ジョン・真砂子・綾子、いつものメンバーもご登場。
結局、いつも同じメンバーが揃いますね。ジョンが居ないと寂しいので、嬉しい限りです(笑)

真砂子と綾子では対応が違うナルw綾子が文句をつけますが、あっさり迎撃(^_^;)
というか、真砂子はやっぱり、ナルが好きなのか〜。

一人残された麻衣の元に何者かがやって来て…、もしかしてピンチ?かと思いきや、学校の生徒でした。
その生徒の話によると、どうやらこの学校には、霊どころか超能力者まで居たようです。
というか、多少おかしい事をやったとしても、教師が生徒を吊るし上げたりするかいな?(´Д`;)

ナル達は、その超能力少女の笠井さんの所へ行く事に。
成り行き上、ナルはスプーン曲げを披露したりします。ナルは、何でも出来るんですな…。
笠井さんは、意外と真っ当な女の子みたいですけど…。美人教師(産砂先生)が、何だかちょっと怪しい気がしますよ。

スプーン曲げの事を、特にリンに話てはいけないのは、何故なんでしょうか?
麻衣は、ナルと2人きりの秘密が出来て、嬉しそうですけどw

どうやら、真砂子的には、学校に霊は居ない模様。
それにしても、真砂子と綾子は、仲悪いですね〜(^_^;)

また、一人でお留守番の麻衣。
そして、恒例になりつつある、麻衣の夢見タイム。勿論、ナルもご登場ですよ。
麻衣の夢の中の、笑顔のナルを期待しております(*゚∀゚)=3


<放課後の呪者 #2>

滝川・綾子・ジョンが皆で除霊。これだけやっても、ムダなような気はしますが(^_^;)
真砂子は、霊は居ない派のようです。

麻衣の所に来た笠井さんは、霊が居ないという真砂子の事が気になるようですね。
そして、陰陽師らしいナルの事も気になるようです。
何だか笠井さんが怪しい事に変わりはないけど、こういう子は大抵の場合、犯人では無いんですよね(^_^;)

何か専門用語が出てくると、麻衣が判らない→ナルが説明、という流れになるようですなw

綾子の年齢の件に触れた滝川は、ゲンコツを食らうw
普通に美人で若く見えますけど、実際のところ何歳なんでしょうかね…。

そして、また事件勃発。
吉野先生が運転中に、車の窓に手がバーン━━(゚□゚;) ━━!と出てきて、事故ってしまいました。
命に別状はなさそうですが、吉野先生が運転をする前に笠井さんに会っていた。
という事で、また疑いは笠井さんに。

そして今度は、麻衣が胸騒ぎ。
当の笠井さんが、生徒達に吊るし上げを食らっていますよ。
産砂先生にかばわれていますが、この先生がちょっと怪しい感じですね…。何となく(^_^;)

またまた、皆で除霊しています。
一人部屋に残された麻衣は、ビクビク。
していた所にナルが帰ってきますが、今度は停電。しかも、何かが現れた((((;゚Д゚)))!
普通に怖いです…。天井から、女の人のような影がすーっと降りてきましたよ。
麻衣曰く、その女の人は、ナルを狙っている模様。

しかも、その女の人と、一晩中睨み合いをしていたらしいナル…(´∇`)さすがです。

ナル曰く、どうやら事件の真相は、呪いのようです。
真砂子と綾子は、犯人は笠井さんと決め付け。でも、麻衣は否定。
やっぱり、麻衣は何か力があるんでしょうかね。

今度は、皆でヒトガタを探す事に。
ナルは、あっさりと次々にヒトガタを発見。麻衣もヒトガタを見つけて、ナルに褒められて嬉しそうー。

でも、真砂子が階段から落下してしまいます。
笠井さんも悲鳴を上げて、産砂先生にしがみついていたりします。
やっぱり、産砂先生怪しいなー。
posted by 秋月 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴーストハント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

BLACK LAGOON The Second Barrage



<The Dark Tower>

取り合えず、雪緒を早く助けてあげて欲しい今日この頃。

そんな所に、やっと登場してくれたレヴィ達。存分にやって下さい。
銀次はブチ切れ。レヴィと一緒に、男共を成敗。
連中も銃を持っていますが、レヴィと銀次には当たらない〜。

雪緒を連れて逃げるチャカですが、ロックが機転を利かせて雪緒を救出。

レヴィ、実に嬉しそうに撃ちまくりますな。
男は「ギブ」を連発しますが、どうやらレヴィには通じなかったようですw通じたとしても、結果は同じだと思われますがw
ちなみにレヴィは、誰も見逃さないようです。まあ、同情の余地は皆無ですが。

雪緒を探しているチャカですが、ちょっと逆らった手下だか仲間だかを撃っちゃいました。
そして、無謀にもレヴィに戦いを挑もうとしますが、レヴィの相手になる訳も無く。

今度は、銀次VSチャカ。
銀次、チャカが撃った銃弾を切った━━━(゚∀゚)━━━!
そして、ざっくり切られたチャカは、プールにボチャっと落下。

隠れていたロックと雪緒ですが、雪緒はロックを敵だとキッパリ。

というか、チャカはまだ生きてたんですか。でも、銀次がチャカを許す訳もなく。
プールから這い上がろうとしたチャカの頭を、銀次に刀で押さえられて、プールの底へ。

雪緒に「何も選んでいない」と攻められ、返す言葉も無いロック。
最後は「嫌いです」と言われてしまいましたよ。

悪い顔をしたレヴィに、銃弾の切断をリクエストされた銀次でしたが、今回は持ち越し。

バラライカ達は、やっぱり鷲峰組に仕掛けるつもりのようです…。
それにしても、バラライカの少女時代は、本当に可愛いですな。

雪緒と銀次、どうなってしまうのか、非常に気になります。
この2人には、何とか最後まで無事でいて欲しいものです。
ロックも、どうするつもりなんでしょうね…。

posted by 秋月 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

BLACK LAGOON The Second Barrage




<The Succession>

日本で、物すごい事が起こってますな(^_^;)

バラライカ様怖いよバラライカ様。日本人では、相手になりませんよ。

雪緒(セーラー服着用)は、何も知らずに平和に読書。かなりの文学少女みたいですね。

チャカは、レヴィに手出しするつもりなんですかね。やっぱり、手を出すつもりみたいですね。
しかも、止めようとしたロックに蹴りを入れたりしますよ。
この男、ドンパチになったら、真っ先にやられそうな気配。レヴィも、そのつもりみたいですし。

そんな時に、ロックは雪緒と再会。仲良く、お茶してます。気が合ってそうですけどね…。
でも、雪緒が携帯で話している時、ちょっとした事で、ロックは雪緒が関係者である事に気付きました。

風向きも怪しくなってきて、雪緒の身に危険が及びそうな気配…(ーー;)

坂東さんは、バラライカ様に向かっていって、返り討ちにあってしまいました。
この光景は、ロックにはきついですな…。

一方の雪緒は、その道を歩く事を決意したようです。

<Two Father's Little Soldier Girls>

若かりし頃のバラライカ様、可愛すぎる!
そして、次の瞬間には、戦場でドンパチやってるバラライカ。
バラライカは、オリンピックに出たかったんでしょうか。

そしてやっぱり、雪緒は狙われてるんですね…。ロックはどうするんでしょうか。

雪緒は覚悟を決めて、後輩にお別れの挨拶。
学校に車が押し寄せてきた時は、一瞬、バラライカ様((((;゚Д゚)))?と思いましたが、銀次達でした。
どちらにしても、一般人なら、それは腰を抜かしますな。

本格的に、銃撃戦が始まりましたよ。
銃を相手に日本刀は、銀次ヤバいんじゃ…と思いましたが、銃弾は当たらない。銀次強いよ銀次。

ロックはやっぱり雪緒が気になるようですが、レヴィは取り合わないでしょう。
と思いきや、レヴィはロックに付き合ってくれる事に。

チャカという男、思いっきり裏切ってますな。
ああ、雪緒が…(ーー;)雪緒の護衛(?)が一人だけというのは、やっぱりまずいような。

ロックとレヴィが到着した時には、雪緒は連れ去られた後。
そして、戻ってきた銀次と3人で、雪緒の後を追う事に。

男共、雪緒にますます酷い事を。かなり最低。
チャカは早いとこ、レヴィと銀次によって、ギッタンギッタンにされて欲しいものです。

posted by 秋月 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

マ王webラジオ感想



(第2回)

今回も、またまたムラケンとヴォルフによるドラマ!もしかして、毎回ですか?

・ムラケンを疑ってかかるヴォルフ萌え。
・「お帰りなさいませご主人さま」やら「にゃー」やら、ムラケンはヴォルフに何を教えてるんですか(´∇`) 
・思っている事が全部口に出ているヴォルフw天然ツンデレとな。
・そんなフォンビーレフェルト卿に、ムラケンもちょっとは萌えたりしないんでしょうか。そうしたら、嬉しいんですけどw

ユーリが勉強中は、ヴォルフはムラケンといつも一緒に居たりするのかな。
何だかんだ言って、外見は同年代ですしねー。

(第3回)

今回は、アニシナとツェリ様も参戦。

・今回はウサ耳wムラケンにかぶらされたのかと思ったら、アニシナでしたか(^_^;)
・というか、グウェンダルもウサ耳。アニシナに強制的にかぶらされたのか、自発的なのかw
・ムラケンもやっぱり、アニシナの実験に協力するのはイヤなんですね(´∇`)
ラベル:今日からマ王
posted by 秋月 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。