2006年09月19日

BLOOD+



<摩天楼オペラ>

ディーヴァを倒す為に、公演に来たものの、小夜の体調はかなり悪そう。
ちなみに、今回、男性陣は、皆タキシードなんだろうなぁ(´∇`)

ネイサンは、小夜とディーヴァの母親のシュヴァリエだったんですか〜。
アンシェルに対しても、全然引かない訳ですね。多分、ネイサンは、アンシェルよりずっと年上なんでしょうし。
というか、最後の最後に、ネイサンはどうするつもりなんだろう(。。;)
ネイサンは、何があっても、ディーヴァを裏切る事は、絶対に無さそうですけど。

そして、ディーヴァがご登場。
ディーヴァと闘う小夜ですが、やっぱり眠気のせいで、余り闘えず。
ハジが参戦しても、全く敵わないし、何でディーヴァはあんなに強いんでしょうかね。
というか、いつの間にか、ディーヴァは着替えて舞台に出てるよ!
着替えるのが早すぎだ…と思っていたら、小夜・ハジと闘っていたのは、ディーヴァではなくアンシェルだったようです。

小夜とハジがアンシェルに苦戦している間に、ディーヴァのコンサートが始まっちゃいました。
長話しをしているアンシェルは無視して、ディーヴァに襲いかかればいいと思うのは私だけですか?
ディーヴァの歌が始まり、あちこちで翼手が発生して、会場は物すごい混沌状態。

アルジャーノが、媚をうっていたお偉いさんの1人も翼手化。
今回は、アルジャーノがやばいかと思いましたが、運がいいのか何なのか、大丈夫でした。
アルジャーノも、もうちょっと頑張って〜。アワアワしているだけなのが、何とも…(^_^;)

ネイサンは、1人余裕ぶっこいてます。襲いかかってくる翼手を、片手で軽くふっ飛ばしましたよ。

デヴィッドが翼手に引っ掻かれてしまいましたが、今回もきっと大丈夫。のはず。

混沌状態の中でも、まだアンシェルの語りは終わらない〜。
ハジがアンシェルを引き付けている間に、ようやく小夜はディーヴァと対戦。
でも一番気になるのは、ネイサンの動向だったりします。

<二人の女王>

危険な場所に、1人置いていかれるアルジャーノが可哀相。
でも、震える手で飴を持ってる姿に、ちょっと笑いが…(^_^;)
アルジャーノは、何だかんだ言って、最後まで生き残りそうですね。
それにしても、アルジャーノは、最初に出てきた頃とは、かなり印象が変わりましたw

小夜とディーヴァの対峙。ディーヴァは結局、一番好きなのは小夜のような感じがしますよ。

シュヴァリエ同士、ハジとアンシェルも闘っています。
ハジは、全身翼手になれないんでしょうか。その方が、力が出そうなんですけど。
そして、予想通り、やられまくってます…。ハジがんばれハジ!

と思っていましたが、予想外に(失礼)ハジは強かった。
尖った柱(?)に突き刺されても、自分で這い上がって行こうとするアンシェル怖っ(´Д`;)
最後は、落下した雷に打たれて、倒されたようですね。

小夜とディーヴァの闘いは相打ちで終わるのかと思いきや、ディーヴァは石化したのに小夜だけは無事。
どうやら、ディーヴァは子供が出来て、力が無くなっていたようです。
ネイサン、その事をディーヴァに教えてあげていれば良かったのに…。
そのネイサンも、ディーヴァが居なくなった事で、自ら小夜に倒されました。
丁度いいタイミングで、ディーヴァの赤ちゃんが生まれてきましたが、小夜には殺せないと思うんですけどね…。
タグ:BLOOD+
【関連する記事】
posted by 秋月 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24022802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。