2005年09月06日

エレメンタルジェレイド



<約束>

アークエイルに到着したシスカは、早速クルス補佐官の元へ。

クーとレン達は、エディルガーデンに向かってドライブ中。
「クーに会えて、本当に良かった」(レン)
いい雰囲気になってますけど、この手のセリフはちょっと不吉ですな;
そんな時、急停車。アークエイルとカオスクァイアの戦闘に遭遇。
相手はスティンレイドとリアクトした軍勢で、アークエイルの旗色は悪い模様。
アークエイル側は、ラサティとリィリア以外、思いっきり逃げてますがな(^_^;)
クーとレン、ローウェンとキーアも加わって、何とかしのいだようです。

傷ついた人間とスティンレイド(エディルレイドも?)達を見て、つらそうなレン。
一方、オーファス達はイヴの様子を見て、レンが傍に来ている事を察知した模様。

ラサティとリィリアは、アークエイルに保護してもらった恩があるから戦っているようです。
それにしても、アークエイルとカオスクァイアは互角くらいかと思っていたら、カオスクァイア側の方が圧倒しているんですね…。

リィリアの話を聞いたレンは、また1人で抱え込んでいそうな感じが…。
それにしても、レンは狙われてるのに、1人で居たら危ないよ;と思っていたら、やっぱりオーファス達が来てしまいました。
「貴方が我々の元へくれば、全て終わるのですよ」(オーファス)
レン迷ってるー…(ーー;)
「私が、エディルガーデンに行けば…」(レン)
丁度その言葉を聞いたクー。クーに気付いたレンが何かを言う前に、オーファスが何かの術でレンを眠らせます。
「自ら我々の所へ来る事を選んだんですよ」(オーファス)
じゃあ別に、無理やり眠らせる事ないじゃないw
アジェンナがクーを攻撃しようとした時、ヴォルクス&チルルキタ━━(゚∀゚) ━━!何だか正義の味方みたいな登場の仕方w
でも、レンはオーファス達に連れ去られてしまいました。

キーアは、落ち込んでいるクーを叱責。
クーも、レンが好き好んで行こうとした訳ではない事は分かっているでしょうに…。

今度は、ヴォルクス&チルルに怒られてしまうクー(^_^;)
「守ってみろ。俺からも、ヤツ等からもな」(ヴォルクス)
ヴォルクス、すっかり心を入れ替えたんでしょうか?
去り際に、ヴォルクスがチルルの首根っこを摘んで連れて行くのが可愛かったですw

アークエイル本部では、シスカの進言なのか、クルス補佐官が戦いを止めるべく演説。

レンのプレジャーであるクーを抹殺に、カオスクァイアが襲来。
ラサティ・リィリアとヴォルクス・チルルが、クーを守りに来てくれました。
クーは、レンの元へ行く事を決意。

それにしても、ヴォルクスがすっかりいい人になってますね。
何だか、ラサティともいい感じなんですけど。

アークエイルの偉くて悪そうな人、結構あっさりと捕まってますね…(゚▽゚;)しかも、かなりへたれな感じで…。
この人は、実はカオスクァイアと繋がっていて、いろいろと企んでいる物すごい悪人かと想像していたんですがw
アークエイルは、このまま行けば、結構早く改善されそうな感じです。

クー達はエディルガーデンへ向かいますが、お頭の飛空艇で行くかと思っていたら、違いましたね。前回、出てきたいたので、そう思っていたんですけど。
それと、キーアが何百年も生きていた事には、ビックリしてしまいました(^_^;)
posted by 秋月 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エレメンタルジェレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。