2006年02月11日

BLOOD+



<エカテリンブルグの月>

カイが出来ずにイライラしている知恵の輪を、あっさり解いて元に戻すジュリア。
恋愛のアドバイスもバッチリです。

小夜達は無事で、カイ達が居る場所に向かっていると言う事で、取り合えず一安心。
カイは、デヴィッド達と一緒に、テッド・A・アダムズの元へ行く事に。
その途中で、カイはデヴィッドにジョージの銃を返すように言いますが、
「お前に分かるのか、この銃の重みが」(デヴィッド)
と返されて、取り合えず沈黙。

そして、テッドの家に乗り込むデヴィッド達に同行しようとして、にべもなく断られるカイ(笑)
ルイスはフォロー入れたりして優しいですな。
「デヴィッドのヤツ、ゼッテーしめてやる」(カイ)
車に残されて言い捨てるカイが、何だか可愛い(笑)
取り合えず、現時点では無理っぽいです(^_^;)以前、ボコボコにされてたし…。

デヴィッドとルイスが潜入している一方、
「相手の立場に立ってー、逆から物事を見てみるのー」(カイ)
ジュリアにアドバイスされた事を真似て言うカイ、どうしたんだ(´Д`;)
でも、知恵の輪は見事にクリア。
そんな所に、破れた手紙を張り合わせる任務を、ルイスがカイに持ってきてくれましたよ。

チェルノブイリを知らないカイに、ルイスもビックリ。「チェリーのブイリ」(多分)って(^_^;)
カイの疑問に、デヴィッドは何だかんだ言っても、キッチリ答えてくれてます。お礼は結局言わなかったけどw
今度は、カイが張り合わせた手紙に書かれた住所へ行ってみる事に。

そこに居た老人(フィリップ)に、テッドの居場所を聞くデヴィッドですが、
「アンドレ」という人物に謝るだけのフィリップ。

テッドが居る場所まで辿りついたデヴィッド達ですが、着いて早々聞こえてくる悲鳴。
やっぱり一緒に行きたがるカイですが、デヴィッドは待機するよう言います。
カイに銃を返す辺り、覚悟決めている感じが…。

地下に降りたデヴィッドとルイス、翼手にやられたらしいテッドを発見。
そして、デヴィッドも翼手に引っかかれてしまいました(。。;)
それでも、テッドを抱えていくデヴィッドすごすぎる。

デルタ67はディーヴァの血液から作られた物で、テッド曰く「美しい少女」
翼手はアンドレで、テッドの息子だった模様。
地下から追ってきたアンドレは、カイとデヴィッドで何とか撃退。

その頃の小夜・ハジ・リク。
ハジ、リクに服を貸していたそうで…。やっぱりリクには優しいと言うか何と言うか。
偽リーザもやっぱり一緒に居ますが、次回、小夜に何か吹き込んだりするのか〜。
【関連する記事】
posted by 秋月 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(3) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Episode.18 エカテリンブルグの月
Excerpt: (TBC/06年2月11日放送) 初っ端から無能ぶりを発揮して、親父さんが負傷した時は果敢に敵討ちに挑んだのに見事にぶちのめされて、「オレも行く」と駄々こねたらデヴィットにかつてないほどにボコられ..
Weblog: WAVEのブルーコスモス(アニメ支部)
Tracked: 2006-02-12 12:00

BLOOD+ 第18話「エカテリンブルグの月」
Excerpt: HELP ME 日本語訳→誰か管理人を助けてはくれませんか? ぶっちゃけ 今日のジュリアってエロかったですかね? ※説明私→ジュリアのエロさ。オーパーツーのオーパーツ様→アルジャーノ氏と飴。…..
Weblog:  はちみつ水。
Tracked: 2006-02-12 22:54

BLOOD+ Episode-18 エカテリンブルグの月
Excerpt: 窓に向かって独白するひとりの老人。「息子に…アンドレに会ってくるよ…」知恵の輪が外れなくてムキになるカイ。だけどジュリアはさくっと解いて、さくっと元に戻す。恋愛と同じよ…ってジュリアはデヴィッドが好き..
Weblog: +++出張版ぐらびてぃりみてっど+++
Tracked: 2006-02-17 05:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。