2005年12月29日

ARIA The ANIMATION



<その 明るい未来へ…>

灯里とアリシアが話している中、雪を食べようと試みる社長が可愛いですw
雪の日、お客さんが来ないのでお休みにして、灯里は社長と一緒に古い橋へ。

走り出したアリア社長を追って行った灯里、マンホームから来たばかりの明子という女の人と出会います。
灯里と明子は似たもの同士?
「はずかしいセリフ禁止、って誰かに突っ込まれた事、ありませんか?」(灯里)
灯里が聞いた時の明子の反応も、灯里にそっくり(笑)
社長とピートも仲良しになってます。

水路の話をしていた灯里、柵(?)に寄り掛かっていて、笑顔のまま後ろに倒れて行きましたな(^_^;)
ウッドデッキの修理をしていて、ロールキャベツがこげちゃいました。
パンも手作り!毎度の事ながら美味しそう〜。
「こっちは本当に美味しい」(灯里)
ついうっかり、本音をもらしてしまう素直な灯里(笑)

明子は先生だったんですか!
生徒達に会った途端に、アリア社長いじくり回されるw
いろいろな違いで、灯里は自分が過去の世界に居る事に気付いた模様。
明子も、それとなく気付いているみたいですね。
水路に水が無事通るところを、灯里は見届ける事ができました。

橋を渡って帰ろうとする灯里に、
「猫は過去と末来を繋ぐ動物だと言われているの。だからアクアでは、猫を飼う人が多いのよ。過去と末来を繋ぐ為に」(明子)
やっぱり明子、気付いたようですね。
それにしても、アリア社長には不思議な力があるんでしょうか。
灯里と社長が橋を渡ると、雪が降っていて、元に戻ってきて居ました。
posted by 秋月 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ARIA The ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。