2006年01月08日

おねがいマイメロディ



<ナンバーワンになれたらイイナ!>

「マリーアントワネット国際音楽バイオリン頂上コンクール」の話をちゃんとするとは。
投げっぱなしになるかと思っていたんですけどw
コンクールに出る事で、柊様はテレビでも取り上げられたりしています。

柊様親衛隊のお姉さん達、縦ロールが素敵です。
親衛隊の女の子達がうるさくて、音楽部の男子生徒達から分かりやすいイヤミを言われる柊ですが、勿論負けずに言い返し。
険悪な雰囲気になった所で、フォローを入れる柊のお友達(居たんですね…)の柿崎。
柿崎も、結構かっこいいじゃないですか。メガネだしw
と思っていたら、やっぱり柿崎にもファンが居る模様。
でも、女の子達の中から、
「柿崎君って、いつも一歩柊様に及ばないのよね〜」
という無神経な一言が飛び出てきて、柿崎もちょっとムッときた様子。

朝から柊様の事で盛り上がる歌と美紀に軽く皮肉を言う小暮。
「小暮は好きな子が居ないから、、私の気持ちが分からないのよ」(歌)
可哀相に…(´Д⊂美紀と真菜も、気付いてるみたいなんですけどね。

歌達とバッタリ会った柊、送っていくとお誘い。
結局、歌だけ柊の車で帰っちゃいました。
柊様親衛隊のお姉さん、厚化粧にヒビが入っちゃったよ!高校生なのに、どれだけ化粧してるんだ…(´Д`;)

車の中で、また歌と柊様がいい雰囲気になってますな。

空を飛んでいたクロミちゃん、ガイドブックを落としてしまいます。
それを地上で拾った小暮とフラット君、ぶつぶつ文句を言いながらも、親切に届けようとクロミちゃんの後を追って、柊様の家まで来てしまいました!

一方、クロミちゃんのメロディキーに魔法充填をしている柊、歌の事思い出しまくってます。
しかも、歌の事を思い出していると、「音色が温くなったゾナ」とな。

クロミちゃんが柊の家に入って行った事を、歌に報告する小暮ですが、信じてもらえず。

柊様親衛隊は、歌を問い詰めに行かずに、何故か柿崎を問い詰めに行きましたよ。
何も知らなかった柿崎に、言いたい放題言いまくり。

そんな柿崎が、今回のクロミちゃんのターゲット。
皆の目前で、柿崎は柊様に言いたい事を言いまくるおつもりのようです。
柿崎、またえらく面白い格好してますなwしかも、クロミノートならぬ、柿崎ノート出たー(´∇`)
柿崎は、うっかりミスやら本番に弱いやらという弱点で、なかなか柊に敵わない模様。
皆にツッコまれてますが、やっぱり逆恨みっぽいかも…。

そして始まる悪夢魔法の暴走。
柿崎VS柊様、バイオリン対決。しかも、2人だけじゃなく、他の人達も闘う事に。
歌VS白山は普通に怖い!歌逃げて〜(T▽T)
というか、歌を倒しても、白山がマイメロの一番になるのはムリだと思いますw
そして、何故かマイメロと一緒に、皆の対決を解説するクロミちゃん。

バイオリン勝負は、やっぱり柊様の勝ち。
しかも、柊様親衛隊のお姉さん達に襲われそうになった歌を、柊が助けました。
小暮が助けるかと思ったんだけどなぁ。

フラット君にメロディマークして、頭を冷やす為にプールに飛び込ませて一件落着。
柿崎は、転校した先にも強敵が居たらどうするんだろう…。
取り合えず、黒音符出たー。

クロミちゃんとバクが柊の家に居た事を問い詰める小暮。
柊は、コンクールで優勝出来るようクロミちゃん達に申し出られたのを断ったと、慌てず騒がず誤魔化しました。
それにしても、歌は柊の事を信じきっちゃっているので、小暮がちょっと可哀相(^_^;)
posted by 秋月 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おねがいマイメロディ第41話「ナンバーワンになれたらイイナ!」
Excerpt: 何がすごいって、今回はねじめ正一も青ざめるポエマー美紀VSひつじさんの「詩のボクシング」!ねじめ氏主催の「詩のボクシング」は、私もいっぺんだけ衛星放送でチラッと見たことがありますけど、そんなネタやって..
Weblog: 蜂列車待機所日記
Tracked: 2006-01-11 17:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。