2005年07月07日

無人惑星サヴァイヴ



<ほんものの風、ほんものの海>

何とか重力嵐を抜け出したルナ達。
「重力嵐たって、大したことなかったじゃないか」(ハワード)
1番ビビっていた人間が、喉元過ぎたら熱さを忘れるのはお約束ですな。
何故ルナ達のシャトルだけが取り残されたかという話になって、
「シンゴ、お前ここに入ってからずっといろんなスイッチを触ってただろう、きっとそのせいだ」(ハワード)
他人に責任のなすり付けキタワァ。でも、シンゴも黙ってないで、ハワードに言い返したので一安心。
とか言いつつ、ハワード結構好きだったりします。…声のせいかも_| ̄|○
本当は誰がスイッチを押してしまったのかはハッキリすることはないのかな。

コンピュータを立ち上げるものの、現在位置は分からず救難信号も送れず。これはかなり危険な状況のような気が。
そして、シャトルが惑星の重力圏に入ってしまって、その惑星に降りる事に。

ルナの鞄から飛び出てきたチャコに、
「シャトルが取り残されたのはそいつのせいだ!」(ハワード)
えー。そんなバカな。幾らなんでもあり得ないでしょうwずっと鞄の中に詰まってたんだから。
ハワードは、もしかして自分がスイッチを押してしまったと思ってるのかな。
「相変わらずよく吠える犬だな」(カオル)
すごい言い方wカオルかっこいい(・∀・)

コンピュータの故障で自動操縦ができず、避難カプセルを運転した経験があるルナの操縦で大気圏突入することに。
チャコは実はすごいんですね。コンピュータを作動させたり、ルナに色々と指示を出したり。
それにしても、ハワードは文句が多すぎw

何とか無事に着水できたルナ達は、地球に似た惑星に辿りつきました。
意識を失っていた(眠っていた?)ハワード、口がポカーンと開いていて可愛かったですwルナに起こされて「あ?」とか言うのもいい!

ルナ達はコロニーで生活しているから本物の太陽や海を見た事が無かったんですね。

シャトルの機能が壊れてしまっているようで、ルナ達からはやっぱり救難信号は出せないようです。

シャトルの中で、ボートやレーザーガンや日常生活に必要そうな物資なんかを見つけ出します。
ハワードとメノリでボートに乗って、近くにあった陸地へ行くことに。
ベルが乗った方が力があって良さそうだけどなぁ。
海に出たハワードとメノリは、陸地を目指して一生懸命ボートを漕いでいましたが、いかにも危険そうな生き物が現れますよ。
しかもそれは2人が乗るボートの真下に…(T△T)…怖過ぎる。

無人惑星 サヴァイヴ オリジナルサウンドトラック「WAVE」
posted by 秋月 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

無人惑星サヴァイヴ#3にもにょもにょ
Excerpt: だから無人惑星サヴァイヴは名作だと最初から言っているだろう公式サイトてなわけで、第3話「ほんものの風、ほんものの海 」です。あらすじに関しては他のところでやっていただけると思うので割愛(オイ)。→ カ..
Weblog: あにたむ素兎亭・別館
Tracked: 2005-07-08 04:39


Excerpt: 重力圏複数の重力天体がある場合に、そのうちの特定の一天体の及ぼす重力が他の天体の重力よりも卓越する領域を、その天体の重力圏(じゅうりょくけん)という。重力の大きさは物体の質量に比例し距離の二乗に反比例..
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 08:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。