2007年06月20日

キスダム -ENGAGE planet-



<友輩 キズナ>

どうやらシュウにしか見えないヴァルダに、主と呼ばれるシュウ。
シュウはネクロダイバーではなく人間だと主張しますが、やっぱり当然のように戦いに巻き込まれるんでしょうね。

傷ついた身体が、あっという間に癒えていくシュウ。
由乃を連れて逃げようとするシュウだが、周囲はとても2人で生きていける環境じゃなくなった。
七生の「お前一人の身体じゃない」には、シュウが自ら突っ込み入れましたな(^_^;)シュウと同じような事を思ってしまいましたよ〜。

由乃は基本的に男らしい性格だったんですね。普通に、女性っぽい人かと思っていました。

敵の中枢部を叩く事にする狼騎達。
またまた拘束されて、牢屋に閉じ込められてしまうシュウ。
由乃も、シュウと同じ目に遭ってますがな。というか、連絡を取ろうと頑張っている由乃が妙に色っぽい〜。

牢の中に閉じ込められていた由乃は、虫に襲われ絶叫。
兵士が来てくれましたが、大丈夫なんでしょうか。
シュウが来ると思われますが、それまで由乃は大丈夫だろうとは思いますが、兵士の方は危なさそう。

お約束どおり、シュウは由乃を助けに来てくれました。
そのまま由乃と逃げることも出来るようですが、七生のお言葉が頭の中でリフレイン〜。
というか、兵士は何処へ行ったのか、分からなくなっちゃったよ!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

そして、またシュウにだけ聞こえる女の子の声。
皆のピンチに登場するのは、主人公のお約束。
シュウはいつの間にか、ヴァルダと普通に会話をするようになってますな。

突然現れた司令に、囚われてしまう由乃。
というか、京香は人類の敵側だったのか〜。
海難事故に遭った時に、何かあったんですかね。

え。まさか由乃が、ここで退場という事は無いですよね…?( ゚Д゚)
シュウは由乃からペンダントを託され、エジプト・ルクソールという言葉を残されますが…。

<炎幻 カギロヒ>

海難事故の時の京香、よくよく観てみると、倒れてきた船に激突してしまったように観えますね。(実際はどうなのかは、分かりませんけど)
それでも生きているので、京香もシュウみたいに、特別な存在になってるんでしょうか。
シュウに襲い掛かられた時も、バリアwみたいなモノで弾いているので、普通の人間では無いような感じですけど。

由乃居た!生きてる!?と思って喜んでたら、過去の回想でした。
というか、総集編のようですね(´∇`)シュウがネクロダイバーになるまでの道のり的な。
でも、総集編やるには、ちょっと早くないですか?
posted by 秋月 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キスダム -ENGAGE planet- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒロイック・エイジ



<ノドス>

ノドスの一人であるカルキノスと、戦闘になるエイジ。
エイジ自身の意思というより、お父さんの言いつけを守ってる感じなんでしょうか。

ちゃんとエイジを迎えに来てくれたイオラオス萌えw
でも、アルゴノートに戻る事を約束するエイジに、取り合えずイオラオスは一人でアルゴノートに戻った模様。

アルゴノートは好きだ、というエイジの言葉を信じたらしいイオラオス。
それでもやっぱり、まだサル呼ばわりなのね(^_^;)
まあ、当初みたいに、イヤな感じはしませんけど。

カルキノスは手加減して戦っていたようですが、一緒に行く意思の無いエイジに、結局、化身して戦う事に。
何だか、ユティが一番好戦的に見えますね。男性陣は、温和っぽい感じがするんですけど。

アルゴノートがピンチになって、当然助けに入るエイジ。
ついさっきまで、カルキノスに首をしめられてたのに…本当に頑張るなぁ。

また、アルゴノートがピンチになって、エイジはアルゴノートの盾に。
イオラオスがエイジの名前を呼んで心配しているのが、いい感じですな。
それはともかく、物すごい攻撃を食らっても、やっぱりエイジは無事。すごいよ主人公、というかノドス。

ちなみに、エイジ的には、イオラオスは風なんですね〜。
もしかして、ハッキリ分からないのかと心配していましたけどw
ディアネイラが、ちゃんと教えてくれて一安心です。

今回で、エイジがイオラオスと仲良しになれて、良かった良かった。仲良くなりましたよね?



<セメタリー・ベルト>

艦長はお疲れのようですが、エイジは元気一杯のようです。お絵かきが気に入ってるようですね。

そして、エイジにお付き合いするテイル・メイル。
ディアネイラもやって来て、仲良くお話し。顔にペンキがついてるエイジ可愛いw
何処からとも無くイオラオスもやって来て、エイジにヤキモチを妬いてくれる事を、一瞬期待したんですけどw残念!

カルキノスは穏健派のようですが、ユティはいけいけドンドンの模様。
ユティは、カルキノスとメヒタカの2人を、エイジの元へ行かせる事に。

どこの港でも拒まれて、アルゴノートは困り中。
他の人に迷惑をかけない為に、スターウェーを外れて行く事に。
ディアネイラをフォローする、イオラオスとアネーシャが健気ですな。

イオラオスがディアネイラに心酔している姿を、アネーシャは切ない感じで見ております。
アネーシャの気持ちを知らないイオラオス、超鈍感発言してますね(^_^;)

実った野菜に、エイジはとっても嬉しそう。
ディアネイラの心配をよそに、エイジは元気一杯ですよ。
エイジの「好き」発言に、ビックリするディアネイラ達ですが、勿論みーんな好き!的発言でしたとさ。

青銅の種族に襲撃され、戦闘モードになるアルゴノート。
でも、エイジが居ない…と思いきや、とっくに宇宙空間に出てました。
エイジは敵が来る事が分かっている模様。って、幾らエイジでも、複数のノドスを相手にして、大丈夫なんでしょうかね。

エイジとカルキノスは戦闘になりますが、メヒタカは戦いたくないのかコッソリ隠れていますよ。
しかも、泣いちゃってます、メヒタカ(^_^;)争いが嫌いなんでしょうね。
そんなメヒタカを、ユティ様は追い詰めるような事を仰います。これは見事な女王様ですな。

アルゴノートを守る為に離れていくエイジ。エイジは一度、アルゴノートと別れるんでしょうか?
posted by 秋月 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。