2005年09月28日

極上生徒会



<その声は風にのって>

奏会長に会う為に、りの達は神宮司家に忍び事に。
歩と琴葉は別行動なんですね。こっそり来ている久遠、早く合流して欲しい。

神宮司家の護衛はやる気があるのか無いのかw
名前で呼び合っちゃったりして、ちょっと怖いよ!

あ、何だか以前出てきたキャラが続々と登場。
絢爛生徒会とかはともかく、チャダヤマまで来ちゃってる(笑)
この人達は陽動でしたか。
「予定してなかった人まで来るみたいですけど」(歩)
「力が働いているんだろう。神宮司の力だ」(琴葉)
ここでりのが出てくるという事は、無意識の内にりのが力を発揮しているのかな。

聖奈、実は神宮司だったとな!
聖奈とみなもは神宮司だったけど、能力が無かった為に名前を変えられた模様。
いろいろと詳しいのは、元々神宮司だったからなんですね。

抜け道を出ると、護衛が待ち構え。
奈々穂のヨーヨー(?)久々にキタ━━(゚∀゚) ━━!
護衛の人達、幾ら何でもあっさり倒されすぎw
れいんはカード、小百合は剣、香は素手で戦ってます。香にも、香ならではの武器があったら良かったかも。
奈々穂達が護衛の相手をしている間に、りの達は先に進む事に。
小百合のピンチに、優子まで再登場。何だか燃えますね〜。

先に進んだりの達の前にも、護衛の人達がわさわさ登場。
ここで管理人さんが実は強かった事が発覚。
「えへ、えへ、えへーv」とあっという間に倒しちゃいました(^_^;)
「えへ」の言い方がいつもと違う…w
管理人さん、中学生は宮神学園に入って、極上生徒会の隠密になりたいそうです。

みなもを捕まえた護衛さん、
「私、イタズラされるー!」(みなも)
「な、何を言っとるんだ。僕は美しい妻も、3つになる娘も居る。地味かもしれんが、至極真っ当なボディガードだ!」
とんでもない事を叫ばれて、必死に言い訳してるのが笑えました。
そんな護衛さん、シンディに蹴りを入れらる。
しかもシンディ、強いだけじゃなくて、日本語ペラペラだし!w

またまた沢山登場した護衛に、聖奈・シンディ・管理人さんが残る事に。
残ったのは、りの・まゆら・みなも…って、誰も戦える人が居ないのでは…(^_^;)

れいん、実は剣も使えたんですね!何か本当に燃える展開。
しかも、れいんお父さんまで来ちゃって…。
れいんのお父さんを呼んだのも、りの?
感動の再会かと思われましたが、お父さん、れいんに滅多打ちにされる(笑)

ようやく久遠もキタ━━(゚∀゚) ━━!やっぱりと言うか何と言うか、久遠も強かったんですね。

まゆらとみなもは捕まってしまって、りのは1人で奏会長の元へ。
立ちはだかる護衛は、「プッチャンダイナミック」で粉砕w威力ありすぎる。
「だったら、助けてもらえばよかった…」(みなも)
それは確かに言えるかもw

奏は能力を使っては駄目と伝えますが、りのの能力が目覚めてしまった?
りのは奏会長以上の力の持ち主で、りのお母さんは神宮司一の使い手だったそうです。
再会できたりのと奏。奈々穂達も奏と会う事が出来ました。

極上生徒会も次回で終わり。
奏会長、取り合えず学園に戻ってきているようですね。
posted by 秋月 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(4) | 極上生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7440154

この記事へのトラックバック

極上生徒会 第26話(終)
Excerpt: 第26話 「今日も極上日和」  前回奏会長を救出した極上生徒会。が、その時、黒服が現れ銃を撃つ。 銃弾に倒れるリノ!? えぇ!?ってミナモの紙芝居でした^^; ビックリ(笑) 奏会長を..
Weblog: + SERAらく日記 +
Tracked: 2005-09-29 22:32

極上生徒会 第26話 今日も極上日和(終)
Excerpt: さて、今週の極上な感想は前半部分普通に感想、後半部分にはお約束まゆらへの 告 白 文 が載っております。たぶん今頃jagiさんは香に(ネタパクリスイマセン)、keitaさんはアユちゃんに..
Weblog: 木下クラブlog
Tracked: 2005-09-30 07:45

極上生徒会 最終回「今日も極上日和」
Excerpt: トラブルがあり、キャプなし感想になります・・・ 最終回なのに・・・orz ストーリーは追わず、全体の感想を。その後に・・・
Weblog: 我流黙示録β
Tracked: 2005-09-30 22:34

極上生徒会 #26 「今日も極上日和」
Excerpt: すばらしいクオリティだったこのアニメも 今回でついに最終回となってしまいました。 作画が荒れていることを除けば今期では かなり良い部類のアニメであると思います。 前回が神作画だっただけに今..
Weblog: Hi-ν俺流
Tracked: 2005-10-01 09:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。