2006年05月12日

かりん



<サヨナラは 恥ずかしい>

かりんを思っての健太の言葉も、かりんを傷つけてしまいましたな。
そんな時でも、カレンの説教クル?かと思ったら、泣いちゃってます、カレン。仲良し家族は見ていて和みます。
でも、杏樹は、かりんには昼の世界で生きていて欲しかったようです。

かりんを気づかう家族ですが、かりんは元気…でも、かりんも皆を気遣っている模様。
吸血鬼の仲間入りをする為に、かりんは生まれて初めて人を噛んだ場所へ行く事に。
というか、エルダが棺桶で眠っている間に、カレンがまたまた封印していたようですが(笑)、エルダは無事抜け出せたようですね。

ヴィクター、ついにマーカー一家の屋敷にまで来ちゃいました。
そしてまた始まる、エルダVSヴィクター。その間に、かりん達は湖へ行く事に。

ヴィクターやウィナー達は、やっぱりアルフレッドの子孫だったんですね。
というかヴィクター、なんて事してくれるんだ(T_T)エルダ、ヴィクターにとうとう倒されてしまいました。
いや、きっと生きてると思うんですけど、やっぱりヴィクターがちょっと憎い…(-_-;)
でも、過去の回想によると、アルフレッドはエルダに噛まれた後、結構すぐ正気に戻ったようですね。

麻希は、ウィナーに思いを伝えに行こうとして、バッタリ遭遇。
かりんが吸血鬼だと知らされても、麻希は全く動じず!
ウィナーはどこまでもかりんが好きなのか〜と思ったら、麻希の告白きたー!
なのにやっぱり、ウィナーはかりんなのか〜と思ったら、今度は麻希のキスきたー!
やっとウィナーが、「麻希さん」呼んでくれましたな(´Д⊂

健太は文緒に後押しされて、マーカー家へ行きますが、そこは既に焼け野原。
その場に居たウィナーと一緒に、何故か馬に乗ってかりんの元へ。
それにしても、エルダはその場に倒れたりしてなかったんでしょうか。
posted by 秋月 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17697682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。