2005年10月03日

創聖のアクエリオン

B0009I8T1K創聖のアクエリオン Vol.1
河森正治 サテライト 寺島拓篤
メディアファクトリー 2005-07-22

by G-Tools


<世界のはじまりの日>

オープニングすっ飛ばしでスタート。
シリウス、一応生きてました。お腹が抉られてましたけど(-_-;)でも、その傷も治癒。
あっという間に味方に戻ったシリウス・アポロ・麗花で合体してます。

トーマと戦闘の最中、アポロはチビコ発見。
久しぶりにバロンの登場…回想ですが(´Д⊂
以前は、バロンは実はまだ生きてるんじゃないかと思っていましたけど、本当にお亡くなりになってましたね;

シリウスの剣の力を借りて、その上無限拳(多分)も出たー!
戦いつつも、トーマは生命の樹に受粉している光景を見て歓喜。
でも、堕天翅達は消滅しているようですけど…。

生命の樹が枯れていくのを見て、トーマ様戦意喪失。
樹が枯れれば世界も滅びる。という事で、もうやる気ゼロの模様。

「世界が終わる」というトーマの言葉に怒るアポロ。
トーマを殺そうとしますが、殺しても無駄とシリウスが制止。
そんな所にアポロニアスキタ━━(゚∀゚) ━━!
アクエリオンは堕天翅の力も借りないと完成しない。
という訳で、何とトーマが搭乗する事に。
麗花と強制的に交代する場面は、何だかすごかったよ…(・∀・;)
それにしても、アポロがアポロニアスをおっさん呼ばわりするのには笑えましたwでもアポロらしいかも。

アポロ達、喧嘩しそうな気配。
シルヴィアは「置いていかないで」とアポロを追いかけますが、
アポロは「チビコ達を守ってくれ」。・゚・(ノД`)・゚・。

それでもアポロを追いかけようとするシルヴィアを、突如現れたオトハが攻撃。
前回、完全にお亡くなりになったかと思っていました…(^_^;)

アポロ・シリウス・トーマは、やっぱりこの期に及んでヘッド争いw
トーマ様相手に従いたくない気持ちはわかりますけどね。
3人で泥沼の喧嘩してます。

オトハと戦うシルヴィアをピエールが援護。
「シルヴィア、その羽よく似合うぜ」(ピエール)
羽を気にするシルヴィアに、ピエールが歯を光らせながら言ってくれました。
麗花とリーナもベクターで登場。最後の最後にリーナのパイロットスーツ姿が拝めました。
そしてピエール・麗花・リーナで合体。リーナの合体シーン、いいよ!

シルヴィアは精神だけで生命の樹の中へ。そのに現れた神出鬼没の不動司令。
「両の手を叩き合わせたその間に何がある。右手と左手。天翅と人。男と女。陰と陽。その挾間に何がある?」(不動司令)
言いたいだけ言って、不動司令はシルヴィアの前から姿を消します。

麗花、「不幸断絶拳」で不幸とオトハを断ち切り。
オトハは、やっぱりちょっと可哀相でした。

不動司令のお言葉を理解出来たらいしシルヴィア、シリウス・トーマ・アポロの元へ。
シルヴィアの導きで、3人は合体。
最後の合体は、アポロ・シルヴィア・シリウス(か不動司令w)だと思っていたので、トーマ様が来るとは驚き。
でも、シルヴィアも参加してましたね。

合体したアポロもやっぱり精神だけ出てきて、シルヴィアを抱き締めキス。
「運が良かったら、また一万二千年後に会おうぜ」(アポロ)
そんな…(T_T)世界を救う為に、どうやらアポロ・シリウス・トーマの命が必要なようです。

あれ、ジェロームは?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
同じ状態だったクロエも無事のようなので、きっとジェロームも無事ですよね?

最後はチビコにも泣かされました。
何故かシルヴィアの事を知っていたチビコ、「さっきアポロが、夢の中で教えてくれた」(´Д⊂
「アポロは必ず帰ってくるわ。いつかきっと、この星の上に」(シルヴィア)
チビコにアポロの事を聞かれたシルヴィアの答え。

最後を締めたのは不動司令!(笑)不動司令の正体もハッキリとは分かりませんでしたが、それもいいと思えました。
強いて言うなら、アポロとシルヴィアが離れ離れになってしまう事が残念でした。
posted by 秋月 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

創聖のアクエリオン



<決戦!!アトランディア>

意識を失ったつぐみに代わって、ピエールがベクターに搭乗。
「必ず元に戻してやるからな…」(ピエール)
クロエを見て決意するピエール。かっこいいよ!
アポロ・麗花・ピエールでゲートをくぐり、アトランディアに突入。

何だかすっかり仕切ってますね、グレン。いろいろ指示を出してます。
グレン達がアトランディアに向かって攻撃をぶっ放した直後、激怒したモロハが飛び出てきました。
モロハ、やっぱり強いですね〜。
ピンチになったグレンに、助けに入った麗花。モロハの返り討ちに遭いました(^_^;)
麗花の呼びかけに、グレンの顔に移植されていた羽が破壊。グレンは意識を取り戻します。グレン、正気では無かったんですか。

グレンは麗花達を先に行かせて、モロハを引き止める事に。
何だかグレンかっこいい。でも1人はちょっと危ないよ…(-_-;)
やっぱりグレン、苦戦してます。
嫌な予感はしていましたが、モロハを先に行かせない為に、グレンは自爆してしまった?

不動司令が、アポロニアス・セリアンに続いて、第3のエレメントだったとな!?(゚д゚;)
そんなの初耳w不動司令はアポロニアス関係の人かと思っていました。

目覚めたシルヴィアはシリウスとアトランディアで再会。
なのにシリウスお兄様、シルヴィアを落とし穴(?)に落としちゃいました。

シルヴィアが落ちた先は、牢のような場所。目の前には大きくなった生命の樹。
そこに、丁度アポロ達が登場!
シリウスも到着して、アポロ達、やっと合体。
今回は合体シーンが無かったですね。ちょっと残念。

戦うアポロ達とシリウスの前に、トーマ様登場。
「待っていた。私はこの時が来るのを待っていた」(トーマ)
あ〜、何だか怖いです。アポロ、貼り付け状態にされました。
トーマがアポロニアスに語りかけている間、シリウスが少し何かを思い出しかけた模様。

「思い出せ、私の愛を!」(トーマ)
てな感じで、トーマが投げた光の槍(?)がアクエリオンにぐさっと。
そしてどうやら、アポロがトーマへの愛を思い出しちゃったようです。
「思い出したよ。2人は美しく咲き誇る花さえも頬を染める程、愛し合っていた」(アポロ)
アポロまで詩人になっちゃった…(´Д`;)トーマ、嬉しそうですな。
って、もしかして、花が頬を染める程愛し合っていたのは、アポロニアスとセリアンの事ですか?

セリアンは、シルヴィアとシリウス、2人に分かれていた。光はシルヴィアで、闇はシリウス。
世界を滅ぼした恐ろしい記憶を持っていた為に、シリウスは過去生が蘇らなかったようです。
それにしても、トーマひどいなぁ。シリウスがアポロニアスでは無い事は、何となく分かっていましたが。
しかも、実はアポロニアスはアクエリオンだった!驚愕の事実の連発ですな…。

トーマの矛先は、シルヴィアに。オトハがシルヴィアが閉じ込められていた牢をぐるぐる巻き。
でも、シルヴィアは無事で、一撃でオトハを倒してしまいました。
オトハも結構好きだったんで、ちょっと悲しいかも。と思う間もなく。

トーマ、今度はもう1人のセリアンであるシリウスを攻撃。
後で映った手はそういう感じがしますけど、そんなのイヤだ(T_T)
posted by 秋月 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

創聖のアクエリオン



<天空のゲート>

今回はシルヴィアが詩人に…。

降り注いでくる神話獣に苛立っているピエールを、心配そうに見ているクロエ可愛い。
最初は、あんまり感情の起伏が無さそうな女の子だったのになぁ。

シルヴィアは、シリウスを連れ戻す為にゲートに入ろうとしますが、弾き返される。
アトランディアに逃亡しようとしたと疑われたシルヴィア、当分の間搭乗禁止に。

強攻型アクエリオンを量産してますね〜。
グレンは無事なんでしょうか?

森の中で偶然会っていい感じのアポロとシルヴィア。

1人でうろついていたピエールは、同じく1人で居たソフィアさんと遭遇。
「大切な人と過ごしたいんじゃないかしらね、こんな時だから」(ソフィア)
ソフィアさんとちょっといい感じだったピエールの所に、クロエ登場。
自作のケーキを持ってきたりして、本当に可愛いよ(*゚∀゚)=3
そんなクロエの後を追ってきたらしいクルトは、額を押さえてますけどw
更に登場したジェロームが、何だか笑えましたw

森を散歩中のアポロとシルヴィア。
「俺はお前をずっと昔から知って居たような気がする。お前のにおいをな」(アポロ)
お姫様と犬王子は、リーナの視点?メルヘンチック(笑)

手に入れた工具をつぐみにプレゼントしようとさがしているジュンですが、つぐみは麗花と一緒でした(^_^;)
麗花とつぐみに花をプレゼントしに来たのは、2軍のエレメントかな。

アポロとシルヴィアの抱擁シーンキタ━━(゚∀゚) ━━!
それどころかキスシーンも来るかと思っていたら、
「お兄様が近くに!」(シルヴィア)
アポロがシリウスを探しているほんの少しの間に、シルヴィアが行方不明に!

ディーバの中にまで、雪のような神話獣が浸入。
麗花とクロエからは植物が…(((( ;゚Д゚)))

不動司令はまだ軍から戻って来ていないそうで、ジェロームに指示を仰ぐソフィアさん。
ジェロームは、軍がアトランディアを殲滅するつもりである事を告げます。
シルヴィアはどうなるのかとジェロームに詰め寄るアポロ。
ジェロームちょっと頼りないよ…と思っていたら、
「ディーバは独自に動く!」(ジェローム)
かっこいいじゃないですか、ジェローム!オープニングがまた、いい所で流れたりして。
こんなにジェロームが頼りがいがあるように観えたのは初めてでしたが、その直後に…_| ̄|○

アポロ・麗花・つぐみが出撃。麗花は大丈夫なのかいな…。
「無限拳」は通用せず、合体が解除。
今度はつぐみがヘッドになって合体。
「好きって気持ちに限界なんてないから」(つぐみ)
今回のつぐみは弾けてますね〜w
「爆愛無限光」で、ゲートを破ります。

さあ行くか、という所で、軍のベクターが先にさっさと行ってしまいます(´Д`;)
ずっと隠れていて、アポロ達がゲートを破るのを待っていたようです。姑息だなぁ。
posted by 秋月 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

創聖のアクエリオン



<翼、儚く>

グレンに羽を移植する場面は怖すぎる…(((( ;゚Д゚)))
何で顔に移植したんだろう。

退き気味のエレメント達に、ジェロームは相変わらず自信満々。
というか、何でジェロームが偉そうなのかよく分からないんですけどw

羽根を移植された事によって能力が上がったらしいグレン。
リーナは「人間じゃない」みたいな事を言っていましたが…。
グレンは、一対一でシリウスと互角に戦ってます。

一方、フタバの羽が使われている事を感知したオトハ、泣いてます。
その事をオトハに聞いたトーマも悲しそう。
可愛がっていた事は分かりますが、何でフタバが捕まった時、助けに行かなかったのか今更ながらちょっと疑問…(。。;)
と思っていたら、トーマ様も泣いた━━(゚д゚;)━━!!

シリウスを圧倒するグレンに、ジェローム大喜び。
「あと10体あれば人類は勝てる!」(ジェローム)とはしゃいでいるジェロームに、不動司令のお言葉。
「一本の矢はすぐ折れる。何体居ようと勝てぬ。人が愚かであり続ける限りは」(不動司令)

シルヴィアを自分の元へ引き入れようと、揺さぶりをかけるシリウス。
シルヴィアのリストバンドが光って、何処へ行ったのかと思ったら、強攻型ベクターの中?

「シルヴィアを行かせるな。最悪の場合、撃墜しても構わん」(ジェローム)
って、おい!シルヴィアを行かせたらいけないのは、その通りなんですけど;
でも、強攻型ベクター、アッサリ落とされる。テンパるジェロームを観てちょっとスッキリw

シリウスの元へ行ってしまいそうなシルヴィアを止める為に、アポロは合体。
シルヴィアがヘッドになって、アクエリオン・エンジェルに。また新種!

シルヴィアを取り戻そうとするシルヴィアの腕から羽が出現。
「人が生まれで決まるなら、夢など要らん!夢を作る事で人は生まれを乗り越える。それでこそ人。それでこそ夢」(不動)
それを見て動揺するジュン達を、不動司令一喝。

差し出されたシリウスの手を取ろうとしたシルヴィアを、アポロが制止。
「飛べなくたって、出来るさ、夢を掴む事が」(アポロ)
嘲笑するシリウスでしたが、シルヴィアはアポロの手を選択。
「私のこの翼の生えていない右手は、お兄様と繋ぐ為にあるんじゃない。大切な人と結ぶ為にあるのよ」(シルヴィア)
「哀・天使剣」でお兄様を説得。脱出したシリウスは、戻って行ってしまいました。
そのシリウスは、まだシルヴィアが戻ってくると思っているみたいですね。
posted by 秋月 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

創聖のアクエリオン



<見えない翼>

小さな妖精(?)を可愛がっていたオトハ、トーマとシリウスに気付いて、形相一変。

トーマとシリウス、詩人同士気が合うんでしょうか?
トーマに頬を触れられ、シリウス瞳がウルウルと…って、ちょっと退いちゃうよ。
「太陽の翼として?」というシリウスの言葉に、トーマはちゃんとは答えてないんですよね。

2人の様子を見ていたオトハ、嫉妬に燃えて、可愛がっていた妖精をギュッと…(((( ;゚Д゚)))
怒り心頭らしいオトハ、ヨハネスに申し付けるも、「トーマに任せておけばよい」と言われて、ますますムカっ腹が立った模様。

1人残されたシルヴィア、シリウスの部屋で、残されていたメモを発見。
「ゾウは踊る。ゾウは踊る。ゾウは優雅にタンゴを踊る。ゾウは回る。クルクル回る。クルクルクルクル…(略)」
怖いワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘;)η゚・*:.。..。.:*!!
「何…これ…」(シルヴィア)
シリウスお兄様大好きなシルヴィアだって、そう言いたくもなりますがな。
シリウス、実は精神的に少し壊れていたんでしょうか…。
それとも、実はこのメモはシルヴィアか他の誰かに託された、結構重要なものだったりするんでしょうか…。

泣きながら部屋を出たシルヴィア、麗花と遭遇。
多分シリウスの事を謝ろうとした麗花に、シルヴィアは「聞きたくない!」と言って走り去ります。

一方、ジェロームとソフィア。乗り出してくるジェロームに、ソフィアさん嫌そうw
「早急にベクターマーズを奪還せねば、不動司令はその職を剥奪される」(ジェローム)
で、ジェロームは何でそんなに嬉しそうなのかw次は自分が司令だー!と思っているんでしょうか?

シリウスが居なくなった事で、沈みがちのエレメント達。
シルヴィアの事を話しているのを、ジュンが珍しく声を荒げて制止。
でも、間が悪い事にシルヴィアは聞いてしまっていました。

不動司令、ソフィアを茶室の地下にご案内。

落ち込んでいる麗花の前に、ひょこっと出てきたアポロ。
シリウスの羽根の事を知っていたアポロに、驚愕の麗花。
「ならどうして、貴方は普通にしていられたの!」(麗花)
「どうかしなきゃいけなかったのか?」(アポロ)
アポロかっこいいよ。自分で不幸を選び取ったと泣き出す麗花を、アポロは何処かへ連れて行きます。

アリシア王家の地下には、いろいろ大変な秘密があったようです。
でも、その為に王家は滅ぼされたようですが…シリウスとシルヴィアは知っているんでしょうか。

アポロ、麗花を泉へ連れてきたようです。
少し気が紛れた麗花と和んでいたアポロですが、シルヴィアに異変が起こりつつある事を察知。本当によく効く鼻だなぁ…。
シルヴィアのリストバンドから、シリウスお兄様が呼ぶ声が!シリウスの手が出てきて、シルヴィアを連れて行こうとします。
思わずシリウスの手を取ろうとするシルヴィア。そこに、窓からアポロが乱入してきましたよ。

シリウス、今度は直接シルヴィアの元へ行く?

「行くな、お前は行っちゃ駄目だ」!(アポロ)
シルヴィアの肩を掴んで必死に叫ぶアポロに、かなり萌えてしまいました。この2人、やっぱりいいです。

そんな所に敵襲来。
戻ろうとする麗花の前に、一体いつからそんな所に居たのか、お茶をしている不動司令。
「乗れるのか、ベクターに」(不動司令)
「今度こそは、彼の手を離しません」(麗花)
という訳で、麗花とアポロがベクターで出撃。
敵はやっぱりシリウスで、ベクターマーズで来たようです。
麗花の必死の呼びかけにも、シリウス全く応じず。
しかも、ベクターマーズがケルビムと合体しちゃったよ(゚□゚|||)

「3秒、貴様を倒すのに、それ以上は要らん」(シリウス)
予告通り3秒でアポロを倒すシリウスですが、アポロはベクターだし…(^_^;)

絶体絶命の所に、今度は強攻型アクエリオン登場。
ジェロームが自信満々だと、却って危険なような気がするのは気のせいですか?(´Д`;)
乗っているのはグレンで、しかも羽根が生えているようです。それって、やっぱりフタバの…?
posted by 秋月 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

創聖のアクエリオン



<紅い道>

詩人なシリウスお兄様。
何だか怪しげな夢を見ていたようです。

「最愛なる者を奪われたなら、同じだけの愛を奪い返すのみ」(トーマ)
という訳で、トーマ様が何か行動を起こす模様。フタバはやっぱり、皆に可愛がられていたんですね。

「あの紅い道は一体…」(シリウス)
トーマ様が言ってた道と同じ物なんでしょうか。
アポロも赤い道が見えているようですね。というか不動指令も見えているようです(^_^;)

シリウスの元に、今度は眠れないらいし麗花登場。麗花はグレンの事で苦しんでます。
「もしも、身内に堕天翅が潜んでいたら、君はどうする?」(シリウス)
「勿論、戦うわ!」(麗花)
知らないとは言え、麗花〜(´Д⊂
でも、これはシリウス、聞き方がまずかったかも;
麗花も、シリウスやシルヴィアみたいに、たまたま先祖に堕天翅が居ただけの相手なら戦ったりしないでしょう。

部屋に戻ったシリウスの元に、今度は太陽の翼の夢を見たシルヴィアが来ました。
「お兄様まで、遠くへ行ってしまうような気がして…」(シルヴィア)
そんなに伏線を入れなくても…(´Д`;)振り向かないシリウスが痛々しいですよ。
シリウスは食事は1人なんですね。「人前で食事をとるのは美しくない」…って、そんなものなんでしょうか。

シリウスとシルヴィア、パンを沢山背負って歩いているアポロと遭遇。
いつもと違う雰囲気のシリウスに、アポロもちょっと戸惑い気味。
「お前の感じる私のにおいは…いや、止めておこう」(シリウス)
何を聞こうとしていたんでしょうか;
最後のシルヴィアとアポロのかけあいが可愛かったです(^_^)

「紅い道は呼んでいる、太陽の翼を」(リーナ)
またまた意味深な…。日差しが強いのか、日傘を持ってるのに、帽子まで被ってます、リーナ(*゚∀゚)=3
剣術の訓練で、アポロVSシリウス。あんな細い道の上でやるなんて…(((( ;゚Д゚)))
あっという間にバランスを崩したアポロが落ちそうになって、訓練終了?
でも、シリウスは落ちかけているアポロに剣を向けたままで、ちょっと不穏な空気…と思っていた所に敵襲来。

シリウス・シルヴィア・アポロが出撃。
何やら非常に強いようです。ジェロームが驚いてくれてますw
今回はシリウスがヘッドで合体。

面白いポーズを取っている黒いケルビム兵に、「美しい…」と見とれるシリウス。黒いケルビム兵に乗っているのはトーマ。
トーマは太陽の翼を迎え入れるつもり?という事で、皆アポロを狙っているのかと思っていましたが…。
アポロを連れていかれると思ったシルヴィア、パニック状態。

シルヴィアに代わって、麗花が搭乗。
トーマの攻撃に合体が解け、様子のおかしいシリウスに手を差し延べる麗花。
でも、突然腕から羽根が生えたシリウスに、麗花は驚いて手を一度引いてしまいます。
「麗花、君だけは信じたかった」(シリウス)
って、麗花はただ、突然で驚いただけじゃ…(´Д⊂また、手を差し延べてたし。
「もう迷わん」(シリウス)
ベクターに乗ったまま行ってしまうシリウスですが、残されたシルヴィアが可哀相じゃないですか…(T_T)
posted by 秋月 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

創聖のアクエリオン



<天翅の翅音>

バロンに名前を貰った日、アポロはチビコ達の事を思って涙。
そんな所に敵襲来。アポロ・シリウス・シルヴィアが出撃。
シリウスとシルヴィアは羽根の音が聞こえているようです。アポロには聴こえないのかな。

不動司令は全部お見通しのようです。

たった一人の子供のフタバは、皆に可愛がられて甘やかされてるようです。
トーマ様は、アポロニアスの羽根をむしったフタバに絶対お仕置きするな!と思っていましたが、そんな事はなかったですね(゚▽゚;)
「羽根無しは生かさず殺さず、得るべきはプラーナだ」(シルハ)
物騒なシルハのお説教も聞かずに、フタバはケルビム兵を率いて行ってしまったようです。

シルヴィアは相手が子供だと知って、かなり戸惑ってます。
一方、ジェロームは何処かと連絡を取り合い、カゴメ・オペレーションを実行。

倒そうとするとするアポロを、シルヴィアは相手は子供だからと止めます。
「あいつはバロンの命を奪った堕天翅共だ。許しちゃならねーんだよ」(アポロ)
向かって行こうとするところに、ジェロームから堕天翅を捕獲すると連絡が入ります。
捕獲作戦を実行しているクルトとクロエ以外の人は、1軍以外のエレメントでしょうか。初めての活躍?

捕獲作戦に怒るアポロですが、シルヴィアとシリウスは捕獲の方に賛成。
「ガキなら何してもいいって言うのか!」(アポロ)
「そうじゃない。話して聞かせて、それでも駄目なら私が叱るわ!」(シルヴィア)
シルヴィアの言葉を聞いて、アポロはバロンに「叱ってもらえるヤツは幸せだ」と言われた事を思い出します。
「落ち着いてガキが叱れるか!」(アポロ)ってな訳で、「無限拳」かと思い気や、「無限叱責拳(ビンタw)」
アポロはコントロール抜群ですね。ちゃんと捕獲するシステムを狙ってビンタしました。

でも、捕獲されたからと言って無事に済む事もなさそうです。
つぐみ達もフタバの心配。

アポロ・シリウス・シルヴィアはフタバが発する羽根の音やフタバの泣き声が聞こえる模様。
フタバは何か実験されているようですが…観ていて痛々しい(ーー;)どうやらフタバは死んでしまったようです。

堕天翅達もそれを感じ取ったらしく、悲しんでます。トーマもかなり怒ってます。
posted by 秋月 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

創聖のアクエリオン



<けがれなき悪戯>

これ、本当にアクエリオンですか…?(´Д`;)

今回は初っ端から敵襲来。
アポロ・シルヴィア・麗花が出撃。途中で麗花と交替したシリウスの4人が消えてしまいます。

アポロに起こされたシルヴィア、2人ともいつもと違う…。
「不幸だわ…」(麗花) 今回は本当にな!

突然現れた収穫獣、「おまえだれ?」って、結構可愛いかも。
いつのまにかアポロの傍に居たはずのシルヴィアと麗花が居なくなっていて、3人ともお互いを探し回ってます。

アポロ達が不思議世界に来てしまったのはフタバの仕業でした。
フタバは堕天翅族の中では、たった一人の子供だったんですね。
フタバが結構オトハに懐いているらしい所が可愛い。オトハもフタバを可愛がってるような感じがします。
でもフタバは、トーマが後生大事に持ち歩いているアポロニアスの翼の羽根をむしっちゃったようです(((( ;゚Д゚)))怖過ぎる…。
「フタバか、イタズラが過ぎるな…」(トーマ)
久々にトーマキタ━━(゚∀゚) ━━!でも、今回の作画だと素直に喜べないです…。
それはともかく、トーマはフタバ相手にマジ切れしたりしないですね?でもアポロニアスの羽根にイタズラしちゃったもんなぁ。

シルヴィアはシリウスと会えました。2人で一緒に麗花を探します。
麗花を見つける事が出来たので、後はアポロだけ。
シリウスは自分の顔を晒すのがイヤで、布みたいなの被ってたんですね…w

アポロは神話獣の元に到着。
シリウス・シルヴィア・麗花はベクターに搭乗して合体。今回の合体…イヤ過ぎる…。・゚・(ノД`)・゚・。

アポロはチビコに再会?
「もうチビコ人間ではなくなってしまったのに?」(チビコ)
チビコの言葉にアポロはショック。

神話獣と戦うシリウスの前にトーマ様登場。というか、トーマ様なのか本当に(´Д`;)
「その手に羽根があるお前を、誰が仲間と認めよう」(トーマ)
トーマはシリウスを取り込もうとしているんでしょうか。

一方、アポロとチビコ。
「命の樹の一部になって、身体に羽根を植えつけられても?そんなチビコでも、まだ仲間だっていうの」(チビコ)
「羽根、それがどうした。そんなもんあったってなくったって、仲間は仲間だ!」(アポロ)
その言葉はシリウスにも届いた模様。

チビコはフタバだったみたいです。アポロがそれに気付いた瞬間、皆元の姿に戻りました。
最後は「真我探人剣」で敵をばっさり。

フタバはアポロニアスの羽根の音を聴いてご満悦。
トーマもさすがに子供相手に怒りはしない…んでしょうか?

創聖のアクエリオン (1)
posted by 秋月 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

創聖のアクエリオン



<魂のコスプレイヤー>

「相手の身に、相手になりきってみろ!」(不動)
という訳で、ジュンがつぐみのコスプレですか(´Д`;)
「ジュン正気か」「痛い。痛すぎる…」と言われても、仕方ないですな。
余りにひどい扮装に、つぐみはショック。
「酷い、酷すぎます」(つぐみ)
ジュン、くねくねしすぎ!ちょっと退いたよ。しかも胸はメロンパン。メロンパンを拾おうとするアポロでしたが、つぐみの爆破能力で爆発しちゃいましたとさ。

ディーバのレイヤー仲間ってそんなに沢山居るんですかwしかもソフィアさんまで不動司令のコスプレしてるしww
シルヴィアと麗花、ピエールとクロエ、アポロとシリウスでなりきりするよう言われます。
「私と麗花が似てるっていうの」(シルヴィア)
「そんな。不幸だわ」(麗花)
麗花、さりげなくひどいw
「頭で考えるな。感じろ!」(ソフィア)
かなりなりきってます、ソフィアさん。

ピエールがクロエになりきり。足が…(´Д⊂余りのひどさにクロエもショック。
倒れかかるクロエを抱き止めるクルトがいいです。ピエールに満更でもないクロエに、クルト愕然?
クロエは最初の頃は、何事にも心を動かされる事がない人かと思ってましたけど、普通の女の子っぽくなってきましたね。

調子に乗っちゃったピエール、今度はシルヴィアのコスプレ。クロエのコスプレした時よりひどいような気がするんですけど…。
「汚らわしい、私の妹を侮辱するな!」(シリウス)
シルヴィア大事なシリウス萌え。

そして麗花はシルヴィアのコスプレ。シルヴィアの服装は、やっぱりシルヴィアの外見じゃないと似合わないかも(^_^;)
麗花の格好をしたシルヴィアは普通に似合ってます。髪を下ろして可愛さもアップ。
アポロのシリウスの格好は微妙。

麗花、シリウスの方へ行ったのワザとですか?シルヴィアに怒られて、今度はアポロへ行きますが…それでもやっぱりシルヴィアの嫉妬炸裂!
「何だかんだ言ってシルヴィア、前世の恋人の生まれ変わりのアポロの事が、好きなんじゃねーのか?」(クロエ)
ピエールになりきって出てきたクロエに、クルトは頭を抱えるwクルトは結構シスコンなのかな。
よくよく観てみると、クルトはジュンのコスプレしてるし!
「いけません、ピエール。本当の事言ってからかったりして!」(ピエール)
今度はクロエになりきりピエール。クロエ嬉しそう。やっぱりピエールの事好きなんでしょうか。

「貴様だけに勝手なマネはさせん!」(シリウス)てな訳で、今度はシリウスがアポロになりきり。これまたすごい事になってますな…。
石の上に乗って「無様な」(アポロ)とシリウスの決め台詞(?)を言うアポロ何か可愛いよ!

でも本当の衝撃はこれからでした………

今まで居たリーナは、不動司令だった━━(゚д゚;)━━!!
ソフィアはあんまりショック受けてないみたいでしたね…。というか誰も気付かないものなのか…。

アポロになりきるため、シリウスは森の中へ。
後を追ってきたらしい、シルヴィアと麗花。シルヴィアになりきろうとして、麗花はシルヴィアの過去を見てる?
火事の中、お父さんとお母さんをシリウスが助けに行ったようですが…。

アポロはシリウスになるきる為、勝手にシリウスの部屋に入った模様。
シルヴィアは、まるで麗花になったかのように次々と不幸な目に遭遇。
シリウスとシルヴィアの両親の写真を見ていたアポロも、火事の場面を見たようです。

皆がなりきった時、お約束の敵襲来。
シリウスのアポロ口調何だかいい感じ!でも、合体は失敗。
なりきりを止めて合体成功。アクエリオンが巨大化ってどういう事?(^_^;)
「超3D無限拳」で敵は倒しましたが…「嫌いな相手になりきる」(ソフィア)って、不動司令はリーナがお嫌いなんでしょうか?苦手とか?

ソフィアさんの顔が何故かジェロームに…。

創聖のアクエリオン Vol.1
posted by 秋月 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

創聖のアクエリオン



<食べたくて合体>

体重計に乗って、つぐみの爆破能力発動?

麗花とつぐみは早速ダイエット。野菜ばっかりの食事です。2人共ダイエットが必要とは思えない体形だと思いますけどね…。
シルヴィアはすごいなぁ。というかお菓子いっぱい過ぎ。必死に我慢している2人の前で、お肉をガブリ。
「見えるわ。お腹一杯食べ過ぎてブクブク太ったお姫様が、愛しのお兄様に捨てられる、哀れな末路が」(リーナ)
リーナ様ひどいwというか想像の中のシルヴィア………(´Д⊂

ダイエットする女の子3人組みに(そう言えばクロエは?)男性陣は、
「女の子はちょっとふっくらしてるぐらいが可愛いのにな」(ピエール)
「完全なる美しさの追求の為だ」(シリウス)
「問題は空腹によって生じるストレス。食べたいのに食べられないというストレスを、いかに処理して行くかという…」(ジュン)

シルヴィアと麗花、何だか仲良くなってます。
麗花は頑張ってますが、シルヴィアとつぐみは早くも脱落しそうな気配…。
それにしても、麗花は厳しいですな。カロリーゼロのこんにゃくゼリーも禁止。

つぐみはメガネしたまま眠ってるのかいな。ぐるぐる巻きは麗花がやったんでしょうか。
麗花も暑そうなのを着た上にお札貼ってます。
シルヴィアは愛しのお兄様人形をガブリ!
夢の中で3人共食べたいものを食べたい放題で幸せそう…麗花の給仕(?)やってるのピエールなのかな。

そんな3人の夢を見て、小天翅のフタバは「気色悪い」w

幸せな夢を見ていた3人でしたが、それは悪夢へ…。
「食べ物なんか、みんな消えちゃえー!」
3人の叫びを聞いていたフタバが、ミクロンサイズの神話獣を使って街中の食料を分解。

真っ先に異変に気付いたのはアポロ。
我慢できずにお菓子を食べようとしたシルヴィア・つぐみも中身が全部無くなっていて愕然。ぐるぐる巻きにされていたつぐみは、本当に必死でした(゚▽゚;)
動けないつぐみの所に、シルヴィアと麗花が集まってきます。麗花も何か食べようとしてたんですねw

7日間も絶食ですか…?
空腹で水をカブのみしていたつぐみのお腹はたぷんたぷんなのに胸は引っ込み。
アポロはピエールの足に噛みつきwそんな所に不動司令登場。
お腹いっぱい食べたいシルヴィア・麗花・つぐみが出撃。
「せんぱーい!」(つぐみ)
「お腹空いたーーー!」(シルヴィア)
合体するものの、お腹が空き過ぎて動けない模様。

「空腹と腹ペコは違う!」(不動司令)
コートをがばっ!とやって、いつもの説法が始まります。シャツの「空」の文字はいつもあるんでしょうか。
においで神話獣を探す事になって、鼻が利くアポロがジャンプしてルナに乗り込みます(^_^;)皆やつれている中で、アポロは結構元気です。
見つけ出した神話獣を、「求食爆裂矢」で成敗!したかと思い気や、アクエリオンが神話獣に食べられていっているようです。

リーナがテレポート!リーナの歌で植物が蘇って、アクエリオンも復活?
神話獣も消滅したようです。
posted by 秋月 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

創聖のアクエリオン



<黒い鏡>

どさくさに紛れて、麗花に思いっきりしがみつきすぎ、ピエールw
ジュンとつぐみは、普通に恋人同士に見えますな。しかもジュン、十字架まで持ってる…(^_^;)
映画の吸血鬼がリーナに似ているという話をしている最中、ジュンとつぐみの首筋に噛んだような痕があってパニック。かと思ったらダニでしたか〜。

授業中、ジュンとつぐみが貧血でダウン。
いつもの如くぶつぶつ文句を言っているジェロームですが、何で外に居るんでしょうか。何か阻害されてるようなw

ジュンは、リーナが串刺し公の末裔?とか言ってるけど…本当なのかいな。本当ならちょっと面白い気もしますけど。
映画の吸血鬼がリーナに似てるからって、皆短絡的に疑いすぎw
「そういやあん時、リーナのヤツ、俺の血を吸ってたよな」(アポロ)
そんな時に、今更アポロがそんな事を言い出すのでますます皆疑いモード。
つぐみやジュンも、思い当たる所があったようです。
「もしかしたら彼女、血と一緒に我々のプラーナを吸っていたとは考えられませんか」(ジュン)
メガネ光ったのにちょっと笑ったw
「それじゃあ堕天翅族と同じじゃないか!」(ピエール)
その言葉に、シルヴィアはビクッ。シリウスは冷静。
皆してリーナをあやしんで居る所に当のリーナ登場。何も言わずに去ってしまいました(T_T)

自分の事もあるから余計にリーナが心配になったのか、シルヴィアはリーナを探しに行きます。
アポロは食べ物探しに行ってたのかwアポロらしいと言えばアポロらしいです。

リーナは日傘さすんだなぁ(*´д`*)まだまだ子供なのに。

シルヴィア、勝手にリーナの持ち物検査w
そこで見つけた古い写真には、リーナそっくりの女の子。リーナは「んな訳ないか」と言ってますけど、実際のところどうなのか気になります。リーナの反応からすると、やっぱり別人なんでしょうか。
「私信じてる、リーナは吸血鬼でもなければ敵でもない」(シルヴィア)
「信じてる、本当に?」(リーナ)
答えに詰まったシルヴィア。リーナは部屋を出ていってしまいます。

そんな所に敵襲来。シルヴィア・アポロ・ジュンが出撃。
敵を探して念写してるらしいジュンの顔怖いよ!
現れた敵は…巨大リーナ!(゚д゚;)ジュンじゃなくても怖いよ!
「リーナが出たー!」って言ったのジュンでしたか?何か笑えたw

「リーナだ。遂に本性を現したんだ!」ってやっぱり言ったのジュンでしたw
当のリーナは居場所が分からず、ますます疑われてます。

「もしも仲間が敵となったら、シリウス、お前ならどうする!」(不動)
そこでシリウスご指名ですか(´Д`;)ますます嫌な予感がするような振りですな。

合体も解除され、3人が危ない!というところで、鼻の利くアポロが巨大リーナがリーナではない事に気付きます。
「出てきて見せつけてやれよ、リーナ。お前はお前だってとこを見せてやれ」(アポロ)
リーナ様は木の枝に腰掛けてます。車椅子みたいなのはどうしちゃったんだろう。
アポロの呼びかけに、リーナは何とテレポートしてきましたよ。やっぱりにおいで本物かどうかわかるのね、アポロ(^_^;)
「私の恐ろしさは、私が一番知っているから」(リーナ)
リーナって本当に何者なんだろう…と思っていたら、アポロがリーナをお姫様抱っこキタ━━(゚∀゚) ━━!何だか萌えた!
「えー!」(シルヴィア)
不服そうですね、シルヴィアw

遂にリーナ様の合体キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* !
アポロと2人で一緒に「アクエリオン!」というリーナがまた可愛い!
「アポロ…」「愛おしい…!」(リーナ)
リーナは最後まで合体しないと何故か思い込んでいたので、これはかなり嬉しい!
また合体してくれることを激しく希望wそれにしても4人でも合体できるんですね。

偽リーナにがぶりと噛まれて、アクエリオンはプラーナを吸われている模様。
弱っているリーナに血を吸わせるアポロに、シルヴィアの嫉妬発動?
最後は「吸血のシルバークロス」で、ぐさっと敵を倒しました。

不動は意味ありげにシリウスを見てますな…。

最後は、皆リーナへの誤解を解いて一段落。
「でも気が向いたらまた吸わせてもらえると気持ちいいかも」(リーナ)
リーナ怖いけど可愛いよ。
というかアポロ汚い!この時ばかりは退いてしまいました…(´Д`;)

EDは何だかすごい事になってますなww

創聖のアクエリオン Vol.1
posted by 秋月 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

創聖のアクエリオン



<初恋のアクエリオン>

つぐみをライブに誘っていたのに、ソフィアが現れるとあっさりそっちへ行くピエール(^_^;)
それにしても、ピエールに誘われて、つぐみも結構嬉しそうにしてましたな。
ライブの事はスルーして、ソフィアはピエールに手紙を渡します。
妹から、ピエールの初恋のお相手らしきエスペランサが結婚する連絡でした。

コーヒーカップ(?)をカパカパ…何やってるんだピエールw
柱を頭から降りるアポロ…危ないよ。
そしてアポロ、元気のないピエールを後ろから張り飛ばし。でも、やっぱり何だかやる気がなさそうなピエール。

今度はペンのキャップをカツンカツン。
女の子の背中を見てはカツンカツン。…本当に何やってるの、ピエール(´Д`;)
「やりてー…」(ピエール)
合体のことみたいですがw

そしてまた、コーヒーカップをカパカパ…そこにクロエが登場。
椅子に腰掛けたクロエは、ピエールに見られたと思って、ぷんすか怒って本を投げつけ。でも、ピエールは相変わらず元気がない。
クロエも、そんなに見られるのがイヤなら、もうちょっと座る場所考えればいいのに。
「壊れたのよ、人として」(リーナ)
酷い言い方w人間失格みたいな言い方ですな。
ジュンとつぐみの反応も可愛い。この2人、やっぱりお似合いかも。

ピエールはシミュレーションでもかなりの壊れっぷり。
ソフィアさん曰く、ピエールは「合体依存症」だそうです。あと1回合体したら精神崩壊まで起こすそうで…。
ピエールが閉じ込められている時に神話獣襲来。しかもピエールが住んで居た場所のようです。

やっぱり危険なことになっているピエールの兄弟とエスペランサ。
アポロ・ジュン・シルヴィアが出撃。でも、弱点が移動する相手に苦戦。
エレメントがどんどん入れ替わって応戦するもののやっぱり苦戦。

閉じ込められているピエールの元に来て、不動はまた演説した上にピエールを外に出したようです。

1軍のエレメントが全員出てしまって、今度は2軍…というときにピエールが出撃。
2軍の子、今にも泣き出しそうでしたな(^_^;)1回くらい2軍の子が出撃するというのも面白そうなんですけど。

アポロ・シリウス・ピエールで男だけの合体きたー!
アポロがピエールのいつものセリフ取っちゃってましたw
ガンガン攻撃するピエール達。ピエールずっと顔が怖いよ…(T_T)

危機のピエールが思いだす女の子達。射程範囲が広いのは知ってたけど、ネコは何なんだw
ピエール、家族を守る為に頑張ります。新必殺技は「失恋速攻」ですか。

一件落着かと思い気や今度はジュンが…(゚▽゚;)
最後の最後に、ソフィアはともかくジュンが出てくる時点で疑わしい感じではありましたがw
「また誰かが依存症になるかもしれないわ」(ソフィア)
「あはは。まさかー」(ジュン)
今度はジュンがコーヒーカップでカパカパ…。
でも、ピエールよりジュンの方が余程なりそうな感じではありますw

次回予告のリーナ様萌え。「(1番美しいのは)あの世では私…」ってどういうこと?
リーナ中心のお話しみたいなので楽しみです。
ジュンの合体依存症は単なるオチだったのでしょうか。

創聖のアクエリオン Vol.1
posted by 秋月 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

創聖のアクエリオン



<光る影>

アポロの声がシルヴィアでビックリ。シルヴィアはアポロになった夢を見たようです。

シルヴィア、夢の事をソフィアに相談。バロンや子供達の回想には泣けました…(T_T)

トーマ様はアポロニアスの羽根を持ち歩いてるようで…それはまた、結構怖いですな。
モロハはトーマにイヤミばっかり言っているので、その内報復されそうな気がしますよ。
「我等の後継者を授かる為、聖なる羽の交わりの相手として…(略)」(トーマ様)
許婚設定は伊達じゃないようです。

「アポロが感じたのが本当に過去生の記憶かどうかは、簡単には決められないわ」(ソフィア)
アポロはアポロニアスじゃないかもよってことでしょうか。でも、そうだったとしてもシルヴィアがアポロを好きになってくれる方が萌えます。
ソフィアが記憶について色々と講釈している最中に敵が襲来。

あっという間に麗花・ピエール・ジュンが出撃していました。
敵は見えないタイプらしく、ジュンがヘッドになって念写して探し出すことに。
「やばすぎです〜〜〜!」(ジュン)
これで合体シーンがあれじゃなかったら素直に萌えられるんですけど(´Д`;)
合体は成功したけど、なかなか念写できないジュン。
「もう、へたくそ」(シルヴィア) 
「情けない」(シリウス) 
「この役立たずが」(ジェローム)
ジェロームはひどすぎ。心配してくれるのはつぐみだけなのかいな。
勿論、今回も不動司令が叱責しますよ。
「ジュンは確かに念写さえまともに出来てない」(不動)
って、不動も結構ひどいですなw
「しかし、見えない敵にいつ襲われるかも知れぬ恐怖の中で初めてヘッドになり、増幅された恐怖と闘い、震える思いで見えざるものを見ようとしている。その必死の胸のうちが見えぬか!」(不動)
最近は結構分かり易いですね。

バロンのバンダナ(?)を見つけたアポロ。また、アポロニアスの記憶が戻った?

「ジュン君、麗花先輩、ピエール先輩、応答してください!」(つぐみ)
ジュンの名前を最初に呼んだ事にちょっとビックリ。もしかして、脈ありなのでしょうか。
そこにアポロニアスっぽくなったアポロが登場。アポロが凛々しすぎると何だか寂しい…(´・ω・`)
「やっとお目覚め?」(リーナ)
久々に萌えリーナきたー!

「よろしい、全とっかえだ!」(不動)
というわけで、今度はアポロ・シリウス・シルヴィアが出撃。

アポロの姿が見えなくなって、シルヴィアパニック。
バロンのバンダナを見つけた途端に、バロンの最期を見たアポロの記憶を思い出したのか更にパニック。
シルヴィアを落ち着かせようとしたシリウス兄様に肘鉄きたー!
本当、シリウス相手にあんな表情するシルヴィアなんて初めてじゃないですか。シリウスも初めて妹に歯向かわれたのか、すごい顔してますな。
シルヴィアがアポロを見つけ出した時はちょっと涙腺緩みました。
そして「光影合一拳」で一気に敵を撃破。
posted by 秋月 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

創聖のアクエリオン



<一万二千年のラブレター>

アポロかなりビビってますね、仕方ないけど(^_^;)トーマ様がちょっと顔を近づけただけで首を竦めてます。怖いからって目をつぶっていたらキスされそうな勢いですな。
トーマとアポロニアスのデート(なのか?)の話をされても、アポロは訳分からん状態。
前回で少し過去生を思い出したらしいアポロですが、やっぱりトーマの事なんかは全然思いだしてないのかな。
「何言ってんだよ…お前堕天翅だろう、バロンを返せよ!」(アポロ)
怖くてもやっぱりバロン大事なアポロ。でも、トーマを怒らせたような感じがしますよ。

トーマに触られた頬を押さえるアポロが何だか可愛い。
悲しそうな顔をした時のトーマは萌える_| ̄|○

トーマとオトハが乗っているためか強いケルビム兵にソーラーアクエリオン危機。
ソーラーアクエリオンを結界で保護しますが、トーマはアポロに、近づいたら爆発するらしい檻のような物に閉じ込めたバロンを差し出してきます。
バロンを助ける為に、結界を破ろうとするアポロを止めるシルヴィア。ピエールに助けを求めるシルヴィアですが、
「男には友の為に立たねばならないときがある」(ピエール)
「嘘ぉ?」(シルヴィア)
結局、結界をぶち破ってバロンを助けます。
せっかく助かったと思ったのに。・゚・(ノД`)爆発の余波を食らってしまったんでしょうか。

最終結界が無くなってしまってアポロを責める一同を、
「友を思わぬ者はディーバには要らん!即刻立ち去れ!」(不動)
不動司令一喝。今回のセリフは理解できました。

これはアポロ、ショック過ぎる…。ショックで呆然自失状態のアポロ。
「友をなくした苦しみを、怒りを、ヤツ等にぶつけなくてどうする!」(ピエール)
ピエールやっぱりいい人だ(;Д⊂ アポロ、何とか我に返ります。

アポロ達をオトハに任せて、トーマはディーバへ向かっているようです。
そう言えば、シルヴィアは過去生でトーマの事を知っていたんですね。
今はオトハしか乗っていないことに気付いていないのか、アポロはケルビム兵を岩にガンガン打ちつけてます。
でも、トーマが研究エリアに入ったと知るや、アポロは飛んで行ってしまいました( ゚д゚)シルヴィアもか!2人の代わりに、麗花とつぐみが乗る事に。
それにしてもそれをアポロにトーマの事を知らせている時のジュンは何であのポーズ?念写していたのでしょうか。

羽根を取り戻しに来たトーマに遅いかかるアポロですが壁にはりつけ状態。駆けつけたシリウスとシルヴィアも床にはりつけ状態。
シリウスとシルヴィアの命と引き換えにバロンを蘇らせようかと持ちかけるトーマをアポロは当然拒否。
トーマはそんなアポロの前で、シルヴィアとシリウスがアポロニアスとセリアンの遠い子孫である事を暴露。
言われてみれば、2人に子供が居ても不思議じゃないですよね…全然考えて無かったんでビックリしました。
「こいつらは俺の仲間だ!」(アポロ)
それでも拒否したアポロに、「ではお前が生贄になればいい」とトーマ様、アポロの首をしめますよ。

今度はアクエリオンソルナですか。「ソルナ?」素っ頓狂な声を出すピエールに笑ったw咄嗟に麗花が考えたんでしょうか。
オトハは4つ目だったの(゚□゚|||)…普段の方が美人でいいな…。
倒される寸前にオトハは脱出。その時の攻撃の余波で羽根が燃えるのを見届けて、トーマもオトハの元へ。

「我等の羽根の事、口外すればお前を…」ってシリウス、それはあんまりじゃない?分かっていても「仲間」だってアポロは言ったのに。 

シリウスへのプレゼントを選んでいたシルヴィアが見ていた像をアポロは買っていたようです。
「羽根があってもなくてもお前はお前、それでいいさ」
この2人はどんどんいい感じになっていきますな。なのにお腹にパンチなのか、シルヴィア(゚▽゚;)
でもやっぱりバロンの事で傷ついていたアポロは、叫びながら走っていってしまいました。

創聖のアクエリオン [MAXI]
posted by 秋月 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

創聖のアクエリオン



<琥珀の時>

琥珀は短時間では出来ないうんぬん言っていたジェローム、リーナの言葉にあっという間に掌返しw
お調子者のジェロームが結構好きだったりします。

休日なのか皆外出しているようです。
ピエールの本命は麗花なのかな。いつもちょっかい出しているような気が。そしてマンホールに落ちる、と…。
シルヴィアはお兄様の誕生日プレゼントを探しているみたいです。
楽しそうにしてたのに、シルヴィアが何かの像(?)を見せた途端に、シリウスは顔色を変えます。
そんな所に何の前触れもなくアポロが剣で切りかかってきましたよ。危ないよw
「大人気ない」が「大人毛ない」に聞こえるって…言われてみたら音が一緒だねw 

羽が羽無し共に渡ったと知って、トーマ様おかんむりです。

琥珀に封じ込められていた羽を取り出した途端に、シリウスとリーナが反応。
シリウスはその場を離れてしまいます。何かを呟いて倒れる時のリーナ、怖かったです…(´Д`;)

不動司令、相変わらず訳わからなくて面白いです。
「この羽に触れた者は厳罰に処す」という命令を出して、理由を訪ねるピエールには「疑問は抱くな、解き放て!」

シリウスを心配して様子を見に行ったシルヴィアですが、シリウスに拒絶されて泣いてしまいました。
「お兄様、どうかして?」って、シルヴィアお姫様らしい口調でしたな。
シリウスはシルヴィアを危険に晒さない為に言っていたようですが、一体シリウスに何が起こってるのか気になる!

落ち込んでいるシルヴィアをアポロらしいやり方で励ますところが良かったです。その後、2人で羽を見物に行くわけですが…。

トーマはバロンを利用するみたいです。アポロ危機。

アポロとシルヴィア、2人で仲良く羽の元へ。
ドアを殴って開けようとするアポロ笑ったwアポロの直球行動、かなり好きです。ちょっとおばかっぽいところが可愛い。
シルヴィアも開けられるなら、早く開けてあげればよかったのに(゚▽゚;)

羽を手にしたアポロ、そのせいか記憶がよみがえったようです。そのアポロに触れたせいかシルヴィアも。
アポロニアスとセリアンがどうして恋人同士になったのか、これから先やってくれるんでしょうか。

「あの羽無しを助けたら、戻ってくれるかい。私の所へ…」(トーマ)
かなり萌えてしまいました(´Д`;)物すごく悲しそうな表情なんで余計に_| ̄|○
そしてトーマの言葉に俯くオトハ切ない。オトハは昔からトーマが好きだったんだろうなぁ。
自分の羽をもいでまでセリアンを助けたアポロニアスにトーマ様ご乱心。

警報が鳴って正気に戻った途端に、「気持ち悪いだろ!」とシルヴィアを放すアポロに萌え。

トーマ様、オトハと一緒にケルビム兵に乗ってきたー!
合体シーンもとばしてアポロ・シルヴィア・ピエールが出撃です。
にゅっと出てきたトーマを見てアポロがビビりまくっている表情に、ちょっと笑ってしまいました(^_^;)

創聖のアクエリオン [MAXI]
posted by 秋月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

創聖のアクエリオン



<水底のしあわせ>

グレンの容態が悪くなったらしいのが
「また私のせい…」
って、そんなことないでしょう、麗花(^_^;)

シリウスのなぐさめの言葉を聞いているのかいないのか、麗花はタロットに夢中。結果は「運命の別れ」
帰ろうとすれば大雨。「これもきっと貴方の不幸のせいね」って、そんな追い討ちをかけるような事を言わなくても、シルヴィア…(゚▽゚;)
にしても、前回大怪我してたのに、もう元気になってますね。

雨の中一人歩いている麗花の前を黒猫が横切りながら威嚇。
更に今度は不動司令。何してたんだろう…。意味深な事言った後はいきなり消えてるし。

兄妹萌え。でもシルヴィアとシリウスが仲良くしていればしている程、後から突き落されそうな気がしてならないんですけど。
それにしてもシルヴィア、かなり本気で麗花に妬いてるみたいですね(。。;)タオル噛みしめるのはまだいいとして、ぎゅっと手を拳に握り締めてるところはちょっと怖かった。
「今日はお兄様の部屋で寝てもいい?」
14歳にもなって、お兄ちゃんと一緒の部屋で寝ようとするのはどうかと思うよ、シルヴィア。
しかも断ると思ったのに、シリウスOKしちゃってるし(゚□゚;)(「まだ子供だな」とか言ってるんで、多分…)
   
麗花は壊れたパソコンを直してもらおうと、つぐみと一緒にジュン達の部屋へ。
つぐみと麗花に褒められて嬉しそうにしてるジュンが可愛いです。
ジュンに修理してもらったパソコンを麗花が起動してみると、いきなり子供達の手が…。
それが怖くて、つぐみの爆破能力が発動!でも…
「いいえ…皆私の不幸が…」
麗花、考えすぎじゃない??

思い詰めた麗花、家出します。

アポロが獲物を捕れなかったのも「不幸を呼んでしまうから」って、おいおい…。
でも、麗花のにおいで、アポロは獲物を見つけられなかったんですか。

いつの間に敵が来ていたのか、シリウス・シルヴィア・麗花に代わってアポロが出撃。
麗花が乗っていた列車は急停止。
皆を不幸に巻き込むわけにはいかないと麗花が場を離れようとするとトンネルが崩れて進めず。

今回はヘッド争いしないなぁと思っていたら合体失敗。

再度場を離れようとする麗花ですが、今度は橋が壊れます。
「お前の不幸ってその程度かよ。不幸不幸って、いつも言ってるだけじゃないか」(アポロ)
「何ですって?」(麗花)
不幸をバカにされたせいか、麗花が珍しく怒ってます。
「お前の不幸がどれだけのもんか見せてみやがれ!」
「どの道逃れきれないのなら、この不幸、とことん極めてみせる」
麗花、吹っ切れたようです。でも、別に極めなくても…w

シリウスと入れ替わりで麗花が搭乗。そして合体。
「いやぁああああ、気持ち悪い!!」(シルヴィア)
気持ち悪いんだ(゚▽゚;) 新しい展開ですね。
麗花の合体成功率は低いのに成功してジェロームビックリ。リアクション大きすぎw

「思い知れ、必殺・不幸のどん底!」(麗花)

「不幸最底拳」さすが麗花。今までの技の中で一番強力そうなネーミングの技です。
これまでは「嫉妬変性剣」が最強だろうと思ってましたが、「不幸最低拳」の方が威力ありそう。
シルヴィアも何だか麗花と仲よさげにしていていい感じ。

皆無事で麗花も一安心…と油断していたら、グレンが移送されてしまっていました。

予告ではお兄様がやってくれました(゚∀゚)

創聖のアクエリオン [MAXI]
posted by 秋月 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

創聖のアクエリオン



<空に星、地に花>

エレメント候補生は剣の練習をしています。
ピエール、アポロに頭踏み台にされてよく怒らないなぁ。普通なら怒ると思う。
シルヴィアも麗花もジュンもアポロがシリウスに負けると思ってるようです。
というかジュンとシルヴィアに萌え(・∀・)この2人も結構お似合いだと思うんだけどな。
皆の予想に反して、アポロは善戦。でも、足に噛み付いたリ髪に噛み付いたリするのはどうなのよ?
「ルール違反だ」(シリウス) 「そんなの本当の戦いだったら関係ないだろ!」(アポロ)
アポロの言うことも尤もだけど、これは練習だから(^_^;)

そんなところにケルビム兵襲来。シルヴィア・ピエール・アポロに召集。
「私、お兄様と合体したい」(シルヴィア)
「戦いに私情は持ち込むな。アリシアの戦士として必ず勝て」(シリウス)
わがままを言うシルヴィアも、お兄様の言葉には素直に従います。

またヘッドが誰をやるか争ってます。
シルヴィアがヘッドになる予定が、アポロがヘッドに。
「あのケルビム兵…不吉だわ!」麗花が言うならかなりのものでしょうね。
モロハが乗ってるから強いみたいです。
この戦いでシルヴィアが重症を負ってしまいます。

シリウスの妹大事な一面きたー!(゚∀゚)これまで結構シリウスは素っ気無い態度をとっていたように思うんですが、実はかなり妹思いなんですね。何か嬉しいです。

トカゲ(?)は確かにどうかと思う。でも、アポロに悪気はないんですよ。シルヴィアに栄養をつけてもらって、元気になって欲しかっただけなんですよ。
ご立腹シリウス、アポロをビンタです。
当然アポロも黙っちゃいない。ケンカになります。
無意識にそれを感じ取ってたのか、シルヴィアはセリアンがアポロニアスとトーマの戦いを見ているだけしか出来なかった夢を見てます。
起きてきても大丈夫なのシルヴィア(゚□゚;) 
アポロはシリウスにいつもと違う何かを感じてる?
砂をかけられて思わず本気でアポロを殴ってしまったシリウス。でも、アポロはまだやる気。
「ありえない!」シリウスもビックリ。

そんな所にまた敵が襲来です。
今回はアポロ・シリウス・ピエールが出撃です。
うわ、またシルヴィアが起きてきてる。大きいのが暴れてるのに危ないよ。
「アリシア家の者に手をかけた者は許さん。必ず私が倒してみせる」(シリウス)
って…シルヴィアだから怒ったんですよね?家の問題だなんてイヤだ…(´・ω・`)

どれだけ鼻が利くんだ、アポロは(゚▽゚;) 相当な距離だと思うんですが、アクエリオンの中から地上に居るシルヴィアが分かってしまうとな。
そしてそれに気付かないシリウスをアポロが止めます。
「ありえない、この私が!」
シリウスお兄様、ありえない連発。動揺した為か合体解除。

この期に及んで口喧嘩するアポロとシリウスに、ピエールが一喝。
「お前等本当にいい加減にしろ!シルヴィアのリベンジだろう!」
ピエールっていい人だなぁ。

「空は見えても足元は見えず。またその逆もあり。全てを見渡せ、アクエリオン!」(不動司令)

男だけの合体シーンって何だか寂しい。
腐った思考の持ち主だけど、アクエリオンではあんまり…と思っていましたが、合体シーンのセリフが良かったw
「きたきたきたー!」(ピエール)
「世界が…」(シリウス)
「見えてきたー!」(アポロ)
これまでの合体シーンの中で一番笑ったw

「無限交差拳」って交差したら威力があがったりするのでしょうか。

目覚めたシルヴィア、シリウスを見て安心するのかと思ったら、「ごめんなさい、兄様…」泣いてしまいました…。
戦闘を見てた時、思わずアポロの名前を呼んでしまったからでしょうか。

またあやしい物を持ってシルヴィアのお見舞いに来たアポロ。
シリウスはまたご立腹するかと思い気や、「明日にしろ」と結構優しい声で言ってました。仲直りできたのかな。
でも、あれを持ってこられたらシルヴィア怒ると思います。

そして静かに登場するトーマとオトハ。通り過ぎていくモロハを見て、トーマ様は悪い笑み。

創聖のアクエリオン [MAXI]
posted by 秋月 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

創聖のアクエリオン



<夢のかよいじ>

あろうことか、録画したアクエリオンの上にマイメロディを重ね撮りするというミスを…_| ̄|○||||
リアルタイムで1回、他のことをしながら観ていただけなんですが、覚えている部分だけでも書いておこうと思います。
ああ…何でよりによってマイメロディ…。・゚・(ノД`) いや、観たくて録画したんですけど。

それはともかく、今回で、本格的にシルヴィアのことが好きなんだと分かってきた今日この頃。
トーマとリーナを好きなのとはまた違うんですよね。
もっとシリウスお兄様と仲良くして! そしていつかアポロを好きになってほしいなぁ。
兄妹仲良くしているのも、観ていて普通に萌えられるんですけどね。

・詩を口ずさむシリウスに、シルヴィアうっとり。幼い頃から慣らされていたんでしょうか。
・トーマとオトハきたー!トーマも色っぽいけどオトハも色っぽいなぁ。
・夢の中だから女の子は全員俺のだ〜的なのはいいけど、リーナ様は許せない(`Д´#)それにしてもピエールは射程範囲が広すぎです。
・つぐみの夢は意外とまともでした。
・マドレーヌがどうしたの?ジュン。
・シルヴィアはやっぱりシリウスお兄様と一緒。一番メルヘンチックだったような。
・麗花、お化けに追い回される。夢の中でも不幸。
・チビアポロに苛められるシリウス。
・クロエの合体シーンきたー!
・「もう…夢みたい!」(シルヴィア)
・ご飯で起きるのか!

えー、これだけしか覚えてないの(ノ∀`)
posted by 秋月 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

創聖のアクエリオン



<はじめてのがったい>

話の内容だけ聞いてたら、あやしいことこの上ないですね。
クロエが女の子達の軽口に付き合うのは結構意外だったような。
そしてクロエ達の会話を聞いていたつぐみも、興味深々だったようです。つぐみ胸大きいなぁ。

「アクエリオンに乗るってことは、戦うってことですよ。死ぬかもしれないんですよ」
合体のことが気になるつぐみに、ジュンはまっとうな事を言います。
「合体すると、気持ちいいんだって」
どうしてつぐみがこんなに気持ちいいことに拘るのか、よく分からないわけですが。

つぐみは麗花に、ジュンはピエールに、はじめての時はどうだったのか聞きます。
「自分勝手は駄目だ。雰囲気を読むのが大事なんだ」(ピエール)
「相手に合わせるのが大事っていうか」(麗花)
「だけど、合わせてばかりじゃダメだぞ。ここぞというときは押すのも大事だ」(ピエール)
そしてピエールはジュンを押し倒し。押し倒されてるジュンが妙に可愛い。
「押されても、雰囲気に流されないようにするのも大事な事なんじゃないかしら。己を律すると言うか」(麗花)
麗花もピエールも、何か勘違いしているような気がするようなしないような。

というか、4人の会話の間に挟まれる、アポロ・シルヴィア・リーナの寝姿に釘付けです。
アポロの寝相の悪さが可愛い。シルヴィアの部屋散らかってるなぁ。リーナ様の寝姿…(*゚∀゚) 

演習後、つぐみは足を滑らせ、麗花を押し倒すように転んでしまってドキドキ。そして爆発。

シルヴィアとシリウスが仲良さそうに寄り添っている姿に、思わず萌えてしまいました。
シルヴィアのお相手はアポロだろうと思ってはいますが、お兄様大好きなシルヴィアも好きなんで。たまには妹大事なシリウスも見せて欲しいです。

爆発の原因をジュンが念写で探し出そうとしますが、つぐみは逃げ出します。
不動は原因がつぐみだということを分かってるみたいだけど、候補生はともかく他の教官は知らないんでしょうか。それくらい調べていそうなものですが。

つぐみが逃げ出した途端に、ケルビム兵襲来。アポロ・ジュン・つぐみに召集がかかります。
自分の能力を知られる事が嫌なのか、つぐみは隠れたまま。

つぐみの代わりに、ピエールが搭乗することに。
「きたあ!」(ピエール) 「あああ…!」(ジュン)
ピエールが「燃える!」じゃなかった! そして合体シーンのジュンの顔が怖かった(゚▽゚;) 鼻血出してるし。

アポロとピエール、結構仲良かったんですね。
2人の合わせ技もきかず、ピエールは重症を負ってしまいます。
それでも出てこないつぐみに代わって、今度は麗花が出撃。

麗花は出撃したかと思ったらジュンを庇って即効で被弾。
「つぐみさんの力が必要なんです」
ジュンに自分の能力を必要とされたことで、ちょっと立ち直ったようです。

今度は、ジュン・アポロ・つぐみで合体。
「すごい、すごすぎますぅ!」
つぐみ、確かにすごすぎます。シルヴィアよりすごかった! ジュンの合体シーンは今後もずっとこれなんでしょうか_| ̄|○

つぐみの爆破能力とジュンの念写能力を合わせた「逆念写爆破」で敵を倒しました。

「合体は爆発だ!」(不動司令)
今回は解説を挟む時間がなかったようです。

そしてトーマは登場する時間すらありませんでした…(T_T)

「創聖のアクエリオン」オリジナルサウンドトラック
posted by 秋月 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

創聖のアクエリオン



<真紅の薔薇の騎士>


戦闘中に詩を呟いているシリウスに、クルトとクロエは冷ややかというか淡々としているというか。
ところで双子の合体シーンは?

シルヴィアとジュンが結構仲良さそうにしてます。
知識を披露しているジュンを放置しておいて、「リティカ」という本を「お兄様に見せなきゃ」と借りに行くシルヴィア。
でも、係は麗花だし本は禁帯出だしで、踏んだり蹴ったり。
入れ替わりでシリウスが来たんですが、麗花はこの前は何だか気まずそうにしていたのに、見た途端に赤くなってます。
シリウスも「リティカ」を探していたようです。

トーマきた!倒した敵に薔薇を捧げたシリウスの行為をトーマとオトハはお気に召したようです。
「本当の美を見せてあげよう…」
トーマとシリウスは結構気が合うかも。

問題の本は王族関係者は持ち出しても良かったそうですが、麗花はそれを見落としていたようで。でもそれなら、先に借りに来たシルヴィアに持って行ってあげてもいいんじゃないかと思うわけですが。
麗花とシリウスを覗き見していたシルヴィアは、イライラ指数急上昇。そんなイライラ中のシルヴィアに悪戯したアポロは、あっという間にシルヴィアの力で吹き飛ばされます。アポロの悪戯は罪が無いなぁ。

吹き飛ばされたアポロは花壇に落下。薔薇をメチャクチャにされて、シリウスはご立腹。
素直に謝ったのに許してもらえなくて、アポロもムッときたようです。
「君達に辱めを受けて生きる者の気持ちは分からん」
アリシア王家のことや自分が太陽の翼ではないらしいことで、ちょっと屈折してしまっているんでしょうか。
「王子様の僻みかよ」
思った事を口にしすぎ、アポロ。一気に険悪ムード。
シリウスは、太陽の翼を否定するような事を言ってましたが、そうなるとシルヴィアの過去生の記憶まで否定しちゃう勢いになっちゃうような…。
「お兄様こそが太陽の翼なんだから!」
そこでシルヴィアが立ち上がって言って、泣きながら走っていっちゃいます。

セリアンの記憶のシーンで、トーマ様が素敵過ぎ(・∀・)
「うんと苦しませてあげる」
セリアンをいたぶる気満々ですね!
助けに入ったアポロニアスと、戦いながらもお互い笑い合ってるところなんてあやしすぎる。
これはセリアンが疎外感を感じても仕方ないような…。

そしてお約束の神話獣の襲来。シリウスの予想通りの地点に現れて、ジェロームは狼狽気味。
アポロ・シリウス・シルヴィアで出撃。
現れた光が神話獣のようです。その光を受けると、精神攻撃を受けるようです…って、この手の展開はどこかで観たことがあるような。

シリウスは太陽の翼では無かったことで、両親に過去生を覚えているシルヴィアと比較されて苦しんでいたようです。

シルヴィアは幼い頃シリウスに構ってもらえなかったことがつらかったようです。小さいシルヴィアがすごく可愛い。

アポロは周囲の人達の言葉やバロンを助けられなかった事で苦しんでいたようです。

神話獣が発する光にジュロームはうっとり。リーナは伏目がちにぽつりと一言。
「綺麗は汚い、汚いは綺麗…」

トーマはアポロが倒されるとは思ってないみたいですね。
「よろしいのですか?」と聞くオトハに「それは願望かい、それとも嫉妬かい?」なんて言ってるし。
アポロが過去生を思いだすのを待ってるんでしょうか。

アクエリオンが壊れそうになった時、麗花が心の矢をシリウスに放ち、シリウスが正気に戻ります。
それを見ていたシルヴィアは余計嫉妬するし。掴み合いをしてるアポロとシリウスは怖すぎるし。
でも、正気に戻ったシリウスは神話獣の光に嫉妬させられていることに気付きます。

「人は相手に自分の魂の欠片を見出した時、愛を覚える。しかし、それが己のものとならないと悟った時、人は嫉妬を覚える。嫉妬は人の魂が欠片を呼ぶ声。即ちエネルギー!」(不動司令)
「はっ?」(ジェローム)
「それを抱えて生きろ、アクエリオン!」(不動司令)

「嫉妬よ、我らに力を!」
そして出てきたのが「嫉妬変性剣」 シリウスはもう少しかっこいい名前を叫んでたみたいですけど。
あっという間に敵は倒されて、薔薇の形に石化していました。

「種は撒いた。小さな種だが…」(トーマ)
シリウスが裏切るかトーマ達に洗脳されるかして、アポロ達の敵になるような気がしてきました。

それにしても、シルヴィア可愛いです。シリウスが本当のお兄様じゃなかったらよかったんですけど、本当のお兄様だし。
他にいい男が幾らでも居るじゃないか…アポロとかアポロとかピエールとか。
ジュンはシルヴィアかリーナを好きになるのかなと単純に思っていたんですが、公式ホームページの相関図を見てみるとつぐみを好きになるようなならないような。ちなみに一番もてているのは麗花みたいですね。
シリウスは、過去生を覚えているシルヴィアに結構コンプレックスを感じているようなんで、その内酷いことを言い出しそうで今からガクブル。
どれだけシルヴィアが好きなんだという感じですが、一番好きなのはトーマとリーナです。

創聖のアクエリオン Vol.1
posted by 秋月 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 創聖のアクエリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。