2005年10月05日

極上生徒会



<今日も極上日和>

皆、奏会長と再会出来てメデタシメデタシ…かと思ったら、逆上した護衛がりのに発砲!
一瞬、本当かと思いましたよ…。みなもの紙芝居でしたが(笑)
現実には、皆無事に戻れました。
でも、奏は一緒に戻ってないんですね。

神宮司の能力は国家機密と同レベルw
それを知っても、りの達が無事に戻れた理由を、久遠は知っている模様。

奏は、何だか偉そうなおじさん達に囲まれて、尋問を受けてます。
神宮司の当主と言っても、権限はないみたいですね。
実質的に権力を持っているのはV機関wとやらで、当主はその決定に従うだけの存在。
高圧的なV機関の態度に、ちょっとムっときている感じの奏。
そこに聖奈登場。変わらぬ笑顔がちょっと怖いです(^_^;)
しかも聖奈は、V機関執行主席者の証(印籠?)を持ってます。V機関で一番偉くなったんでしょうか。…どうやって?(^_^;)

プッチャンは聖奈とデート。
ではなく、聖奈と一緒に神宮司家に来ていました。
驚愕の事実、プッチャンは実はりののお兄さん「蘭堂哲也」だったとな!子供の頃に死んでしまったそうですが。
奏も知らなかったらしいこの事実、聖奈はいつから知っていたんでしょうか。
本当に、一番謎なお人ですね、聖奈…。
聖奈は奏から当主の座を剥奪して、プッチャンが当主になる事に。すごすぎるw

一方、奈々穂と久遠。
奈々穂は次期生徒会長で、久遠は奏が居なくなった事で学園を去る事に。

それとは裏腹に、学園に戻っているらしい奏と聖奈。
聖奈が執行主席者になれたのは、金城家の後押しがあったから。金城家は神宮司の中で、かなりの権力があるのかな。
奏や奈々穂達、果ては学園の皆にりのが奏会長を呼ぶ声が届きます。

こんなに堂々と能力を使っていたら、神宮司家にもバレてしまいそうなものですが(^_^;)
そこに奏会長が戻ってきました。これで久遠も、学園に残る事ができますね。

その後は、あっと言う間に時間が過ぎていきます。
そして、奏達の卒業式。
次は、奈々穂が生徒会長で、久遠と香が副会長!香すごいですね。
奏は理事長、聖奈とシンディは特別講師になる事に。あっという間に戻ってきましたなw

奈々穂の挨拶の最中に、岩桜がまたまた来ましたよ〜。
奏が困ったとあれば、極上生徒会が黙っている訳にもいきません。皆で撃退。
皆、それぞれ強いですねー。
まゆらは戦えないのに一緒に行って、ソロバンでいつの間にか倒してましたwでも、泣いちゃってるのが可愛かった…。
聖奈とみなもはピコピコハンマー。聖奈さんが、すごく楽しそうに見えましたよ(笑)
りのとプッチャンが、「スーパープッチャン、プッチャンダイナミック」で岩桜を懲らしめて締め。

最後の最後に、ミスター・ポピットキタ━━(゚∀゚) ━━!
本当、忘れてました…。結局、りのはミスター・ポピットの正体も、プッチャンの正体も知る事は無かったままだったのかな。
posted by 秋月 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 極上生徒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7756510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。