2007年07月17日

ヒロイック・エイジ



第12話「破滅の炬火」

まだ動揺が抜けきっていないらしいパエトー。
カルキノスの方は、完全に復調したのかな?結構好きなんです、カルキノス。最後まで無事でいて欲しい。

物すごい戦闘になってますな。普通に戦ったら、人類側は全然勝機が無さそう。
エイジも頑張っていますが、本当に数が多すぎでしょう(´Д`;)
全部エイジ一人に負わせるつもりなのかい。

それにしても、この2人のお守りをしなくてはならないニルバールは大変だな…。
と思っていたら、アタランテスが主砲を使うことを提案。
惑星もエイジも味方も全部無視ですかい。幾らなんでも、酷すぎじゃありませんか?お馬鹿キャラにも程がありあすぎ。
ニルバールは命令を撤回させようとしますが、メレアグロスはニルバールを罷免。これで、ストッパーが居なくなりましたな…。

ディアネイラは不穏な気配を感じ取っていたようですが、兄弟は主砲を発射。そして、木星に直撃。
というか、エイジが巻き込まれてませんか…?
エイジは生きているとは思いますが、兄弟はえらい事をしでかしてくれましたな。

この状況になっても、メレアグロスは高笑い〜。
そろそろ誰かキレて、この2人を拘束してもいいと思いますw
この2人の指揮下に居る、エイジや他の兵士達が不憫でならない。

破壊していく惑星に、メレアグロスとアタランテス、今更ながらアワアワしてます。
パエトーとカルキノスは、鉄の種族ってお馬鹿、と思ったことでしょうな。

カルキノスとエイジの戦いが始まり、参戦しようとするレクティを気遣って、メヒタカが自分が行くという感じの事を言ったのが印象的。
戦うのは嫌いなんでしょうけど、レクティを戦わせたくもないんでしょうね。

木星が破壊された事を知って、ディアネイラは涙。
そんなディアネイラに、クーデターを起こす事をそれとなく伝える艦長。
でも今は救援が先。という事で、ディアネイラ達はアルゴノートで出る事に。

エイジの心配をしまくるイオラオス。
何かディアネイラの事より、エイジの事を口にする方が多くなってませんか?w
今はエイジが一人で戦っているという事もあるんでしょうけど。

ディアネイラは、エイジを一人にしてしまった事を後悔。
いつもながら、アネーシャのフォローは素晴らしいですな。

次回も、やっぱりエイジが色々と大変な目に遭うんだろうな…。

ヒロイック・エイジ オフィシャルガイドブック Vol.1
posted by 秋月 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ヒロイック・エイジ



第11話「輝きの星」

エイジと離れ離れになって、泣いてしまうディアネイラ。

姫様を心配する双子。姫様を泣かせるエイジが悪者に〜。
ディアネイラを守る為にエイジは船を離れたと、そんな双子を窘めるアネーシャ。
アネーシャは、周囲の人達の事を、良く見てるんですね。

そして、エイジを理解している人達は他にも。勿論、イオラオスとお父様wって、艦長はまだ、サル呼びなんですかい。
イオラオスはもう、すっかりエイジと仲良くなっちゃって…。
当初のエイジに対するイライラっぷりが嘘のようですなw

陛下達の尻拭いをさせられるディアネイラ。
ニルバールも、この兄達には苦労させられそうです。

ニルバールとエイジが一緒の艦で、ちょっと安心。
知らない人達ばっかりだったら、エイジが可哀想。本人は全く気にしなさそうですけど。
エイジはニルバールにペイントをおねだりですよ。

裏では、着々と陛下達から指揮権を奪う計画が進行中。
これから先、ディアネイラは苦労しそうですな。

イオラオスとアネーシャの仲良しタイム。
エイジと張り合うおつもりのイオラオス。可愛かっこいいよイオラオス。
でもそろそろ、アネーシャのかいがいしさと健気さに気付いてほしいですよ。

エイジのペイントを、皆で鑑賞会。
以前のモノと違って、おどろおどろしい感じ?
それにしても、エイジのペイントを利用しようとする陛下達のお間抜けっぽい所が…何とも言えないですよ。
メレアグロス達は、エイジのペイントを自分達に都合よく解釈しますが、おどろおどろしい中にある光はディアネイラ。
どうやら、ディアネイラが立ち上がるのは、何処かの星が滅びてからの模様。
それにしても、アタランテスの方は、メレアグロスの方よりは、多少はしっかりしているのかと思っていたんですけどね(^_^;)

戦闘が始まり、やっぱり一人で頑張っちゃうエイジ。
でも、あの兄弟達は、一度怖い思いをした方がいいと思うのです。

また敵が登場し、エイジは戦闘。
メレアグロスの思惑は、本当にお馬鹿っぽい〜。
ニルバールの侮蔑の瞳が何とも素敵。

一方、銀の種族側は、カルキノス・レクティ・メヒタカの3人が出撃する事に。
今回のユティ様は、以前の強気さが戻って来てましたな。
カルキノスが心配で気弱になっていたユティもいいけど、行け行けドンドンのユティ様もいい!

ヒロイック・エイジ I
posted by 秋月 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

ヒロイック・エイジ



<帰還>

ディアネイラの攻撃で、パエトーは動揺しまくって撤退。

何とか一安心のアルゴノートですが、アズ・アゾート艦隊は未だメヒタカと戦闘中。
メヒタカ…というか、ノドスを相手にしてしまったら、普通の人間が何をやっても、無理のような気がするんですよね…(ーー;)

エイジとカルキノスもまだまだ戦っています。
相変わらず、ユティはカルキノスを心配しまくり!何だかんだ言って、仲間意識があるのんでしょうか?
前回から、ユティ株上昇しっ放しです。

ユティに命じられて、メヒタカはエイジ達の元へ。
アズ・アゾート艦隊、命拾いしましたね。良かった。

意識を失ったカルキノスを、メヒタカは無事救出。
これから、エイジとの戦闘になっちゃうの?と思いましたが、メヒタカはそのまま去り、エイジも後は追いませんでした。

アルゴノートは、無事本国へ帰る航路に辿り着いた模様。
そろそろ、エイジと合流して欲しいものですよ。

ディアネイラの心配をしつつ、エイジの心配もしてくれる、すっかりいい人が板についたイオラオス。
相変わらず、アネーシャの気持ちに全く気付く気配すらない、朴念仁な所も可愛いですな。

カルキノスを心配しつつ、「無様だな…」とか言っちゃう、ユティ様。
素直になれない感じが、素晴らしくいいですな。

アズ・アゾート艦隊は、アルゴノートと無事に合流。

エイジの心配をしているテイル・メイルが激しく萌え。
「きっとお腹空かせてるよー」って、心配の仕方も可愛いですな。

エイジの捜索を、激しく熱望しているイオラオスw
でも、ディアネイラはそのまま進む事を指示。エイジは後から追ってくると信じている模様。

今回も合流しないの?と思っていたら、最後の最後に、エイジ合流〜。
かと思いきや、素通りして、先にディアネイラ達の惑星に着いちゃったようですw
とにもかくにも、祝・エイジ無事合流!



<孤独の英雄>

惑星デュイーに辿りついたディアネイラ達。早速、ディアネイラのお兄さんらしき人登場。
それにしても、兄弟だというのに、ディアネイラの可愛さが欠片も見当た(略)

そして、エイジを自分達のもの扱い。無理やりパーティに引っ張り出すおつもりですかい。
ディアネイラがパーティに行かないからエイジも行かないのかと思いきや、ディアネイラが行っても行かないらしいエイジ(^_^;)

カルキノスを心配しまくっているユティ様。
既に、感情を持ってますよね。何という可愛さ。

メレアグロス陛下は、優秀な妹・ディアネイラに嫉妬メラメラのような…。
そして、イオラオスキタ━━━(゚∀゚)━━━!
イオラオスは弟の方のアタランテスと仲がいいのかと思ったら、そういう訳でもなさそうですな。

戦争目前だというのに繰り広げられている、暢気で華やかなパーティー。
艦長は、メレアグロス達よりディアネイラ姫様支持なんですな。って、当然ですよね(^_^;)

ディアネイラとエイジ、何と仲良さげな…。
ここにイオラオスも居てくれたら、尚いいんですけど。

それにしても、王族の兄弟は、一体エイジを何だと思っているんでしょうか…。
エイジが本気になれば、この人達は全く相手にならないというのに。
エイジの実力を知らないというのもあるんでしょうけど。

他の艦隊に移動する事になるかも知れないエイジ。
テイル・メイルとエイジの仲良しトリオが見れないとは…。

まだまだカルキノスを心配しているユティの手を、突然飛び起きてガッと掴むカルキノス。
というかユティ、本当にカルキノスの事心配してますよね〜。ユティはカルキノスが好きなんでしょうか?

メレアグロスが司令官に就任するようですが、実戦に出たら、途端にヘタレになりそう…(^_^;)
でも、ノドスであるエイジがアルタイアーに乗船するかどうか微妙な話し運びになって、スッキリしましたw艦長も嬉しそうですね〜。
エイジはアルゴノートに乗船する事が決まって一安心。

ディアネイラとエイジは、クルーザーでデート(なのか?)。
くどういようですが、イオラオスどこぉヽ(´Д`;≡;´Д`)丿?
ディアネイラとエイジがいい雰囲気になった時に、プンスカ嫉妬するイオラオスが居ないとちょっと寂しい。
というかエイジ、「お別れだね」って何故に!?

エイジは、アルゴノートを離れて戦う事を選択しちゃいました。
しばらくメレアグロス達と一緒に行動なんでしょうか?エイジには、ディアネイラ達と一緒に居て欲しいものです。
posted by 秋月 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

ヒロイック・エイジ



<契約>

アルゴノートにとっては、どうやら苦しい戦闘の模様。
というか、テイル・メイルまで出撃してる( ゚Д゚)
超能力はあっても、普通の女の子だから心配です!

エイジはカルキノスと激戦中なので、何かあってもアルゴノートを助けにいけそうにない気配。
やっぱり、ノドス相手だと、エイジもきついんですね。

お美しいのに、相変わらず毒舌なユティ様。
泣き虫のメヒタカを半ば脅迫して、アルゴノートを叩かせるおつもりのようです。
ディアネイラはそれを察知して艦長に伝えますが、エイジ1人で2人のノドスはきついですな。

そして、メヒタカが遂に化身。…ノドスとしての外見は、何だかメヒタカが一番怖くないですか?

アルゴノートはディアネイラの導きでワープする事になりますが、がっちりカルキノスに捕まっちゃっているエイジ。
メヒタカの攻撃がアルゴノートを直撃するか、ワープが早いか…という所ですが、エイジが助けに入ってくれました。カルキノスはどうしたんだ!
でも、メヒタカの攻撃も凄い!エイジがヤバいかも、と思いましたが、何とか攻撃を防ぎきりました。エイジが痛々しい…。

メヒタカも、アルゴノートが無事で、本当はホッとしてそうな感じがしますよ。

エイジを置き去りにしたと、イオラオスはショボーン。相変わらず、エイジの事を心配するイオラオスいい!
というか、エイジは本当に、置いてけぼりをくらっちゃったんですか?

安心したのも束の間、また敵が登場。
しましたが、どうやら味方も居たようです。助けてくれました。
相手のお偉いさんは、胸が大きな美人のニルバールさん。艦長と知り合いのようですね。

疲れてお休みのテイル・メイル可愛い(*´д` *)
イオラオスもお休み。している所を、アネーシャに頬を抓られたりw
アネーシャも、物すごく可愛いんですけどね…。イオラオスは今のところ、ディアネイラ姫しか見えてないみたいですから…。

というか、やっぱりエイジは置き去り+未だ一人で戦闘中…(´Д⊂
一方、ニルバールは、アルゴノートを守って戦ってくれる模様。



<閃光のノドス>

まだ続いている、エイジとカルキノスの戦闘。
苦戦するカルキノスに、ユティは動揺している模様。
ユティが、ある種信用する程、カルキノスは強いのかな?
エイジ達を戦わせて、黄金の種族は、一体何がしたいんでしょうね…。

アズ・アゾート艦隊の前に現れたメヒタカ。
メヒタカは、攻撃を受ける事も無ける事もなければ、攻撃する事も無く。
というか、ノドスを前にしても、ニルバールは一歩も引きませんね。かっこいいけど、大丈夫なのか〜。

エイジは、最低でも200時間以上戦い続けているとな!
カルキノスだって、別にエイジと戦いたい訳でも無さそうなのに。

何処かの惑星に落下して、人間の姿に戻ったエイジとカルキノス。
それでも、エイジはまだ戦うつもりの模様。カルキノスに「化け物め!」と言われております(^_^;)
また化身して、まだ戦闘は続く〜。

メヒタカに物すごい攻撃を仕掛けるニルバールですが、これは効かないんでしょうねぇ…。
そして、やっぱり無事だったメヒタカ。

かなりの窮状でも逃げ出す艦が無いのは、ニルバールがモテモテだからのようですw

カルキノスがピンチ?ユティが、カルキノスを心配してるような感じがしました。
自信満々というか、やや高圧的な所があるユティが、こんな風にちょっと弱気になるとは…。
メチャクチャ可愛いです!(*´д` *)

やっとイオラオスキタ━━(゚∀゚)━━!
イオラオスの顔を見るだけで、何だか和みますなwもうちょっと、出番をあげて欲しいものです。

今度は、アルゴノートの前に、銀の種族が登場。今はエイジが居ないのにー。
と思ったら、ディアネイラ姫様が、自ら銀の種族に向かっていきましたよ。精神攻撃みたいなものなんでしょうか?
でもその結果、現実のディアネイラは、何だかヤバそうな事になってます。
posted by 秋月 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ヒロイック・エイジ



<ノドス>

ノドスの一人であるカルキノスと、戦闘になるエイジ。
エイジ自身の意思というより、お父さんの言いつけを守ってる感じなんでしょうか。

ちゃんとエイジを迎えに来てくれたイオラオス萌えw
でも、アルゴノートに戻る事を約束するエイジに、取り合えずイオラオスは一人でアルゴノートに戻った模様。

アルゴノートは好きだ、というエイジの言葉を信じたらしいイオラオス。
それでもやっぱり、まだサル呼ばわりなのね(^_^;)
まあ、当初みたいに、イヤな感じはしませんけど。

カルキノスは手加減して戦っていたようですが、一緒に行く意思の無いエイジに、結局、化身して戦う事に。
何だか、ユティが一番好戦的に見えますね。男性陣は、温和っぽい感じがするんですけど。

アルゴノートがピンチになって、当然助けに入るエイジ。
ついさっきまで、カルキノスに首をしめられてたのに…本当に頑張るなぁ。

また、アルゴノートがピンチになって、エイジはアルゴノートの盾に。
イオラオスがエイジの名前を呼んで心配しているのが、いい感じですな。
それはともかく、物すごい攻撃を食らっても、やっぱりエイジは無事。すごいよ主人公、というかノドス。

ちなみに、エイジ的には、イオラオスは風なんですね〜。
もしかして、ハッキリ分からないのかと心配していましたけどw
ディアネイラが、ちゃんと教えてくれて一安心です。

今回で、エイジがイオラオスと仲良しになれて、良かった良かった。仲良くなりましたよね?



<セメタリー・ベルト>

艦長はお疲れのようですが、エイジは元気一杯のようです。お絵かきが気に入ってるようですね。

そして、エイジにお付き合いするテイル・メイル。
ディアネイラもやって来て、仲良くお話し。顔にペンキがついてるエイジ可愛いw
何処からとも無くイオラオスもやって来て、エイジにヤキモチを妬いてくれる事を、一瞬期待したんですけどw残念!

カルキノスは穏健派のようですが、ユティはいけいけドンドンの模様。
ユティは、カルキノスとメヒタカの2人を、エイジの元へ行かせる事に。

どこの港でも拒まれて、アルゴノートは困り中。
他の人に迷惑をかけない為に、スターウェーを外れて行く事に。
ディアネイラをフォローする、イオラオスとアネーシャが健気ですな。

イオラオスがディアネイラに心酔している姿を、アネーシャは切ない感じで見ております。
アネーシャの気持ちを知らないイオラオス、超鈍感発言してますね(^_^;)

実った野菜に、エイジはとっても嬉しそう。
ディアネイラの心配をよそに、エイジは元気一杯ですよ。
エイジの「好き」発言に、ビックリするディアネイラ達ですが、勿論みーんな好き!的発言でしたとさ。

青銅の種族に襲撃され、戦闘モードになるアルゴノート。
でも、エイジが居ない…と思いきや、とっくに宇宙空間に出てました。
エイジは敵が来る事が分かっている模様。って、幾らエイジでも、複数のノドスを相手にして、大丈夫なんでしょうかね。

エイジとカルキノスは戦闘になりますが、メヒタカは戦いたくないのかコッソリ隠れていますよ。
しかも、泣いちゃってます、メヒタカ(^_^;)争いが嫌いなんでしょうね。
そんなメヒタカを、ユティ様は追い詰めるような事を仰います。これは見事な女王様ですな。

アルゴノートを守る為に離れていくエイジ。エイジは一度、アルゴノートと別れるんでしょうか?
posted by 秋月 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ヒロイック・エイジ



<英雄の種族>

ディアネイラ達から教育されるエイジ。
立体映像を掴もうとするエイジ可愛い(*´д` *)それは掴めませんよ、と優しく教えてあげればいいのに。
お次は艦内探検。テイルとメイルがご同行。
この3人は、結構仲良くなれるんじゃないでしょうか。精神年齢が近そうな感じがしますよ。

イオラオスは、エイジに対して嫉妬心爆発〜ですか?
でも、エイジは今の所、恋愛感情を持つ持たない以前だと思いますよ。皆友達!みたいな…。

ペイントを使って、エイジ・テイル・メイルは仲良く喧嘩wやっぱり、仲良くなれそうですなw
そして、イオラオスとアネーシャに、叱責される、と。
というか、イオラオスはエイジをサルサルと失礼ですよ(^_^;)

今度は何と、エイジ&双子のシャワータイム!水着着用ですけど…。
色々な思惑の渦巻く大人達の中で、この3人は癒されますな〜。

そしてようやく、エイジ改造計画始動ですよ。
まず、髪の毛をカット。怯えるエイジですが、さっぱりカットされて可愛いさアップ。
洋服を変えようとしたら、またまたペイントでお遊び開始。

という所に、銀の種族キタ━━━(゚∀゚)━━━!

一方のエイジは、ペイントで昔の惑星オロンの光景を描いていた模様。上手ですな。

ほのぼのしているエイジですが、追ってきている銀の種族。
エイジも気付いていたようで、またまた普通に宇宙空間に出てます。

エイジに対抗意識を燃やしまくっているイオラオスですが、敵に危機一髪の所を、助けてもらっちゃいます。
イオラオス的には、やっぱり屈辱?
その上、眠っているエイジの頭を、ディアネイラがなでる所を見て、イオラオスは更に追い討ちをかけられているような…。



<惑星ティターロス>

エイジと双子の仲良し関係続行中。
エイジが自分を「エイジ」と呼ぶのは、結構可愛いと思うんですけど。無邪気な感じがして。

一方のイオラオス、ディアネイラがエイジに触れた事で、悶々としてます。
「私もサルに生まれたかった」って…イオラオスは失礼なのか可愛いのか、判断に悩む所ですなw
それにしても、イオラオスと双子が、兄弟だと理解した時の驚きと言ったら…。
そろそろ、イオラオスも、エイジと仲良くなってくれたらいいのになー。

惑星ティターロスは、銀の種族の支配地域。
一応中立だけど、ノドスであるエイジが居るという事で、艦長は悩み中。

ディアネイラに釘を刺してもらおうと言う事で、呼び出しを食らうエイジ&双子。
好奇心旺盛なエイジに、船の外に出るなというのも、可哀想な話ですな。
でも結局、出ちゃう予感がしますけどねw

無事入港許可が降りて、アルゴノートはティターロスへ。
でも、査察を受ける事になり、結局、その間エイジをティターロスへ降ろす事に。
そして、エイジのお供がイオラオスwいい加減、サルは止めて名前で呼んであげなよ(^_^;)

ようやく、エイジは衣替えする事が出来ました。
エイジはイオラオスにしがみついて、仲良くテレポートですよ。

銀の種族は、エイジの事は先刻承知の模様。

初めての場所で楽しそうなエイジですが、問題が起こりそうな気配がしまくりw

銀の種族に、アルゴノートを銃撃するよう命令されるティターロス。どうするんだティターロス。

エイジはイオラオスの手を引いて、食べ物をねだりまくり。
早くも、仲良くなれそうじゃないですか〜。

ディアネイラは、何者かがエイジを探している事を察して艦長に報告。
強行突破ではなく、話し合いを要請。

ディアネイラ達を自然(と言えない事も無いかと)と比喩するエイジですが、イオラオスの所で邪魔が入る!
エイジ的には、イオラオスは何なのか!?

ディアネイラはティターロスを脅迫w無事に出航出来そうですが、エイジはノドスと接触。

ティターロスをも、破壊しようとする銀の種族。
エイジは、ノドスであるカルキノスと戦闘になる?
posted by 秋月 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ヒロイック・エイジ



<滅びの星>

壮大な物語のようですね。いつもの事ながら、予備知識は皆無です(^_^;)

超科学かと思えば、惑星オロンでは野生児っぽい男の子・エイジが、怪物(?)相手に大活躍。
しかも、千切った足を食していたりします。
科学ゼロかと思えば、昔残されたらしい物はありました。
エイジが言ってる「お母さん」というのはコンピュータの事?

エイジが居る惑星に、お姫様・ディアネイラが降りるという事で物々しい警備。

エイジはかなり祭り上げられてるようですが、本人を見た時どういう反応するのかちょっと楽しみかも。

不思議な力を持っているらしい、テイルとメイル。
調査をしていた2人の背中をつついたのは、かーなり怪し気に覗きこんでたエイジ(^_^;)
エイジはやって来た人達に興味津々なんでしょうか?
最初は、エイジとディアネイル達が、喧嘩になるかなーと思ってたんですけど。

エイジに対して警戒心も露なテイルとメイル。攻撃したようですが、エイジには全く効いていない様子。
そこで、ディアネイラのご登場。

そんな所に、敵襲来。
ドカスカ撃ってこられて、エイジの宇宙船も攻撃されてしまう。
エイジも攻撃を受けたかと思われますが、ここで主人公であるエイジがどうにかなっちゃう訳がありません。
…出てきた機体は、エイジ自身だったりするんですか?
好き放題やっていた敵を、あっという間に殲滅ですよ。強ーっ。



<忘れられた子供>

どうやらエイジは人類の希望確定。エイジの強さに、敵も撤退。
でも、エイジのお母さんは破壊されてしまったようです。
エイジ、泣いてしまいました…(ノД`) 

泣いてるエイジを、前回食料にされてた怪物さん(多分)がなぐさめてます。可愛いじゃないですか。

エイジは、ディアネイラ達と一緒に行く事になりましたとさ。

これまで一人で生きていたエイジが、いきなり人類の救世主扱い。
それにしても、式典をやるなら、取り合えず、服ぐらい変えてあげればいいのに。
落ち着きの無いエイジは観てて可愛いですけど、会場に居る人達にとってはビックリしますわな。
でも、式典なんぞ興味なし!食欲優先のエイジ可愛いワァ..。.:*・゜(n’∀’)η.*・゜゚・:
というか、何も知らない無邪気なエイジに、自分達の都合を押し付けようとしてる人達がちょっとイヤかもw

そののまま逃亡しちゃったらしいエイジw
畑を見つけて、そのまま眠ってしまいました。
何で泣いていたのかと思ったら、植物があるのが嬉しかったんですね。
惑星を離れたのが、寂しいのかと思ってました。

知らずの内に隔離されていたエイジは、敵襲来の気配を感じ取って自力で脱出。
何だか、宇宙空間で呼吸しているようなんですけど(^_^;)
エイジはまたまた変身して、あっという間に敵殲滅。機体の歯が怖い…。
posted by 秋月 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒロイック・エイジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。