2007年07月28日

地球へ…



第17話「永遠と陽炎と」

初っ端からピンチのブルーでしたが、ジョミーと子供達が手助けして何とか攻撃を防ぎました。

トォニィ達成長しましたね。一気にオープング状態まで成長するかと思ってましたけど、とりあえず子供サイズ。
それにしても、皆ジョミーが大好きなんだなぁ…。
攻撃は防いだものの、トォニィ以外の子供達は力の使いすぎでグッタリしてます。
他の子供達もタイプブルーだけど、その中でもトォニィは強いのかな?

そしてブルーは、子供達をジョミーに任せて、一人で行ってしまいました(´Д⊂

一方のキースは、味方を巻き込んでもミューを全滅させるおつもりのようです。

生き残りを探してシェルターへ向かうリオですが、どうやらドアが開かない模様。
リオ優しいなぁ…。でも、リオがどうにかなっちゃうのは嫌だから、早くシャトルに戻って欲しい(´Д`;)
というか、とうとうリオを残してシャトルが出発しちゃったよ!

でも、ジョミーがナスカに下りてきていたんですね。
リオが取り残されるかとビビりましたが、シャングリラに戻れそうです。

攻撃されまくった為にナスカは限界。
それでも、司令ですらビックリする執拗さで、惑星に更に攻撃をくわえようするキース。

一方、キースの船に直接乗り込むブルー。
ここはやっぱりキースが自ら迎え撃ちに行くようです。
キースはセルジュに指揮を任せるんですね。ちょっと意外。
やっぱりマツカでしょう!と思っていたので(^_^;)

リオに代わって生き残りを探しに来たジョミー。
でも、カリナに続いて、またジョミーに関わりが深かった人を失ってしまいました…。

単独行動をするブルーは、背後から狙われたりと大変。
しかもフラフラのブルーにもキースは容赦ない!
力を振り絞ったブルーの攻撃から、マツカはキースを守ってワープ。
ブルーはメギドを破壊したものの、命を落としてしまう事に…。・゚・(ノД`) 

司令が意外にも真っ当なことを言うので驚いてしまいました(^_^;)
どちらかと言うと、キースと同じ行動に出るタイプかなぁと思っていたんで。
ちょっとカッコイイとすら思ってしまいましたw

ジョミーはアルテメシアを制圧することを決意したようです。

地球へ・・・ Original Soundtrack
ラベル:地球へ…
posted by 秋月 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 地球へ… 第17話 「永遠と陽炎と」
Excerpt: 地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 メギドが発射された。その時、地獄の業火を退けたブルーとジョミーの前に現れたのは、7人のナスカチルドレン。キースの指示で、メギドの第二波攻撃が準備される..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-08-01 17:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。