2007年06月24日

ガラスの艦隊・鋼鉄三国志



ガラスの艦隊
<回天のごとく…>
レイチェルは、完全にヴェッティ様にメロメロになってしまったんでしょうか…(ノ∀`)
でも、婚姻する為にアタックしていた(多分)時の猫かぶりをかなぐり捨てたヴェッティ様は、そんなレイチェルを省みる事は無く。
何と言うか…ヴェッティ様、分かってはいましたがw、ヒドイお方だわぁ。



鋼鉄三国志
<曹孟徳、赤き壁を駆りて孫呉へ迫る>
見逃している間に、これはまたすごいキャラが…。
劉備様、マイペース過ぎる所が素敵過ぎる。

いつもながら怪しさ炸裂の孔明様と陸遜。
「いけない子、ですね…」(孔明)
と言う時、いけない子、で止める辺りや口調が絶妙ですなw
普通に孔明様に抱き寄せられちゃう陸遜君に、何故かちょっと笑ってしまいました(´∇`)
posted by 秋月 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球へ…



<孤独なるミュウ>

ナスカに着いて、もう3年も経つんですか。

と書いていたら、ユウイは事故で死亡。突然な展開ですね…。
3歳になって可愛く成長したトォニィが、カリナをなぐさめますよ。
それにしても、ジョミーは本当に成長しましたね。

何回か見逃した間に、サムの身に一体何が!
キースはサムを案じていますが、サムは何も分からず。
精神的に子供になってしまったらしいサムにとっては、キースはおじさんなんですね。

スウェナは離婚してしまったとな。以前より、強くなったようですね。
病室から無邪気な笑顔で見送るサムが、何だかすごく切ない…。

キースに熱い視線(え)を送っているマツカ。怯えているのも含めて、完全にキースにバレバレ。
というか、やっぱりマツカはミュウだったんですか。
キースは一応、見逃すおつもりのようです。
それにしても、マツカがちょっと弱々しいから、キースが彼を問い詰めてる場面は観ていてハラハラ。
その上、うっかり背後から近づいたマツカを、容赦なく撃つキース様の冷徹っぷりが何とも言えない。

若い世代のミュウ達は、もうシャングリラの護衛はしたくないとボイコット。
何だか分裂してしまいそうな若い世代と年長の世代。悩むジョミーに語りかけたのは、誰だったのかな?トォニィ?

地球へ… 1 (1)
ラベル:地球へ…
posted by 秋月 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(5) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。