2007年06月26日

D.Gray-man



第38話「フロワ・ティエドール」

かなりの数でバルセロナに移動しているアクマ達。その報告をしていたファインダーが早速…。
あんなに分かりやすい場所に、堂々と居たら駄目ですよ…。

バルセロナでは、ファインダーの人達が大忙し。
門(?)が閉められていますが、アクマは飛べるようなので、余り意味が無いと思うのです。

ティエドール元帥は、まだバルセロナに居ない模様。羊飼いと間違われておりますw

神田とデイシャキタ━━━(゚∀゚)━━!
デイシャの頭を押さえつける神田が素敵だ。この2人和みますな。
そして、ここでマリとも合流。ティエドール部隊が揃いましたね。肝心の元帥が居ませんけどw

アクマは相当数居るようで、マリにも全部は把握できない模様。

走って行っても間に合わない。という事で、放置してあった船で行く事にする3人ですが、普通にデイシャを置いてけぼりにする神田とマリに笑ったw
デイシャはどうするのかと思ったら、ちゃんと飛び乗りましたな。ブスっとしてるデイシャ可愛いw
この3人、いいトリオじゃないですか(´∇`)

そして、ティキ登場。林檎を買ったりしていらっしゃいます。
親切な露天のおばあさんはティキの心配をしてますが、そのお方はアクマ側の偉い人…。
ティキ(と千年伯爵側)も好きなんですけどね(^_^;)

旅をしているらしい一家の馬車に乗せてもらって移動するティエドール元帥。
それにしても、ティエドール元帥は、ゴーレムを持ってないんでしょうか?
用事があるときに直ぐに連絡を取れないのは、物すごく不便そうなんですけど。

とうとう、バルセロナに押し寄せて来たアクマ達。
ファインダー達は結界装置でアクマ達を拘束。しますが、アクマの数が多過ぎて多勢に無勢。
何と言うか、本当に悲惨な事になってきたんですけど…。
ファインダーの人達は、身を守る術が結界装置しか無いから大変だ…。

そんな中、神田達が到着!
今回は、アクマに攻撃された船からジャンプ。着地しざまにイノセンス発動でかっこいいですな、神田w
デイシャとマリも強いですね〜。鐘が鳴ったり、天使が舞ったり、2人とも何だか見た目に豪華なイノセンスですな。

バルセロナ辺りに魔物が出る、という話を一家のお父さんに教えられて、ティエドール元帥は家族と離れて行動。

戦っている間に、離れ離れになってしまった、神田・デイシャ・マリ。
3人は、夜明けまでにマリの元に集合する事に。
ゴーレムが、神田の前をパタパタ飛んでるのが可愛い〜。

そして遂に、デイシャとティキが遭遇してしまいました。
デイシャは、ティキのリストには載ってないみたいだから、ティキを怪しまないで逃げて欲しい…。・゚・(ノД`) 
悪い顔のティキは、どう見ても戦闘する相手としてヤバ過ぎる。

最後の方のデイシャのゴーレムからの通信は、本当に泣けてきました…。ティキ怖い。
デイシャのゴーレムが調子が悪そうだったんで、その為に、神田やマリと連絡が取れなかったんでしょうか?

D.Gray-man 07
タグ:D.Gray-man
posted by 秋月 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45991392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。