2006年09月30日

BLOOD+



<ナンクルナイサ>

取り残されたアルジャーノ、銃だけ渡されても、やっぱりどうしようもなかったようです(^_^;)
デヴィッドに助けられちゃってる(笑)

双子を殺して自分も死のうとする小夜を止めるカイ。
ハジに同意を求めて、「私は小夜に従う者」という返事に、カイ切れる。
カイにパンチをされて(?)、ハジは素直に本音を吐露。
ハジと小夜のキスは、本当良かったなーと。ちょっとカイが可哀相でしたけど。
泣いてる小夜の傍で、無邪気に笑ってる双子が可愛いですよ。

これで、皆丸くおさまるかと思いきや、そうは行かないようです。
またオプションDとやらが発動して、都合の悪い事を全抹消。

しかも、生きていたアンシェルまで登場。
アンシェルは、まだディーヴぁの双子を利用しようと思っているようです。もう、余計なことしなくていいのに…。
でも、生きる事を決めたおかげか、やたらと強くなっているハジと小夜に、アンシェルはあっさり倒される。
かと思いきや、アンシェルはハジを道ずれに。
ハジの「ナンクルナイサ」と言ったのに驚いていたら、「愛しています」とも言ってビックリ。

何事も無かったように、学校生活に戻ってますね〜。
何の前触れも無く、いきなり頭突きする香里に笑いました(^_^;)

アルジャーノは、もしかして逮捕されてるんでしょうか?
最初の頃は、アルジャーノが、かなりの悪役になるのかと思っていたんですけど。
というか、ネイサンが何事も無かったかのように、取材してるんですけどw
小夜の血では、倒されなかったと言う事ですか?
ネイサンは今後、ディーヴァの子供達を見守ったりするのかな。

というか、いつの間にかジュリアさんがご懐妊!父親は当然、デヴィッドなんでしょうけど、一体いつの間に…。
なかなか恋人同士にならないなぁと思っていたのに、とっくに恋人同士になっていたんですか。
アロハシャツ着てる場合じゃないよ、デヴィッド(笑)
双子も、沖縄ですくすく育ってるようです。

あんなにカイ一筋だった真央が、何だか岡村とひっつきそうな気配にビックリ。
岡村は真央にカメラを預けたりしていましたが、真央の方は何にも無かったのになぁ。

OMOROで皆で夕食。
真央とジョエル、何だか仲よさそうなんですけどw
香里とデヴィッド達が、普通に話しているのが、少し不思議な感じ…。
皆が楽しく食事をしている最中に、小夜は今度こそ本当に眠りにつきそうな気配。
カイに、始まりの場所へ連れて行ってもらっている途中で、遂に小夜は眠ってしまいました。

置いてあった薔薇は、ハジですよね?カイがハジだと分かったのは、薔薇についていたリボンは、ハジがいつもしていたリボンなのかな。
でも、ハジが無事だった事を知らずに、小夜は眠りについちゃったのが(多分)、かなり切ないですな。
小夜が目覚めた時には、ハジとカイ、二人とも傍に居てくれるといいんですけど。

エンディングは、語り継ぐこと。物語の最後にも合っていて、何だかんだ言って感動してしまいました。

カイと一緒に、小夜の様子を見に行っているらしい双子のお顔を見せて欲しかったです。
小夜とディーヴァにそっくりなんだろうなぁ、とは思っていますが(笑)
カイが双子のお父さんになってるのが、何とも微笑ましいですよ。
小夜にとっての、ジョージ的存在になるんだろうなぁ。
カイに育てられた双子は、仲良しこよしで、喧嘩はしても決闘はしないに違いない。

それにしても、ハジがアンシェルと一緒に瓦礫に埋もれた後は、ハジの生死が気になって、仕方ありませんでした。
自分で思っていたよりもずっと、ハジが好きだったようです(^_^;)
ラベル:BLOOD+
posted by 秋月 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

BLOOD+



<摩天楼オペラ>

ディーヴァを倒す為に、公演に来たものの、小夜の体調はかなり悪そう。
ちなみに、今回、男性陣は、皆タキシードなんだろうなぁ(´∇`)

ネイサンは、小夜とディーヴァの母親のシュヴァリエだったんですか〜。
アンシェルに対しても、全然引かない訳ですね。多分、ネイサンは、アンシェルよりずっと年上なんでしょうし。
というか、最後の最後に、ネイサンはどうするつもりなんだろう(。。;)
ネイサンは、何があっても、ディーヴァを裏切る事は、絶対に無さそうですけど。

そして、ディーヴァがご登場。
ディーヴァと闘う小夜ですが、やっぱり眠気のせいで、余り闘えず。
ハジが参戦しても、全く敵わないし、何でディーヴァはあんなに強いんでしょうかね。
というか、いつの間にか、ディーヴァは着替えて舞台に出てるよ!
着替えるのが早すぎだ…と思っていたら、小夜・ハジと闘っていたのは、ディーヴァではなくアンシェルだったようです。

小夜とハジがアンシェルに苦戦している間に、ディーヴァのコンサートが始まっちゃいました。
長話しをしているアンシェルは無視して、ディーヴァに襲いかかればいいと思うのは私だけですか?
ディーヴァの歌が始まり、あちこちで翼手が発生して、会場は物すごい混沌状態。

アルジャーノが、媚をうっていたお偉いさんの1人も翼手化。
今回は、アルジャーノがやばいかと思いましたが、運がいいのか何なのか、大丈夫でした。
アルジャーノも、もうちょっと頑張って〜。アワアワしているだけなのが、何とも…(^_^;)

ネイサンは、1人余裕ぶっこいてます。襲いかかってくる翼手を、片手で軽くふっ飛ばしましたよ。

デヴィッドが翼手に引っ掻かれてしまいましたが、今回もきっと大丈夫。のはず。

混沌状態の中でも、まだアンシェルの語りは終わらない〜。
ハジがアンシェルを引き付けている間に、ようやく小夜はディーヴァと対戦。
でも一番気になるのは、ネイサンの動向だったりします。

<二人の女王>

危険な場所に、1人置いていかれるアルジャーノが可哀相。
でも、震える手で飴を持ってる姿に、ちょっと笑いが…(^_^;)
アルジャーノは、何だかんだ言って、最後まで生き残りそうですね。
それにしても、アルジャーノは、最初に出てきた頃とは、かなり印象が変わりましたw

小夜とディーヴァの対峙。ディーヴァは結局、一番好きなのは小夜のような感じがしますよ。

シュヴァリエ同士、ハジとアンシェルも闘っています。
ハジは、全身翼手になれないんでしょうか。その方が、力が出そうなんですけど。
そして、予想通り、やられまくってます…。ハジがんばれハジ!

と思っていましたが、予想外に(失礼)ハジは強かった。
尖った柱(?)に突き刺されても、自分で這い上がって行こうとするアンシェル怖っ(´Д`;)
最後は、落下した雷に打たれて、倒されたようですね。

小夜とディーヴァの闘いは相打ちで終わるのかと思いきや、ディーヴァは石化したのに小夜だけは無事。
どうやら、ディーヴァは子供が出来て、力が無くなっていたようです。
ネイサン、その事をディーヴァに教えてあげていれば良かったのに…。
そのネイサンも、ディーヴァが居なくなった事で、自ら小夜に倒されました。
丁度いいタイミングで、ディーヴァの赤ちゃんが生まれてきましたが、小夜には殺せないと思うんですけどね…。
ラベル:BLOOD+
posted by 秋月 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLOOD+



<あした天気になあれ>

小夜の事で苦悩するソロモンの元にネイサンが訪れますが、ネイサンが何を考えているのかが、一番よく分からないです(^_^;)

手を握りながら話している小夜とハジを、ばっちり見てしまう真央。
カイと小夜を一緒に行動させる為に、カイに買い物を頼む辺り、真央は親切。
しかも、ハジをしっかりと足止め。ハジも、真央にはタジタジなのが可愛いw
で、真央のお買い物メモの内容は、一体何なんですか?

電球の入れ替えをさせられたり、ルルゥにからかわれるハジ萌え(笑)
女性陣には弱いですな、ハジ。

一方、ディーヴァの子供は、いつの間にか生まれちゃってました。しかも、お腹を切って、取り出したとな。

そして、ハジの労働は、まだまだ続く(笑)
ハジのお風呂掃除というのは、何だか想像出来ないんですけど。
ルルゥは、ハジのお手伝いをするのか!(*´д`*)

ディーヴァに襲いかかったソロモンは、メッタメタに返り討ち。
ソロモンの頭を、ぐりぐり踏みつけるディーヴァ様が、恐ろしかったり素敵だったり。
返り討ちにしたのは、ネイサンじゃなくて、ディーヴァですよね?

やっぱり、ハジと小夜の約束は、全部終わったら、小夜を倒す事でした。
でも、カイと出会って、小夜の気持ちも変わったかも。

<全ての血を超えて>

香里と岡村のお母さん、久々に登場。(真央の関係者の人達は?)

ディーヴァのオペラ中継を阻止する為に、皆で作戦会議。
にも関わらず、未だに続いている、岡村と真央のタバコを巡る攻防。何だかんだ言って、いいコンビのような気がしますよ。
ルルゥは参加させてもらえないんですね。ルルゥはアピールするも、デヴィッドはスルーw
ルイスの手を頭に乗せられて、文句言ってるルルゥが可愛い(*゚∀゚)=3

真央達女性陣(ハジ除く)は、皆でお留守番。
岡村は、真央にカメラを預けたりする辺り、多少は気があったりするんでしょうか。
ジュリアは、勿論デヴィッドの心配をしています。この2人、真っ先に引っ付きそうな気がしていたんですが、なかなかそうはなりませんな…。

前回は、ディーヴァに足蹴にされていたソロモン、今回は吊るされちゃってるよ〜。
わざわざ様子を見にきたらしいジェームズ、平手打ちしたり、「小夜を殺しに行く」と言ったり、ソロモンをいびりまくり。

ネイサンは、意外とディーヴァ崇拝者。
ディーヴァを実験体としか見ていないアンシェルに、敵意むき出しになっているような。
でも、ディーヴァに傾倒しているらしい割には、ソロモンを逃がしたりもしているので、ネイサンが何をしたいのかよく分からなかったりします(^_^;)

眠る小夜を見守るハジとルルゥの前に、襲いかかってくるジェームズ。
お約束どおりに、ハジはお腹を刺されるのかと思いましたが、今回は翼でした。
メッタメタにやられる小夜・ハジ・ルルゥでしたが、ソロモンも加わって、何とかジェームズは倒しました。

1人になったソロモンは、どこからか現れたアンシェルを倒そうとしますが、どうやら限界だったようです。
まさか、ソロモンがこんな所で、お亡くなりになるとは…。しかも、結構あっけなく…(。。;)
アンシェルは、ソロモンの事を結構悲しんでいるようでしたな。

ディーヴァは、子供が出来たので、もうシュヴァリエの事はどうでも良さそうです(^_^;)
ラベル:BLOOD+
posted by 秋月 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

BLOOD+



<こころ乱れて>

ソロモンにさらわれた小夜が目覚めたら、裸でした…って、あやしすぎる。
いや、何にも無かったんでしょうけど。
ハジには頑張って、小夜を取り戻してほしいものです。

デヴィッド、一応ちゃんと生きてました。今度こそは、もしやと思いましたよ…。
ジュリアに対して、デヴィッドもルイスも優しいですね。
カイは、もしかしてハジの後を追うのかとも思いましたけど、帰りを待つ模様。
よく考えたら、追うのは無理ですか。

今にも、小夜に手を出しそうなソロモン。
しかも、物すごい口説き文句を連発するソロモン。
その上、プロポーズまできたー!

と思っていたら、真央がカイにキスした━━(゚∀゚) ━━!
軽口を叩いて、部屋を出た後の真央が切ないですよ。

今度は、ソロモンと小夜のキスがくるのか…と思ったら、小夜が拒絶してくれてちょっと安心しました。
小夜は、ソロモンが本気だったら、満更でもないんでしょうか。

ネイサンは、アンシェルにも攻撃的。どっちが強いのか、ちょっと興味があったりします。
それにしても、ここぞと言う時のネイサンは怖い(笑)

ソロモンがディーヴァを倒す決意をしちゃって、ソロモンとハジで小夜の取り合いが始まりました。
小夜がハジをどう思っているのか、いまいちよく分からないのですが、小夜にはやっぱりハジがいいかも(´・ω・`)

また、ハジがお腹刺されてる…。
ソロモンは、ハジをどうにかしちゃったら、小夜に嫌われるかもとか思わないものなのか。
眠気のせいで(なのか?)ビルから落ちちゃった小夜を、ハジが翼を出して救出!
翼手の力を使わなかったのは、小夜の為だったとな。

自分自身でディーヴァを倒す決意をしている小夜に、ソロモンがディーヴァにはリクの子供が居る事を暴露しちゃいました。

真央がカイを好きな事をさらりと言っても、カイがあんまり動揺してない。
以前から、知っていたからだと思いますけど、反応が薄いとちょっと寂しい。

次回はルルゥ達が出てくるみたいですね!でも、何だか雲行きが、またまた怪しい…。
posted by 秋月 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

BLOOD+



<希望のない明日>

久しぶりに(でもないかな)、シフ登場。
ルルゥが何だか可愛い。人懐っこい感じだったんですね〜。

一年も沈没していた割には、デヴィッド早々と復活。

ルルゥ、可愛いですな。皆を一生懸命励ましてたりして。
シフとジェームスが連れてきたコープスコーズとで戦闘になった中、ルルゥを逃がそうとするのに泣けた…(T_T)
モーゼスとカルマンが生き残っているのを知って、モーゼスに抱きつくルルゥも可愛かった。不謹慎。

ソロモンは、やっぱり小夜を傷付けたくないようです。その内、小夜の為にアンシェル達を裏切りそう。
カールは、自分で小夜を倒したくて仕方ないようです(^_^;)カールもその内、ソロモンとは違う意味で裏切りそうw

デヴィッド復活に合わせるように(笑)、赤い盾も再興。

ルルゥ、一緒に闘うよう小夜にお願いするも、小夜はやっぱり素っ気無い〜。
でも、何だかんだ言っても、結局行っちゃうんでしょうけど。

3人で突入するルルゥ達ですが、ルルゥ観てられない(´Д⊂
来るとは思っていましたが、小夜達が早めに来てくれて良かったですよ。
今回で、かなりルルゥを好きになりました。

岡村と真央は、カイ達と一応連絡取り合ってたみたいですね。
1年全く会ってなかった訳じゃなさそうなので、ちょっと残念。

未だに、ディーヴァが一体どうなっているのか良く分かっていません(^_^;)
あのリクそっくりなディーヴァは、子供じゃなくてディーヴァ本人?
「リクの顔を奪ったアイツを」と、カイは言ってましたけど。何がどうなっているのやら〜。
何にせよ、小夜達は戦いづらそうだなぁ…。
posted by 秋月 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

BLOOD+



<俺たちのいる世界>

1年経って、小夜は素っ気無くなりました(^_^;)
前回観ていた時は、小夜はもしかして記憶喪失とかになったのかも、とも思っていましたが、見事に外れました(笑)

ジュリア、今後かなりヤバくなりそうな気配が、するようなしないような。
取り合えず、コリンズとは離れた方がいいかも。無理そうだけど。
「トレビアーン」なアルジャーノは、相変わらず飴パクパク。

デヴィッド、小夜とハジの話を聞いても、全く驚いたりしませんでしたな。

モニークが、眠っている小夜にちょっと触っただけで、過剰反応。
小夜、何だかハジが居ないと、落ち着かない感じなんでしょうか。それはそれで、ちょっと萌えます。

小夜はさっさと出て行こうとしますが、グレイに止められました。
頭を撫でられて、何だか子供みたいな表情していたのは、ちょっとジョージを思い出したりしていたのかなぁ。

デヴィッドの所にハジが行ったのは意外!何か普通に話してるし。
そんな所に翼手登場。小夜がさっさと出て行こうとしたのは、小夜を追って翼手が来てしまうから?
とにもかくにも、デヴィッドがダメな大人から脱却するきっかけになりそうな感じです。

って、またまた最後の最後にえらい展開。
ディーヴァという名前の歌手は、ディーヴァ本人なんでしょうか。
最初、リクにそっくりだと思ったので、子供の方かと思ったんですけど…。
posted by 秋月 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(1) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

BLOOD+



<信じるチカラ>

デヴィッドがダメな大人になっていて( ;゚д゚)ビックリ
どちらかと言うと、カイの方が自暴自棄になりそうな感じだったんですけど。いろいろあったし…。

カイの方は、大人になってましたな。かっこよくなっちゃっていたので、真央と再会した時が何となく楽しみ。
というか、まさか真央と岡村はずっと日本に帰っていないのでしょうか。
岡村はともかく、それは真央の方はまずそう。岡村の方は、かなり怪しまれそうだし…(^_^;)
そう言えば、真央のライバルになりそうな女の子も居ましたね。カイに、ちょっと気がありそうな子が。

最後の最後に、結構あっさりと小夜とハジ登場。
小夜、何だか雰囲気が変わっちゃっていたような。
posted by 秋月 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

BLOOD+



<ボーイ・ミーツ・ガール>

忙しい中でも、叫ばずには居られない展開でした(-_-;)
雑誌なんかの情報は全く仕入れてないので、まさかリクがこんな事になるとは思っていませんでしたよ。

ディーヴァの狙いがリクなのは分かっていましたが、リクを誘拐でもするのかと思っていたら、いきなり服を脱ぎだすし。しかも、リク石化してるし…_| ̄|○ 
ディーヴァは、リクの子供ができたという事なんでしょうね。
その上、次回は1年後!子供も、無事なら生まれてるんだろうなぁ。いや、ほぼ100%無事なんでしょうけど。
posted by 秋月 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

BLOOD+



<エカテリンブルグの月>

カイが出来ずにイライラしている知恵の輪を、あっさり解いて元に戻すジュリア。
恋愛のアドバイスもバッチリです。

小夜達は無事で、カイ達が居る場所に向かっていると言う事で、取り合えず一安心。
カイは、デヴィッド達と一緒に、テッド・A・アダムズの元へ行く事に。
その途中で、カイはデヴィッドにジョージの銃を返すように言いますが、
「お前に分かるのか、この銃の重みが」(デヴィッド)
と返されて、取り合えず沈黙。

そして、テッドの家に乗り込むデヴィッド達に同行しようとして、にべもなく断られるカイ(笑)
ルイスはフォロー入れたりして優しいですな。
「デヴィッドのヤツ、ゼッテーしめてやる」(カイ)
車に残されて言い捨てるカイが、何だか可愛い(笑)
取り合えず、現時点では無理っぽいです(^_^;)以前、ボコボコにされてたし…。

デヴィッドとルイスが潜入している一方、
「相手の立場に立ってー、逆から物事を見てみるのー」(カイ)
ジュリアにアドバイスされた事を真似て言うカイ、どうしたんだ(´Д`;)
でも、知恵の輪は見事にクリア。
そんな所に、破れた手紙を張り合わせる任務を、ルイスがカイに持ってきてくれましたよ。

チェルノブイリを知らないカイに、ルイスもビックリ。「チェリーのブイリ」(多分)って(^_^;)
カイの疑問に、デヴィッドは何だかんだ言っても、キッチリ答えてくれてます。お礼は結局言わなかったけどw
今度は、カイが張り合わせた手紙に書かれた住所へ行ってみる事に。

そこに居た老人(フィリップ)に、テッドの居場所を聞くデヴィッドですが、
「アンドレ」という人物に謝るだけのフィリップ。

テッドが居る場所まで辿りついたデヴィッド達ですが、着いて早々聞こえてくる悲鳴。
やっぱり一緒に行きたがるカイですが、デヴィッドは待機するよう言います。
カイに銃を返す辺り、覚悟決めている感じが…。

地下に降りたデヴィッドとルイス、翼手にやられたらしいテッドを発見。
そして、デヴィッドも翼手に引っかかれてしまいました(。。;)
それでも、テッドを抱えていくデヴィッドすごすぎる。

デルタ67はディーヴァの血液から作られた物で、テッド曰く「美しい少女」
翼手はアンドレで、テッドの息子だった模様。
地下から追ってきたアンドレは、カイとデヴィッドで何とか撃退。

その頃の小夜・ハジ・リク。
ハジ、リクに服を貸していたそうで…。やっぱりリクには優しいと言うか何と言うか。
偽リーザもやっぱり一緒に居ますが、次回、小夜に何か吹き込んだりするのか〜。
posted by 秋月 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(3) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

BLOOD+



<約束おぼえてる?>

初っ端から、ハジによる「小夜」3連呼。

目覚めた小夜に、始まるハジのお説教。
小夜、ハジを「お前」呼ばわりしたり(萌えましたw)して、何だか小夜の口調が微妙に違う…と思っていたら、過去を夢に見ていたんですね。

小夜とハジは、グレゴリーという男を捜していて、ソーニャという女の子と出会います。
取り合えず、ソーニャの家に泊まらせてもらう事になった小夜とハジ。
小夜の周りに来る女の子は皆、何だかスキンシップが好きというか何と言うか…(^_^;)
3人でボロボロの橋を渡っていて、橋が壊れて3人で落ちる、と。
ハジ、仕方ないけど、小夜だけ助けようとしてなかったですか?w

上半身裸で、ひょこひょこ出てきたりするハジにビックリ。しかも真顔なんで、何だか笑える。

人間を作り出す研究をしていたというソーニャの父親。
家の外では、最初に出会ったおばあさんが、意味あり気に佇んで居ますよ。

人影に気付いて外に出たハジ、杭のような物がぐっさりと…((( ;゚Д゚))
一方、目覚めた小夜と、一緒に眠っていたソーニャ。
ソーニャは、小夜に抱きついてきたり、一緒に暮らそうと言い出したり、何やら怪しい雰囲気ですよ。

小夜は、いつの時代も大食感だったみたいですね。
「お腹空かない?」とソーニャに言われて、お腹がグー。

朝食の準備をしようとしていたソーニャ、おばあさんに斧(?)でざっくり。
何て事するんだと思っていたら、長い手が延びてきておばあさん返り討ちにあいました。
ソーニャは翼手でしたとさ。
そして始まる、小夜VSソーニャ。無事だったハジ、小夜に刀を渡しに到着。
どうやら、ソーニャはグレゴリーだった模様。という事は、ソーニャは男だったんですね。スキンシップが好きでもおかしくはないですな。

しかも、ソーニャ(グレゴリー)は、実はシュヴァリエ!長男のアンシェルも出て来ました。
小夜VSソーニャは、ハジの助けもあって、小夜の勝利。結構、あっさりしてましたね…。
この戦いの後、小夜は眠りに入った模様。
小夜がディーヴァを狩ったら、何をする約束なんだろう。物すごく気になりますが、唇の動きでは分かりませんでした(^_^;)

リクは先に見つけられていた様で、あっさり無事に合流。
でも、一緒に居る相手がやばいよ!まだ居たんだ…。

今回出番が無かったカイ、来週は沢山出てきそうですね(笑)
posted by 秋月 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(7) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

BLOOD+



<シベリアン・エクスプレス>

ロシアに着いた小夜達を、赤い盾の一員のエリザベータがお出迎え。
挨拶のキスに驚くカイですが、リクはちゃんと理解してました。大人だ、リク(笑)
カイ・リク・小夜とは挨拶しましたけど、ハジはやっぱりスルー?
いつの間にか、ルイスも合流してました。

鉄道の話をする小夜とリク。
小夜はハジに話を振りますが、完全無視。かと思いきや、おばあさんが鉄道に乗るのに苦労しているのを教えようとしていたんでしょうか。
心優しいリクが、おばあさんのお手伝いをしようとして転びそうになったのを、ハジ助ける。
ハジが小夜以外の人に優しいくする所を見ると、何だか和みますw

小夜とハジが同室になる事に、異議を申し立てるカイw
結局、小夜とリク、ハジとカイになった模様(T▽T)カイの方が気まずそう。

小夜、ルイスに負けない位食べてるようですね…。
カイは、遠慮せずにチェロを弾きまくるハジに、悩まされる(笑)
ハジに文句言いそうで言わないですな、カイ。

ルイス、チョコバー1ダースでジュリアとエリザベータを紹介しようとする(^_^;)
あっさり断るエリザベータですが、チョコバー1ダースは貰ったままなんだろうなぁ。
そこに、リクが列車に乗るのを手伝ったおばあさん登場。
席を譲るハジがいい感じですな。そして、ハジとリクもいい感じです(笑)

1人で居たエリザベータ、あっという間に…(´Д`;)

輸血を受けている小夜、過去の事をジュリアに尋ねますが、答えは得られず。
小夜が落ち込み気味の時、聞こえてくるハジのチェロ。小夜の感情の動きが、分かったりするんでしょうか。

リクにチェロの弾き方を教えるハジ微笑ましい〜。
ハジとリクは、どんどん仲良くなりますな。

翼手の声をやっぱり聞き分けるリク。
駆けつけた小夜達は、翼手と戦闘になります。
というか、翼手は、エリザベータ達をナンパしようとしていた人達だった模様(´Д`;)
2人とも何とか倒したかと思ったら、生きていた翼手にリクが縋りつき。
助けようとした、小夜とハジもろとも列車から落ちてしまいました。
更に小夜達を助けようと飛び降りようとするカイですが、デヴィッドに止められる。さすがに危ないし…。

次回予告はハジ!小夜達は無事、カイ達と合流できるのか。
posted by 秋月 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(10) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

BLOOD+



<おいかけたいの!>

カール、行方不明になっている間に、兄弟達に微妙に悪口言われてますな。

岡村、タバコの不始末で、その内火事起しそう(。。;)
ベトナムで撮った写真は殆どピンボケだったようですが、写っている写真もあったようで、
昔お父さんが撮った写真と似た化け物の存在に気付きます。
上司(?)にフランス行きをお願いするも、あっさり却下w
岡村、会社を辞める羽目に陥りそうな感じが何となくします。

「取材行ってきまーす」
とか言いつつ、持ち帰ったワインの分析を大学に頼みに行く岡村。
相変わらず何か食べつつ、ルイスはそんな岡村を監視してます。
それにしても、岡村が持ち帰ったワイン、うっかり飲んだりしたら、えらい目に遭いそう…。

後輩を何やら脅して(笑)、岡村は取材手帳の情報をゲット。
ジョージに小夜という娘が居る事を知りました。

真央、仕方ないけどメチャクチャ怒ってます。詰め寄られて、香里タジタジ。
丁度小夜の話をしているところに、岡村到着。
そして、真央にいかがわしいオッサンと勘違いされるw
真央が香里をかばうように前に出たのがかっこよかった。
しかも、岡村が小夜の居場所を知っているかと思ったら、締め上げてるしw

真央は、どうやらすごい所のお嬢さんのようですね(^_^;)
岡村が大学に預けていたワインは、盗み出されたようですけど、やっぱりルイス?

取材の必要経費、「500万ってとこかな〜」とか言っていたら、
真央は5000万持ってきてくれました(´∇`)
「私を連れて逃げて」(真央)
って、まるで駆け落ちカップルみたいな…。岡村誤解されそうだ。

次回は、今回出番が無かった小夜達に、話が戻る模様。
posted by 秋月 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(11) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

BLOOD+



<さいごの日曜日>

今回からオープニングが新しくなりました。小夜色っぽいですね。

カールとソロモンの事を調べていたらしいデヴィッドとジュリア。
カールはシュバリエ確定のようですが、ソロモンの情報は余りない模様。

一方、家に戻っている小夜・カイ・リク。
リク、悲惨な事になっている冷蔵庫を見て、壊れてしまいました。
中を見ようとするカイを止めた割には、冷蔵庫の中について詳細に伝えてます(笑)
その後、ジョージの形見を持ってお墓に行く事になりますが、冷蔵庫はどうしたんだろう…((( ;゚Д゚))

カイは、小夜を親友の香里と会わせてあげたかったようです。
食事の後、連れて行かれた先には、香里が待ってました。

学校に入り込んで、小夜は香里達の前でスカートのまま高跳び。
でも、絶対見えないんですね(^_^;)短いのに、すごいスカートw
成功して喜ぶ香里に、
「やっぱり私、普通じゃないよね。おかしいね」(小夜)
「ううん。小夜は小夜だよ。私の友達の小夜だよ」(香里)
疑問もあるでしょうに、何も言わずにきっぱり答えてくれる香里はいいです。

今度は、海でバーベキュー。
小夜は相変わらず食欲旺盛。さっきも大盛定食を食べてたのに(笑)
偶然通りかかったカイの友達2人も合流。
真央に連絡したか聞く友達に、
「あいつはいいよ」(カイ)
ってカイ、それはちょっとあんまりじゃ(^_^;)連絡ぐらいしてあげらばいいのに。

というか、ハジ居たのかハジ!(T▽T)小夜の傍に居ない訳もないですね…。
リクはちゃんと気付いていて、お肉を持って行くところが可愛い〜!
ハジは素っ気無いけど、リクが置いていった皿を見ているところが可愛いw
皆が花火をしている時に、チェロを弾くハジもいいw友達は、誰もハジの事を聞いたりしないんでしょうか…。

そして時間が来て、小夜達は出発。
「いってらっしゃい」と言った後、泣き崩れる香里が痛々しい…。

「次はロシアね」(ジュリア)
という事で、今度はロシアに行く模様。小夜達も大変です。
岡村さんは、気をつけて行動しないと、危険な目に遭いそうですよ。

真央が遅れて登場するも、カイはもう行った後。
埋められてるカイの友達が笑えました。身動き出来ない2人に対して、真央はキムラに何をさせるつもりなの〜。
真央も結構好きなんですけど、出番が…。

小夜は必ず沖縄に戻る事を誓いつつ出発。

posted by 秋月 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(4) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

BLOOD+



<ジャングル・パラダイス>

戦うハジ達ですが、小夜は倒れたまま。また、過去の記憶に苦しめられてます。

そんな小夜を心配して駆けつけたカイが扉を開くと、暴走小夜登場。
止めようとするハジに噛みついて、小夜は血を吸っているんでしょうか。
呆然としているカイに、ようやく気付くデヴィッド。

そんな小夜の様子を見て、カールご満悦。
「レッツ・ダンス」は、本当にセリフとしてあったんですねw妙に笑えました。
カールに襲いかかろうとする小夜ですが、カイの叫びで我に返ります。
「小夜に何をしたーーー!」(カール)
それが気に入らなかったらしいカールがカイに襲いかかろうとした時、ソロモンが止めるように呼びかけ。
カールはソロモンの言う事は聞くのかいな。

動きが止まったカールに、クララ銃を連射。
カールは逃げ出しますが、クララも重症を負っていた模様。
「あんただけが私等の明日を、明日を守れるんだよ」(クララ)
その言葉に、小夜はジョージの「明日の為に今日を生きろ」という言葉を思い出します。
そしてクララ、最期は翼手になった子供達と一緒に自爆(T_T)

カイはリク達の元へ、そして小夜はカール達の元へ。
それにしてもアルジャーノは、どうしてソロモンとカールでは、対応の仕方が違いすぎw
イライラしているアルジャーノを完全無視して、カールはソロモンと話し合い。
「兄さん」なる存在が気になります。

追いついてきた小夜を見て、アルジャーノは直ぐにサムライマンである事に気付きましたな。
一方の小夜も、ソロモンと再会。

カール、何だかえらい事になってます。
小夜は翼手になったカールと戦いますが、何だかピンチっぽいです。

リクとムイの方も、悲劇的な感じが…。

戦う小夜とカール、デヴィッドは飛び去るヘリコプターに飛び乗っちゃったよ!
蹴り落とされないかと心配しましたが、相手が普通の人間である限りはデヴィッド強い。
でも、先を飛ぶヘリを追跡させようとした所で、そのヘリに乗っている人からヘリごと撃ち落とされました(^_^;)
もしかしてデヴィッドご臨終かと思いましたが、何とか無事。

アルジャーノは、飴を食べつつ、ソロモンにデヴィッド達の事を質問。
赤い盾やカールの事は、知らなかったようですね。

傷ついている小夜を助けるべく、カールに石を投げつけるカイに、一緒に来ていた子供達がしがみつき。
ムイも、リクの首を締め付け…(´Д⊂

カイとリクのピンチに、小夜覚醒?カールを追い詰めますが、逃げられてしまいます。

生き残った子供達やムイは牢に入れられてしまいます。
リクの呼びかけにも、ムイは分からず。元に戻る事は出来るんでしょうか。

カイはデヴィッドに、小夜に関して知っている事を全て教えるよう詰め寄ります。

「僕も手伝うよ。だから、何も隠さなくていいから」(リク)
「お前1人で全部背負うなよ。俺達家族だろう」(カイ)
2人の言葉に小夜は涙。

次回は、沖縄。香里も久々に登場するようです。
ミンやアンナマリーは、もう全然出て来ないんでしょうか(´Д`;)

posted by 秋月 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(8) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

BLOOD+



<白い霧にさそわれて>

遅まきながら、デヴィッドから小夜に対してディーヴァとシュバリエの説明がありました。
ディーヴァを確保したら全てが終わるはずとの事。はずと言うのが肝ですな…。

増援はまた来ないのかと思っていたらw、今回はちゃんと来ました。
クララ・マッコイ・スペンサー・ロジャースの4人。少数精鋭のようです。

アルジャーノ、飴を出すか出すかと思ったら、やっぱり出した━━(゚∀゚) ━━!
アルジャーノも、ソロモンと一緒に居たら、何だか普通の人に見えてしまいます。
サムライマンの事をアルジャーノに尋ねるソロモン。でも、それが小夜である事を、アルジャーノに教えるつもりは無さそうな感じです。

久しぶりにカイ登場!頭を蹴られたりグリグリされたり散々な扱い。
実験材料にされそうだよ、と思っていましたが…。

飴(多分)ガリガリのアルジャーノ。デルタ67の実験の報告を受けているようですが、余り興味はない様子。

囚われているリクとムイを迎えに来たのはカイ。
カイは自力で脱出出来たんですね。もしかして、デヴィッド達かと思ったんですけど。

小夜の記憶が回復していない事を心配するクララ。
「翼手を倒すのに必要なのは彼女の血だ。記憶ではない」(デヴィッド)
と、デヴィッド一蹴。

森の中に入るにつれ、小夜はだんだん記憶がよみがえりつつあるような感じがします。

カールとソロモンらしき人物が写っている、1920年、1943年、1972年の写真、全く姿が変わっていません。
1920年の写真に写っている、顔が見えない女性が気になる!
小夜を殺すなというソロモン。カールは聞きそうにない感じ。
「兄さんが知ったら、何て言うでしょうね」(ソロモン)
軽く脅すソロモンに、カールは話すなと言います。この2人の兄と言うのは、どんな人なんだか…。
カールとソロモンが話をしていると、ガタガタガタと音を立てるコンテナ。怖いよ!(´Д`;)

森の中で、鳥達の鳴き声が途絶え、小夜にも異変。
また記憶が回復する前兆かと思い気や、小夜にしか聞こえない歌が聞こえている模様。ハジも、腕が痛んでいる?

カールがコンテナを開け、アルジャーノは中を見てビックリ。しかも、ディーヴァはデルタ67の原料とな!
それにしても、アルジャーノがビックリするなんて、一体どんな事になっているのか(((( ;゚Д゚)))

子供達が歌いだして、一緒に居るカイは焦ったり怒ったり。
子供達の歌声ではない女の人の歌声が、子供達やリクには聞こえているようです。
リクも、本当にどんな秘密があるのやら…。

子供達は外に飛び出し、戸惑うアルジャーノを余所に、
「出迎えが出来るとは、随分お行儀のいい子供達じゃないか」(カール)
一緒に歌を歌う余裕のカール。
小夜が近くに居るのはバレバレのようです。
ディーヴァをソロモンに任せ、子供達を連れてカールは行ってしまいました。

小夜達の前に、子供達とカール登場。
子供の笑い方がまた恐ろしい…。何の為なのか、カールはまた仮面をつけてますな。

前触れも無く子供に短剣を投げつけるハジ。でも、お約束どおり、子供は全然大丈夫。
それどころか、子供の中からちっちゃい翼手が出てきました…(´Д⊂

苦しみだすムイを観ていると、ムイも同じような事になる予感がしてならない訳ですが。
翼手達が襲ってくる中、小夜は苦しんでいるようで戦えず。
増援メンバーが次々にやられているようなんですけど(´Д`;)
戦わない事を責めるクララですが、歌が小夜の邪魔をしている?
翼手に襲われるデヴィッドを見ても、「できない…」と震える小夜。
最後は絶叫しましたが、そろそろ本当に記憶が戻ったりするんでしょうか。

今回の予告はカール。レッツ・ダンスってww
posted by 秋月 at 20:55| Comment(3) | TrackBack(13) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

BLOOD+



<ダンスのあとで>

1人ファントムの事を思い返している小夜ですが、ミンははしゃいでダンスパーティのドレスを選択中。
小夜はドレスを持っていないとの事で、ミンが小夜に貸してくれる事に。
「ハノイで何があったのか分からないけどさど、元気だしなって。小夜は、笑っている方が可愛いんだから」(ミン)
ミンの言葉に、小夜もちょっと笑顔。ミン、優しいです。

ミンも小夜も、ドレス姿似合ってます。小夜は赤くなっているところがまた可愛い!
今度は、アンナマリーの登場ですよ。
「ファントムから青いバラを送られた、学園一美しい小夜お嬢様にしては、ドレスが少々地味じゃなくて?」(アンナマリー)
分かりやすいイヤミ炸裂(笑)手にした羽根つき扇子(なのか)が素敵だわ〜。
小夜はそんなアンナマリーのイヤミは殆ど気にした様子はなく、料理のお肉に夢中です。

岡村はパーティに潜入しようとして、招待状が無くて止められましたw
というか、本当は招待状は無かった模様wどうやら服装を見て入場拒否だったようです。

小夜はドレス姿でもパクパク食べてます。相変わらず食欲旺盛!ミンは積極的に男の子に声かけてますね。
そんな小夜の元にデヴィッドとジュリア登場。
ジュリア、メガネ外して胸元の大きく開いたドレス着用で、かなり色っぽいですな!(*゚∀゚)=3
手が汚れているのを気にしている小夜に、デヴィッドはさり気なくハンカチ貸したりしていい感じ。
というか、小夜はジュリアに気付いてなかったのか!(笑)
「こういうの、あんまり似合わないから好きじゃないんだけどね」(ジュリア)
驚く小夜に、ちらりとデヴィッドを見ながら言うジュリアさん。
デヴィッド、そんな事には全く気付いていません。スルーされて、ジュリアはご機嫌斜めです(笑)

デヴィッドは、コンテナを確認する為に地下へ。
ジュリアも行ってしまって、小夜は1人壁の花。

そんなところに、青いバラを胸元に飾った、いかにも怪しげな男登場。
アンナマリーにダンスのお誘いに行く?と思い気や、お約束通り小夜に行った━━(゚∀゚) ━━!
手を差し出していたアンナマリーが可哀相w

しかも、アルジャーノキタ━━(゚∀゚) ━━!
男(ソロモン)を迎えに来た模様。会いたがっていたサムライマンが、目の前に居るのになぁ。
ミンが小夜を呼んだ時に名前に反応していたので、ソロモンは知らずに小夜を誘ったんですね。

現れたファントムを、小夜は追いかける!途中でジュリア・ハジと合流。

調査中のデヴィッドは、相手の警備員(?)に気付かれたかと思ったら、お約束的に岡村も居たようで、先に岡村が出て行った事でかろうじて無事。
岡村、射殺されそうな勢いでしたが、何とか殴られるだけで済みました。どちらにせよ、岡村非運でしたな。
そのまま出て行こうとするトラックの前に飛び出して、デヴィッドは銃を撃ちますが…
その前にファントム登場。
コンテナの中には、ディーヴァが居た模様。

小夜とハジ、ファントムと対決。
「いけないと分かっていても、つい手が出てしまう。それが禁断の果実の甘味というものか!」
「舞え、踊れ、私の為に!」
ファントムのセリフの言い回し、いちいち素敵過ぎる。
刀を掴まれピンチの小夜。デヴィッドがファントムを撃ちまくりますが、額に銃弾がまともに当たっても全然平気だよ!
しかも、額の弾丸が出てきて傷が塞がっちゃいました。
ついに、岡村の前で暴露大会になってしまいましたな。
「この暗さで写るか?」(岡村)
と言っているので、写した写真は全部まともに写っていない可能性もあるかも…。
ファントムは高笑いしながら逃亡。

小夜はミンの前で、刀片手に、目が赤くなっていたり、傷が治ったりと、またまた暴露大会になってしまいました。
これだけハッキリくっきり見られたら、もうリセに戻る事は出来ないのでは。

コンテナの事も、ジョエルの日記に載っていたようですね。何でも書いてあるんだなぁ…。

アルジャーノの予告きたー!梅味かなり欲しいですw
posted by 秋月 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(17) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

BLOOD+




<あなたに会いたい>

カールは誰かと電話中。相手は何だか怪しげな感じが(^_^;)

塔を見てファントムの事を思いだしているらしい小夜の元に駆け寄るミン。いつも元気ですな。
ミンは、ハノイの事を小夜に教えてしおりを渡します。
小夜は、何かを思い出しかけた?

小夜とミンが教室に入ると、小夜の机の上には青いバラが…。
「これってもしかして、ファントムの告白ってヤツ?」
ミン、嬉しそうですね〜。
そして、その噂はあっという間に学園中に広まったようです。

小夜が食堂に行くと、ひそひそ話…。
小夜と目が合ったアンナ・マリーは、「フンッ」ってな感じでしたな。
小夜は一緒に食事をしていたムイや他の女の子達から、立ち入り禁止のバラ園が聖堂の横にあり、青いバラがあるらしい事を教えてもらいます。

小夜は、友達に聞いた場所へ行く事に。
「あの中、入れないかな?」(小夜)
問われたハジ、小夜をお姫様抱っこして飛んだ━━(゚∀゚) ━━!
小夜は最初にちょっと驚いて、その後妙に冷静なのが、何だか笑ました。

青いバラを見つけた小夜、見つけた地下に行く事に。ハジも勿論お供します。
小夜が何かを発見して「何が入ってるんだろう」と言っているところに、
「どなたがいらっしゃるの!?」(ミズ・リー)
ミズ・リーキタ━━(゚∀゚) ━━!ミズ・リーは、本当にどこにでも出てきますな…。

小夜、しっかりデヴィッドに報告。
小夜によると、ファントムは沖縄であった翼手とは違う印象を受けたようです。
「何だか、頭がいいっていうか…」(小夜)
「シュバリエ?」(デヴィッド)
この後、小夜が聞き返したのを、デヴィッドはサラッとスルーしましたな(^_^;)
デヴィッドと電話中、ミン登場。電話を切る寸前にカイとリクの事を尋ねる小夜に、「変わりは無い」とデヴィッド。置いてきたのに(笑)
ミンは、小夜が彼氏と話していたのかと思って、ちょっとしょんぼり?

シュバリエとは、守り手となる翼手との事。
ジュリアとデヴィッドは、近々リセに潜入しそうな気配w
ジュリアが潜りこもうとしている舞踏会に、岡村もどうにかして行くんでしょうか。

戦争博物館で、小夜の記憶がまたよみがえりかけているようです。
話しかけてくるミンが他の誰かと重なった小夜、逃げ出してしまいます。
走っている途中で、小夜は岡村と偶然衝突。岡村は声をかけますが、それどころではない小夜は無視。

小夜の前に、ファントム登場。そしてすかさずハジも登場。
「小夜、戦って」(ハジ)キタ━━(゚∀゚) ━━!
ファントムとの戦いになりますが、小夜はよみがえりかけた記憶が気になって仕方がない模様。
ファントムはどうやら、小夜の過去を知っているようですね。
パニック状態だった小夜ですが、カイとリク、そして「お前の過去を受け入れろ」(ジョージ)という言葉で我に返ります。

ファントムの正体は、「理事長?」(小夜)って、結構簡単にバレた…んでしょうか?
ファントムというか理事長は、かなり小夜と関わりが深そうです。

今回リクの事が全く出てこなかったよ!
次回出てくるのかと思ったら、ダンスパーティのようです。
posted by 秋月 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(23) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

BLOOD+



<それぞれの虹>

元気がないリク。カイはガツガツご飯を食べて、とっても元気そうです(^_^;)
小夜を探すというカイに、リクはもうこの国に居ないかもしれないと沈みがち。
カイを追いかけようとしたリクの前に転がってきたボールを投げ返そうとして、リクは相手の女の子が片足を失っている事に気付きます。

デヴィッドと連絡を取り合う小夜。
最後に、カイとリクの事を尋ねようとしますが、ミズ・リーに見つかりそうになって、結局聞く事は出来ず。
今、2人がどうしているのか気にかかって居るようです。

子供達を相手に本気で野球をやって、「おとなげないなぁ」とリクに言われちゃうカイw
リクとムイは一緒にお話し。ちょっといい雰囲気です。
そこに、ムイに薬を飲むように、男性が伝えに来ます。
体勢を崩しかけたムイを支えたリク、赤くなっちゃってますね〜。
というか、ムイが飲まされている薬、何だかかなり怪しいんですけど…(´Д`;)

何やらパソコンでお仕事をしているデヴィッドに、ジュリアはコーヒー(多分)を差し入れ。
そこにルイスが持ってきた写真に映っている女の子達は、皆黒髪で東洋的な顔立ちの女の子ばかり。
デヴィッドはD67の事を調査中でしたか。

カイは子供達に慕われまくって大変。
ムイのお兄さんは誤って不発弾に触れた事で亡くなり、傍に居たムイもその時に片足を失ったようです。
リクが食事の後片付けを手伝いつつ、ベトナム戦争の事を少し教えられていた所に、企業の人(?)がムイの薬を持ってきました。
何かやっぱり、いかにも怪しげ…。

夜、リクは何らかの音が聞こえてきたリクは、外に出ます。そこにはムイも居て、ムイにもその音が聞こえたようです。
というか、ムイはやっぱり怪しげな薬を飲まされていたのか!アルジャーノ居るし!悲劇的な結末になりそうな予感再び…。
「でもさ、聞こえてんじゃないの、彼?」(アルジャーノ)
ぽんぽんと、飴でモニターのリクを叩いているアルジャーノ。
やっぱり、リクにも何かありそうです。リク、アルジャーノに目をつけられちゃって、かなり危険なのでは(((( ;゚Д゚)))

雨の日、カイは子供達と一緒に筋トレw
リクがピアノの音の元へ行ってみると、ムイが弾いていた模様。
「将来はピアニストになれるよ!」というリクですが、ムイは余り嬉しく無さそう。
ムイは、ピアニストより、両親のお手伝いがしたいとの事。
そんな所に、ムイのお父さんが怪我をしたという連絡が入ります。

援助してくれる企業が、ムイの為に奨学金を出す予定だったとの事ですが…何だかそれも怪しい(´Д`;)
リクをお金持ちと勘違いしているムイ、リクにお金を貸して欲しいと頼みます。
何か買いたい物があったようで、ルイスから貰っていたカードで、リクはそれを買ってあげたのかな。
家に帰って行くムイとリクの手が届かなかった所に、ちょっと泣けました(´Д⊂

実は、ムイが欲しがった物が、金属探知機(地雷や不発弾を探す為)だった事を知らされ、ショックのリク。
カイはリクを連れて、ムイの村へ行く事に。
村に着いたリクは慌ててムイの元へ行きますが、ムイは「お父さんとお母さんの手伝いが出来るようになったよ」と笑顔。
何も言えなくなったリク、切ない…。

ムイを見ていて、小夜を探す決心をしたリク。
「お前、ムイの事好きなんだろ。だったら残ってもいいんだぜ〜」(カイ)
からかい方が子供っぽいカイ、何だか可愛い(笑)やっぱりリクはムイの事を好きになっていたんですね。

また、何かの音が聞こえてきたリク。外に出てみると、やっぱりムイも聞こえていた模様。
リクとムイ、男達にさらわれる(´Д`;)カイが助けようとするものの返り討ち。
リクには一体、どんな秘密があるのか気になります。

一方、岡村もベトナムへ行く模様。
「真実はベトナムにある」というのが、岡村のお父さんの口癖だったそうですよ。
岡村が手に取った写真には、化け物(翼手?)の姿が…。
posted by 秋月 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(7) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

BLOOD+



<ファントム・オブ・ザ・スクール>

ベトナムの学校に潜入した小夜の制服(?)姿もいいですね(*゚∀゚)=3
でも、突然小夜が居なくなって、友達は心配してるだろうなぁ。

一方のカイとリク。ホテルに居るようですが…。目覚めたカイが、置手紙を見てみると、
「このカードで戦車も買える」(ルイス)って、それはまたすごいですね。
結局のところ、カイとリクは置いてけぼりをくらったようです。デヴィッド酷いよw

部屋に案内された小夜。ルームメイトは不在でしたが、小夜のベッドにカードが置いてありました。
途中で現れたミンはメガネをした可愛い子でした。

会って早々、ミンは小夜を質問ぜめにして地雷を踏みまくり。でも、ミンも色々と事情がある模様。

クラスでも、小夜はクラスメートに質問されまくり。
クラスメイトの女の子の話からすると、ミンは相当口数が多い子みたいですね。
ピアスを開けた子を注意したアンナマリーに、
「何よ、告げ口するつもり?」(ミン)
「私がそんな品の無い事すると思って?」(アンナマリー)
こういう高圧的なキャラ、結構好きだったりしますw

デヴィッドと連絡を取り合っている所をミズ・リーに見つかってしまう小夜。
携帯は絶対没収されるかと思いましたけど、今回は何とか見逃してもらえました〜。
更に現れたミンから、小夜はファントムとロゼの伝説を教えてもらいます。

「それでね、私はね、あの人がファントムだと思うのv」(ミン)
って、ハジだった━━(゚∀゚) ━━!ハジも潜入してたんですか。しかも庭師。
ハジが来てから、学園中の女の子が大変だそうですw
「もう、彼がファントムだったら、永遠の愛なんて幾らでも誓っちゃう!」(ミン)
「あれが…?」(小夜)
には笑いました。小夜の中では、そういうイメージではないようですw
丁度ハジがドジった所でしたが、ミンはかまわず「私をさらってー!」と来ましたよ。
「でも、ファントムなんて、ただの昔話なんでしょう?」(小夜)
「違うわ。ここの卒業生から聞いたんだけど、10年程前に、青いバラが送られて、行方不明になった女の子が居たんだって」(ミン)

そして、いつも通り食欲旺盛な小夜。
ミンは小夜のお兄ちゃんにも興味津々ですな(^_^;)

一方のカイとリクは、小夜を追って居るようです。

今度はカール登場。カールは、この学園の理事長だったとな。
小夜に反応している所を見ると、カールはやっぱり翼手関係なんでしょうか…。

ハジは御守り兼刀代わりとして、小夜に短剣(?)を渡します。
「その服似合ってるよ」(小夜)
と言われて、服を摘んでるハジいい!

小夜がハジと会っていた事は噂になっているようで、アンナマリーはご立腹だそうです。

放課後、調査しようとしていた小夜の前に、またまたミズ・リー登場。
小夜の後を追い回しているのかいな(^_^;)

ミンは小夜のベッドに入ってきて、「キスした事ある?」とお喋り開始。
そう言えば、小夜はハジとキス(じゃない?)した事ありました。
ミンは何故、アンナマリーがキスした事ないと知っているのかw

ミンが眠ってしまった後、起きていた小夜は塔に怪しげな人影を発見。
ハジに渡された短刀を持って、小夜は部屋を出て行きます。

そして、お約束通り襲いかかってくる翼手(?)カールっぽいんですけど。
小夜は短刀で相手を刺すものの、余り効いていない模様。
「翼手」(小夜)
と小夜言っている所を見ても、やっぱりそうなのかな。
小夜がピンチの所に、ハジ登場。取り合えず相手は退散。が、青いバラが残されてました。
posted by 秋月 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(16) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

BLOOD+



<私がやらなきゃ>

何も知らないリクの笑顔が痛々しい訳ですが(-_-;)
誰がリクに伝えるのかと思ったら、デヴィッドでした。
「ジョージはここには居ない。米軍の手によって翼手にされ、自ら死を選んだ。そして、小夜が自分の血で、人間のまま死なせてやったんだ」
本当の事を淡々と教るデヴィッド。

夢の中でジョージを追いかける小夜。
倒れたジョージの傍に居るのは、口元を血まみれにした小夜?
夢の中の場所は、最初の頃出てきた場所だったかな。

一方、ジョージの事を聞いたリク、ショックを受けて引きこもり中。
カイの声を聞いて来た小夜ですが、
「お腹、空いてないか?」
とルイスに言われて、お腹が素直にグー(^_^;)美味しいスープを作ってやるとルイスに連れていかれます。

新聞記者の岡村はヤンバルの空爆跡に来ていました。
食事中に、密猟者と店主の会話から、防護服を着た回収業者の事を知ります。

ジュリアとデヴィッドは、データの解析中。
結構冷たいかと思ったジュリアも、カイとリクの心配はしていたんですね(^_^;)
ジュリアは勝手にデヴィッドのお父さん(ベトナム戦争時に死亡)の事を調べたのか〜。

ハジきたー!あんまり出てこないから、もしかして別行動しているのかと思ってました。
自分の過去の事を聞く小夜に、ハジはいきなり刀を抜きます。

カイはリクに過去の話をしながら励まし中。
子供みたいだった小夜が、本をバラしてしまってリクご立腹。
ジョージはその本をご飯で張り合わせて、
「皆で頑張れば家族になれるんだよ。それでもバラバラになりそうになったら、俺が飯粒でくっつけてやるよ」
ジョージ泣かせます(´Д⊂

ハジは何をしているのかと思ったら、小夜の太刀筋を見せていた模様。
「そんな事じゃない」(小夜)
思わず笑ってしまいました。
「翼手と戦う事。そこに答えがあるはずです」(ハジ)
過去を知りたがる小夜に、ハジはそれだけしか言ってくれませんでした。

岡村は、産廃業者の所で、ワインの瓶を発見。それがベトナムから仕入れた物だという事を知ります。
データを解析出来たらしいデヴィッドとジュリアも、同じ情報を入手。
そのワインは、ベトナムの女学校から仕入れた物らしいですが…。

雨の中、剣を振るう小夜。
「私頑張る。皆が明日を笑って迎えられるように」(小夜)
小夜の言葉を聞いていたカイ、ジョージの言葉を思い出します。
やっぱり存在感大きいですね、ジョージ。

デヴィッドとジュリアは、問題の女学校で、10年前に失血死体が発見された事を知ります。

小夜は、「笑顔を忘れるな」というジョージの最後の言葉をリクに伝えます。
リクも出てきて、ルイスの言葉に3人一緒に笑顔。

最後にアルジャーノきたー!お付の人(?)がまた、気が弱そうでアルジャーノに振り回されそうな人ですな(^_^;)
文句を垂れているアルジャーノの元に、カールという人物登場。…はまりそうな予感が…。
カールは握手が出来ないそうで、アルジャーノに飴貰ってるー!
カールも何だか一筋縄ではいかない感じの人っぽいですが…というかデルタ67作ったのはこの人?(;゚д゚) 

次回、小夜はベトナムの女学校に潜入。
posted by 秋月 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(16) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。