2007年07月28日

地球へ…



第17話「永遠と陽炎と」

初っ端からピンチのブルーでしたが、ジョミーと子供達が手助けして何とか攻撃を防ぎました。

トォニィ達成長しましたね。一気にオープング状態まで成長するかと思ってましたけど、とりあえず子供サイズ。
それにしても、皆ジョミーが大好きなんだなぁ…。
攻撃は防いだものの、トォニィ以外の子供達は力の使いすぎでグッタリしてます。
他の子供達もタイプブルーだけど、その中でもトォニィは強いのかな?

そしてブルーは、子供達をジョミーに任せて、一人で行ってしまいました(´Д⊂

一方のキースは、味方を巻き込んでもミューを全滅させるおつもりのようです。

生き残りを探してシェルターへ向かうリオですが、どうやらドアが開かない模様。
リオ優しいなぁ…。でも、リオがどうにかなっちゃうのは嫌だから、早くシャトルに戻って欲しい(´Д`;)
というか、とうとうリオを残してシャトルが出発しちゃったよ!

でも、ジョミーがナスカに下りてきていたんですね。
リオが取り残されるかとビビりましたが、シャングリラに戻れそうです。

攻撃されまくった為にナスカは限界。
それでも、司令ですらビックリする執拗さで、惑星に更に攻撃をくわえようするキース。

一方、キースの船に直接乗り込むブルー。
ここはやっぱりキースが自ら迎え撃ちに行くようです。
キースはセルジュに指揮を任せるんですね。ちょっと意外。
やっぱりマツカでしょう!と思っていたので(^_^;)

リオに代わって生き残りを探しに来たジョミー。
でも、カリナに続いて、またジョミーに関わりが深かった人を失ってしまいました…。

単独行動をするブルーは、背後から狙われたりと大変。
しかもフラフラのブルーにもキースは容赦ない!
力を振り絞ったブルーの攻撃から、マツカはキースを守ってワープ。
ブルーはメギドを破壊したものの、命を落としてしまう事に…。・゚・(ノД`) 

司令が意外にも真っ当なことを言うので驚いてしまいました(^_^;)
どちらかと言うと、キースと同じ行動に出るタイプかなぁと思っていたんで。
ちょっとカッコイイとすら思ってしまいましたw

ジョミーはアルテメシアを制圧することを決意したようです。

地球へ・・・ Original Soundtrack
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風のスティグマ



第16話「父と子と」

温泉旅行は、もしかしなくても宗主の差し金ですか?(^_^;)
それは回想で暴露されましたw
というか、娘の友達にこんなお願いしますかね?これは煉君が恥ずかしがるのも分かるw
勿論、和麻はお見通しですけどね。

あくまで和麻と綾乃をくっつけようとする宗主…。
しかも妄想まではじめてしまいました。何か、ものすごく具体的な妄想ですね…(´∇`;)
でも、厳馬も温泉に行っていた事が発覚。
違う間違いが起こる予感に宗主は頭を抱えますよ。
愉快すぎるんですけど、宗主w

そして水着を披露する綾乃達。その中に混ざっている唯一の男の子の煉君ですが、全く違和感ないですなw

露天風呂に入った和麻は厳馬と遭遇…かと思いきや、キャサリンでした。
というか、女の子が居るんだから、和麻もそんなに堂々と見せなくてもいいのに(´∇`)

今度こそ遭遇した和麻と厳馬。
そう言えば、和麻は厳馬を病院送りにしたんでしたね…。
早速、喧嘩が始まりそうな気配(^_^;)

というか、いきなり殴り合いを始める2人に笑ったw
炎がでたり風が出たり…というのを想像してたので。

綾乃と煉はその場に来るも、余りの物すごい喧嘩に割って入れず。
でも、橘さんがアッサリ止めてくれましたが…不倫旅行という問題発言。
綾乃と煉の反応が可愛いですなw
まあ、結局嘘だったんですけどね。厳馬が全然否定しないから「もしかして…」と思ってしまいましたw

喧嘩したんで汗をかいた…という事で風呂場へ行った途端になって鉢合わせして喧嘩になる2人。
アッサリ喧嘩を止められる橘は何者?

でもまあ、何だかんだ言って、和麻も厳馬もお互い分かり合ってるようなんですけどね。
一緒に温泉に入って親子の語らいをしてるじゃないですか。
と思ってたら、またまた喧嘩w

一方、綾乃はキャサリンはお風呂でバッタリ。
コンヨークが何たるかを分かってないのに、キャサリンはそのネタで綾乃を挑発w

あの2人の喧嘩は2人独特のコミュニケーションだったようですが…激しすぎやしませんか?
蹴りを入れて倒れた厳馬を助け起こしたかと思いきや…すかさず倒す和麻w
でも、綾乃と話している和麻を殴り飛ばす厳馬もなかなかやりますな。
本当に似たもの親子じゃないですかw

おお。綾乃が和麻を膝枕して、怪我の治療をしてあげてます。
いい雰囲気じゃないですか。宗主のお望みどおりのアヤマチが起こったりしても不思議じゃない…ことは無いですけどw

そして、また和麻と厳馬は風呂に行って、再び同じことが繰り返される、と(^_^;)

TVアニメ「風のスティグマ」ソングコレクションCD
posted by 秋月 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀魂



第66話「華より団子」

銀さんは死ぬことは絶対に無い、と思う。

それにしても、パンツ見えすぎじゃないですか?
というか、銀さん達が見すぎなんですか?w

銀さんが通っている団子屋さん・魂平糖は、ライバル店(なのか?)・餡泥牝堕の主人に狙われたいた。
そして店の土地を巡ってどちらの店の団子がより食べられるか勝負。

勝負だから仕方ないですけど、あれだけの団子食べたら調子崩しそう('A`)
最初は神楽一人でも大丈夫かと思いましたが…途中までかなり頑張ってましたが…最後はやっぱり銀さんが決めたのでした。

最後の方は食べ過ぎのせいか、何だか銀さんの顔が変わってきたようなw体形も変わってましたけどw
それにしても、途中で魂平糖に流れてきそうだった貧しい一家を邪魔しなくてもよかったんじゃ…(^_^;)

銀魂 オリジナル・サウンドトラック
タグ:銀魂
posted by 秋月 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

D.Gray-man



第42話「黒猫の罠」

オリエンタルらしいですけど、そこは一体何処?
と思いましたが、伸びるアイスという事は…。でもそれ伸びすぎじゃないですか?w

という姿も、やっぱり監視されているアレン達。
ルル=ベルはアレン達を分断して倒すおつもりのようです。

ホテルにチェックインしよう…とするアレン達ですが、クロウリーが迷子になったわ〜。
それに気付いて、クロウリーテンパってるわ〜(笑)
クロちゃん大人なんだから頑張らないと!

ショボーンとしているクロウリーをリナリーが探しに来てくれた…と思いましたが、明らかに違う人っぽいですねw
イノセンスらしき物を見つけた、という言葉を信じて、偽リナリーの後を付いていくクロウリー。
そして連れて行かれた先は人気の無い場所…。そして、アクマの待ち伏せにあってしまいます。

明らかに様子がおかしいリナリーに、まだ気付いていないクロウリー。
偽リナリーの正体はルル=ベルでしたとさ。ルル=ベルはあのままクロウリーをさくっと倒せたと思(略)
クロウリーがピンチの所に、アレン達が登場。

偽リナリーは双子オチ(違う)
そうこうしている内に、リナリーとルル=ベルが取っ組み合いになってしまい、どちらが本物か分からなってしまいました。

2人のリナリーがそれぞれアクマにさらわれて、二手に分かれて行動する事になってしまったアレン達。

「誰かを信じる。それがクロウリーのいい所でもあるんですから」
とアレンに言われて赤くなるクロちゃん可愛いw

洞窟に入ったアレンとクロウリーの前に、吊るされリナリー登場。
でも、そのリナリーが本物かどうか分からないアレン達。
それにしても、自分の能力をエクソシストにペラペラ話すアクマって…。

ラビはアクマを倒してリナリー救助。本物のリナリーはラビが助けた方でしたとさ。

という訳で、アレン達が助けた方が偽者という事に。
あっという間にリナリーが偽者だと見破るアレン。
ルル=ベルは素早く逃走しちゃいましたw
自分の正体をバラしちゃうかと思いましたけど、今回はバラしませんでしたね。
でも、偽リナリーの正体はノア?と何となく分かりそうなものですが…(^_^;)

アレンとクロウリーが迷子になってしまった事で、取り合えず分断作戦は成功。

D.Gray-man Vol.12 (12) (ジャンプコミックス)
タグ:D.Gray-man
posted by 秋月 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

地球へ…



第16話「赤い瞳 蒼い星」

フィシスはブルーが助け出した女の子だったんですね。
ブルーがフィシスを連れ出そうとする所を、邪魔するのはキース…。
というのは、ブルーの夢だったようです。
それにしても、フィシスとキースって、どういう間柄なんでしょうか。

ナスカに住む若い世代の人達は、ナスカを離れる気は全くない模様。
色々と思い入れがあるんでしょうけど、それも命あってのものだと思うんですけど…。
かなり楽観的に考えてますよね(^_^;)

眠ったままのトォニィと同調するように、ナスカの他の子供達も眠ってしまった模様。

ブルーとフィシスは何だかいい感じ…。もしかして恋人同士なんでしょうか?
少なくとも、ブルーはフィシスを特別視しているようですけど。
キースが戻って来る事が分かっているらしいフィシスは、キースを助けてしまったことを後悔。

キースはナスカを全滅させるおつもりのようです。
「人間以上は要らない」
と言ってますけど、そのキースもマツカも、人間以上のような気が(^_^;)

前回ミューに呼びかけられて困惑し、キースにその事を話すマツカ。
この事を話せる相手がキースしかいないとは言え、キースに相談するのはどうかとw
挑発されたマツカがキースを押し倒したー!(違う)
それにしても、首を絞められても、キースは全然動揺してませんな。
マツカが自分(というか他者)を害することが出来る訳ないと思ってるんでしょうな。

司令はキースとマツカの帰還を持たずにさっさとナスカへ行くおつもりのご様子。
こすい真似をして手柄を上げようとする、典型的小悪党ですね(ノ∀`)

新しい部下が沢山出来たらしいキース。
キースの顔見知りがおおいようですね。ついでに、自信満々の人が多い感じがします。
特別扱い(なのか?)されているマツカに、セルジュは早くも対抗心が露になってますなw
これからマツカに、ちょこちょこ嫌がらせでもしそうな感じがしますよw

ナスカで生まれた子供達だけが、何故か皆意識不明に。
一方、直ぐにナスカを離れるようジョミーに言うブルー。

ナスカ攻撃の指揮権はあっさりキースに行っちゃいましたなw
どちらかというと、司令の方がまだ悲惨な事にならないで済む気がしてたんですけどね…。

ブルーがハーレイに、何だか遺言のような言葉を残してるんですけど…(´Д`;)

星を一瞬で破壊できるらしいメギドシステム。
何と言うか、これは対抗して戦う間も無さそう。

今度はブルー、フィシスに形見を残すかのように、自分の物を渡したりしてるんですけど…。
これはちょっとヤバいのでは((((;゚Д゚)))

発射準備が始まり、ビビり気味のマツカ、反応して目覚めるトォニィ。
そして、ナスカを守るべく飛び出て行ってしまうブルー。
トォニィが物すごい力で止めるのかと思ったんですけど、どうやらブルーが止めるのかな…?

地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(4) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀魂



第65話「少年はカブト虫を通し生命の尊さを知る」

カブトムシをめぐって万屋VS真選組。

何てでっかいカブトムシ…と思ったら沖田だった(ノ∀`)
普通に考えたらあんな大きさのカブトムシはあり得ないんだろうけど、銀魂だし普通にあり得るのかと思ってしまいましたw
それにしても、足の動きが妙にリアルでちょっと気持ち悪いかも。

女の子にも全く容赦ない沖田さんw
神楽ちゃんモロに顔面から落ちちゃった。あれは痛いでしょうw
というか、沖田のカブトムシの着ぐるみは飛ぶ機能つき!?

真選組が探しているのは、将軍のペットのカブトムシ。
てっきり活動費か何かが必要で、カブトムシを捕って稼ぐつもりなのかと…w

ひもじい銀さん達に対し、真選組はバーベキューで嫌がらせ作戦。真選組大人げないわ〜。
でも、神楽には誰も敵わなかった。物すごい離れ技ですな。
本当に観てるだけで、ウッ(´Д`;)と来ました…。
あの中で、平然と神楽と睨み合いしている沖田もすごいよ。

そして、神楽VS沖田。
沖田のカブトムシ(なのか?)デカッ。しかもレベルは999。
幾ら何でも、普通サイズのカブトムシであれに挑むとは無謀な…。

銀さんに拳骨食らって頭をなでてる神楽と沖田が可愛い。2人並んで正座で説教を聞くところも可愛い(*´д` *)
というか、銀さんがカブトムシ踏んじゃった。駄目じゃん!(ノ∀`)

銀魂 オリジナル・サウンドトラック
タグ:銀魂
posted by 秋月 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

風のスティグマ



第15話「キャサリン・リターンズ」

街中で大暴れしてますな、キャサリン(^_^;)
人前で堂々とメタトロンを使っていいのかいな?

キャサリン、今度はメタトロンを出したまま優雅にお茶〜。
しかも和麻に喧嘩を売るキャサリンですが、綾乃に勝てないのに和麻に勝てる訳ないですなw
というか、綾乃とキャサリンは結構いい勝負なのかと思っていましたが、綾乃の方がレベルは上なんですね。

和麻はギャラを貰って綾乃に雇われているだけ。という事で、キャサリンは和麻を雇っちゃう事に。
和麻酷いぞー(^_^;)やっぱり考えがあるんでしょうけど。多分。

和麻が金髪美人と歩いているという話を聞いて、綾乃ご立腹。
そこに登場した和麻は、綾乃にキャサリンからの果たし状を手渡します。

今度はキャサリンが和麻にドキンッwとなっちゃったようです(´∇`)
転んだ所を助けてもらって…とは、何と古典的なw

また宗主のマッサージをしている煉君w
お金持ちなんだから、マッサージ師を雇えばいいと思うのですが(^_^;)
宗主は炎術師としてのライバルじゃなく、別のライバルをお望みのようですw
毎度のことながら、宗主は愉快なお人ですな〜。

キャサリンのコーチをしている和麻に、綾乃は自棄食い。
そこに和麻とキャサリン登場で、綾乃は更にギリギリ。
その上、キャサリンは、自分が勝ったら和麻をアメリカに連れて行く宣言。
というか、和麻の意思は無視?かと思いきや、和麻はお金を払ってもらえばそれでいいのかいw

日本に残して永遠に奢らせたる!という事で、綾乃はやる気満々。

そして、決闘の日。
あっという間にメタトロンを浄化の炎で倒しちゃいますが、今度は複数方向から攻撃されて、綾乃はピンチ!
要するに和麻様は、綾乃に自分の弱点を気付かせようとしていたようです。

カズマとの未来予想図をペラペラと話すキャサリンに、綾乃は怒り頂点。
あっという間に弱点を克服して、綾乃はキャサリンぶっ飛ばしましたとさ(^_^;)

何かキャサリンがいきなりいい子キャラにりませんでしたか…?( ゚Д゚)
と思いましたが、キャサリンはやっぱりキャサリンだったw
しかも、キャサリンは日本に残っちゃうんですか!?今後も出てくるんでしょうか。

というか、次回も出てきてるようですねw

TVアニメ「風のスティグマ」ソングコレクションCD
posted by 秋月 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

D.Gray-man



第41話「新たなる刺客」

物すごい雨に降られて足止めをくうアレン達。
同じように足止めをくった人達で、何処の宿もいっぱい。
そこに通りかかる意味ありげな黒猫…。

黒猫についていくのはどうなの、ラビw
と思いましたが、猫を追った先にはお約束通り宿が…。

そして、ルル=ベル登場で、ラビのストライクキタ━━━(゚∀゚)━━━!
ルル=ベルが登場してラビと対面したら、ストライクするだろうとは思ってましたけどねw
しかも、「君の名前もプリーズ」って…(ノ∀`)ラビってこんなキャラでしたか?w

やっと見つけた宿だけど、出てきた食事は冷たいミルクだけ。
これじゃあ、アレンはとても足りないでしょうね(^_^;)

ノアの洪水、キューブの預言の事なんかが語られました。
皆で説明してる感じが何とも(笑)

というか、お皿を舐めるルル=ベル色っぽいw

ご飯にありつけずに、アレンとクロウリーのお腹がグーグー。ラビはお腹空かないのかいな?
そんな所に、アクマ襲撃。なのに、すきっ腹のアレンはバテ気味。命に関わるんだがら、頑張れアレン。
クロウリーはアクマを倒しながら食事にありつけていいですねw

行方不明のルル=ベルを心配するアレン達。
一方、もう一人の新キャラメイド・ミミキタ━━━(゚∀゚)━━!
今度はミミに爪の手入れをさせるルル=ベル色っぽいw

それにしても、黒猫が伯爵の鼻を舐めたのが何とも(^_^;)
あれがルル=ベルだと思うとちょっとw(多分そうですよね?)

ルル=ベルを見つけたものの、またアクマの襲撃を受けるアレン達。
勿論、ルル=ベルを守ろうとするアレンですが、ここでルル=ベルが正体バラし。
ピンチのアレンをすかさず助けに入るリナリーですが、助け方が豪快ですなw

もしかして、ルル=ベルはアレンにほだされたりとか…しませんよね?
今回は、「癪に障る」と言ってましたけど。

D.Gray-man ボイスアラームクロック ラビ
タグ:D.Gray-man
posted by 秋月 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ヒロイック・エイジ



第12話「破滅の炬火」

まだ動揺が抜けきっていないらしいパエトー。
カルキノスの方は、完全に復調したのかな?結構好きなんです、カルキノス。最後まで無事でいて欲しい。

物すごい戦闘になってますな。普通に戦ったら、人類側は全然勝機が無さそう。
エイジも頑張っていますが、本当に数が多すぎでしょう(´Д`;)
全部エイジ一人に負わせるつもりなのかい。

それにしても、この2人のお守りをしなくてはならないニルバールは大変だな…。
と思っていたら、アタランテスが主砲を使うことを提案。
惑星もエイジも味方も全部無視ですかい。幾らなんでも、酷すぎじゃありませんか?お馬鹿キャラにも程がありあすぎ。
ニルバールは命令を撤回させようとしますが、メレアグロスはニルバールを罷免。これで、ストッパーが居なくなりましたな…。

ディアネイラは不穏な気配を感じ取っていたようですが、兄弟は主砲を発射。そして、木星に直撃。
というか、エイジが巻き込まれてませんか…?
エイジは生きているとは思いますが、兄弟はえらい事をしでかしてくれましたな。

この状況になっても、メレアグロスは高笑い〜。
そろそろ誰かキレて、この2人を拘束してもいいと思いますw
この2人の指揮下に居る、エイジや他の兵士達が不憫でならない。

破壊していく惑星に、メレアグロスとアタランテス、今更ながらアワアワしてます。
パエトーとカルキノスは、鉄の種族ってお馬鹿、と思ったことでしょうな。

カルキノスとエイジの戦いが始まり、参戦しようとするレクティを気遣って、メヒタカが自分が行くという感じの事を言ったのが印象的。
戦うのは嫌いなんでしょうけど、レクティを戦わせたくもないんでしょうね。

木星が破壊された事を知って、ディアネイラは涙。
そんなディアネイラに、クーデターを起こす事をそれとなく伝える艦長。
でも今は救援が先。という事で、ディアネイラ達はアルゴノートで出る事に。

エイジの心配をしまくるイオラオス。
何かディアネイラの事より、エイジの事を口にする方が多くなってませんか?w
今はエイジが一人で戦っているという事もあるんでしょうけど。

ディアネイラは、エイジを一人にしてしまった事を後悔。
いつもながら、アネーシャのフォローは素晴らしいですな。

次回も、やっぱりエイジが色々と大変な目に遭うんだろうな…。

ヒロイック・エイジ オフィシャルガイドブック Vol.1
posted by 秋月 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

地球へ…



第15話「変動の予兆」

キースに捕らえられてしまったフィシスは、艦内案内をさせられる羽目に。

トォニィが行方不明になって、カリナは見るからに不安定な感じに…。
トォニィが身に着けていたブローチのような物を拾うカリナ。
そして、トォニィがキースに攻撃された瞬間を見てしまい、カリナ暴走。

起きてきたのは良かったものの、ブルーはかなり調子悪そう!
一方のキースは、混乱している艦内を堂々と進んでますな。

暴走状態カリナ怖っ。トォニィが死んでしまったと思ってるからなんでしょうけど…。
そんなカリナを救うべく、思念体でカリナの元へ行くジョミー。
これはジョミーでも止められないかもと思ったら、呼びかけに多少我に返った?

単身潜入してきたマツカ、思念波でキース呼びかけます。それは勿論、ミュー達にはバレバレ。
早々に撃ち落していればミューにとっては良かったのでしょうが、マツカと接触をとろうとするトキ。
でも、自分をミューだと思っていない(?)マツカは、動揺しただけでしたとさ。

ミューの兵士をボコボコにしながら逃走するキース。
フィシスはそれを責めますが、キースの言う事にも一理ありますな。
前回、キースも結構な目に遭ってますから(ーー;)

ユウイとトォニィ、大切な人を失ってしまったと思った事で、もう精神的に限界らしいカリナ。
そして、力を使い果たしてしまったのか、カリナは…。・゚・(ノД`) これはジョミーつらい…。
 
逃走しようとするキースを、先回りして船で待っていたブルー。
年寄りって、そういえばブルーは結構ご高齢でしたか?
キースを攻撃するブルーですが、何故かフィシスがキースを守ってしまい不発。
本当、キースとフィシスってどういう関係なんでしょうか。

ブルーも、キースがフィシスと同じイメージ(記憶?)を持っている事に気付きましたな。
というか、逃走するのに仮死状態の子供を投げるつけるとは、見事な悪人っぷりだキース!(ノ∀`)
まあ、キースも自分の命がかかってるんですけど。

やっとキースを見つけ出して、とっても嬉しそうなマツカw
キースの為なら、やった事のないシールドだって張っちゃうマツカw

それにしても、キースがフィシスを見殺しにするつもりだった事にはちょっとビックリ。
何だかんだ言って、フィシスが気にかかっているみたいだったのに…。
フィシスはジョミーが守って無事でしたけどね。

キースは早速、ナスカに居るミュー達を殲滅するおつもりのようです。

地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

風のスティグマ



第14話「綾乃ちゃんの更なる災難」

アメリカからわざわざ決闘しに来た、金髪美少女キャサリン。高らかなお嬢様笑いですな。

今回は、和麻とホテルでお食事デートする綾乃ちゃん。
デートじゃないと言っている割に、気合の入った格好の綾乃ちゃん。
和麻もスーツなんか着ちゃってかっこいいじゃないですか。

一方の煉は、寂しく宗主の背中をマッサージ。
宗主は、和麻と綾乃がアヤマチwを起こす事を期待してるんですかい。
和麻も身内だからか何なのか、えらく寛大ですな。

いい雰囲気の所に、訳の分からない集団が乱入してきますよ。
でも、和麻と綾乃はシカトしてお食事続行〜。まあ、この2人は、あんなの怖くないですな。
横槍を入れてきたのは、勿論、金髪美少女・キャサリン。

炎雷覇を渡せと言い出すキャサリン。
強気なお姫様2人は、口喧嘩モードから戦闘モードに移行!
後片付けは、嫌でも和麻がやる事になりそうですよw

レストランの中で炎を使うのは、ちょっと危ないぞ。というか、内装が更にメチャクチャになりそうw
2人が戦う中、優雅にワインを飲んでいるカズマ様。
って、和麻は綾乃を置いて何処に行ったんだw

と思っていたら、どうやら綾乃達が居るホテルには、悪い霊が居るようで…和麻はそちらを片付けに来た模様。
そして、かなりアッサリ倒しちゃいましたw

戦闘の為に、綾乃のドレスはメッタメタ(^_^;)そして、また見えてる綾乃ちゃん。もう、お約束なんですかいw
でも、キャサリンの服は、全然無事なんですよね…。

キャサリンのメタトロンとやらを浄化した綾乃ですが、その為にホテルは爆発〜。
キャサリンはお嬢様笑いをしつつ、そのまま逃走〜。

ご飯を食べられなかった綾乃、今度はラーメンを奢ってもらいます。
ラーメンも十分じゃないですか。美味しそう。

和麻と綾乃のアヤマチを期待していた宗主ですが、ホテル爆発で違うアヤマチが発生。
煉君はまだ、アヤマチが何たるかを理解していないんですね…(´∇`)

キャサリンは今回限りのゲストキャラかと思っていたら、次回も登場するようです。

TVアニメ「風のスティグマ」ソングコレクションCD
posted by 秋月 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀魂



第64話「んまい棒は意外とお腹いっぱいになる」

匿名にするように頼んでいたようなのに自ら名前を連呼したり、顔にモザイクをかけられて怒ったり…桂可愛いよ桂!
変装がお笑いのコントレベルな所も素敵〜。
で、結局、変装を取っ払って、顔を晒しちゃう訳ですが…丸見えだの何だので、必死にツッコむ桂がもう…(T▽T)

真選組に襲われたエリザベス、かなり酷そうな怪我かと思ったんですけど…全然平気そうですね。
というか、もしかして桂の台詞はエリザベス作成のカンペ!?( ゚Д゚)

桂は逃走する時、いつもんまい棒で逃げてるんですね。何と言う便利な駄菓子。

女性の言葉遣いに厳しいですねー、桂(^_^;)
って、桂が鼻血!かなり容赦なく出してますなw

カメラは飽くまで「キャメラ」な桂さん。
「バイビー」と言って、真選組にまで退かれちゃう桂さん。
やる事なす事、いちいち可愛いですよw

銀魂 オリジナル・サウンドトラック
タグ:銀魂
posted by 秋月 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

鋼鉄三国志



第12話「知略と鬼略、妖しき笛の音湖畔に木霊す」

色んな場面で、孔明様が怪しいー(ノ∀`)

陸遜君と孔明様の秘密(でも何でもない)の密会。
いちいち言動が怪しげな孔明様が素敵だわぁ。
孔明を引き止める陸遜の姿が、捨てられそうな子犬っぽい感じに見えたり見えなかったり…(^_^;)
でも、孔明様はさっさと行ってしまうのでしたw

兄貴を取られてヤキモチ妬きまくりの凌統。不貞寝しちゃって可愛いですな。

って、孔明様、何 を な さ って い る ん で す か!( ゚Д゚) 
いや単に、針の治療か何かみたいですけど。しかも、周瑜は孔明を暗殺しようと目論んでいるみたいですけど。
上半身裸でベッドにうつ伏せになっている孔明は、どこからどう見ても怪しすぎるw
そして、孔明の陸遜に対する感情は愛!(間違ってはいない)

何と言うか、物すごく楽しいですw

鋼鉄三国志1
タグ:鋼鉄三国志
posted by 秋月 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

D.Gray-man



第40話 「鎮魂の薔薇」

ティムの後をトコトコと着いていく、アレンとリナリーの旅。
神田達と別れてどれ位立つのかは不明ですが、2人はヨーロッパの終わりまで来たようです。
という訳で、クロスはどうやらアジアに居るらしいとの事。

アクマに襲われている人を助ける、アレンとリナリー。
毎度の事ながら、戦闘時のリナリーは、見えそうでハラハラしますな。

街に着いたアレン達は、ラビとクロウリーとバッタリ。物すごい幸運ですなw
というか、神田だけ部隊が違うから、当分出番は無いんですよね。多分…○| ̄|_

人が集まるバラ祭りを狙って出現するかも知れないアクマを警戒するために、アレン達も祭りに参加する事に。
沈みがちのアレンとリナリーをさり気なく気遣うラビは、皆のお兄さんみたいでいい感じ。

殺されたエクソシスト達の中に、イエーガー元帥と同じ殺され方をした者が居る。
どうやら、ノアの一族の仕業らしい、という事を再確認。

回想だけど、ロード登場。ロード可愛いよロード。
と思っていたら、本当にロードキター!相変わらず、レロを苛めて遊んでますなw
バルセロナ等で沢山の教団関係者を倒したけど、伯爵の本当の目当てはハートのイノセンス。
ロードも出て行きたがっていたけど、伯爵からのお許しか出ず〜。
それにしても、クロスは伯爵にまで一目置かれてるんでしょうか?

アレンとラビの私服(というかパジャマ?)が、普段着ているカッチリした団服の時とは、ちょっと印象が違っていい!(・∀・)

何と言うか、総集編のようになって来ましたな。

そして、お約束通りアクマが登場。
エクソシストが4人も居るので、ここはサクサク倒します。
見逃した回もあるからなのか、クロウリーのイノセンス発動は、初めて観たような気がします。

そして、やっとノアの新キャラキタ━━━(゚∀゚)━━━!
アレン達の戦闘を偵察していたようですね。

どうやら、次回からノアの新キャラが本格的に登場するようです。
アレン達の当面の敵は、彼女達になるのかな。

D.Gray-man ボイスアラームクロック ラビ
タグ:D.Gray-man
posted by 秋月 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

キスダム -ENGAGE planet-



第9話「影雄 セイギ」

ハーディアンに襲われそうになった人達を助けたネクロダイバーは、シュウではなく狼騎。
実際には、ネクロダイバーでは無いんですけどね(^_^;)

唐突にご登場の玲、廃墟のただ中で、和服で抹茶を飲んだりして、場違いに優雅ですな〜。
待ち合わせでもしていたのか何なのか、現れた狼騎に、嫌味炸裂。
亜久里がシュウに倒された事を、意味深に話します。狼騎はスルーしましたけど。
狼騎は、京香の方に復讐する気満々のようです。

ハーディアンに基地を襲われ、とうとう人が亡くなってしまい、途端に仲間達から責められてしまう狼騎。

殺された仲間の復讐をするという狼騎に、仲間達は皆反対。
でも、復讐しないなら出て行ってしまいそうな狼騎に、彼が居なくなったら困る仲間達は、仕方なく作戦に乗る事に。
これでもし作戦が失敗したら、相当悲惨な事になりそうです。

作戦は一応成功。でも、成功した途端に、またアッサリと狼騎を持ち上げちゃう仲間達もどうなの?
と思いきや、他のハーディアンに襲撃されてしまい、人が亡くなってしまう…。かなり最悪の展開ですな。

また責められる事になってしまった狼騎。でも、掌返しをしまくる仲間達も、ちょっと酷いんじゃないんですかね。
ハーディアンと同類と言われて、まさかとは思いましたが、狼騎…(((;゚Д゚))
もしかして、その場に居た人達を皆殺してしまったんですか?

何だか、裏返りになったなった人達は、全員悲惨な運命が待ってそうなんですけど…(ーー;)

第10話「咎人 ツグナイ」

狼騎は仲間達を「守れなかった」というより、自分で殺しちゃったんですけどね(´Д`;)

呆然とする狼騎の前に現れる玲。
狼騎がこんな事をしてしまったのは、ハーディアンの衝動があっての事でしたか。
ショックの狼騎に玲は、ショウの死者の書を奪って、自分が本物の伝承者になればいいと悪魔の囁き〜。
でも、狼騎は結構冷静に、玲の企みを察知してました。

早速、シュウの前に現れる狼騎。
狼騎の仲間だった人達の生き残りのカズキも合流しちゃいましたが、どうなっちゃうものか…。
何事も無かったかのように、狼騎はシュウ達の仲間になるつもりなのかいな。
と思ったら、やっぱりネクロダイバーに成る為に、シュウと戦っちゃうようです。

カズキが居ようとお構い無しに、狼騎は攻撃開始。
って、戦闘中に、ヴァルダが砂の中に埋もれて行っちゃったよ!
まさかとは思いますが、可愛い女の子が退場するのはイヤだ。

何だかシュウは、狼騎の色々な八つ当たりを食らっている感じになって来ましたな。

要塞に戻ったカズキ達は、仲間達の遺体を見て、犯人はもしかして狼騎?という流れに。

転がってる微妙な日本人形(なのか?)を見て、ヴァルダを思い出すのはどうなのシュウ(^_^;)あんまり似てなかったよ…。

カズキに全てバレて、狼騎は逆切れして暴れるかと思いましたが、最期は自害してしまいました。

そして、ヴァルダを無事回収!良かったよかった。
それにしても、これから先、全員裏返りになっていて、敵になっちゃう展開なんでしょうか。
そうなった場合、シュウにとって一番ヤバそうなのは、やっぱり由乃ですよね…。
posted by 秋月 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | キスダム -ENGAGE planet- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

地球へ…



第14話「同じ記憶」

囚われのキース、心理探査をされまくり。
年配の世代の人達は何とかテラの座標を探ろうとし、年少の世代の人達はナスカの秘密を守る為に処置を求める。
って、何だかミューの人達も、やる事が物騒になってきましたな。

キースの事が気になるフィシス、一人でキースの元へ。
マザー・イライザとフィシスが重なるキース。確かに、似てるなーとは思ってはいましたが。
ちなみに、フィシスはそのつもりでは無かったようですけど、キースに船の構造を教えてしまった?

子供達にモテモテのジョミー。
皆に懐かれているジョミーを見て、トォニィは嫉妬心メラメラ。そんなにジョミーが好きなのか〜。
拗ねて隅っこで遊んでいたトォニィですが、ジョミーに肩車をしてもらって機嫌も直りましたかね。

トォニィと一緒にシャングリラに来るよう、カリナに頼むジョミー。
そして、ジョミーは生存権を求めて、女性から生まれたトォニィを見せつつキースを説得。
でも、やっぱりというか何と言うか失敗。

キースにかなり怯えているトォニィ。
でも、トォニィが妙に冷静な感じで思考してるのが、ちょっと怖いんですけど(´Д`;)子供っぽくないぞ…。

一方、キースを救出する為に、単身ナスカへ向かうマツカ。
前回から、逞しくなってきましたな。でも、普通は一人で敵地に飛び込むのは、無謀だと思います(^_^;)

年配の人達との話し合いの後、トォニィとカリナと会うジョミー。
トォニィは、本当にキースが好きなんだなぁ。
とほのぼのしている時に聞こえて来た、「あの男は危険。殺せ」という思念はトォニィですよね?
ジョミーにも誰か分からないという事は、相当強い力を持っているからという事なんでしょうか。

本当に無謀なマツカ、精神攻撃を跳ね除けて、ナスカへ突っ込む〜。
そのマツカを食い止めるために、ジョミーもナスカへ。

トォニィ、一人でキースの元へ行っちゃったよ。しかも、一人でキースを倒すつもりのようだよ。
本当に、ふっ飛ばしちゃうし…。もしかして、実はトォニィが最強だったりするんでしょうか?
このままトォニィがキースを倒してしまう…?という事は無く、隙を突いて、トォニィにガラスの破片のような物を投げつけるキース。
今度こそ、まさか…!と思いましたが、トォニィは仮死状態になって無事のようです。トォニィは、意識して自分で身を守っているのかな?

ようやくブルーが目覚める?一体、誰がブルーを目覚めさせたのか。トォニィっぽい感じはしますけど。(全然違うかも知れませんけどw)

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風のスティグマ・銀魂



風のスティグマ
第13 「遊園地に行こう!」
いきなり綾乃のシャワーシーンからですかい!
それにしても、髪の触覚みたいな部分を、えらく念入りにセットしてますなw
今度は下着姿キタ━━(゚∀゚)━━!でも、綾乃は健康的だから、余り色っぽい感じがしないんですよね(^_^;)

和麻、煉、綾乃で遊園地へゴー。遊びに行くのかと思ったら、どうやら調査のようです。
何故か、煉のクラスメート登場。二人とも、やたらと煉が好きですねw煉達は、3人仲良く手を繋いで退場〜。
和麻と綾乃を2人きりにしてあげる為に、煉はクラスメート2人に遊園地に来るように頼んだのかな?
というか、宗主が和麻と綾乃を2人きりにさせたかったのか!w何と言う、お節介…(T▽T)

綾乃ちゃん、和麻様の手を握ろうとしていて…女子トイレから女装した男が出てきて綾乃が成敗。ナンパ野郎も綾乃が成敗。
というか和麻様、何でトイレ盗撮ビデオを観ようとしちゃってるのか!
何か引っかかるモノがあったんだと信じていますが(^_^;)
そして、綾乃のお友達2人は、何故にこっそり着いて来ているのかw

観覧車の中で、和麻と綾乃は2人っきり〜。
夕焼けに感動している綾乃を見る和麻様、物すごい優しい表情ですな。

あゆみの事を思い出して涙する煉…。
意外と鋭い花音は、煉をなぐさめていますが、芹沢に横槍を入れられ、ドカドカと足蹴にしています(^_^;)
花音はちょっと綾乃に似てるような。

宗主が和麻と綾乃をデートさせたがっていた事を、和麻様はお見通し。
ちなみに、ビデオには綾乃のお友達が着替える場面が、バッチリ撮影されていましたとさ。和麻はどこまで観たんだ。

それにしても、宗主は一体何を考えているのかw娘のデートをここまでセッティングする親は、滅多に居ないと思いますよw



銀魂
第63話「ジャンプの次号予告は当てにならない」
本編も問題なく面白かったんですが、次回予告に驚愕。
桂、もう髪が伸びてるよ…!とツッコミを入れようと思ったんですが、余り気にしない方がいいようですね(´∇`)先手を打たれたw
posted by 秋月 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

D.Gray-man



第39話 「沈黙の棺」

バルセロナに向かうアレンとリナリー。
ティエドール元帥も急いでー。

アクマを切りまくりながら、待ち合わせの場所へと向かう神田。
普段は息を乱しそうにも無い神田が、息を上げてる…。相当アクマの数は多いんでしょうな。
デイシャと連絡が取れない事を、神田もマリも心配してるんだろうなぁ…。

相手がノアだと察知したデイシャ。それでも攻撃を仕掛けちゃう。
デイシャのイノセンスを素手で止めたティキ、そしてデイシャの悲鳴が…。
前回の終盤辺りの通信は、この場面だったんですね…。
イノセンスを破壊され、デイシャはティキに…。・゚・(ノД`)
最後に、故郷を思い出すデイシャが切な過ぎる。
かなり好きだったのに、デイシャ…○| ̄|_

待ち合わせの場所に来たのは、デイシャのゴーレムだけ。
マリの言葉に、俯いたまま頷く神田が、観ていてつらい。
デイシャの遺体をファインダー達に任せて、神田とマリは、アクマを破壊しつつ元帥を探す事に。

アクマ達に見つかったティエドール元帥、全部纏めてサクサク破壊。
そして、神田とマリは、ようやくティエドール元帥と再会。
「久しぶりりーん」って状況じゃないんですよ、ティエドール元帥!
でも、デイシャの事を聞いて、鼻水を流しながら泣いてしまうティエドール元帥に、ジーンと来ました…(ノД`) 
いい人だ…。もっと淡々としている人かと思っていたんですけど。
デイシャがチャリティベルでティエドール元帥のメガネを割る光景は、ほのぼのしてたんだろうなぁ。

というか、神田が敬語を使っている…!( ゚Д゚)
相手は元帥だし、当然と言えば当然なんですけど。え、神田って敬語使えたの…?という、軽い驚きが。(失礼な)
でも、敬語を使いつつ、ティエドール元帥を「あんた」呼ばわりする辺りは、神田らしいw

亡くなったデイシャの為に、デイシャの故郷の絵を描いて燃やすティエドール元帥。
そして、ティエドール部隊は、新しいエクソシストを探す事に。
「お供します、ティエドール元帥」(神田・マリ)
と言って、頭を下げている神田に萌えてしまいました。
神田も、ちゃんと相手を見て、態度を変えられるんですね。(また失礼な)

道に迷ったティキ、道を聞こうと人を探した先には、また運が悪い事にエクソシストが3人も…!
この3人も、どうやら元帥探しのようですね。というか、ティキはやる気満々ですか…?

最終的に、エクソシストは6名、ファインダーも含めると148名も死亡。人死にが多過ぎ(ーー;)
そんな中、全く空気を読めずに、エクソシストを悪く言う科学者と思われる人達。
そんな人達を叱責するリーバーが、心の底からかっこよかったですよ。

ファインダーに、仲間の遺体を故郷に戻すように頼まれるコムイ。
ここでは、コムイの厳しさに、ちょっとビックリしました。
亡くなった人の情報を外に全く出さないのには、ちゃんと理由があるんですね。
というか、エクソシストやファインダーの人達は、その辺りの事は入団する前に説明とか無いんでしょうか?
でも、という事は、デイシャの訃報も、家族に伝えられないんですね…。
厳しい態度を取った後で、一人苦しむコムイ。組織で上の方の人は、こういう時つらい立場になっちゃいますね…。

悄然としていたアレンとリナリー、ティエドール部隊と遭遇。
ティエドールに促され、2人はクロス元帥の元へ向かう事に。
そこで分かった、ディムのビックリ特技。何と、ティムには、自分を作った者の居場所を感知する機能付き。
って、そんな便利機能がティムにあったとは!コムイは知らなかったのかいな。

今回から新ED、リナリーづくし!そして、まだ出てきていないノアも登場!早く出てこないかな〜。

D.Gray-man Original Soundtrack 1

タグ:D.Gray-man
posted by 秋月 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ヒロイック・エイジ



第11話「輝きの星」

エイジと離れ離れになって、泣いてしまうディアネイラ。

姫様を心配する双子。姫様を泣かせるエイジが悪者に〜。
ディアネイラを守る為にエイジは船を離れたと、そんな双子を窘めるアネーシャ。
アネーシャは、周囲の人達の事を、良く見てるんですね。

そして、エイジを理解している人達は他にも。勿論、イオラオスとお父様wって、艦長はまだ、サル呼びなんですかい。
イオラオスはもう、すっかりエイジと仲良くなっちゃって…。
当初のエイジに対するイライラっぷりが嘘のようですなw

陛下達の尻拭いをさせられるディアネイラ。
ニルバールも、この兄達には苦労させられそうです。

ニルバールとエイジが一緒の艦で、ちょっと安心。
知らない人達ばっかりだったら、エイジが可哀想。本人は全く気にしなさそうですけど。
エイジはニルバールにペイントをおねだりですよ。

裏では、着々と陛下達から指揮権を奪う計画が進行中。
これから先、ディアネイラは苦労しそうですな。

イオラオスとアネーシャの仲良しタイム。
エイジと張り合うおつもりのイオラオス。可愛かっこいいよイオラオス。
でもそろそろ、アネーシャのかいがいしさと健気さに気付いてほしいですよ。

エイジのペイントを、皆で鑑賞会。
以前のモノと違って、おどろおどろしい感じ?
それにしても、エイジのペイントを利用しようとする陛下達のお間抜けっぽい所が…何とも言えないですよ。
メレアグロス達は、エイジのペイントを自分達に都合よく解釈しますが、おどろおどろしい中にある光はディアネイラ。
どうやら、ディアネイラが立ち上がるのは、何処かの星が滅びてからの模様。
それにしても、アタランテスの方は、メレアグロスの方よりは、多少はしっかりしているのかと思っていたんですけどね(^_^;)

戦闘が始まり、やっぱり一人で頑張っちゃうエイジ。
でも、あの兄弟達は、一度怖い思いをした方がいいと思うのです。

また敵が登場し、エイジは戦闘。
メレアグロスの思惑は、本当にお馬鹿っぽい〜。
ニルバールの侮蔑の瞳が何とも素敵。

一方、銀の種族側は、カルキノス・レクティ・メヒタカの3人が出撃する事に。
今回のユティ様は、以前の強気さが戻って来てましたな。
カルキノスが心配で気弱になっていたユティもいいけど、行け行けドンドンのユティ様もいい!

ヒロイック・エイジ I
posted by 秋月 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

地球へ…



第13話「星に潜むもの」

キースも人をおだてたりするんですね。ちょっと意外でした。
全くワープ酔いをしない辺り、マツカは優秀なんでしょうか。経験の差だったりするのかも知れませんけど。

キースとマツカは、未だちょっとピリピリしてますな。

ハロルドに名付け親になって欲しいと頼まれていたフィシス、初めてナスカの地へ。
フィシスが感じている不吉な風というのは、やっぱりキースのことですか?

不慣れな船員達を励ましつつため息をつくキース、苦労人ですな(^_^;)

とうとう、ナスカに近づいたキースの船。
着陸訓練を受けていない、とことん初心者の船員に疲れたのか、キースは一人で上陸艇でナスカへ降りる事に。

上陸を阻止しようとするジョミーの力で(多分)、操縦不能になってしまうキースの船。
というか、キースの部下の人達は、初心者にも程があるー(ノ∀`)
前回、あれ程頼り無さそうに見えたマツカが、物すごく頼れるしっかり者に見えてきましたよ。
ビビりまくった部下達は、キースの安否も碌に確認せずに、マツカを撃ってとっとと基地に戻る事を選択。
マツカ…何と言うか、不運な人ですな…。まあ、気絶しているだけのようですけど。

そして、とうとうジョミーとキースが対面。というか、対戦。
ジョミーとキースの力は拮抗しているのかと思ったら、フィシス曰く、キースはジョミー以上の戦士?
一瞬、ジョミーの顔にナイフが刺さったかと思いました…((((;゚Д゚)))
リオの援護もあって、何とかジョミーは無事。キースを捕獲します。

捕虜になってしまったキース、記憶を皆の前で晒される〜。でも、キースの記憶は操作されたモノ。
キースはフィシスと同じ記憶を持っている?2人は何か、関わりがあるんでしょうか。

マツカはキースを捜索に戻ろうとしますが、メガネ司令は絶対に許可しない…かと思ったら、船を一隻貸してくれるようです。
でも、船に何か小細工してるんじゃないの?と邪推してしまいます(^_^;)

「少佐、僕は貴方を…」って、いつの間にやら、マツカはキースを慕いまくっているような。

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(4) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。