2006年06月24日

BLACK LAGOON



<Maid to Kill>

ロベルタの勇ましい姿に、ガルシアビックリ。
時々、見える眼が怖いよ、ロベルタ!
あれだけ大人数でロベルタ1人を狙って撃ってるのに、当たらないものなんでしょうかね。

レヴィと話している時、後ろから襲いかかってきた男を、振り返りもせずに倒すロベルタ。
レヴィと撃ち合いながら、よそから狙っている相手も、ちゃんと補足しているロベルタ。
いっぱい眼があるのか。何にせよ、ロベルタ様素敵だ。

ロベルタにミサイルか何かをぶっ放されて、脳震盪を起こしているレヴィ、ちょっと怖い。
ガルシア、ロベルタの姿に怖くなったのか、「あんなロベルタは嫌だ!」発言。
ショックでスーツケースを落とすロベルタ、可哀相(´Д⊂
ガルシア、ロックにお姫様抱っこしてもらって一緒に逃走。
そして、空気を読めない男達がロベルタに突っかかりますが、勿論やっつけられます。というか、皆一応生きてたんですね。
結局、スカートからボロボロ落ちてきた手榴弾で、やっつけられたと思われますが。すごいスカート…。

ロックの予想通り、ロベルタ火の海からご登場。
ロベルタは、末来から来たロボットだったんですかw
ガンガン車でぶつかってくるロベルタ、相手の車にはガルシア乗ってるのに(^_^;)
ダッチに殴られても、ビクともしないロベルタすごすぎる。

車ごとショーウィンドウに突っ込んだロベルタですが、勿論全然平気です。
車が駄目になったロベルタ、今度は走って追ってキタ━━(゚∀゚) ━━!
跳んで車に追い縋るロベルタに、ダッチが銃で狙いをつけてしまいますよ。
ガルシア、さすがに止めて欲しい。いや、止めると思いますけど…。

<The Unstoppable Chambermaid>

ガルシア、やっぱり止めてくれて、一安心(^_^;)
でもロベルタは、多少撃たれた位では、全然大丈夫らしいです。

眼が覚めたレヴィとロベルタの戦い、メチャクチャ凄そう。
ロベルタも、言いますね〜。
「卑怯者」と言った時のロベルタの表情、何とも言えないw

ダッチ達が車から降りようとした時に起こる、物すごい現象(´∇`)
一体何がどうなったら、あんな事になるのか…。
そして男性陣は、いそいそと車に戻る(笑)ガルシアとロックは降りちゃってるんですけど。(確か…)
ロベルタを応援するガルシアが可愛いですな。
そして決着?という所で、バラライカ様登場。

地球上で一番おっかない女の上位3人、とな。確かに。
一番おっかないのは、バラライカ様ですか?ロベルタに銃を突きつけて、悠然としている辺りが…。

ロベルタに縋って泣くガルシア、泣けた…。でも、納得しないレヴィ(笑)
結局、銃抜きでどつき合いする事に。怖いよぉ。
今回は、ロベルタに勝ってほしいかも(´・ω・`)と思っていましたが、ドローでした。
posted by 秋月 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<ナポレオン、生と死の間で… 西本、性と志の間で… サラ、聖と私の間で…>

播磨、準備いいなぁ。天満の為にお肉を持ち込み。
鍋にハンバーガー入れてた…。というか、色々(^_^;)
一条さんが止めるも、3人は止まらない。そして、恐ろしい結末になりましたとさ。
ドス黒い鍋を躊躇無く食す天満、勇気ありますね。というか、本当に美味しいの?と思っていたら、美味しいのは天満とララだけでしたか。
八雲は鍋奉行。花井にフウフウしてもらったのは、食べるのに引っかかりがありますな。
というか、怖いよ、花井…(^_^;)八雲の嫌がり方が、何と言うか、妙に可愛いw
ナポレオンに助けられましたな、八雲。

一瞬の油断が命取り。西本、棚の下敷きに。
結局、秘蔵DVDコレクションを大盤振る舞いで皆に譲るも、彼女が居る相手には断固拒否w
花井も貰いに来たのか…。没収ってw風呂敷に詰め込んで、沢山抱えている、花井の末路が見えるようだ(´∇`)
お約束どおり、八雲にバッタリ。中身は見られませんでしたが、八雲は察したようですね。
あの後、美琴は風呂敷を開いたに違いない(笑)

八雲にラブレターかと思ったら、サラに!
サッカーの試合が、何だか青春してましたね。
サラは貰ったラブレターをどうしたんだろう。
posted by 秋月 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

涼宮ハルヒの憂鬱



<射手座の日>

今回の舞台は宇宙なのか〜?(笑)

古泉の賞賛の言葉が聞きたい(*゚∀゚)=3
朝比奈さんがいれてくれるお茶は、大歓迎なキョン。

ハルヒの飛び蹴りすごすぎるwあれを食らって、比較的無事で居る、コンピ研部長もすごすぎるw
コンピ研に、SOS団、パソコン勝負を挑まれますよ。
というか、SOS団のホームページのカウンターを回すのは、部長しかいないのかいな(^_^;)

パソコン部はパソコン4台、SOS団は長門さんを賭ける?

キョンとハルヒの間には、信頼関係があるのか!
ハルヒも、絶対勝負に勝つと思っていたんですね〜。
そう言われると、ますますキョンとハルヒに萌えてしまいますよ。
でも、キョンは結構、朝比奈さんにもデレデレですよね(^_^;)

「インチキ技はなしだからな」
と言われて、こくんと頷く長門さん可愛い。
ハルヒのエネルギー注入も可愛い。

そして始まるゲーム勝負。何だか、いつもよりキョンが熱いぞ。
最終的には、SOS団が勝利する訳ですが。
それにしても、コンピ研の人、人畜無害そうな顔をして、軽く卑怯な事もするんだなぁ。
posted by 秋月 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<ヒィー! ヒィー!ヒィー! ヒィー!ヒィー!ヒィー!>

八雲、今度はメイドさんなのか!

天満はダイエット中?
美琴も愛理も晶も素晴らしいスタイル!天満はどこまでも可愛い〜。
今鳥、花井と東郷の前では、鍛えた(?)腕も形無しですなぁ。
播磨にケーキを切ってもらって(というか切られて)、感心する3人可愛いw晶の突っ込みは、聞こえてないようですけどw

烏丸君、学校休みすぎ。一体何があったのか。
ララ、何故に天満の物まねを…。物まねなのか?無理ありすぎ(笑)
そして、天満はララの物まね。結構、口調はいけるかも…(^_^;)
天満とララはクラスを入れ替わったのかな。
天満を取り戻す為に、播磨と花井はトランプ勝負してるんですな。
というか、クラス中の人間を賭けてるしwそして、最後はC組は、播磨と花井だけになりましたとさw

播磨と花井、愛理と晶の使いっ走りに(笑)
許してもらう為に、天満達を何故かカレースタジアムにご招待。
播磨、激辛カレー一気飲み。頑張っている播磨と花井をよそに、さつきがアッサリ勝利w

人気者になったのは、ララだけ?(^_^;)
posted by 秋月 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

涼宮ハルヒの憂鬱



<涼宮ハルヒの憂鬱IV>

ハルヒ、今日はご機嫌斜め?

朝比奈さんの悩殺写真を全世界に発進する事を、キョンは必死に阻止。
ハルヒ、相変わらず、やる事が凄いというか怖い(^_^;)
そんな事したら、朝比奈さんが変な人に狙われそうですよ。

手紙でキョンを呼び出したのは、朝倉さん。
何だかんだと話していましたが、
「貴方を殺して、涼宮ハルヒの出方を見る」
と、普通にキョンに切りかかって来ましたよ。この人も普通の人間じゃなかったんですか!というか、キョンピンチ!
キョンが告白でもされるのかと、ちょっと期待してたんですけどね。
「じゃあ、死んで」
と、笑顔でお願いされるキョンですが、長門さんが助けに来てくれました。

長門さん、ナイフ(?)を掴んで血が出ても、全然痛そうじゃないな…と思っていたら、ぐさぐさ刺されても、全然痛そうじゃありませんでした(´Д`;)

またまた手紙が来て、朝比奈さんから呼び出されるキョン。
出てきたのは、大人の朝比奈さん!朝比奈さん、何だか意味深な事を…。何故に、末来のキョンは、朝比奈さんの胸元のホクロの位置を知っているんだ!
朝比奈さんは、キョン達に起こる事への助言をしにきたようです。 
別れ際に、「私とは、余り仲良くしないで」って、これまた意味深な事を…。

長門さん、眼鏡止めたんですね。キョンは眼鏡属性はない、と..._〆(゚▽゚*)
posted by 秋月 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

BLACK LAGOON



<Rasta Blasta>

毎回観ている訳では無かったのですが、偶然バッチリ見た回で、物すごいメイドさんキタ━━(゚∀゚) ━━!
あの感情があんまり篭って無さそうな淡々とした口調といい、ビアジョッキの破壊っぷりといい、ロベルタいい!
「ご堪能くださいまし」
って、かっこいいですな!(*゚∀゚)=3次回が楽しみです。
それにしても、写真のロベルタの目つきは怖すぎかも(笑)
posted by 秋月 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

涼宮ハルヒの憂鬱



<サムデイ イン ザ レイン>

やたらと静かだなぁと思っていたら、ハルヒが居なかったからでした。
キョン、ハルヒが居なくて、何だかんだ言って寂しいのでは?
部室に登場したハルヒの朗報に、嫌そうな表情のキョン、可愛いw

朝比奈さんにマフラーをしてもらって、キョン嬉しそう。そして、ハルヒはご機嫌斜めそう。

キョンは、ハルヒの行動を、完全に読んでます。

ハルヒ、相変わらず強引な…(´Д`;)朝比奈さん、ちょっと可哀相ですよ。
寒い中、バニーガールやらナースやら、朝比奈さんは大変。
古泉は、ハルヒに対してイエスマンですな。

いつ場面が変わるのか、少し不安になってしまいました。長門さんが、本を読んでるシーンが長すぎて(´∇`)
ハルヒ達は何処へ行ったのかと思ったら、撮影会でしたか。

労働させられて、お疲れのキョンは居眠り。
キョンにカーディガンをかけていたハルヒ、キョンが起きてビックリしている所が可愛いなぁ。傘を差し出した時、視線をそらしている所も。
posted by 秋月 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<パス! ドリブル! シュート!>

麻生、罪なお人だ(^_^;)さつきの気持ちに、全く気付いて無いようです。ここで美琴がさつきを追っても、逆効果かも。
結局、ララがサツキの元へ行きましたが、ララも鈍い(T▽T)でも、いい人だ。

麻生に呼び出されたさつき、勘違いして勢い余ってこれは告白という事になってしまうんでしょうか。さすがに麻生も気付いた模様。
さつきが部活に行けないのも仕方ないです。
天満は、バスケ部に戻ったのかと思ったら、他のチームに入ってるし(´Д`;)

八雲、天満にパスしないのか〜(笑)
播磨と今鳥は、バスケ上手だったんですね。
ララに説得されて、さつき復活。先生は別の世界に行ってますなぁ。
というか天満、先生の言葉でアッサリ寝返りなのか(笑)赤くなってる八雲が可愛い。
最後は、美琴がかっこよく決めました。

麻生は美琴が好きなのかな。個人的には、花井と美琴の組み合わせが好きなんですけど。
最後の最後に出てきた花井が、物すごくいい感じw
posted by 秋月 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

涼宮ハルヒの憂鬱



<孤島症候群・前編>

最初はハルヒに振り回される周囲の図、的なお話しかと思っていたんですが、
かなりすごい展開になってきましたな(^_^;)本当、朝比奈さんまで普通の人じゃなかったとは…。

それは置いといて、探偵なんかが事件に遭遇するのは、お約束中のお約束。
ハルヒが望めば、事件なんか幾らでも起きそうな気がしますけど。

キョンの妹、ボストンバックに入って来るとは、なかなかのツワモノ。
幾ら身体が小さくても、かなり苦しそうですよ。

「僕のかけがえの無い友人たちです」とか、古泉君は何だか口調がいちいち素敵w

朝比奈さんとハルヒの水着姿に、キョンデレデレ?

孤島で天候不良で脱出不可能…みたいなアニメ、どこかで観た事があるようなないような。
王様ゲームやら枕投げやらをやっている間に、事件が起こりそうな気配。
というか、本当に事件起こった━━(゚д゚;)━━!?
「解決編しないの?」って、これで終わりですか!?投げっぱなしじゃないですか(T▽T)
(いや、でも一応前編だし………)

というか、1話とばして後編やるみたいですねw
そりゃそうかとも思いますが、もしかして、投げっぱなしもあり得るかと思ってしまいました(^_^;)

<孤島症候群・後編>

本当に事件が起こって、ハルヒも神妙?
キョンの妹は、何も知らずに無邪気なものです。朝比奈さんは、ショックで卒倒。
ハルヒ、実はかなりショックを受けたようです。何だかんだ言っても、本気で望んでいた訳じゃなかったようです。

雨の中、手をしっかり繋ぐキョンとハルヒが何だかいい感じ。
って、あんな細い道(?)を行くなんて無謀な…と思っていたら、やっぱり落ちてしまいました。

ハルヒの推理、何だか本当にありそうな感じがすると思いましたが、キョンに一蹴されてしまいましたな。

長門さんの行動、実はギャグに一票w1人思い悩むキョンがまたいい感じ。

今度は古泉〜?キョンがそんな事する訳なさそう、と思っていたら、全てお芝居だったのですか(´Д`;)
意気揚々と謎解きをしているハルヒの方が、本当に事件が起きたと思ってしょんぼりしてるハルヒよりいいなぁ。

古泉、何を見てるのかと思ったら…(T▽T)そんなに凝視するようなものかいな。
posted by 秋月 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールランブル二学期



<闘え、ハンター!闘え、イーター!闘え、アルバイター!>

愛理と天満のおにぎりは、どんな味がするんでしょうか…。
皆で楽しくピクニック。しかし本当に、播磨と花井のリュックの中には、一体何が入ってるんだ。

男の料理対決、播磨は川で魚釣り。そう言えば、漁師してましたっけね。
というか、巨大ガニやら山の主やら、どれだけ危険な山なんだ。天満達は大丈夫なんだろうか。

今鳥、棄権したのかと思い気や、いつの間にかカレー作成。って、レトルトだったのか。
播磨の料理を食べて、料理アニメ的なリアクションキタ━━(゚∀゚) ━━!
花井の料理は更に凄かったですな。皆、脱いでるし…。

スクランキャラは、バイトしている人が多いとな。
コスプレ好きの店長の所で、八雲がバイトするのは危険なような気が…。
八雲の着ぐるみ可愛い。花井もメロメロになる訳ですな。

今鳥の言い様は、幾ら何でも一条さんが可哀相だ。ララが居てくれて良かったですよ。
晶様の秘密のバイト、えらくまたワイルドな…。
愛理は、バイトはしてないんだろうなぁ。ウェイトレスとかしてみて欲しいかも。
posted by 秋月 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

かりん



<サヨナラは 恥ずかしい>

かりんを思っての健太の言葉も、かりんを傷つけてしまいましたな。
そんな時でも、カレンの説教クル?かと思ったら、泣いちゃってます、カレン。仲良し家族は見ていて和みます。
でも、杏樹は、かりんには昼の世界で生きていて欲しかったようです。

かりんを気づかう家族ですが、かりんは元気…でも、かりんも皆を気遣っている模様。
吸血鬼の仲間入りをする為に、かりんは生まれて初めて人を噛んだ場所へ行く事に。
というか、エルダが棺桶で眠っている間に、カレンがまたまた封印していたようですが(笑)、エルダは無事抜け出せたようですね。

ヴィクター、ついにマーカー一家の屋敷にまで来ちゃいました。
そしてまた始まる、エルダVSヴィクター。その間に、かりん達は湖へ行く事に。

ヴィクターやウィナー達は、やっぱりアルフレッドの子孫だったんですね。
というかヴィクター、なんて事してくれるんだ(T_T)エルダ、ヴィクターにとうとう倒されてしまいました。
いや、きっと生きてると思うんですけど、やっぱりヴィクターがちょっと憎い…(-_-;)
でも、過去の回想によると、アルフレッドはエルダに噛まれた後、結構すぐ正気に戻ったようですね。

麻希は、ウィナーに思いを伝えに行こうとして、バッタリ遭遇。
かりんが吸血鬼だと知らされても、麻希は全く動じず!
ウィナーはどこまでもかりんが好きなのか〜と思ったら、麻希の告白きたー!
なのにやっぱり、ウィナーはかりんなのか〜と思ったら、今度は麻希のキスきたー!
やっとウィナーが、「麻希さん」呼んでくれましたな(´Д⊂

健太は文緒に後押しされて、マーカー家へ行きますが、そこは既に焼け野原。
その場に居たウィナーと一緒に、何故か馬に乗ってかりんの元へ。
それにしても、エルダはその場に倒れたりしてなかったんでしょうか。
posted by 秋月 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かりん



<迷い子みたいに 恥ずかしい>

かりんを逃がして、エルダは1人、ヴィクターと戦闘。
健太はかりんの家へ向かうも、結界があって入れず。

少しカレンとヘンリーの若い頃が出て来ましたが、2人とも可愛いですな。

エルダ、ボロボロになって帰宅。無事に戻れたようで良かった(と思っていたのですが、後々…(-_-;))
でも、煉が、日が暮れているのに、かりんを迎えに行くと言い出します。

かりん、結局、家には戻っていませんが、1人でウロウロしてたら、かなり危険そうですよ。

かりんを危険な目に遭わせそうな当のヴィクターは、マーカー家を滅ぼす気満々ですが、ウィナーは色々と迷っている模様。
というか、ヴィクターを止めて欲しい…(^_^;)
と思っていたら、ヴィクター、「ハンターでも孫でもない」みたいな事を言って(うろ覚え)、ウィナーを突き飛ばし。酷い(´Д`;)

健太が麻希に電話をしているところに、煉がブスブスと煙を上げながら登場。
健太が電話を切った途端に、お約束的に麻希の元にかりん登場。

煉は健太に、かりんと健太は生きる時間が違う事と、かりんを完全な吸血鬼にする方法が見つかった事を告げます。
そして、健太に頭を下げて、かりんを家族の元に返すように頼む煉、やっぱり妹が可愛いんですな…(´Д⊂
一方、麻希はかりんを外に連れ出してデート。かりんを励ます麻希ですが、前回のドロドロは、杏樹に血を吸われて無くなっちゃったんでしょうか?

やっと会えたかりんと健太、突然抱きついたりして、かりん大胆だ。一応、確かまだ告白とかしてないのに。
これで2人は仲良しに…とアッサリ行く訳もなく、健太は煉の話を聞いた後なので、ちょっと微妙な態度。
家族を大切に思う健太は、かりんを思って家族の元に帰るように言いますが、かりんにはキツイですな…。
posted by 秋月 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

スクールランブル二学期

 

<演劇で妄想! 銭湯で妄想! オニギリで妄想!>

皆さんが書いた脚本、これまた素晴らしい内容で…(^_^;)
でも、愛理が貧乏になる脚本は、イヤだ!と思ったら、書いたの播磨なのか(笑)
愛理様が怒るのも無理ないので、潔く罰せられて下さい。
と思ったら、本当の作者は晶様でした(T▽T)

播磨の話を振られて赤くなっている辺り、八雲はやっぱり播磨の事好きなんでしょうか。
天満に頼まれて播磨に質問する愛理、心の底から可愛いですよ。
髪型は、天満の事を言っているんですけど、愛理にも当てはまってるんですよね〜。と思ったら、八雲もでした(´∇`)播磨、いつもながら間が悪いよ…。
銭湯では、何言ってくれるんだ播磨。と思ったら、人違いでした。でも、愛理が傷ついたかと思うと切ない。

播磨におにぎり食べてもらって、スキップしてる愛理(*´д`*)カワイイ。
どんなに微妙な味だろうと、ちゃんと食べる播磨は偉い!
花井と美琴、お似合いだと思うんだけどなぁ。
posted by 秋月 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

かりん



<さらばエルダで 恥ずかしい>
エルダはウィナーが「シンクレア」の名前を知っているような感じですね。
置手紙をして家を出たエルダは、かりんの増血に何か対策がある模様。

<兄キのヒミツは 恥ずかしい>
前半少し見逃してしまいました(T T)
それにしても、煉にこんな過去があったとは(笑)というか、あの学園は一体何があってこんな事にw
でも、ちっちゃい頃のかりんと杏樹の可愛さの方が印象的だったり。そのかりんも、何だか凄い事をしていましたがw

<ふたりのイブは 恥ずかしい>
バイトでのクリスマス仕様のかりんと健太いいですな。健太、トナカイの着ぐるみがお似合い(笑)
文緒は新しいパート先が見つかったようで何よりです。
ウィナー、おじいさんが来るとの事で慌てているようですが、麻希に対するちょっと無神経な言葉はいかがなものか(´Д`;)
ウィナーのおじいさんは、マーカー一族の事を、バッチリご存知の模様。これはまずい事になりそう。

<はじめての… 恥ずかしい>
かりんと健太が微笑ましい一方で、話は深刻になって来たような。杏樹と麻希が切な過ぎる(T△T)
ブギー君の言う「あの事」とは一体。ブギーくんは「本当の事」をかりんに言おうとしますが、杏樹はブチ切れ!
でも、杏樹を思うブギーくんの気持ちを分かっている杏樹が、最後にはブギーくんを抱き締めるシーンは泣けました。
そして杏樹は麻希の血を吸ってしまい、かりんはその現場を目撃。杏樹の血の嗜好は「嫉妬」
ショックのかりんでしたが、エルダから、かりんを吸血鬼にする方法が分かったと連絡が。
ブギーくんが動かなくなったのは、杏樹が目覚めたせいなのかな?
posted by 秋月 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

吟遊黙示録マイネリーベ ヴィーダー



<起点>
居なくなったカミユを心配するレオハルト。
当のカミユは、誰にも言付けせずに、エルムントと一緒に馬車に乗ってました。

エルムントは、カミユを実家に連れていきます。エルムントの弟妹可愛いですな。
エルムントの家でも、植物の世話をするカミユ。
会話の中で、エルムントがカミユに憧れていた事が発覚。

エルムントに送られて帰宅したカミユですが、家ではお兄さん達が大騒ぎ。
帰ってきたカミユを抱き締め、レオハルトはカミユの無事に一安心。
カミユ、完全に子供扱いですな(^_^;)いや、まだ子供なんでしょうけど…。

小悪党アイリス先生は、カミユの退学届けに署名するようヴェルナー校長に催促。
ヴェルナーは取り合えず保留。
ヴェルナー的には、オルフェ達に悪意がある訳ではなく、ベルーゼ先生の為にやっているっぽいですね。

ルーイは、ナオジにも内密に外出。実家でゴタゴタがあるようです。
ルーイはお母さんに会いに戻った模様。ルーイのお母さんなんで、美人に違いない!

レオハルト、気分転換の為かカミユを旅行にお誘い。仕事より弟。ブラコンの鏡です(笑)

ルーイ、何だかんだ言ってやっぱり心配なのか、カミユの前に現れます。無断でカミユの屋敷に入り込んだのか〜。
言いたいだけ言って、ルーイはさっさと退散。
カミユの回想で、ちっちゃいルーイとカミユキタ━━(゚∀゚) ━━!2人とも普通に可愛いですよ。

何故かエルムントの家に来ていたカミユを、レオハルトは素晴らしい探査能力で発見。
レオハルトはカミユを連れて帰ろうとしますが、カミユはエルムントの弟が木から落ちる事を不思議能力で察知してダッシュ。
何とか弟をキャッチしたカミユを、エルムントが更にキャッチw
弟を助けられた事で、カミユは前向きな気持ちになれたようで、学園に戻る事に。

戻ってきたカミユをオルフェとエドとナオジがお出迎え。かと思いきや、ルーイもちゃんと居ましたよ。

<陽光>
ちっちゃいナオジ登場(*゚∀゚)=3これまた非常に可愛いですな。

突っかかり3人組、他の生徒に絡まれる。
止めようとするオルフェとエドですが、ジェラルド先生に先を越されてしまいました。
そんな中、カミユとエルムントは2人だけ、何だか通じ合ってる感じが。
ジェラルド先生の語りに出てきた、シュトラールになった家柄の無い生徒は誰の事なのか気になりますな。

弓をやっているナオジの元に、横から入ってきて勝負を挑むダニエル。
断るナオジを、ダニエルは挑発しまくり。3人組の中で、ダニエルが一番好戦的ですな。

ルーイはと言うと、また実家に戻っていた模様。そして、帰ってくるなり、オルフェ達を茶会にご招待。
ルーイのお母さん、何だか可愛らしい感じのお人ですな。
オルフェ達の事を、「友達」というのに何だか笑えましたwいや、そうなんでしょうどけど(^_^;)
ルーイがオルフェ達をご招待したのは、お母さんの気分転換の為だったようです。
「信頼に足る」とルーイに言われて、オルフェもビックリですよ。

突然泣き出して部屋から出て行ったお母さんを、ルーイは何故かナオジに追わせます。
「泣きたい時は、思い切り泣いた方がいいのよ」
ナオジのお母さんと同じような事を言われて、ナオジはルーイのお母さんの手を取ってなぐさめますよ。
ルーイとナオジのお母さんは、似たような感じの人なんでしょうか。

今度は、ルーイによるナオジ攻略開始。
ルーイはナオジの傍に居ると、落ち着くようです。

かと思ったら、次は散策中にオルフェとナオジがバッタリ遭遇。
通り雨に降られて、雨宿りする事に。ルーイが嫉妬しそうです。
とか思っていたら、ナオジ、「日本に帰るつもりです」発言!
直ぐに帰国するつもりかとビビっていましたが、そんな訳はなくて、「いずれ」との事。
でも、どっちにしろルーイ可哀相(え)
って、もしかして、ナオジがメインの話は一話で終わりなのか!?(´Д`;)
posted by 秋月 at 23:42| Comment(6) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かりん



<エルダの恋バナは 恥ずかしい>

エルダに狙われた健太の元に、最初に駆けつけたのは杏樹。
かりんを心配しての事か、杏樹怒り気味(^_^;)

エルダのかまかけに、ヘンリーもカレラもかりんも見事に引っかかり。
健太の名前をポロッと言ってしまったブギー君、杏樹に締め付けられるw

そして始まる、エルダの恋バナ。
お相手は普通の人間のアルフレッド。美形ですな〜。
エルダも何だか、今より可愛らしい感じだったようでw
でも、アルフレッドのお父さんは吸血鬼嫌いの模様。というか、吸血鬼の処刑を執行した人っぽい感じですな。
吸血鬼の処刑シーン、結構怖かったですよ(´Д`;)

エルダの血の嗜好は「恋心」
なので、エルダはアルフレッドの血を吸う事を、必死に我慢。

エルダが吸血鬼だと言う事は秘密にしているのかと思っていたら、アルフレッドのお父さんにもバレているようです。
お父さんは、アルフレッドを部屋に閉じ込めておいて、エルダに2度とアルフレッドに近づかないように言い渡します。
持っていた銃で、エルダを撃つかとハラハラしていましたが、それはなかったですな。

アルフレッドが会いに来てくれなくなった事で、自暴自棄になったエルダは街の人達の血を吸いまくり。
勿論、街の人達が放っておく訳もなく、エルダを捕獲する事に。
その間、アルフレッドはずっと大人しく閉じ込められていたのかいな(^_^;)
さっさと窓を壊して、外に出ていれば良かったのに…と思ったり思わなかったり。

アルフレッドは、街の人達に追われるエルダを助けに登場。
逃げる力が残っていないエルダに、アルフレッドはエルダに自分の血を吸わせる事に。
そしてアルフレッド、エルダへの恋心をあっさり忘れた上に、エルダの胸を杭で貫いてしまいます。
アルフレッド酷いよアルフレッド(´Д`;)幾ら何でもエルダが可哀相。
お風呂でかりんが見たエルダの胸の傷は、この時の傷みたいですな。

人間との恋がつらい事を知っているエルダは、かりんの為に健太の血をすう決意をした模様。

posted by 秋月 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

かりん



<ふたりで朝まで 恥ずかしい>
かりんと健太が朝まで一緒的な話かと思っていたら、かりんと麻希でしたw
かりんの夏休みの宿題に付き合って、麻希はかりんの家に泊まる事に。
その夜、麻希は例え話で、かりんに本心を語りますが、普通ならバレバレなんでしょうけど、かりんは全然分かって無いみたいでしたな(^_^;)
結局、麻希は殆どばらしちゃいましたが、かりんはKさんとW君が誰かは分からず。
W君はともかく、Kさんは自分の事ではないかと、分かりそうなものですが(笑)

<エルダ登場! で 恥ずかしい>
かりん達の学校は文化祭。健太は余り興味が無いようで、少々戸惑い気味。
一方、ヘンリーはこそこそと何をしているのかと思ったら、棺桶の中から女の子登場。

健太が1人歩いていると、吸血鬼に血を吸われて倒れている人達を発見。
しかも、かりんそっくりな女の子を目撃。
そんな事を知る由もないかりんは、健太と仲良しシーンを妄想中。

そのかりん、帰宅した途端に、カレラから襲われるw
こそこそしていたヘンリーが封印を解いてしまったのは、かりんそっくりのヘンリーのママでした。
どうやら、カレラとエルダは仲が悪いようです。嫁姑問題は種族に関係無し。
でも、性格的には、カレラとエルダは、似通っているようないないような…。
エルダは、自分そっくりのかりんは可愛いけど、胸の大きさが気に入らないようです(笑)
そして杏樹は、かりんにちょっかいを出すエルダが気に入らないのかな?

エルダとかりんを勘違いした健太に疑われる展開になるかと思い気や、あっさり誤解は解けたようです。

ヘンリーは、エルダに膝枕をしてもらって耳掃除。
変わった吸血鬼の事を聞き出そうとしますが、あえ無く失敗。

かりんと健太は、一緒に看板のペンキ塗りをしたりして、いい感じ〜。
健太に寄りかかって居眠りするかりん、鼻血だしてるしw

学校にやって来たエルダ、ウィナーと遭遇。
ウィナーはあっさり騙されるかと思いましたが、胸の大きさの違いでw別人と察知!
「まな板」って、酷い(^_^;)

麻希にも噛みつこうとするエルダですが、ぎりぎりの所でかりんが到着して制止。
でもエルダ、今度は健太まで狙うつもりの模様。

posted by 秋月 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

吟遊黙示録マイネリーベ ヴィーダー



<冷雨>

ニコラスがエドにお客さんが来た事を知らせに来ます。お約束どおり、事故に遭ったはずの、エドのお父さんでした。
オルフェは、エドのお父さんと一緒にエドを探しに行く事に。

ルーイ・ナオジ・カミユは3人揃ってお茶。
何だか、皆が皆、誰がエドを陥れたか分かっているみたいですな。

エドのお父さんは昔語りをしますが、貴族同士の政略結婚だからと言っても、浮気したのは事実だよな、と思ったり思わなかったり(´∇`)

一方、エドは自力で館まで来ていましたw
エドを見るお母さんの目つきが怖いワァ*・゚(n‘∀‘;)η゚・* !!とうとう、エドはお母さんと対決。
離れ離れの妹の居場所を教える代わりに、爵位を放棄しろと迫るお母さんに、エドはそれを拒否。
銃まで持ちだしたお母さんですが、ナイスなタイミング(お約束w)でオルフェとお父さん登場。
そして、エドのお父さんとお母さんの抱擁シーンキタ━━(゚∀゚) ━━!
何だかんだで、一件落着。して戻って来て早々、オルフェとエドは、カミユが学園を出て行ったらしいとナオジから知らされます。

<楽園>

置手紙を残してカミユは家出。カミユは皆に、それぞれ花のお世話を頼んで行った模様。
まさかとは思いましたが、ルーイ様の部屋にもちゃんと植木鉢が置いてありましたw

そして、ヴェルナー校長に直談判に行くオルフェとエド。
ヴェルナーは猶予を与えてくれましたが、本気なのかどうなのか。

オルフェとエドはカミユの家に向かう事に。
少しブラコンっぽいカミユのお兄さん(レオハルト)登場。余りカミユと似てませんな。
訪ねて来たオルフェとエドを、レオハルトはカミユに会わせず。

一方、実家に行っていたらしいルーイ、戻ってきたと思ったらナオジにお茶を淹れてもらってます。
「ナオジの淹れた茶は、心が落ち着く」(ルーイ)
みたいな事を言って、2人きりで結構嬉しそうですな。
カミユを心配してルーイに色々言うナオジに、
「まだアレの事を理解していない」(ルーイ)
カミユをアレ扱いキタ━━(゚∀゚) ━━!そして、このお言葉からすると、ルーイはカミユを理解しきっている様子。何だか非常に萌えますよw

カミユが退学届けを出したらしい事をコソコソ話す生徒たちに、ルーイ様ご立腹。
一喝されて、突っかかり3人組が堂々と話しますが、
「あいつ、見た目より弱くないって」
みたいな事を言う生徒(確かニコラスだったかと…(曖昧))に反応していたので、ルーイは放っておいてもカミユは自分で戻ってくると思っていたから、何も行動を起こさなかったんでしょうか。

それにしても、エルムントは、カミユを本当に心配しているみたいですね。
前回は、カミユを追い詰めているのかと思っていたんですけど。
カミユは1話で学校に戻るかと思っていましたが、そうは行きませんでしたw

次回予告に、ちっちゃいルーイ様とカミユが…(*゚∀゚)=3

posted by 秋月 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

かりん・半分の月がのぼる空


かりん
<めざめちゃって 恥ずかしい>
健太を噛んでしまう寸前、かりんは何とか我に返って我慢して…鼻血!チャイナ服が鼻血まみれに…。
何も覚えていないらしいかりんでしたが、健太に教えられてショック。

バイトに戻ったかりん、血染めのチャイナ服に、オーナーもビックリです。
それはともかく、文緒はまたまたバイトをクビになっていました。
ドジっ子だからという事ではなく(多分)、ここでもやっぱり文緒は男性客にちょっかいを出されてイザコザに。

文緒が煉の毒牙(笑)にかかりそうになった所に、かりん登場。
止められた煉は、かりんの胸倉を掴んだ━━(´Д`;)━━!って、幾ら妹だからって、ちょっと酷い。
そこにヘンリーが駆けつけて、煉を一喝。

煉はゲンコツ食らったみたいですねwタンコブできてましたw
そして始まる家族会議。毎度の事ながら、かりんは不参加なんですね。
というか、煉はある意味かりんを思って文緒を狙っていたのかと思っていたら、煉も文緒のフェロモンに惑わされていただけなんでしょうか(^_^;)

健太に噛みつこうとした事で落ち込むかりんですが、
「幾らでもこの首くらい差し出すから」みたいな事を健太言った━━(゚∀゚) ━━!
健太、本当にいい人だ…。
これでかりんも自分の気持ちをハッキリと自覚!

健太とかりんの今後が気になりますが、ウィナーと麻希の今後も気になりますよ。
麻希はいつ、「かりんさんの友達」から抜け出す事が出来るのか。


半分の月がのぼる空
<とめられた一分>
里香は何とか無事でしたが、夏目は裕一に当り散らし過ぎのような気が。
裕一は、亜希子のお許しを貰って、1分だけ里香と面会。

夜、また病院を抜け出した裕一は、亜希子の友達とバッタリ。
まさかね…と思っていたら、そういう展開クル━━(゚д゚;)━━!?
寸前で、亜希子がしっかりと察知していて、しっかり裕一をお迎えに来ましたよ。
そして亜希子に、裕一はボコられ、友達はビンタ(^_^;)

里香の手術は終わりましたが、結果は…?というところで次回持ちこし。夏目の言い方がまた、意味深な…。
ところで里香のお母さん、裕一が気に入らなかったりするんでしょうか。そんな感じが…(。。;)
posted by 秋月 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(2) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吟遊黙示録マイネリーベ ヴィーダー



<焦燥>

エドの義理のお母さん(美人)登場してそうそう、アイザックとベルーゼ先生に、エドの殺害依頼(´Д`;)
一方、校長主催の夜会との事で、オルフェとエドは胸に花を飾っていたりします。カミユはどうやら、気が進まない模様。
夜会では、ダニエル達がエリカ達をダンスを誘いに行った━━(゚∀゚) ━━!
漂うギスギスした空気に、カミユはショボーン。
エドはダニエルに揺さぶりをかけられてイライラ。

それにしても、ヴェルナー校長とベルーゼ先生は、どういう関係なんでしょうか。義理の兄弟か何かなのかな。
ベルーゼ先生の、父親に認められないうんぬんの話からすると、やっぱり血縁関係のような気がしないでもありませんが。

弓道しているナオジが素敵(*゚∀゚)=3日本の武道は何でもこなすのかいな。
そんなナオジに弓道を習おうとしていたエドですが、エドの父親が事故に遭ったとの知らせが入ります。いかにも罠くさい(´∇`)
狙ってくれと言わんばかりに、1人馬で向かっていたエドは、案の定弓(?)で狙撃されて崖から落下。

こんな時になんですが、ルーイ様の出番が少ないと、寂しいですよ(´Д⊂
そして、ベルーゼ先生が邑輝先生(闇末…)に見えて仕方ないです。
posted by 秋月 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。