2005年10月01日

ガンダムSEED-DESTINY



<最後の力>

とうとう最終回。唐突ですが、カガリが全く出てきませんでした_| ̄|○(姿は出てきましたけど)

アークエンジェルとアスランを先に行かせて、キラは要塞を抑える事に。
「オーブがプランに対する最後の砦です。失えば、世界は飲み込まれる」(ラクス)
という訳で、エターナルよりオーブ重視。

一方、イザークとディアッカ。
「ザフトの艦だ、あれは!」(イザーク)
理由付けして、エターナルを援護。イザークいい!エターナルがザフトの艦かどうかはともかくw
でもイザークとディアッカは、戦闘が終わった後、色々と大変そうな気がしますよ。

一瞬、キラVSシンになるかと思いましたが、レイが黙ってはいませんでした。
シンにはアスランとアークエンジェルを追わせて、自分がキラの相手。
レイと対峙したキラ、クルーゼを思い出す。
実際に対面した訳でもないのに、キラは何故そんな色々と分かるのか、いつもながらちょっと不思議。

ルナマリア、アスランに気付いて迷ってます。でも、迷っていたら危ないよ!
「よくもメイリンを!」(ルナマリア)
やっぱりアスランより妹が大事でした。
でも、アスラン相手にルナマリアはちょっと厳しい。
そんな所に、ルナマリアを助けるべくシン登場。アスランは、本当にルナマリアを落とそうとしている訳ではありませんけどね(^_^;)

レイと戦うキラ、「俺はラウ・ル・クルーゼだ」と言うレイの言葉に愕然。
「命は何にだって1つだ。だからその命は君だ彼じゃない!」(キラ)
今度はレイがその言葉に愕然として行動停止。そこをすかさず、キラ様攻撃。

シン、形相が変わってます。そして、この期に及んで押し問答。
アスランには、ミネルバに居る間にシンを説得してもらいたかったです。
「もうお前も過去に囚われたまま戦うのは止めろ。そんな事をしても、何も戻りはしない。なのに未来まで殺す気か、お前は」(アスラン)
シンもルナマリアも心を動かされたようですが、シンはパニック状態。
止めに入ろうとしたルナマリアを、パニック状態のシンがやってしまうかと思いました(´Д`;)
そこでアスランの種割れキタ━━(゚∀゚) ━━!
アスランがシンを攻撃、事なきを得ました。

ミネルバ、ガンガンやられている模様。

レイは一応無事でした。このまま大人しくしていて欲しいものですが、そうも行かないんでしょうね…。

「発射口の敵を掃討後、オーブを撃ってこの戦闘を終わらせる」(議長)
それを聞いていたイザーク、エターナルに連絡してくれたー!

味方まで巻き込む議長に対して、タリアの裏切りが発動しそうな気配。

地球に居るカガリ、覚悟を決めているのか静かな表情。

皆で攻撃しまくって、レクイエム全壊。さすがの議長もビックリ。

夢の中(?)でステラと邂逅していたシン、ルナマリアの膝の上で「ステラ」言ってしまいました。
でも、この2人が無事で本当に良かったです。
ルナマリアにオーブが撃たれなかった事を教えられ、号泣するシン。
やっぱり、何だかんだ言っても、シンにとってオーブは大切な存在だったのかなと思いました。

タリアはアーサーに後の事を任せて、何処かへ行ってしまいました。
何だか覚悟を決めてしまったようで嫌な予感。

キラ、議長の元に行っちゃってるよ!レイとタリアも駆けつけてくると思われますが。
それにしても、何故議長は1人で居るんでしょうか。他の人達はさっさと逃げた?

最後に議長を撃ったのがレイだったのは意外。タリアさんが撃つかと思っていました。
キラと出会って、少しでも話をして、考え方が変わったのかな。
強固に議長を信じていて、シンを丸め込んでいたレイが、あっさりし過ぎだと思わないでもありませんが…。

タリアは、キラにマリューへの伝言を頼みます。
「子供が居るの。男の子よ。いつか会ってやってねって…」
タリアは子供がちゃんと生きてるのに、議長と一緒に逝く事を選択。

タリアがレイを抱き締めて「良く頑張ったわ」という場面は泣けました(´Д⊂
議長、タリア、レイが本当の家族だったら良かったのに。レイには生きて欲しかったなぁ。

一番心配していたルナマリアは生き残れたけど、シンはもうちょっとどうにかならなかったものなのか。どちらかと言うと、レイの方が主人公だったかも…。

エンディング明けに、ちょっとは何かあるかと思ったら、何も無し( ゜Д゜)
アスランとカガリの今後は全く不明。ルナマリアとメイリンは、実際には対面する事もなく。
最終回というには、ちょっと物足りなかったかも知れないです。
posted by 秋月 at 21:07| Comment(1) | TrackBack(48) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ガンダムSEED-DESTINY



<レイ>

今回は回想なし。初っ端から話は進みます。
アークエンジェルとエターナルは、一次中継ステーションを落とす事に。
「道をあけなさい!」
ラクス様に命令されたら、相手が言われるまま道を開けそうな気がして仕方ないです(笑)
そんなに簡単にはいかないでしょうけど。

議長の元に到着したレイとシン。
シンは何とも言えない表情してます。議長に対して疑念があるからなのかな。

あ、ラクスの登場に、ザフト軍は迷っているようです。でも、上司に言われて攻撃開始。

(来週は5時30分から..._〆(゚ー゚*))

イザークとディアッカキタ━━(゚∀゚) ━━!
アークエンジェルに連絡もらえなくて、イザーク悔しかったんでしょうかw
ディアッカがフォロー入れてるのが笑えました。ミリアリアとディアッカの再会とかないんでしょうか。って、そんな時間は無さそうですね_| ̄|○

戦闘が起こっている一方、議長達はお話し中。
迷いが見えるシンを、議長とレイ、2人がかりで丸め込み作戦。
「君はどうかな、シン?」(議長)
議長に問われて、レイの顔をうかがうシンがちょっと物悲しい。
前回の補足のような感じで、レイの身の上が語られました。
「俺たちのような子供がもう2度と生まれないよう」
「その末来はお前が守れ」
レイの言葉を思い出して戦う決意をしたシン。議長とレイのしてやったり的な笑顔が黒いよ!

イザークとディアッカの会話笑えますw
「一応出ていって、瞬殺されてくる?」(ディアッカ)
「馬鹿者、そんな根性なら最初から出るな!」(イザーク)
イザークはやっぱり出るのね(^_^;)イザークらしくていい!

以前出会っていたマリューとの会話を思い出すタリア。
でも、タリアは戦いを終わらせる為に、アークエンジェルと戦う事に。
本当は、議長を止める役回りになって欲しかった気もするんですけど。

アカツキで出たネオ、頑張ってます。

イザークはアスランを殴りに行く模様w

ルナマリアも出撃してしまいました(((( ;゚Д゚)))
ルナマリアに気付いたメイリン、必死の呼びかけ。でも、ここでルナマリアを迷わせたら、かえってまずそう。

シン、携帯を取り出しましたw

ヒルダ達がルナマリアを狙ってる…_| ̄|○いくら何でもそれは無いよ。

ミネルバが、アークエンジェルに対して攻撃。
回避すればエターナルに直撃コース。避けるに避けられない。
という所で、どこかで観た事があるようなシーンwきたー!記憶回復もキタ━━(゚∀゚) ━━!
最初は、今度こそ本当にムウ死んでしまうかと思ってガクブルでした;
アカツキに乗っているおかげで無事でよかった(´Д⊂アカツキ丈夫ですね…。
記憶が戻ったらしい事に気付いたマリューさん、涙です。

イザークとディアッカ、アスランと再会!2人は味方になってくれる模様。

シンが携帯を聞いていた所に、レイ登場。
「心配しなくても、ルナマリアは無事だ。もっと信じてやれ。彼女は強い」(レイ)
久しぶりに、ルナマリアに対して優しいお言葉。完全に邪魔者扱いしているのかと思っていたら、そうではないんですね。
当のルナマリアも、無事のようです。良かった(^_^;)

ネオジェネシスとは(´Д`;)またえらい物が出てきましたね。
そしてとうとう出撃するシンとレイ。
「さあ、今度こそ消えていただこう、ラクス・クライン」(議長)
議長、悪い顔になってます。
「キラ・ヤマト。お前の存在だけは、許さない!」(レイ)
議長はラクス、レイはキラが最大の敵のようです。

今回のタイトルは、前回つけてればいいのに、とちょっと思いました。

次回予告、明日を信じて飛べ、フリーダム!デスティニーは?
どうやらレイはキラと戦うようなので、シンの相手はアスランになるんでしょうか。
posted by 秋月 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(42) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

ガンダムSEED-DESTINY



<新世界へ>

デスティニー・プランを導入するという回想をするのに、冒頭を丸々使用。
ステラ・アウル・スティングは懐かしかったですね…。

デスティニー・プランのやけに明るい解説アニメ(?)笑えました。
いつの間にこんなの作っていたんだ。というか、解説の中の議長とジブリールらしきキャラは一体何なんだ(笑)

たとえ議長の言う事であっても、シンもさすがに疑問を持っているようです。何だか安心。レイは議長に対して疑問を抱く訳もなく。
いつもの如く、レイとシンの会話が始まりましたが、レイの話を聞いていて、「え、そうだったの?」的な反応のシン笑ったw

一方、シンと話をしようとやって来たルナマリアですが、
「今大事な話をしている。後にしろ」(レイ)
レイがルナマリアの入室を拒否w
さすがにムッとした表情のシンですが、構わずに話をするレイに、結局何も言わず。
シン、ルナマリアの方へ行けばいいのに…一応付き合ってるんですよね?
というか、最近のレイは、何故ここまでルナマリアを邪険に扱ったり無視したりするのか、よく分からない…(。。;)

でもやっぱり、議長のやろうとしている事に納得できない様子のシンに、今度はステラを持ち出したー!って、ちょっと卑怯かも;
シンとの会話中、体調が悪くなったらしいレイ、薬を服用しています。

カガリきたー!今はちゃんと仕切ってる模様。

バルトフェルドは、ネオを見てどう思っているのか。
というか、マリューさんとバルトフェルドがちょっといい感じだった事は、このままスルーされるような予感がひしひしと;
ネオの記憶も、どうなるんでしょうね…。
やっぱりアスランの傍に居るメイリン。でも、見つめ合って居なくて安心。そんな場面を見せられたら、ちょっとへこむかも…。

レクイエム、議長が使ってるし('A`)修理したのか…。
デスティニー・プランに反対を表明しているのは、オーブとスカンジナビア王国。
カガリの演説ちょっとだけきたー!議長は、イラっとしているんでしょうなぁ。

それにしても、反対している国をレクイエムで撃つなんて、どういう了見だ。
「敵対するというのなら、人類の敵だという事だ」(議長)
何で?というか、そんな事したら、賛成していた国だって、疑問を持つんじゃないの?

「俺は、クローンだからな」(レイ)
シンとの会話の中で、レイさりげなく暴露した━━(゚д゚;)━━!!
観ている方は分かっていますがw、突然言われたシンはビックリでしょうね…。

一方、本当にレクイエムを撃った議長。
唐突に、イザークとディアッカキタ━━(゚∀゚) ━━!一言だけでも、嬉しいですよ。
「えええええ!では、これは、我が軍が?」(アーサー)
「当たり前でしょう、あそこにもう連合は居ないわよ」(タリア)
いつもの通りの反応をするアーサーに、ぴしゃりというタリアさん。

今度は、シンと会えたルナマリア。
「失礼致します。もうよろしいでしょうか」(ルナマリア)
根に持ってますね(^_^;)シンは一応謝りました。

アークエンジェルはエターナルと合流する事に。

レイがクローンだと知ったシンは、ルナマリアとの会話も上の空〜。

レクイエムでアルザッヘルが撃たれたと知って、シンとルナマリアは驚愕。
すかさず登場したレイが、それは正当であるような発言。
「次は奴等が来るぞ。アークエンジェルが」(レイ)
アークエンジェルとミネルバが戦いになったら、メイリンとルナマリアはどうするものなのか。
それ以前に、この2人再会出来るんでしょうか;したらしたで、大変そうですけど。

次回は「レイ」ですか…。でも、レイよりルナマリアが危ない気が…(((( ;゚Д゚)))
それにしても、あと2話か3話くらいだったと思いますが、大丈夫なんでしょうか…。
posted by 秋月 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(30) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ガンダムSEED-DESTINY



<ミーア>

冒頭から、前回の回想がたっぷり出てきました。
そして本編も、この時期にまさかとは思っていましたが、半分位は総集編でした(´∇`)

アスランがミーアを抱えて帰艦。
「俺の機体の手の上だったってのに」(ネオ)
本当に、もう少しでミーアも一緒に帰れるところだったんですね(´Д⊂

ミーアのバックの中に残されていたディスクを見るラクス達。
ディスクの内容はミーアの日記だった訳ですが、最初は何かの機密も少しはあるかと思っていました(゚▽゚;)

日記の内容は、ミーアが整形手術をした頃からの記録のような感じでした。
ラクスの声で、全然違う口調なので不思議な感じが。

ミーアは、ラクスの事もですが、アスランの事も以前からかなり憧れていたんですね。
ミーアの預かり知らぬ事とは言え、完全にアスランの婚約者はラクスだと思っているのが何とも…(^_^;)

当初はミーア自身、ラクスの身代わりだという自覚があっての行動だったのが、次・に自分がラクス自身と思うようになったのでしょうか。
でも、ミーアは本当に、平和になるように一・懸命やっていたんですね。

アスラン、つらくなったのか退室。
メイリンが後を追うかと思いましたが、キラが行って、苦笑しつつもちょっと安心したりしました;

議長と自分の言葉で世界が動いて行くのを感じてから、ミーアの心情にも変化が起った模様。
というか、やっぱり原稿はいつも準備されていたんですね。

「俺が最初に認めなければよかった。こんな事は駄目だと」(アスラン)
「でもやっぱり、直ぐにそんなふうには言えないよ。後になんないと分かんない事も多くて」(キラ)
やっぱり責任を感じているアスランを励ますキラ。

日記の最後は、賊説中に本物のラクスが出てきて動揺している場・。
日記を見終えたラクスは、ミーアの亡骸の前で涙。
「忘れないわ、ミーアさん。私は決して」(ラクス)

議長の賊説が中継される中、
イザークとディアッカキタ━━(゚∀゚) ━━!って、また出てきただけ_| ̄|○

で、シンはレイと一緒に居るんですね;ルナマリアはシンを探していたように観えましたが。

カガリもキタ━━(゚∀゚) ━━!って、カガリもセリフなし_| ̄|○
先週、カガリが出てこなかった時は、「離れたばっかりだもんな」と思っていたんですけど、もしかして最終回までスルーされたりしませんよね?(((( ;゚Д゚)))

賊説を聞いていたタリアさん、議長を名前で呼びました。
タリアはいつか議長を止める為に裏切るかもと思っていましたが、そうはならない感じですね。

「デスティニープランの導入・実行を、今ここに宣言致します」(議長)
堂々と宣言しましたな。一般の人が気付かない内に実行して行くものかと思っていました。
それにしても、最終回が近いのに、主人公が殆ど出てこないというのも物悲しいものがある訳ですが。

次回予告に、スルーされるかとビクビクしていたカガリもしっかり登場。結構、出番がありそうな感じです。
posted by 秋月 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(37) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ガンダムSEED-DESTINY



<真実の歌>

久々に射撃の練習をしているシンとレイ。そこにルナマリア登場。
「レイがやるっていうから」(シン)
前回、もしかしてレイから自立するかと思ったシン、やっぱりまだベッタリでした(^_^;)
ルナマリアはレイにヤキモチ?何だか暗雲が漂っているんですけど…。
シンとルナマリアの話をさりげなく聞いているらしいレイ、ちょっと怖いよ。

アークエンジェルはコペルニクスへ到着。アークエンジェルも、普通に入っていけるんですね…。
アスランは、キラにシンの事を話しています。今回で、やっとキラはシンの事を知ったようです。
アスランにとっては未だに、シンは可愛い後輩みたいなものみたいですね。まだ心配しています。
ラクスとメイリンが仲良く歩いているのに少しビックリ…(゚▽゚;)

ラクスの歌を歌って、寂しそうなミーア。バッチリ監視されています。
議長やアスランの言葉を思い出して、苦しんでいるミーアが可哀相(´Д⊂
サラという人、アークエンジェルの事をわざわざミーアに言ったりして、メチャクチャ怪しいんですけど;
「ラクス様という方は、常に正しく平和を愛し、けれども必要な時は、私達を導いて共に戦場を駆けてお下さる。そんなお方です。だから私達もお慕いするのです。そうでないラクス様なんて、それは嘘ですわ」(サラ)
自分達に都合のいいラクス像を語るサラの「嘘」という言葉に、ミーアかなり反応しています。ミーアは、サラは自分が偽物である事を知らないと思っていたんでしょうか。
サラは優しい口調で、ミーアをメチャクチャ追い込んでますがな…。

キラ・アスラン・ラクス・メイリンでお出かけ。アスラン、ちょっと怒っていませんか?

マリューとネオ、仲睦まじいよ!何だかんだ言って、ネオもマリューさんと一緒にお出かけしたいんじゃ…w
ネオ、マリューさんの腰を抱いて、艦内エスコートだそうで…。
「お風呂入んない、一緒に」(ネオ)
「何かやっぱり、別人なんじゃない?」(マリュー)
笑ってしまいました(´∇`)というかむしろ、記憶が戻ってきてるんじゃない?と思ってみたりします。

車に乗っている4人ですが、早速狙われているようです。
女の子らしく洋服なんかを見ているラクスとメイリン。それを見ているキラとアスラン。
やっぱりアスラン、怒っているというか呆れているようですw心配しているんでしょうけど。
それにしても、こんなに普通に歩いていて、特にラクスは有名人なのにバレないんですか?

そして始めるラクスのお着替え。ラクスに意見を求められて、
「うん、いいんじゃない」(キラ)
「うん、いいと思うよ」(キラ)
と言うキラに、何でもいいのかいな(^_^;)と思っていたら、
「何でもいいみたいですわね」(ラクス)
ラクス自ら突っ込みwでも、拗ねたような表情が普通の女の子っぽくて良かったです。

そんな時、アスランは不審者に気付き、ミーアのハロが助けを求める手紙を持って、ラクス達の前に出てきました。
「何か…思いっきり罠ですね」(メイリン)
きっと誰もがそう思っていたでしょうが、可愛い顔をして悪気無くハッキリ言います、メイリンw
それが分かっていても、やっぱり見捨てる事は出来ないアスラン。
アスランはラクス達を帰そうとしますが、ラクスはミーアに会う事を選択。額を押さえる苦労性のアスラン、すごくいいですw

でも、ミーアがはめたというより、サラの計画のような気が…と思っていたら、ミーアも知っての事の模様。
ミーアはアスランを見てビックリ。そういえば、ミーアはアスランが死んだと思っていたんですね…。
そこにラクスも来て、後ずさるミーア。本物のラクスに、焦ったりビビったりしているようです。

ラクスを撃とうとするミーアをアスランが制止。銃だけを狙うなんてすごい。
ラクスの言葉に心打たれたミーアは涙。でも、その間もサラが狙っているんですよ…。
そこは、寸前で気付いたアスランが、ラクスとミーアを守ります。

サラ、1人で特攻?かと思いきや、何人か居る模様。
泣いているミーアが痛々しい…でも、ラクスに優しく声をかけられ、少し落ち着いたようです。
メイリンも、やっぱり銃の訓練はやっていたんでしょうか?参戦しています。
相手は、銃どころか手榴弾まで放り込んできましたよ…(´Д`;)

それでも一段落した後、ネオがアカツキで迎えに登場!マリューさんをお風呂に誘ってたのにねw
「いつもごめん」(アスラン)
「はい、まあ、ええ…」(メイリン)
またもや危険に巻き込んでしまって、メイリンに謝るアスラン。メイリンの返事が何だか可愛いw

ミーアもキラ達と一緒に、アークエンジェルに行けるかとちょっと思いましたが…。
でも、まだ生きていたサラが、ラクスを撃とうとしていて、それに気付いたミーアがラクスを庇って撃たれてしまいました。
ラクスに元の自分の写真を渡すミーアには泣けました。
それにしても、何故クルクル回すのか…。ミーアの最後なのに…。

冒頭でイザークとディアッカが出てきた時は、もしかしてセリフある?と期待しましたが、全くありませんでした;
そして次回、まさか総集編じゃありませんよね…?(。。;)もうちょっとで終わりのはずですし…。
posted by 秋月 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(35) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ガンダムSEED-DESTINY



<変革の序曲>

レクイエムの存在に、パニック状態のプラント。議長は、結構イラ立ったように指揮しています。(これは演技?)
ジブリールは2発目を撃つ気満々。

やっぱりメイリンと一緒に居るアスラン_| ̄|○まさかとは思いたいんですけど。それにしても、カガリはどこに居るんでしょうか…。
そこに登場したキラ様、アスランのお手伝い。メイリンは、キラの手際の良さに感嘆?

ミネルバに、レクイエムの砲台本体を叩くように命令が。驚くシン、冷静なレイ。
一瞬出てきたのは、タリアさんの子供でしょうか。

一方、水着姿のミーア。見張りが居るようなので、軟禁状態?

イザークとディアッカが出撃したー!と思ったら、あっという間に場面は変わってミネルバ。
「私が、オーブで撃ててれば…」(ルナマリア)
責任感じてたんですね、ルナマリア;でもシン的にはオーブのせい。確かにそれもありますけど。
「そう思うなら、同じ轍を踏むなという事だ」(レイ)
ルナマリアに対して、微妙に冷たいレイ。そんなレイに、べったりだったシンも反発を覚えた?
それにしても、レイの目が怖いよ!

ルナマリア、何だか危なくないですか…?
抱擁シーン何かを観ていると、これから何かがありそうで怖いです(((( ;゚Д゚)))
「大丈夫だ。ルナも船もプラントも、皆俺が守る」(シン)
シンの言葉に感激しているらしいルナマリアですが、かえってそのセリフが怖かったりします;
あ、そういえば、キスは無かったですね(^_^;)絶対来ると思ってたんですけど。

ルナマリアは1人、砲台へと向かっています。
シンとレイも出撃。そんな2人の前に、またデストロイが登場。シンの怒りを煽ってます。
1人で行動しているルナマリアをひやひやしながら観ていたんですけど、シンが助けに行きました。

ジブリール、また脱出なのか(´Д`;)自分だけは絶対逃げるんだなぁ。

結局、基地とレクイエムは破壊され、逃げようとしたジブリールもレイに撃たれちゃった━━(゚д゚;)━━!!
まさか、今回お亡くなりになるとは…。結構あっさりしてましたね。
「ありがとう、ジブリール。そしてさようならだ」(議長)
ジブリールが撃たれた時の、ニヤリとした口元が何とも言えませんw全部議長の思惑通りに事が進んでいるようですね。

ルナマリア、生還できました。今回、本当に危ないと思ったんですけど。
戻ったルナマリアを抱き締めたシンに、ヴィーノはビックリ。

カガリが凛々しく演説。アークエンジェルはオーブ軍に属する事になった模様。
というか、カガリの手から指輪が無くなってる!アスランも気付いてハッとしてますけど、どういう事…_| ̄|○
しかも、ウズミ様の遺産のアカツキはネオに渡す事になったようだし、ネオは一佐になってるしw
それは置いておいて、気づかうキラとラクスに、
「いいんだ、今はこれで。焦らなくていい。夢は同じだ」(アスラン)
でも、せめて離れる前に、一言くらい言葉を交わして欲しかったです(T_T)

カガリ、メイリンと遭遇。メイリン、アークエンジェルの制服ではないんですね。と思っていたら、
「アイツ、頼むな」(カガリ)
………_| ̄|○………
でもやっぱり平気な訳がなくて、カガリは涙を浮かべてます。
というか、カガリは一緒に行かないのか!これからカガリの出番は…(´Д`;)

最後のハロには笑ってしまいました(^_^;)でも、という事は…。
posted by 秋月 at 20:40| Comment(1) | TrackBack(49) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

ガンダムSEED-DESTINY



<二人のラクス>

カガリの演説を邪魔して余裕の議長が、ラクスの登場でビックリするところから開始w
でも、切羽詰った表情のミーアは可哀相。
本物ラクスの予想外の登場に、カンペを読んでいるだけらしいミーアは、アドリブする事もできずにどもっちゃったりして痛々しい…;

ディアッカが喋ったー!今回、活躍してくれるんでしょうか。

ジブリールはラクスの演説を聞いて何か勘違いしたようですが、ラクスがロゴスを支持する訳がありません(^_^;)
ジブリールが連絡を取る寸前に、「ジブリール氏を庇うものではありません」(ラクス)発言があって良かったですw

謝罪に来たミーアに、議長は一瞬冷たい表情。ミーア、危なさそう。

ラクスの登場で、どちらが本物のラクスか一気に迷い始める民衆。
久しぶりに登場のコニールですが、ここの人達は、連合軍に酷い目に遭わされて、ザフトに助けてもらったからなぁ。

「君は少しの間、君は姿を隠しておいた方がいい」(議長)
何だかやばそうなセリフです。どちらにせよ、議長はもう偽ラクスを使うつもりはなさそうな気が…。

ミネルバの人達も混乱中。
アーサーはタリアさんに尋ねる前に「聞かないでよ」と言われてしまいますw
「我々の上官は、ラクス・クラインじゃ無いって事よ」(タリア)
いつもながら冷静です。そんな会話の最中、ミネルバは宇宙へ上がるように命令が。

シンは去っていくレイの後をついていって、オーブのラクスの事を尋ねます。でも、苛立っているのかレイは冷たい〜。
ルナマリアはどちらが本物か知ってるんだから、それくらいシンに教えて上げればいいのに…。
「本物なら全て正しくて、偽物なら悪だと思うからか。俺はそれはどうでもいい。議長は正しい、俺はそれでいい」(レイ)
クルーゼや自分の事があってのセリフでしょうか。それにしても、レイに素っ気無くされて、シンは心細そう。

苦悩するシンを余所に、レイはアスランが生きている事をルナマリアの前で暴露。シンはルナマリアにまだ言ってなかったんですね。
「じゃあ、メイリンも…メイリンも生きてるの」(ルナマリア)
さすが姉だけあって、ルナマリアはメイリンの心配。シンはメイリンの事は考えが及んでいなかった?

ジブリールはレクイエムを撃つべく、淡々と準備を進めてます。

イザークとディアッカキタ━━(゚∀゚) ━━!

レクイエムを撃つ準備をしている傍に居るイザークとディアッカ、やばそうな感じなんですけど…(((( ;゚Д゚)))

ジブリールは撃つ気満々。そして、本当に撃ってしまったんですが、ちょっと酷すぎやありませんか…。
議長もレクイエムの存在を全く知らなかった…んでしょうか?

発射した直後に、イザークが回避命令を出したおかげか、2人共無事でした(´Д⊂
イザークはレクイエムを落とすと奮起。

レクイエムの事は、あっという間に知れ渡ったようです。
それにしても、レイはレクイエムについて物すごく詳しいですね。情報収集が早いです。
シンはジブリールを逃がしたのは、アークエンジェルやキラ達のせいだ!と思っているんだろうなぁ…。

カガリが居ても、やっぱりメイリンがアスランの傍に…(´Д`;)
「生まれながらにその人の全てを、遺伝子によって決めてしまう世界です」(ラクス)
「生まれついての遺伝子によって人の役割を決め、調整・淘汰する世界だ」(アスラン)
デスティニープランの事がハッキリ語られました。ネオはステラ達の事を思い出してましたね(´Д⊂
というか、ネオはちゃっかりマリューさんの隣で、当然のように発言してますなwでも、マリューさんが幸せそうでいいです。この2人には最後まで無事で居てほしい…。

両手をぎゅっと握り締めるメイリン可愛い。メイリンは、もうずっとアークエンジェル側に居るんでしょうか。ルナマリアと再会できるかどうかが気になります(^_^;)

アークエンジェルも宇宙へ行くようです。

来週もイザークとディアッカ登場するみたいですね(*゚∀゚)=3
そして、シンとルナマリアのキスシーン再び?
posted by 秋月 at 20:33| Comment(5) | TrackBack(37) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ガンダムSEED-DESTINY



<反撃の声>

やっぱりアスランがモビルスーツに乗るのは、まだ無茶だったようです。
マリュー達は止めようとするものの、ラクスは「彼の思う通りに」アスラン、出撃してしまいます。
アスランが生きていると知った時のシン(とレイ)はどんな反応をする事やら。

ジブリールの行方を追うカガリ達ですが、裏切った人達が匿ってますから…。

スカイグラスパーで頑張っていたネオ、被弾してしまってアークエンジェルに戻ります。でも、一瞬記憶が戻った感じがしましたね!
ネオに万が一の事があったら、余りにもマリューさんが可哀相だから止めて欲しい;

シンとレイを相手に1人で戦うキラ、さすがにつらそうです。
キラのピンチに、アスランキタ━━(゚∀゚) ━━!
キラがピンチを救われるなんて珍しい…というか、それだけシンとレイが強いという事でしょうか。

それにしてもシン、かなり動揺してます。そんなシンに、早速説得を試みるアスラン。
「戦争をなくす、その為にロゴスを討つ、だからオーブを討つ。それが本当にお前が望んだ事か」(アスラン)
「思い出せシン、お前は本当は何が欲しかったんだ」
回想にステラとトダカさんが出たのには泣けました。
迷い始めるシンに、勿論レイが黙って見ている訳がありません。
「死にぞこないの裏切り者が!何をのこのこと!」(レイ)
こういう発言する時のレイは、言葉の選び方がすごいですな。

もしかしてユウナ、下敷きになってしまいましたか…?さっさとシェルターに入ってれば良かったのに。
セイラン親子を待たされて、ジブリールはイライラ。彼にとってはセイラン親子はどうでもいいんでしょう。

アークエンジェルが海中から攻撃する場面は何だかかっこよかったです。

ジブリール、ロゴスの仲間(?)を放置しただけあって、セイラン親子もアッサリ見捨てました。

アスラン種割れキタ━━(゚∀゚) ━━!アスランやっぱり強い!

戦闘の最中、ジブリールは逃亡。
「最悪の場合は撃墜を許可します」(タリア)と言われて出撃したルナマリア、外しまくり(´Д⊂相手は物すごい速度だと思われるので仕方ないですか。

カガリの方もムラサメを出撃。「撃ち落としてもいい!」(カガリ)にはちょっと笑いました。でも、ムラサメも間に合わず、結局ジブリールは宇宙へ上がってしまいました。

タリアは一時撤退を命令。議長を気にするアーサーに、
「議長の命じたのはジブリールの身柄の確保でしょう。オーブと戦えという事ではない」(タリア)
タリアかっこいい!

戦っていたシンが退いて、アスランは気が抜けたのか意識を失ってしまいます。キラがアスランを助けてアークエンジェルに帰艦。
アスラン、本当にかなり重症じゃないですか…。

タリアは議長に報告。
「いずれにしても彼は捕らえられず、君達はオーブに敗退したと、そういう事か」(議長)
穏健だけど微妙にイヤミっぽい議長に、アーサーは言葉にならない呻きを上げて、タリアさんは淡々と対応。

アスランを看病するメイリン、並んで立つキラとラクスを見て何を思っているんでしょうか。

ネオとマリューさんが2人きりになったー!
「あんたを知ってる、ような気がする。いや、知ってるんだ、きっと俺の目や耳や腕、何かが」(ネオ)
どこのメロドラマだ…。でもかなり萌えたし、マリューさん良かった…(´Д⊂
けど、マリューさんとちょっといい感じだったバルトフェルドの立場は。

アスランの傍にはやっぱりメイリン。カガリは忙しい立場だから致し方ありませんか。でも、会話がなさすぎ…_| ̄|○
気になって仕方ないんですが、アークエンジェルの皆はメイリンをどう思ってるんでしょうか(^_^;)

カガリの演説キタ━━(゚∀゚) ━━!
と思ったらミーアというか議長の横槍が!議長、カガリの事も警戒してるんでしょうか。
ここでラクスもとうとう登場!これでミーアが偽物だと知られてしまったら、ますますミーアやばいんでは…。

議長、ラクスがオーブに居る事は知らなかったみたいですね。ラクスが生きている以上は、いつか行動を起こすことは分かっていたでしょうけど。
でも、議長の意表をつくことがあると何だか嬉しいw

次回、イザークとディアッカきますか?
posted by 秋月 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(44) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

ガンダムSEED-DESTINY



<自由と正義と>

アスランのオーブ軍服きたー!
怪我をしているアスランに肩を貸しているメイリン。メイリンは好きだけど、アスカガ派としては複雑。

ネオはカガリを助けに行く?かとも思っていましたが、マリューさんはネオを釈放。
「貴方はムウじゃない。ムウじゃないんでしょう」(マリュー)
やっぱり切ない。・゚・(ノД`)・゚・。でも、ネオも絶対マリューさんの事を気にしているとは思うんですけど。

ミネルバと闘うことになるかも知れないのでメイリンをアークエンジェルから降ろそうとするアスラン。アスランもそれを考えたら、メイリンを乗せておくのは心苦しいんだろうなぁ。
でもメイリン、アスランに縋ったー!やっぱりメイリンも乗る事になる模様。でも、いざルナマリアとかと対峙したら、メイリンどうするんでしょうか。

そして、シンVSカガリ。
デスティニーのビームはさすがに無理かと思ったら、アカツキちゃんと弾き返しました。
でも、やっぱりシン強いよ!カガリを助けに入ったオーブの兵士達をあっという間に倒してしまいました。
「アンタが大将機かよ。大した腕も無いくせに!」(シン)
誰か早く助けに来て…(´Д`;)

とうとうミネルバも到着して、アークエンジェルVSミネルバになるようです。

シンと闘っているカガリ、アカツキの腕が切り落とされたー!出てきたばっかりなのに…(T△T)
カガリのピンチにキラ到着!…よかった…。
シンは倒したと思っていた相手が生きていた事に驚愕。した後に、怒りが増幅されそうな感じがします。
それにしても、ラクスがジャスティスに乗っていてビックリ。操縦出来るんですね。

シンはキラに任せて、カガリは国防本部へ。
アークエンジェルに来るラクスを迎えに行こうとするアスランを支えるメイリン。

アークエンジェルVSミネルバ、艦長同士、副艦長同士の闘い?
アマギさんとアーサー同時の「撃てー!」はちょっと面白かったですw

キラとシンの戦いを冷静というか冷たい目で見てるレイ怖い。何を考えてるのかよく分からないです。

3人組みは敵かと思っていたら味方だったんですね。
「ラクス様の為に!」
ラクス様の親衛隊ですか?

メイリン、本物のラクスと初対面。今ザフト側に居るのが偽物だと分かったのかな。
ラクスとアスランの会話きたー!

シンも強いけど、やっぱりキラ強い。2人とも種割れ状態。
そう言えば、カガリは今作ではやっぱり種割れはしないんでしょうか。

レイは、シンを一度戻す事などをタリアに報告。
「いいわ。任せます」(タリア)
タリアさん、実はかなり怒っていませんか?
というか、ここでもしタリアが反対したとしても、レイは聞かないんだろうな。

民間人が犠牲になってる…。シンが1番激怒しそうな状況なんですけどね。

本部に到着したカガリ、まっしぐらに走っていきます。

「こいつ、何で墜ちないんだよ、墜ちろ!」(シン)
子供みたいになってますがな。シンは、倒したと思っていた相手が出てきたり、結構強かったりでパニック状態?
そこにレイから戻るように連絡が。「命令だ」とか言われても、シンはあんまり気にしてない様子。

カガリの姿を見た途端に泣き言を言うユウナに、カガリのパンチキタ━━(゚∀゚) ━━!
「意見は違っても、国を守ろうという思いだけは、同じと思っていたのに!」(カガリ)
それなりにユウナの事を信頼していたのかな。でも、結果が結果だけにカガリ激怒。
ユウナも現在はジブリールが何処に居るのかは知らないようです。

ラクスはお着替え完了。一体いつの間に…。パイロットスーツの下に着ていたとか?
「君も俺はただ戦士でしかない、そう言いたいのか」(アスラン)
「それを決めるのは貴方ですわ」(ラクス)
でも、迷うアスランの背中を押す決め手になるのは、やっぱりキラなんですね(^_^;)

被弾しそうになったアークエンジェルを守りにネオがスカイグラスパーできたー!
「なんたって俺は、不可能を可能にする男だからな」(ネオ)
本当に記憶戻ってないの(´Д`;)?罪なお人だ…。

オーブの軍部にも内通者(?)が居たようで、ジブリールを前に、「異常ありません」とカガリに報告。

今度こそキラを倒そうと、シンはぎらぎらしてますな。
「ルナマリアはここに残れ。命令だ。気を散らせばシンが負ける」(レイ)
フェイスになったせいか、結構命令してくれるレイ。
「今のアイツにお前は邪魔だ」(レイ)
邪魔言われちゃったwルナマリアもさすがにショックを受けた模様。

キラがシンとレイを相手に一人で闘う事になるかと思い気や、アスランが出撃。キラはシンだと思うので、アスランはレイと闘う事になるのかな。
アスランが出撃してくれたのは嬉しいけど、メイリンに支えられていた状態の身体で大丈夫なんでしょうか。

次回、カガリの演説くる?
posted by 秋月 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(37) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ガンダムSEED-DESTINY



<リフレイン>

前半はアスランの独白、後半はキラの独白で、2人のこれまでの心情を語る完全な総集編でした(´Д`;)
余りにも何にも無くて書くこともなく…。

前半、アスランの独白から始まりました。
メイリンを巻き込んでしまった事もやっぱりかなり気がかりのようなので、アスランは苦労症だなぁと思いました。
印象的だったのは、お久しぶりのハイネ。セイバーぶった切りも再び。

後半はキラ。
キサカさんとウズミ様の最期はやっぱり泣けます。
アズラエルのちょっといっちゃってる笑いもあって、ジブリールと比べると、やっぱりアズラエルの方がいいキャラだなぁと思わなくもありません。
前作でミリアリアがディアッカをぐさっとしようとした場面も入ってました。その後少しずつ仲良く(?)なっていく2人の関係が好きでした。というか、未だにちょっとくらい2人を接触させて欲しいと願っている訳ですが(´Д⊂

次回予告、もしかして、カガリを助けに行くのはネオなんでしょうか。違うにしても、ネオもとうとう医務室から出るようです。
ネオの記憶の方はどうなるんでしょうね。万一このまま戻らないとしても、マリューさんを好きになってくれれば…(^_^;)
マリューとタリアの闘いも楽しみです。
取り合えず、来週は午後5時から始まる事だけは忘れないようにしようと思います。
posted by 秋月 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(21) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

ガンダムSEED-DESTINY



<黄金の意志>

回想かと思ったら、シンの悪夢でした。
アスランとメイリンの事を気に病んでいた居たようです。
「俺が討てばよかった」(レイ)
それは本心から言っているのかどうなのか。

シンとレイのフェイス入り(と勲章授与)キタ━━(゚д゚;)━━!
レイはともかく、シンは上に立つタイプではないような気がしないでもないんですけど。
ルナマリアも勲章だけは貰ったようです。

「君が何も言わないと怖いな、タリア…w」(議長)
表情が何とも言えませんな議長wタリアには言い訳じみた事を言うんだなぁ。
アスランとメイリンの件、タリアは本気で怒っている模様。

ジブリールがオーブに居る事があっさりバレてますがな。ジブリールもユウナ達も、そんなに堂々としていてどうするw
オーブ(というかセイラン親子)がジブリールを匿っていた事で、シンの怒りにまた火がつきそうです。

その事はアークエンジェル側にも筒抜けw
本当にユウナ達は何をしているんだか。オーブを攻撃させる理由を、ザフト側にわざわざ献上しているようなものだと思うんですけど。

オーブに対する攻撃命令にもタリアは納得いかない表情。タリアさん、離反したりしないのでしょうか。

カガリがそろそろ「オーブに戻る!」と言い出しそうな感じです。

アスランが必死に起きあがろうとしているところに、メイリンきたー!
メイリンは結構良くなってきたようです。アスランはまだまだ辛そう…。
メイリンの今後が気になります。このままアークエンジェルに居るのかどうなのか。
それと、そろそろネオの記憶が戻ったりしないでしょうか…(^_^;)

ジブリールにいびられてセイラン父は汗だらだら。追い詰められているくせに、ジブリールの根拠のない自信は何処から来るのかw
「私がそらに上がりレクイエムが流れれば、全て終わるんだ」(ジブリール)
またすごい兵器を出してくるんでしょうか;

ユウナも相変わらずおバカっぽい…。
ユウナの演説に「え、どういう…」声を上げたアーサー、タリアさんに叱られるw
「そんな言葉がこの状況の中、彼等に届くと思うのか!」(カガリ)
ユウナの間の抜けた演説にカガリご立腹!

セイラン家も攻撃範囲に入ってるw

避難勧告も出してないって…オーブの首脳部は何をやっているのか。
本当に攻撃されないとでも思っているのかいなと思っていたら、ユウナは本気で攻撃してこないと思っていた模様(=Д=;)
軍部の皆さん、ユウナを見る目が非常に冷たいです。

オーブの危機に、カガリは待っていられないと、何とスカイグラスパーで出ようとします。そこにキサカさん登場。
そしてアカツキきたー!肩に暁ってありますね…。
ウズミ様の遺言を聞いて、カガリ大泣きしてしまいました。

オーブの危機に、ユウナの方は壊れました。
「そんな事言って、また負けたら貴様のせいだからな!」(ユウナ)
その場に居た皆さん、相当むかっ腹が立っているようです。

カガリがびしばし指揮とってます。そして、カガリは国防本部と連絡をとります。
「来てくれたんだね、マイハニー!ありがとう〜。僕の女神〜!」(ユウナ)
………_| ̄|○………さすがに笑えなかったです。
「国家反逆罪により確保、拘束せよ!」(カガリ)
「え」(ユウナ)
途端に殴られるユウナw笑った(・∀・)カガリ最高!オーブを守る為となったらカガリ強い!

そこに登場したミネルバ。カガリと出会ったらシンがブチ切れそうです。
「オーブを討つなら俺が討つ」(シン)
またそんな悪役みたいなセリフを…(´Д`;)

シンVSカガリになるんですか!?普通に考えたらシンが強いんでしょうけど、今のカガリも相当強そうではあります。
というか、第3者が乱入して止めるような気がしないでもありませんが…。
posted by 秋月 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(33) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

ガンダムSEED−DESTINY



<天空のキラ>

ダコスタ君、メンデルでこっそりと何かを調べています。その後つけられたようですが(´Д`;)

「だがどうして、次はどうしてオーブなんだ?」(バルトフェルド)
気になっていた事をそのまま突っ込んでくれました。
「オーブは強い国ですから。その力、理念」(ラクス)
それでオーブが邪魔なようです。
「議長は地球・プラントを一つにまとめて、新しい世界秩序を作ろうとしているのではないでしょうか」(ラクス)
地球もプラントも議長の物にするということでしょうか。

ジブリール、もしかしてオーブに逃げようとしてますか?もしそうなら、確かにとんでもない事になりそうです。

「今度見つけたら、絶対俺が踏み潰してやる」(シン)
怖いよ、シン。主人公とは思えぬセリフですな。前回キスしたばっかりのルナマリアもちょっと怯えてますw

アスラン、本当に結構重症みたいですね。さすがにキラのようにはいきませんか。
そしてカガリと2人きりになったー!と思いましたが、ネオが居ました。
カガリ、気になるだろうな…メイリンの事。アスランがメイリンを気にかけるのは当然ですが、それもまたカガリ的にはつらそう…。
「お前のこと好きなんだろ、きっと」(カガリ)
うわっ。・゚・(ノД`)というか、今更ですがメイリンはやっぱりアスランが好きなんでしょうか。
「大丈夫だよ、彼女の事は心配するな、ちゃんと私が面倒見るから」(カガリ)
アスランに何も疚しいところがないと信じているんでしょうけど…。
というか、この場に居て非常に気まずそうなネオがちょっと笑えるw2人共ネオの事、全く気にならないのかな(^_^;)

ダコスタ君、収集してきたノートをラクスとバルトフェルドに提出。手書きなんですか…。
「DESTINY PLAN」って、そのまんまですがな。これが議長が本当にやりたい計画みたいです。
ダコスタ君をつけていたザフト側が来たようで、ファクトリーに迷惑はかけられないとラクスは出る事を決意。
アークエンジェルに2機の機体と収集した資料を放出する事に…って、ラクスかっこいい!やっぱりガンガン行動しているラクスが好きです。

ラクスの危機にキラもアスランも慌ててます。
キラがルージュで出るようです。何だか少し不思議な感じ…。それでルージュがちょっと壊されるか何かして、カガリにアカツキが回ってくるんでしょうか。
「ブリッジの通信コードは覚えてるのね」(マリュー)
そう言われるとそうですね(゚□゚;) 記憶が戻る日も近いんでしょうか。
というか、誰もアスランにネオ(フラガ)の説明はしてあげてないの?

バルトフェルドも頑張っていましたが、皆が危機…というところでキラ様登場。
ラクスもキラの前だと普通の女の子っぽくて、それもまたいいです。

抱擁シーンきたー!というか、もうキラ(とラクス)が主人公にしか見えない展開。
キスの1つもして欲しいと思わないではありませんが(むしろするかと思いました;)、キラ、早くバルトフェルドの加勢に行ってあげてw

キラは相変わらずすごすぎる。ストライクフリーダムに乗って、ばっさばっさと敵機体を落としまくっています。
キラ1人で敵を殆ど倒しちゃったよ!しつこいけど、すごすぎるでしょうwしかも通常モード。(ニュータイプの音wは鳴ってましたが)
多勢に無勢という言葉はキラの辞書には無し。

来週カガリ、アカツキに乗るみたいですね!楽しみです。
posted by 秋月 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(27) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ガンダムSEED-DESTINY



<新しき旗>

新OPきたー!いい曲だとは思いますが、エンディング向けだと思わないでもありません。
アスランのオーブ軍服姿きたー!でも悲しいかなあんまり似合っていないような…。
ネオもちゃっかりオーブの軍服着てますね(^_^;)
ステラもちゃんと居てくれてのは何だか嬉しかったです。

「闘わずに済めば、それが1番良いのだがね」
それは本心ですか議長。嘘っぽいなぁ。

ジブリールは全く懲りていないようで、まだまだ偉そうです。守る所か攻めに行く気満々。
え…スティングが生きてた(;゚д゚) 完全にお亡くなりになったのかとばかり思っていました。
「かっこをつけてのこのこと前線にまで来た事をヤツにたっぷりと後悔させてやりましょう、あの世でね」(ジブリール)
無理なような気がしますよ。

「ロゴスが狂わせたんでしょう、アスランもメイリンも!」(ルナマリア)
ルナマリアは全部ロゴスのせいにする事にした模様。当然の事ながら、やっぱり妹の事は可愛かったんですね。
それにしても、ルナマリアは遂にはオーブも憎しになってきたようで、カガリに飛び火しないかとちょっと不安。
「皆、裏切られたわ。私もバカよ。でも、負けないから。だからシンも…」(ルナマリア)
ルナマリアがシンの頭をなでた時に、やたらと怯えた反応をしたシンにちょっと笑ったw
現在の2人を見ていると、初期のキラとフレイをちょっと思い出したりします。
そして抱きしめとキスきたー。シンもキスしておいて「ごめん」は無いでしょう。
「インパルスは絶対、俺が守るから」(シン)
もしこの先、レイがルナマリアを切り捨てるような行動を取ったとしたら、それがシンがレイ離れをする時なのかなと想像してみました。

既にアークエンジェル内に居るらしいアスランとメイリン。キサカもいつの間にかオーブの軍服を着てますね。

そしてヘブンズベースからの攻撃始まったー!
「何だと?」(議長)
って、十分あり得る事態だと思うんですが。議長も予想外だったんでしょうか。

スティング、デストロイで出撃してしまいましたよ。

お目覚めアスラン。最初に会うのはやっぱりキラです。

デストロイが5機ってすごいですな。
スティングは完全にいっちゃってる感じがしますよ。出てきた途端に討たれないかと、もうハラハラなんですけど。

シン・レイ・ルナマリアも出撃。
インパルスにルナマリアが乗っているのは不思議な感じがします。

セイラン親子はまったりしてますね。余裕かましていますが、連合が負ける可能性だってあるのにw

ルナマリアがガンガンやっているのにはかなりビックリしました。
「うかつだルナマリア!飛んでんだから下からも撃たれるぞ」
シンに注意されてむくれるルナマリアがちょっと可愛かったです。

アスランが結構重症のようなのは、メイリンを守ったからのようです。やっぱり連れてきたからには責任は取らないとね(^_^;)
そんな所にカガリきたー!(ミリアリアとキサカも一緒)
アスラン何でそんなに冷静なの…と思っていたんですが、カガリに前髪をなでられて目を見開いた後、優しい表情になったのにかなり萌え(*´д`*)

デストロイを圧倒するシンに、議長も満足そうですよ。

シン・レイ・ルナマリアはガンガンやってます。というかこの3人で殆どやってしまってるみたいですな。
「やるな、ルナマリア。大した物じゃないか」(レイ)
「忘れてた?私も赤なのよ」(ルナマリア)
ちょっと笑ったw この場面を観ていて、一時はレイルナに萌えていた事もあったな…と懐かしく思い出したりしました_| ̄|○

うわ。本当にあっという間にスティングは…。また登場させた意味があったんでしょうか。余りに酷い扱いでした。

ジブリールは状況が悪化すると見るや、他の人は置き去りにしたままあっという間に逃げてるんですか?(´Д`;)へたれにも程があるでしょう…。

アスランとカガリが2人きりになったー!

議長満足そうですねw一度でいいから、誰か議長にぎりぎりするような思いをさせて欲しいものです。
やっぱりキラになるんでしょうか。さすがにシンであって欲しいとは思いますけど。

新EDもきたー!
良かった。イザークとディアッカ居ました。
ネオとマリューさん手つないでいるようです(*´д`*)でも、バルトフェルドはどうなるんでしょうか…。
そしてあくまでもキラとアスランは隣同士。
posted by 秋月 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(21) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ガンダムSEED-DESTINY



<雷鳴の闇>

メイリンの細工が早くもバレてしまいます。アスランと一緒に逃げて正解でしたね、メイリン。
「彼女は情報のエキスパートです。このまま逃がせばどれだけの機密が漏れるか分かりません」(レイ)
アスランのみならずメイリンもやる気満々ですね、レイ。最初は、メイリンを人質にしたということにすればますますアスランを悪者に出来るのに嘘つかなかったなぁと思ったんですが、そうでないとシンが躊躇するから本当の事を言ったのかな、と思いました。
「撃墜を許可する」(議長)
反論しようとしたタリアも一睨みで黙らせます、さすが議長。

アスランとメイリン、とうとう追いつかれてしまいました。
「踊らされている、お前も!」(アスラン)
この期に及んでシンを説得しようとするアスラン。珍しくハッとするシンですが、勿論レイが黙っちゃいません。
「そんな手は通じない。見苦しいですよアスラン」(レイ)
レイはガンガン横から攻撃して、2人の邪魔をしますよ。

「議長やレイの言う事は確かに正しく心地よく聞こえるかもしれない。だが彼等の言葉は、やがて世界の全てを殺す」(アスラン)
シンもメイリンも驚いてますが、やっぱりレイの横槍。その上、
「アスランは既に少し錯乱している!」(レイ)
いくら何でも錯乱扱いはないでしょう('A`)
「ふざけるな!」(アスラン)
これには、さすがのアスランもご立腹。
最近のレイはすごい!あれほど増長して見えたシンが霞んでしまう程の勢いです。
極めつけは、
「その存在に意味は無い」(レイ)
酷い…(T_T)なんつー事言うんだ。さすがにメイリンが可哀相。というか、こんな事言われてメイリンはミネルバに戻れるんでしょうか。

もしかして、シンはアスランに説得されてくれるかとも思いましたが、最終的にシンはレイに丸め込まれてしまいました。
「あんたが悪いんだ、あんたが裏切るからー!」(シン)
シン、再び壊れます。シンは、レイと議長に洗脳されているように見えるんですが。
レイは自分では殆ど何もせずに、シンにやらせる所が黒すぎる。

シンに・されて沈んだグフを間髪入れずに助けにきたー!キサカでしょうか。

ミーアも、もう以前のように何も考えずにラクスの振りをする事はできないだろうし、本物のラクスもそろそろ出てくるようだし、相当危険な気配が…。

「アスランは私が復隊させ、フェイスとまでした者だ。それがこんな事になって…ショックなのは私も同じさ」(議長)
嘘つけ!という顔してますね、タリアさん(^_^;)タリアはかなり議長の事を疑い始めている感じがします。

メイリンの事を聞いたルナ、当然ショックを受けています。

さすがに浮かない表情のシンを、議長とレイが2人で丸め込み作戦。全てがわざとらしすぎる…_| ̄|○
ミネルバに戻ったシンを、今度は皆イヤな空気でのお出迎え。これでますますシンは精神的にレイに頼る事になってしまうのでしょうか。

とうとうルナマリアと会ってしまうシンですが…。ルナマリアは軍人だからシンを責められなかったのかな。
シンは泣いてしまったルナマリアを・きしめますが、この展開はかなり無理があると思うんですけど…。

アスランとメイリンはやっぱりキサカに助けられたみたいですね。

ヘブンズベースの次はオーブが狙われるようで、とうとうラクス様が動き出すようです。
posted by 秋月 at 20:32| Comment(2) | TrackBack(21) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

ガンダムSEED-DESTINY



<アスラン脱走>

舌戦でアスランが議長に敵うわけもないですね_| ̄|○
もうシンの前でも何でもラクスが偽物だって暴露してしまえばいいのに…と観ていてぎりぎりしてしまいました。
アークエンジェルの事を持ち出すアスランに、「あんたまだ!」シン、もうアスランをあんた扱いです(・∀・;)
アスラン、デストロイの事も持ち出しましたね。シンの前で、何故映像を細工したかも聞いてくれたらよかったのに。
シンは簡単に議長に言いくるめられてますね(゚▽゚;) 褒められたり、理想とする世界を提示されたりして、すっかり議長を信頼しているようです。

キサカきたー!って何故連合軍の制服を着てるんでしょうか。

レイは、シンとアスランとは別に呼び出されたんですか。レイ、すごく嬉しそうですね。
議長はレイに体調のことを聞いていましたが、以前研究室でパニックを起こした時の事だけなのか気になりました。
ミーアが見つけた写真は、誰かがわざと落したんでしょうか。議長やレイに限って、本当にうっかり落したということは無さそうな気がします。

議長とキラの言葉に苦悩するアスランきたー!そしてそこにミーアきたー!
議長、レイのこともですが、ミーアのことも完全に利用しているような…。絶対、ミーアがアスランに写真のことやレイとの会話なんかを言いに行くこと分かってましたよね(´Д`;)
「いえ、生きています。彼が殺さない限り。胸の中で」(レイ)
本当に生きてますけどね…w 
「罪状はある。後は任せていいか」(議長)
キラ達と一緒に居た写真は、ルナマリアが撮影していたものだと思うんですが、タリアから議長に渡ったのでしょうか。

ミーアはアスランを助けたかったんですね。完全に黒かと思っていましたが、違ったようです。
「確かに俺は、彼の言う通りの戦う人形になんかにはなれない。いくら彼の言う事が正しく聞こえても」(アスラン)
そこでシンとレイの回想が入るんですが…シンが何だか可哀相です_| ̄|○
アスランはミーアに一緒に逃げるように言いますがミーアは拒否。
あの一瞬出たのが本当のミーアなのかな。
ミーアはラクスとしての華やかな生活を失うのが怖いようです。観ていて切なくなりました(T_T)
残っていたら、ミーアも危険な気がするんですが。

逃げるアスラン、メイリンの部屋(?)に入り込みます。
そこにも兵士が来て、メイリンはシャワーを浴びていたフリを装ったー(゚∀゚)!脱いでいたのはこの為だったんですね。
バスタオル一枚で出てきたメイリンをルナマリアが見て、お姉ちゃんらしくメイリンを怒ったり兵士を睨んだりする所が良かったです。
その後もメイリンはパソコンで何やら細工をしたりして大活躍です。髪を下ろしていた方が可愛いですね。

でもここまでやってしまったら、メイリンも一緒に逃げざるを得ないような…。アスランもメイリン自身も残っているつもりだったみたいだけど、残ったらそれこそ危なそう。
と思っていたら、突然現れたレイが問答無用で銃撃してきます。メイリンが居ることも分かっていて撃ってました。
「やっぱり逃げるんですか、また。俺は許しませんよギルを裏切るなんてこと」
少し素っ気無いけど、普通に優しそうだったレイはどこに…。やっぱり議長が絡むとレイは人が変わってしまうのでしょか。

アスラン、アークエンジェルとキラの無事を信じていたようです。

「油断するなよ。追うのはアスラン・ザラだ」
レイの言葉に、シンは驚いたような信じられないような表情をしていたのに少し安心したりしました。一応、アスランのことを信じてはいたのかな、と思って。
それにしても、一緒にメイリンが乗っていることを知ったらシンはさすがに戦ったりできないとは思うんですが…。

機動戦士ガンダム SEED DESTINY スーツ CD (6) シン・アスカ×デスティニー
posted by 秋月 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(19) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

ガンダムSEED-DESTINY



<混沌の先に>

マリューさん、エンジンを爆破させてアークエンジェルが撃沈したと思わせるようです。
カガリが出ているのに驚いたんですが、キラを助けに行ったみたいですね。
「アークエンジェル…キラ…」
お願いだからアスラン、カガリの名前も…。

アークエンジェルが撃沈していないの、結構あっさりばれてしまいました(^_^;)
それを知って安心しているタリアを見ているアーサー。

フリーダムを倒して、シンは英雄扱い。
「すごかったあんな戦い方。ビックリしちゃったわよ」(ルナマリア)
「そーお?」(シン)
「よくやったな、シン。見事だった」(レイ)
「ありがとう、レイのおかげだ」(シン)
ルナマリアに対しては調子に乗った口調。そしてレイに対しては何だか物すごく嬉しそうな表情。
シン、レイのことはやっぱりかなり信頼しているみたいですね。
その光景を見ているアスランに気付いたシンがいったー!アスランに何か言ってやる気満々の顔です。
「仇はとりましたよ。貴方のもね」
「何が仇だ!」
キラを倒されたと思っているアスラン、さすがにいつもよりキレてます。
そしてそんなアスランを逆なでするシンの言葉の数々。
いつもなら言葉に詰まっているだけなんですが、今日のアスランはいつもよりは一味違いました。シンを殴ったー!
でも、言っている事は残念ながらレイとシンの方がもっともなんですよね…。その裏に何を考えているかは別として。
「貴方の言う事は個人的な感傷だ。正直困ります」(レイ)
シンの腕を引っぱって連れていくレイが、これ以上シンをアスランと接触させたくないようにも感じられました。

イザークとディアッカきたー!!また一瞬だけかと思ったらセリフもありました。
出てきた途端にイザークは絶好調です。
「笑い事ではないわ!実際大変なことだぞこれは。ただ連合と戦うよりはるかに!」
イザークの考え方を他のコーディネーターもしない事が不思議なんですが。
「少しは自分でも考えろ。その頭はただの飾りか!」
「お前は今に爆発するぜ?」(ディアッカ)
「うるさい!」
ディアッカも大変です(笑)

キラ、結構簡単に戻ってきていました。絶対生きているとは思っていましたが。
カガリがストライクルージュで助けたんだとは思いますが、もうちょっと説明があってもよかったんじゃ(^_^;)
カガリがお姉さんしてるところが可愛かったです。
「ほら、食べろってお前も」
姉弟で微笑ましいんですが、ネオとマリューが…
「ムウ・ラ・フラガってのはあんたの何なんだ」
「戦友よ、かけがえの無い。でも、もういないんわ」
…せ、切ない。・゚・(ノД`)でも、ネオはやっぱりマリューさんの事が気になっているような感じがするんですけど。

今回、ルナマリアはあんまりアスランの傍に居ませんね。シン・レイ・ルナマリア3人で話をしています。
「だったら俺だって、どんな敵とでも戦ってやるさ!」(シン)
シンの肩に手を置いて微笑んだレイが、すごくうさんくさく見えてしまいました_| ̄|○

議長に呼ばれて向かうシンとアスラン。議長が悪い顔して笑ってるのがかなり怖いです(ーー;)
議長は、アスランが裏切る事も予想してるんでしょうか?明らかに疑念を抱いている表情をしているアスランを見ても余裕の笑顔ですよ。

そして新しい機体を与えられて、ますます不審そうな顔をするアスランと嬉しそうなシン。
シンは機体を見上げて「うわぁ…」って本当に子供みたいで可愛いんですけど、その表情で見ている物が物だけに違和感が…。
アスランは議長を睨んでます。

次回はとうとうアスランがミネルバを出るようなんで、今度こそ浮上してくれそうです(^_^;)
posted by 秋月 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(17) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ガンダムSEED-DESTINY



<悪夢>

ユウナが久しぶりに出てきましたね。
セイラン家もピンチということでしょうか。オーブもただでは済まない感じです。というか、どこの国もロゴスと関わりを持っているみたいですが。
「ありがとう」←議会に賛同してもらって、議長は黒い笑み。
アークエンジェルはオーブに戻るようです。

オーブに戻ろうとするアークエンジェルに、途端にザフトからの集中砲火。

そしてアスラン。タリアに直訴です。
「議長が仰ったのはロゴスを討つということです。なのに何故アークエンジェルを討つことになるんですか。この命令は絶対におかしい。もう一度司令部に…」
既に同じ事を司令部に言ったらしいタリアさんはキレます。

顔を合わせた途端に、悪い笑みを浮かべるレイとシン。ルナマリアは2人に違和感を覚えてるみたいです。

「貴方も、もういい加減とらわれるのはおよしなさいアスラン」(タリア)
「時が経てば状況も人の心も変わるわ。貴方だって変わったでしょう」
言われちゃった。アスラン自身は変わっていないと思いますが、立場が変わってしまったという事なのでしょうか。

「シン、大丈夫だ。お前なら討てる」(レイ)
以前はレイは普通にシンと友人で信頼し合っていると思っていたんですが、何だか全てが議長の差し金に思えてきました(T_T)

「シン…!」(アスラン)
またシンに何かを言おうとしたアスランですが、シンは完全無視(゚∀゚)
もうアスランの扱いが余りに余りすぎて、笑うしかなかったです。好きだからこそ今のアスランを観ていてつらいです_| ̄|○アスランはシンに何を言うつもりだったんでしょうか…。

ノイマンすごい!神技を披露してくれました。ミネルバからの攻撃をぎりぎり回避。かっこよかったです。

タリアも本音ではアークエンジェルと戦いたくなかったようです。アークエンジェルに投降を求めます。
そう言えば、マリューはミネルバの艦長がタリアだということを知っていたんでしたね。
でも、カガリをオーブへ戻す為に投降は出来ないということで、今度はマリューから呼びかけて、マリューがアークエンジェルの艦長だとミネルバ側に知られます。
「あっ、あれは…」「ええ!」「あ、ああ…」アーサー…本当に癒し系です(・∀・)
タリアはマリューがアークエンジェルの艦長だということに何となく気付いていたようですね。

戦っているシンとキラにアスランが叫んでますが、そんな必死なアスランを見ているレイの目がすごく冷たい。

キラが戦う時、コックピットを狙わずに武装かメインカメラを狙ってくるのが分かっているから、シンとしては守るのが簡単ということなのかな。アドバイスしたのはレイですが。

戦闘で揺れる艦内で、ネオ(フラガ)がちょっと意味深な感じの事を言ってましたね。

「こんな…これは…」(キラ)
シンはステラのかたき討ちの為に凄まじい力を出しているのか、キラが押されまくっています。
キラを助ける為にストライクルージュで出ようとするカガリですが、マリューが止めてくれて良かった…(^_^;)

一瞬、アークエンジェルに気を取られたキラは、シンに倒されてしまいました。
そしてシンは…。こ、怖い…。シンが壊れてしまった…_| ̄|○||||
シン、立ち直れるんでしょうか。

posted by 秋月 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(11) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

ガンダムSEED−DESTINY



<示される世界>

ステラをそっと湖に沈める場面は泣けました。
慟哭して、その後に顔を上げた時のシンの表情は、ステラを守りきれなかった悔しさと、憎しみでいっぱい。
やっぱり復讐を誓ったんでしょうか。この後の展開が激しく不安です。

ユーラシアは悲惨な状態になってます。
「でも、撃つべきものはさっさと撃ってしまった方がいいのではないでしょうか。でないといつになっても終わらないと思います、この戦争」(アーサー)
「かもしれないわね」(タリア)
ア、アーサが何だかおどおどしていない態度で発言をしている(゚▽゚;) タリアさんは同意しつつもため息交じり。

そしてやっぱりシンの元へ行くアスラン。こんな場面を何度か見た様な気が…。
フリーダムとの戦闘シミュレーションをしているシンとレイに、アスランは驚愕。
もうシンはフリーダムを倒す気満々ですね_| ̄|○
でも、アスランはミネルバに居る以上は、シンのやっている事は一応正当性があるようなので、文句は言えないような。
「だが、キラは敵じゃない!」
「ああ!?」
アスランに対するシンの反応に、思わず笑ってしまいました。もう上司だなんて完全に思っちゃいない態度です。
更には、アスランにアドバイスを求めるレイに、
「負けの経験なんか参考にならない」(シン)
言っちゃった。もう誰もシンは止められない感じが…。
アスランはシン一人が相手でも舌戦は敵わないのに、他に誰も加勢してくれる人が居ないんですよね、いつも…_| ̄|○
レイはもしかして議長に、シンを増長させるように、という指令を受けたりしてませんよね。
「私から言っておきますから」(レイ)
さすがに憤るアスランにそう言うレイですが、多分何も注意したりしないんだろうなぁ。
アスラン、本当に頑張って。

ネオはクローンかと思っていたら、フラガ本人で記憶喪失のようです。
マリューさんが…。・゚・(ノД`)
「一目ぼれでもした、美人さん?」
なんて言ってる場合じゃないですよ、ネオ。これは本当にきついです。泣きながら医務室を出たマリューにさすがのキラもご立腹。
でも、相手はふざけている訳でもからかっている訳でもない様子。

ルナマリアは、シンを心配しつつも全くお咎め無しだということを疑問に思っているようです。
「アスランにもっと頑張ってもらいたいだけです」
「もっと力を見せて下さいよ」
「そうすれば、シンだってもう少し言うこと聞くとも思うんですよね」
「アスランは優しすぎますよ。そういうところも好きですけど…」
最後にさらっと言っちゃった。あっさり流されていますが。ルナマリアも深い意味で言ったわけではないのかな?
ルナマリアがアスランに言った事は殆ど同意なんですが、アスランのお相手がカガリなのは譲れないです(^_^;)
「せっかく権限も力もお持ちなんだから、もっと自分の思った通りにやればいいのにって」
「権限…」
フェイスであることを思い出したのか、アスランは何か考えているようです。浮上してくれるでしょうか。

ジブリール…本物のおばかですか?(=Д=;)
あれだけの事をやっておいて、あの場に居た誰かがあの光景を撮影して流す可能性がゼロだとでも思っていたんでしょうか。
今回は最初から世界中に流す目的を持っていた議長の仕業でしたが、それがなくともいずれ生き残った誰かが同じような事をしたはず。

久しぶりにミーアも登場。ラクスはムッとしている様子。自分を利用されてますからね…。
イザークとディアッカきたー!一瞬でもきたー!
偽ラクスの演説に、アーサーは素直に感動しているようですが、タリアはやっぱりため息。

シンは映像に細工している議長の事を疑問に思うどころか、何だか尊敬している様子。
ロゴスの事を暴露したのはいいんですが、議長が善意でやってるとは思えません。議長、何をするつもりなんだろう…。

posted by 秋月 at 21:17| Comment(2) | TrackBack(13) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ガンダムSEED-DESTINY



<ステラ>

ジブリールは何を考えているんだか。お偉いさん達も白い目で見ていた感じがしたんですけど。
こんな事をされて、幾ら何でも地球の人達が黙っているとは思えません。
普通なら、ザフトよりこんな事をする地球連合憎しになるのでは。

デストロイの元へ最初に来たのはフリーダム。キラもさすがにデストロイの大きさに驚いてました。
「気をつけろステラ。そいつはフリーダムだ。手ごわいぞ」
ネオの言葉に、ステラはデストロイをMSの形態に変形させます。

カガリとアマギ達も出撃。
ミリアリアの「どうぞ!」に癒されました。ミリアリア大好きです。個人的に、ここしか救いが無かったような…_| ̄|○
カガリとアマギ達も頑張れ。いきなり落とされたりしたら、悲しすぎる。

「キラ様!」
やっぱり、オーブの軍人達はキラは様付けなんですね。
スティングはカガリ達に任せて、キラはデストロイへ向かいます。

「誰かが止めねば、奴等はますます図に乗って、都市を焼き続けるだろう。そんな事は決して許されることではない」
その通りなんですが、議長は本気で言っているのかよく分からないところがちょっと胡散臭いです(ーー;)

遅れて到着したミネルバは、先に戦っていたアークエンジェルに驚きます。一番驚いてたのはアーサーですが。
「さすが正義の味方の大天使ね。助けを求める声あらばってことかしら」
かなりな皮肉をこめて言ってますけど、タリアはアークエンジェルを多少は認めているような感じもします。
「司令部は貴方に期待してるわ。お願いね」
シンにそう言うタリアはどこか冷たいような…。そしてやっぱりシンはアスランに喧嘩腰のような…。
シンは、タリアに対してまでもかなりふてぶてしくなってきました。
そしてアスランは、「キラ…」「シン…」しかセリフがなかった_| ̄|○ しっかり、アスラン!
そんな一連のシン達の動向を見てるレイの目が何だか冷ややか。議長同様、何を考えているのかよく分からないです。

「あのウインダム、何で…」
キラは、乗っている人間が気配で分かったんでしょうか。それとも、別の意味のセリフだったのかな?

ステラはもうパニック状態になってます。
「でないと怖いものが来て、私達を殺す」
「怖いものは皆、無くしてしまわなくちゃ」
ネオは「やらせはせん」とか言ってますが、シンとの約束を守れなかったことは置いておくとしても、余計に混乱させること言ってしまってるじゃないか。・゚・(ノД`)

シンはインパルスで出撃しますが、デストロイに誰が乗っているのか知らないので攻撃してしまいます。
「何なんだよ、この化け物は」
「何でそんなに殺したいんだ!」
街を破壊するデストロイに叫びつつ攻撃しようとするシンですが、そこで
「あれに乗ってるのは、ステラだぞ!」
叫んだのはネオですが、それはないんじゃないですか。残酷ですよ。自分は出来ないと分かっている約束をしてしまったのに。
シンも、相手がネオだと分かっていたと思いますが、それを責めることも出来ないほどステラの存在にショックだったようです。
制止するシンとネオですが、キラは攻撃。先にネオを落としてマリュー達に任せますが、ネオが落とされるのを見ていたステラはますますパニックに。

まさかスティングが何の脈絡もなく落とされるなんて思いませんでした。
アウルと同じく、死に際に何もないまま。

シンのステラを守りたい気持ちは分かるけど、この場合はキラを責められないような…。
でも、パニックになって攻撃するステラに近づいて、必死に叫ぶシンには泣けました。
「死ぬのはダメ。怖い…」
「ステラ、大丈夫だステラ。君は死なない。君は俺が、俺が守るから!」
これでようやくステラのパニックが治まって、笑顔を見せたのに…今度は、その背後に佇んでいたフリーダムを見て、ネオが落とされた時のことを思い出し、ステラは再びパニックに。

「でないと…」
「怖いものは皆…」
「ステラなら…」
「私達を、殺す…」

ネオの言葉が頭の中で渦巻いて、ステラは再び攻撃をしようとして…
ステラを止める為に、結果的にキラがステラを倒すことになってしまいました。

ネオを見てマリューが驚いてるところを見ると、今更ですが、やっぱりフラガなんでしょうか。

ステラは、一度シンにあげた貝殻をペンダントにして持ってたんですね。
「シン、会いに来た…?」
「シン、ステラ、守るって…」
「シン、好き…」
最後の言葉に涙。素直な気持ちをそのまま伝えた感じが余計に。

マユ達を失った時と同じように泣き叫ぶシン。
今度は守ると約束した女の子を守れなかったので、以前の事も含めて悲しみも怒りも深そうです。

これで、シンの敵は、やっぱりキラになるんでしょうね…。
posted by 秋月 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(8) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

ガンダムSEED-DESTINY



<明けない夜>

シンがネオにステラを返すシーンは何度観ても切ないです…。

戻ったシンは先ずタリアからの説教。タリアさん怖っ。
アーサーはやっぱり普通にいい人だなぁ。心情的にはシン寄りのような感じが。
タリアに口答えするシンを見ている「あちゃー」という感じの表情が何ともいいです。
ステラを人として扱っていないようなタリア達に、自分のやっていることを責められることで、シンはますます態度を硬化させているような感じがします。

そしてシンはやっぱり営倉行き。シンも分かっていたでしょうが。
心配そうなアスランとルナマリアとアーサーですが、「もうっ!」と机を叩いて苛立っているタリアの方にルナマリアとアーサーはビクッ。何だか最近、アーサーが好きになってきました。

営倉に先に入っていたレイにシンは謝りますが、レイは「勝手にやったことだ」と謝る必要はないことを伝えます。
「無事に返せたのか。なら良かったな」
レイ、優しいですね。レイの株も急上昇です。
以前から、シンはレイには素直と言うか…嫌われたくないという気持ちが見え隠れしているような。ステラやレイには優しいですよね、シン。
「ありがとう」
素直に礼を言うシンですが、そこにアスラン登場。途端に態度豹変。声音も変わっちゃってます。
ステラのことを謝罪するアスランですが、シンは取り合わず。アスランがもし、シンがステラのことをとても大切に思っていた事を知っていたとしたら、どういう行動をとっていたんでしょうか。
シンはステラをとにかく生かす為にネオに返しましたが、アスランの言う通り、健康になればやっぱり戦場に戻されるだろうことも考えられるわけで。シンは本気でネオとの約束を信じてるのかな。やっぱり信じてるんでしょうね…。
シンとアスランの口論を止めるレイですが、レイまで「アスラン」呼び捨てになってる!
「ただ祈って明日を待つだけだ、俺達は皆…」
今度はレイの事が心配になってきました。「どんな命でも、生きられるのなら生きたいだろう」といい、何だか危険な気配がひしひしとするんですが…。

スティングがステラのことを忘れていた事を忘れていました。・゚・(ノД`)ステラを見る目が冷たい。
「何だってこんな死に損ないみたいなのまでわざわざ…」
「いいんだ。君らは知らないことが多すぎるんだから。今更、それも知らなくていいことさ」
このやりとりも切ないです。以前は居なくなったステラをアウルと一緒に迎えに来てたりしてたのになぁ…。

カガリはアークエンジェルに来たオーブ軍の人達や周囲の人達の助けを借りながら、良い為政者になることを決意したようです。
特にアマギ一尉は、カガリの支えになってくれそうな感じです。カガリには頑張ってほしいなぁ。

マリューがいいお姉さんかお母さんみたいで素敵です。キラもやっぱり悩んではいたんですね。

遂に、ステラがデストロイに…。そしてやっぱり冷たい目のスティング。
「怖いものが来て、私達を殺す」
怖いものって、ジブリール達のことかと思ったんですが、はさまれた回想シーンがシンがステラを返した時のものだったのが気になります。この時点で、ステラはシンやスティングの事は、もう忘れているんでしょうか。

シンはやっぱり普通なら銃殺ものだったんですね。それがいきなり無罪放免。シンはアスランを見るなり、
「ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。いろいろとありがとうございました」←棒読み

ユーラシアでは、デストロイに乗ったステラが、「怖いものをなくす」為に街を焼き払っています。

「司令部にも、俺のことをわかってくれる人は居るみたいです。貴方の言う正しさが全てじゃないってことですよ。では」
シン、完全に増長しています_| ̄|○ 一時はアスランを尊敬しているようでもありましたが、もう完璧に見下しているというかなめているというか。アスランも、何か言い返せばいいのに、何も言わないし。
シンがこうなる事を分かっていて、議長はシンを無罪放免にした気がしてならないです。
議長のやろうとしている事に、シンを利用しようとしているんでしょうか。
posted by 秋月 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(15) | ガンダムSEED-DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。