2007年07月07日

地球へ…



第14話「同じ記憶」

囚われのキース、心理探査をされまくり。
年配の世代の人達は何とかテラの座標を探ろうとし、年少の世代の人達はナスカの秘密を守る為に処置を求める。
って、何だかミューの人達も、やる事が物騒になってきましたな。

キースの事が気になるフィシス、一人でキースの元へ。
マザー・イライザとフィシスが重なるキース。確かに、似てるなーとは思ってはいましたが。
ちなみに、フィシスはそのつもりでは無かったようですけど、キースに船の構造を教えてしまった?

子供達にモテモテのジョミー。
皆に懐かれているジョミーを見て、トォニィは嫉妬心メラメラ。そんなにジョミーが好きなのか〜。
拗ねて隅っこで遊んでいたトォニィですが、ジョミーに肩車をしてもらって機嫌も直りましたかね。

トォニィと一緒にシャングリラに来るよう、カリナに頼むジョミー。
そして、ジョミーは生存権を求めて、女性から生まれたトォニィを見せつつキースを説得。
でも、やっぱりというか何と言うか失敗。

キースにかなり怯えているトォニィ。
でも、トォニィが妙に冷静な感じで思考してるのが、ちょっと怖いんですけど(´Д`;)子供っぽくないぞ…。

一方、キースを救出する為に、単身ナスカへ向かうマツカ。
前回から、逞しくなってきましたな。でも、普通は一人で敵地に飛び込むのは、無謀だと思います(^_^;)

年配の人達との話し合いの後、トォニィとカリナと会うジョミー。
トォニィは、本当にキースが好きなんだなぁ。
とほのぼのしている時に聞こえて来た、「あの男は危険。殺せ」という思念はトォニィですよね?
ジョミーにも誰か分からないという事は、相当強い力を持っているからという事なんでしょうか。

本当に無謀なマツカ、精神攻撃を跳ね除けて、ナスカへ突っ込む〜。
そのマツカを食い止めるために、ジョミーもナスカへ。

トォニィ、一人でキースの元へ行っちゃったよ。しかも、一人でキースを倒すつもりのようだよ。
本当に、ふっ飛ばしちゃうし…。もしかして、実はトォニィが最強だったりするんでしょうか?
このままトォニィがキースを倒してしまう…?という事は無く、隙を突いて、トォニィにガラスの破片のような物を投げつけるキース。
今度こそ、まさか…!と思いましたが、トォニィは仮死状態になって無事のようです。トォニィは、意識して自分で身を守っているのかな?

ようやくブルーが目覚める?一体、誰がブルーを目覚めさせたのか。トォニィっぽい感じはしますけど。(全然違うかも知れませんけどw)

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
タグ:地球へ…
posted by 秋月 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47047719

この記事へのトラックバック

殺されたから殺すのか 地球へ・・・14話
Excerpt:  不味い、もう1杯!まぁ野菜なんてそんなものですよ。いや美味しくないとかそういうんじゃなく、好みで許容範囲とか変わるしね。最近では野菜に限らず納豆なんかでも匂い無しのが売れてるとかで、匂いも含めての味..
Weblog: 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
Tracked: 2007-07-08 16:22

(アニメ感想) 地球へ… 第14話 「同じ記憶」
Excerpt: 地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 捕らわれたキース。ミュウ達は、彼から地球の情報を引き出そうと、心理探査を試みるが、その強い意志によって跳ね返されてしまう。そんな中、フィシスはキースに..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-07-11 06:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。