2005年07月03日

創聖のアクエリオン



<一万二千年のラブレター>

アポロかなりビビってますね、仕方ないけど(^_^;)トーマ様がちょっと顔を近づけただけで首を竦めてます。怖いからって目をつぶっていたらキスされそうな勢いですな。
トーマとアポロニアスのデート(なのか?)の話をされても、アポロは訳分からん状態。
前回で少し過去生を思い出したらしいアポロですが、やっぱりトーマの事なんかは全然思いだしてないのかな。
「何言ってんだよ…お前堕天翅だろう、バロンを返せよ!」(アポロ)
怖くてもやっぱりバロン大事なアポロ。でも、トーマを怒らせたような感じがしますよ。

トーマに触られた頬を押さえるアポロが何だか可愛い。
悲しそうな顔をした時のトーマは萌える_| ̄|○

トーマとオトハが乗っているためか強いケルビム兵にソーラーアクエリオン危機。
ソーラーアクエリオンを結界で保護しますが、トーマはアポロに、近づいたら爆発するらしい檻のような物に閉じ込めたバロンを差し出してきます。
バロンを助ける為に、結界を破ろうとするアポロを止めるシルヴィア。ピエールに助けを求めるシルヴィアですが、
「男には友の為に立たねばならないときがある」(ピエール)
「嘘ぉ?」(シルヴィア)
結局、結界をぶち破ってバロンを助けます。
せっかく助かったと思ったのに。・゚・(ノД`)爆発の余波を食らってしまったんでしょうか。

最終結界が無くなってしまってアポロを責める一同を、
「友を思わぬ者はディーバには要らん!即刻立ち去れ!」(不動)
不動司令一喝。今回のセリフは理解できました。

これはアポロ、ショック過ぎる…。ショックで呆然自失状態のアポロ。
「友をなくした苦しみを、怒りを、ヤツ等にぶつけなくてどうする!」(ピエール)
ピエールやっぱりいい人だ(;Д⊂ アポロ、何とか我に返ります。

アポロ達をオトハに任せて、トーマはディーバへ向かっているようです。
そう言えば、シルヴィアは過去生でトーマの事を知っていたんですね。
今はオトハしか乗っていないことに気付いていないのか、アポロはケルビム兵を岩にガンガン打ちつけてます。
でも、トーマが研究エリアに入ったと知るや、アポロは飛んで行ってしまいました( ゚д゚)シルヴィアもか!2人の代わりに、麗花とつぐみが乗る事に。
それにしてもそれをアポロにトーマの事を知らせている時のジュンは何であのポーズ?念写していたのでしょうか。

羽根を取り戻しに来たトーマに遅いかかるアポロですが壁にはりつけ状態。駆けつけたシリウスとシルヴィアも床にはりつけ状態。
シリウスとシルヴィアの命と引き換えにバロンを蘇らせようかと持ちかけるトーマをアポロは当然拒否。
トーマはそんなアポロの前で、シルヴィアとシリウスがアポロニアスとセリアンの遠い子孫である事を暴露。
言われてみれば、2人に子供が居ても不思議じゃないですよね…全然考えて無かったんでビックリしました。
「こいつらは俺の仲間だ!」(アポロ)
それでも拒否したアポロに、「ではお前が生贄になればいい」とトーマ様、アポロの首をしめますよ。

今度はアクエリオンソルナですか。「ソルナ?」素っ頓狂な声を出すピエールに笑ったw咄嗟に麗花が考えたんでしょうか。
オトハは4つ目だったの(゚□゚|||)…普段の方が美人でいいな…。
倒される寸前にオトハは脱出。その時の攻撃の余波で羽根が燃えるのを見届けて、トーマもオトハの元へ。

「我等の羽根の事、口外すればお前を…」ってシリウス、それはあんまりじゃない?分かっていても「仲間」だってアポロは言ったのに。 

シリウスへのプレゼントを選んでいたシルヴィアが見ていた像をアポロは買っていたようです。
「羽根があってもなくてもお前はお前、それでいいさ」
この2人はどんどんいい感じになっていきますな。なのにお腹にパンチなのか、シルヴィア(゚▽゚;)
でもやっぱりバロンの事で傷ついていたアポロは、叫びながら走っていってしまいました。

創聖のアクエリオン [MAXI]
posted by 秋月 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。